サッカー米女子代表が南アフリカ女子代表との親善試合をしているのを見ました。都合で全編を見ることができなかったのですが、南アの巧みなつなぐサッカーに感心させられる試合となりました。結果は米代表が1-0で勝ったのですが、過去の力関係や双方のかけている予算などから考えたら1−0というスコアも、内容も南アの健闘と進歩ばかりが目に付く試合。

南アの選手たちの根本的なフィジカルは足りず、パスは距離は飛ばないしボールのスピードも遅い。但し意図するサッカーはよく見える。うまく中盤でパスでスピードで勝る米代表の選手たちを翻弄して得点チャンスを切り開いていて、え南ア女子ってこんな気の利いたサッカーができるのかと意外に思いました。両国ともリオ五輪へ出場します。南アはホストブラジルと同組。米女子相手にこれほど健闘できるなら個人の技量で勝るブラジル相手でもおもしろい試合をするのかもしれません。

米代表の方はどうでしょう。ベストメンバーからは数人のレギュラーが抜けて1.5軍程度のメンバーでしたが、良くも悪くもアメリカらしい試合ぶり。格下相手に得意の押し潰すような試合ができず。女子サッカーの広まりで今後はこういう試合が増えて、高圧的な試合ができなくなっていくのを予感させるような試合であったようにも見えました。

NFL Chicago Bearsの本拠地Solder Fieldに19,272人を集めての試合。集まった多くのファンにとっては米代表の良い所を十分に見せられなかった試合になってしまったかもしれません。