NBA Finalsの話は少し横に置いて、ぜひこの話を。今日午後のニュースでOklahoma City ThunderのRussell Westbrookがリオ五輪の代表への参加をしない旨の声明を出してきました。次いでMinnesota TimberwolvesのAndrew Wigginsがカナダ代表へ参加しないというのも発表。これは先日書いたStephen CurryとSan Antonio SpursのLaMarcus Aldridgeの辞退に続くもの。Westbrook辞退のニュースを見て、あーこりゃこれから一気に辞退者が増えるな…と思ったらFInalsの試合前の下の速報テロップでJames Hardenも追加されていた。それがFinalsの試合終了時にはDeMarcus Cousinsが代わって(なのか?)代表に参加表明?とかなり混沌としてきました。Curry、Aldridge、Westbrook、Hardenと来て一気に雪崩れが起こるかと思いやなぜかCousinsはこのタイミングで代表の空き枠への補充オファーを受けて一方的に代表メンバーが減るばかりではない? 

ポジション的にはCousinsが代わりになれるのはAldridgeの役。Curry・Westbrook・HardenとNBAの誇るMVP級ガード陣がいなくなった補充はどうなるのか。補充で十分な人材が集まるのか。またCousinsのこのタイミングでの参加表明の理由・弁が聞きたいです。本当に行きたいのか?と。他にもFinalsでお疲れモード&Finals敗退で精神的ダメージも予想されるFA LeBron Jamesは五輪に行くのか。過去米代表バスケに最も燃えていた一人だったKevin DurantもFA。Thunderでの相棒のWestbrookの辞退がどうDurantの決断に影響するのか。最終的に米代表がどんなメンバーになるのかとても興味が出てきました。たぶんキャリア最多金メダル獲得を目指していそうなAnthony Davisなんかはまだ未婚・子供もいないはずなので他の選手よりはハードルも低いし、行きたがるような気がしますが他はどうか。Davisが金メダルコレクションでリオに行きたくても、あまり他のメンバーがボロボロになるとリオに行ったは良いが金メダルを逃すなんてこともあり得ないことではないです。