リオ五輪で狂言強盗事件を起こした米代表スイマーRyan Lochte。最大で10億円規模の損害になるのではと先日記事を書いて見ました。五輪を終えての週明け月曜日にスポンサーが次々と撤退を表明してLochteは経済的に完全に丸腰になってしまいました。一番判断が遅れたのは寝具メーカーで、社長の名前が日本人のそれでしたので日本の会社なのでしょうか?他のスポンサーが全て撤退を表明したのを見て慌ててこの日の午後に契約解除を発表しています。

こうなってしまうとお金の事を考えれば選手生活を続行して競技で稼ぐのか。それともこの負の知名度を活かしてリアリティ番組に登場してイヤミなヤツを演じてみるのか。いろいろ個人の好みはあるでしょうがルックスではMichael Phelpsより上という評価が多いようですからTVに進出っていうのはあり得るんでしょう。そこまでご本人が突き抜けられるかどうか。ちなみにLochteは以前にも一度リアリティ番組(What Would Ryan Lochte Do?)に登場したことがありますが、今回は注目度が違うし見られる目線も違うことになります。

Lochteはベテランでありこれまでにかなり稼いできたのでそれは良いとして、同罪に問われた残りの3人がどうなるのかも気になります。若手なので2020東京五輪にも登場してくる可能性があります。Jack Conger 21歳、Gunnar Bentz 20歳、Jimmy Feigen 26歳。Bentzは帰国早々に所属するGeorgia大を通して反省の弁を発表していました。アメリカは飲酒年齢が21歳からで、日本では考えられないぐらい頻繁に21歳未満の飲酒を取り締まりますし、NCAAもこれを罰します。Bentzは20歳なので米国内ならそれだけでNCAA規則違反です。ブラジルでは20歳は飲酒は合法、法律上の問題はなし。NCAAなりGeorgia大がなんらかのペナルティを加えるのかどうか。まあペナルティがあったところでマイナースポーツの水泳の出場停止を一般スポーツファンが知ることはほとんどないでしょうが。

リオ五輪の閉会式での東京のプレゼンは良かったと思いますが、たぶん日本はLochteみたいなご乱行をされたらやられっぱなしになってしまう国だと思うんですが、その点は大丈夫なんでしょうかね。