なでしこジャパン、決勝進出おめでとうございます。試合の方は日本で散々語られているかと思うのでここでは避けて、決勝オウンゴールの判定について。意外と誰もその点に触れていないので。

ゴールラインテクノロジーが今大会では採用されているのであの決勝点が正しく判定されたと思っています。ビデオで見れば確かにゴールですが、過去のサッカーの試合であの手のゴールを審判が見切れないことは数限りなくあったはずです。リアクションぶりからしてオウンゴールを打った本人も見えなかったのでしょう。今回はその見逃しはなくゴールが認められての決着に。主審はためらいなくゴールをコールしましたからきっと主審の手持ちの機器から振動シグナルがあってのことと思います。

採用当時は当ブログでもなぜ主審に隠密で知らせるんだ?という疑問を呈したものです。今もその点は疑問がありますし、ビデオ判定もあって良いだろうとも思いますが、最善でないにしても今回はその新技術の導入で混乱が未然に避けられたというお手柄と思います。長年MLBと並んで保守的で技術革新の遅さが目立つサッカーの世界ですが、今回の成功例でさらに透明性が高まると良いなあと思いました。