普通のアメスポの夏の週末。春夏または春秋型シーズンの各種ジャンルが活動中。MLB、NASCAR、MLS、ゴルフ。それぞれ小ネタはあってどれを取り上げようか迷います。リオ五輪開幕まで僅かになりましたが五輪らしい話題はいまも少ない。NBA選手を集めた男子五輪代表バスケの壮行試合が行われていたのが唯一の目立った活動です。

NASCARは既報の通りJeff Gordonがスポット参戦で復帰するも予選から中位に沈み本戦でもその通りのレースに終わっています。Kyle Buschが圧勝、序盤から全然一人だけマシンの調子が違ったというレース。Brickyard5勝を誇るGordonと、今季限りでの引退を表明しているインディアナ州出身のTony Stewartが地元での最後の出場と、ノスタルジックなムードは彩りとしては良かったですが、NASCAR自体は既に彼らを過去の人にしてしまっているのだなという感じのレースでもありました。次世代のスーパースターがNASCARには必要なのか、このまま群雄割拠で行けるのか。

MLSは毎年この時期になると思います。炎天下でサッカーは大変だ…と。アメスポカレンダーの事情から近い将来に秋春制に移行することはほぼ不可能で今後も熱波と戦いながらMLSはそのビジネスを伸ばしていくしかありません。NASCARの裏番組となったSeattle Sounders@Sporting Kansas Cityの試合を見ていました。この暑いのにお客さんもよく入ってくれていてKansas Cityの新スタジアムは建てて良かったねというところです。同チームはMLS創設時からのメンバー。長年動員に苦しみながらもオーナーのHunt家の援助で生きながらえてきたチームでしたが、この時期でこの盛り上がりならここもやっと自立して黒字になっていくのかなという感じでしょうか。(MLSは細かい決算の数字を公開しないので正確には外部からは懐具合がわからず推測が多くなります)

徐々にMLBを見る機会も増える時期。またこの話で恐縮ですが昨年大騒ぎしていた時短策は完全に放棄されたんですかね?打席を外すのは誰も気にしていないようで自由。この暑いのに見に来てくれているお客さんを相変わらず待たせるエンタメを展開中。ピンチ&チャンスの場面が長くなるのは良いとして、そうでないのにまたこれに逆戻りかという。もう開き直ってこれで良いのだということか。昨年からのRob Manfredコミッショナー時代になってからのこれからの仕事というと何になるんでしょうか。私は前任のBud Seligの仕事ぶりが好きだったのもあって今のManfredのここまで1年強の仕事ぶりの指導力のなさ、方向性の欠如が気になっています。