第二週の目玉試合だったNo. 5 Oklahoma@No. 2 Ohio Stateの一戦。後半に入って一気に試合が動いて、31−16でOklahomaの完勝となりました。OklahomaのQB Baker Mayfieldはポケットから出て走りながらでも良いパスを出してOhio Stateディフェンスを翻弄。Ohio Stateがホームで敗戦というと数年前のVirginia Tech戦がありましたが、今回はVirginia Tech戦よりダメージが深そうです。試合も終わらない前からあの巨大スタジアムの10万人を超える観客がほとんどいなくなってしまうシーンは珍しい。

私は個人的にOhio StateのQB J.T. Barrettを以前からイマイチかっていないんですが、今日の試合もうーんという。記録上は1INTですが実際は誤審で救われたのが一個あったので2INT。サイズとスピードがあるのでスクランブルしたときの威力はあるはずなんですが、それもこの試合では効果を発揮できず。BarrettはUrban MeyerがOhio StateのHCに就任して最初に獲ってきたリクルートなのでポジション争いでもMeyerの寵愛を受けて過ごしてきたわけですが今年になってもあまり二年前より良いようには見えない試合となってしまいましたね。Oklahomaに完敗を喰い、Big Ten内でPenn State、Michiganが高評価なこともありプレーオフ進出に早くも黄信号。ここからは開き直ってもっと身体を張った思い切ったプレーが見たいところです。

対するOklahoma QB Baker Mayfieldの方は元Texas TechのWalk-onだったとか。活発にサイドラインを歩き回りチームを大声で鼓舞してまわる様子なんかは昨今のQBでは珍しいような。なんかたたき上げっぽい感じ、というのは先入観でしょうか。

Oklahomaは名将Bob Stoopsがあっさりと退任、新HCの下でのシーズン。このアウェイでの勝利は大きいです。新体制への信任になるでしょう。Stoopsのような大成功政権からこれほど政権移行がスムーズに行ったケースはなかなかないのでは。Oklahomaの残りスケジュールは難敵は少なく、あってもホーム。一気にプレーオフへの期待が高まる快勝劇でした。