今季から始まった3人制バスケットボールのプロリーグBig 3の決勝戦がありました。結果はシーズンを全勝で突破したTrilogyが決勝戦も制して優勝。場所はLas Vegasで。例のMayweather x McGregor開催同日に同都市で、早めの時刻に開催。

Trilogyは元NBAオールスター選手だったKenyon Martinをキャプテンとするチームですが、コーチも含めてメンツ的には全8チーム中一番地味だったチームの優勝となりました。最終スコアは51-46で 3 Headed Monstersを下してます。 3 Headed Monstersの方は懐かしの48歳Mahmoud Abdul-Raufを実際上の核にして奮戦しましたが、うまくまとめたTrilogyに追いすがるのが精一杯。まあおもしろい試合ではありました。

私は五輪の3人制バスケがどういう運用になるのかまったくわかっていません。NBAの現役選手が出場するのか、5人制の代表メンバーが3人制にも出場できるようなスケジュールなのか。Big 3での様々なルールや運用がそのまま五輪の3人制に近いものなのか。4ポイントシュートはないであろうことは確実と思いますが、他はどうなんですか。Big 3では5人制バスケよりもフィジカルなディフェンスが許されているのが実際の運用ですが、あれを五輪でもっと5人制風にファールを取られたら退場者続出、または1-on-1の得意な選手をまったく止められないはず。フリースローのルールも時短を意識したものとなっており、興業としてはなかなか考えられているなとは思いますが、あのまま五輪でやるのかな…と。