久々に大型のアメスポ参入ネタが来ました。Fomula 1を米企業が丸ごと買収という大技です。買収総額は$4.4 billionとか。ざっと100円換算で4400億円。これが安いかどうかは見方次第。UFCが今年身売りしたのが$4 billionとされていますから規模としては近い。それぞれの競技のフロントの顔だったF1=Bernie Ecclestone、UFC= Dana Whiteを買収後も残すという合意も似ている。F1は欧州拠点のジャンルをアメスポ化、UFCはアメリカ側が売却と違いますが。
UFCとF1の現時点での露出力やブランド力を考えるとアメリカ国内ではUFCの方が圧倒的に上。UFCは格闘技ジャンルのトップブランド。F1は世界ではトップブランドでしょうがアメリカ国内にはNASCARというしっかり根を張ったビジネスが存在し、そこにどうチャレンジしていくのか興味があります。

アメリカのモータースポーツは全国的にメジャーなのはNASCAR。Indy 500という突出した知名度と歴史を持つレースを含むIndyCar SeriesがありますがこちらはNASCARに押し潰されてジャンル自体のマイナー化が著しい。そこへ今回のF1のアメスポ化。IndyCarにとっては見た目も近いF1のアメスポ化は危機感が強いはず。シーズン短縮で生き延びていたのに、ここでF1に参入されて攻勢を受けるとIndyCarにとっては死活問題になります。そうなるとF1とIndyCarの合併統合という離れ業でIndy 500のF1スケジュールに組み込みというのもあり得そうです。IndyCar側から見ればこれが高く身売りできる最後の機会の可能性が高いですし、座して死を待つよりはその方が良い。

以前に別の記事のコメント欄でこういうことを書きました。

IndyCarは全国的にはIndy 500、その存在が唯一の命脈と言えます。シーズンは縮小されマイナーリーグ化が激しい。残ったレースはそれぞれの開催地元で支持されていると理解していますが、もしF1が北米に本格進出してきた場合(アメリカ2 + カナダ1とか)一番割を食うのはIndyCarでしょう。NASCARは客層がF1とはあまりかぶらなさそうですし、ファン層の足腰も強そうです。現時点ではF1放送は地味なのでIndy 500を持つIndyCar有利でしょうが、これからどうなることか。
F1のアメリカ市場本格参入となれば現行のCircuit of The Americasでの一戦だけではなくもう一戦あって良い。IndyCarには西海岸でのロードコースLong Beach GPもある。Indy 500と比較すると知名度はガックリ下がりますがIndyCarの持ちレースとしては第2の存在。アメリカ市場への浸透・F1のカレンダーを考えるとLA郊外のこのレースが組み込まれるのは悪い話ではないようにも感じられます。