まあこうなるだろうとは前回この件を書いたときにも思っていたわけです。Sports Illustrated誌の最新号の表紙にサッカー女子米代表の集合写真が使われています。一応センターにはW杯MVPとなったCarli Lloydが置かれていますが7人並列での集合写真での表紙。やっぱりLloyd推しはないよなと推測通りの展開に納得。他の6名はJulie Johnston, Abby Wambach, Alex Morgan, Hope Solo, Becky Sauerbrann, Megan Rapinoe。DV事件以来ほとんど取材対象にもならなくなった(というかマスコミから避けられている)Soloまで赦免で表紙登場となってますね。

三年前のロンドン五輪の決勝で2ゴールを決めてもスター扱いされなかったCarli Lloydは、今回のW杯カナダ大会でのMVPおよび決勝でのハットトリックでもやっぱり集合写真程度に扱われちゃうんだなあと。これ、同じことをAlex MorganなりChristen Press・Sydney Leroux辺りがやっていたらスーパーヒロイン扱いだったんじゃないでしょうか。

SI誌の誌面では代表23人及び監督がそれぞれトロフィーを持っての写真を単独SI誌表紙風写真を作ってもらって、さらにそれを持ってポーズしてます。化粧し過ぎで一見だれかわからない選手なんかもいるのはご愛敬です。