NFL第2週。New England Patriotsが地区ライバルMiami Dolphinsを下して開幕二連勝。この試合が一番今日のラインアップの中でいろいろと感じるところがありました。QB Tom Bradyをdeflategate出場停止で欠く中、開幕戦に続いてQB Jimmy Garoppoloが安定感満点のプレーぶり。あっさりと前半から大差。そのGaroppoloが負傷したことで三番手の新人Jacoby Brissettに試合後半を託す。リードもあったことでプレーコールも抑え目で得点は伸びなかったですがMiamiを押さえきって連勝。Bradyはまだあと二試合出場できず、Garoppoloの復帰がどうなるか。タイミングの悪いことにNew Englandの次戦は木曜日、中三日しかありません。HC Bill BelichickはGaroppoloのケガについて語らず。まあ彼らしい対応です。ここは無理をせず第三QBで臨むことになるか。

ドラフトでJacoby Brissettを3巡目指名したときは「?」な感じでしたが早くも先発の出番が回ってこようとは。カレッジ時代は地味な学校(Florida→North Carolina State)で地味な戦績。なぜPatriotsのようなチームが3巡目という指名を使って獲るのかな?と思った選手ですがどこかにBelichickは魅力を感じたんでしょう。大型のデュアルスレットQBです。この日はGaroppoloに代わって入ってすぐにGaroppoloと同じさっくり縦パスを通してみたりうまくPatriotsのプレーブックに馴染んでいるかのようなフィットぶり。Bradyのような絶対QBのいるチームに加入したら第3QBはプレータイムすら貰えるかどうかわからない。それがルーキー3戦目で早くもコンテンダーチームの先発QBとして登場なんて、降って湧いた幸運。そのチャンスをどう掴めるのか。まあ掴むと言ったところでその次週にはGaroppoloも帰ってくるでしょうし、さらにその翌週にはBradyも出場停止明けで帰ってくるので先はないものの。ただここでBrissettが1試合半の実戦経験を積めるのはPatriotsの将来一発の大勝負でのトリックプレーなどで効いてくるかもしれません。

負傷退場となったGaroppolo。安定感たっぷりのプレーぶりで文句なし。現場ではそんなに酷いケガのようには見えませんでしたがそのまま欠場。大量リード、Brady不在中という総合判断もあったのでしょう。主戦QBが実績抜群のBradyなのでそんな話にはならないですが、普通のチームだったら「このままGaroppoloを使い続けた方がいいのでは?」なんて議論が起こりうるほどの安定感。もうBrady引退後の後継はGaroppoloでキマリぐらいの感じで馴染んでいます。

この日もTE Rob Gronkowski不在のままでしたがその不足を感じさせず。Garoppolo抜きとなる次戦に復帰しますかね?それとも。