NCAAバスケットボールトーナメント16強戦の残り4試合がありました。なかなかに見応えのある試合で10位シードSyracuse、そして6位シードのNotre Dameが8強進出を決めています。ともに終盤での連続得点での鮮やか逆転勝ち。8強のうちこの二校以外はすべて各地の1位および2位シードがすべて勝って順当な8強進出。8強のうち4校がACCからの進出ということになり、その4校が日曜日に直接対決するのでACCからはFinal Fourに2校進出するのが既に確定ということですね。

今年はレギュラーシーズンで勝ち込んだ本命のいないシーズンだったのでかなり荒れたトーナメントになるんではと予想したのですが、この時点での結果は上位シードが勝ち上がって、Final Fourが全部1位シードで占められる可能性もまだあります。

Notre DameもSyracuseも終盤の連続得点のところは迫力あってよかったです。相手のWisconsinやGonzagaがエンドゲームでの準備が足りておらずフルコートプレッシャーのかわし方が拙かったりで、まあその辺も含めてカレッジバスケのおもしろさですね。