CONCACAF Champions League決勝2nd Leg @Real Salt Lakeの放送見ました。放送はFOX Soccer Channel、東部時間午後10:00(現地8:00)から。ホームがユタ州山間部時間ですので全米的には少々遅い時刻ですがいたしかたないところ。前項にも書きましたがこの日はかなりスポーツ放送がかさむこともあり、マイナーという立場のサッカー放送、視聴率的にはどの時間帯でも芳しくないのは予想されます。

FSCではこの10pmの放送開始の前の番組は同日のUEFA Champions League準決勝Real Madrid x Bacrelonaの1st Legの再放送(生放送は同日夕方に一度放送済)。欧州サッカー屈指の好カードの再放送がプライムタイムに座り、地元CONCACAFの決勝はベスト時間帯を外れるというのはなかなか忸怩たるものがあるでしょうが、まだまだ発展途上のスポーツということでこんなものでしょう。世界サッカーの仕組みからしてそれぞれの地区の国際試合が同日開催になるのは致し方ないところですが、日にちの割り振りをきれいにやってのけてビッグマッチのバッティングがほとんどないアメスポの世界からするともったいないようにも感じます。


さて期待の動員の方ですが事前に完売、転売サイトでも取引に出されている枚数が少なくかなりの動員が見込めるのは事前に感知していました。この様子なら最悪荒天となってもかなりのファンの後押しがあるのは確実。そしてReal Salt Lakeは現時点でMLS公式戦や他の国際試合・カップ戦を含めてホーム37戦無敗とホームでの安定感は抜群の実績を誇ります。実際に当日もスタンドは満席。スタジアムの隅の方の一角に数百名程度のMonterreyファンが陣取りますがそれ以外は地元Real Salt Lakeのファンで埋めきりました。

期待の一戦というのは地元やRSL自身だけでなく、MLSもRSLの優勝に大きな期待をかけたようで、元々は先週末(=1st legと2nd legの間の週末)に予定されいたMLS公式戦をキャンセル。RSLに十分な休養を与えてこのCL決勝に臨ませる配慮をしています。MLSの並々ならぬ期待が感じられます。CL決勝1st Legから丸一週間の休養での試合です。

対するMonterreyの方は過密日程でボロボロの状態(かどうか内実は知りませんが)でこの日の試合に臨んだようなのです。過去12日間で4試合目、24日間で8試合目。さらにこの水曜のCL決勝のあと日曜日にはメキシコリーグでプレーオフ出場を賭けた大事な試合も待っているとか。先週の試合から先発三人を休養・欠場で欠く布陣です。


先週の@Monterreyの試合が2-2であったため、0-0でも1-1でもRSLの優勝という状況で始まった試合。出だしはRSLが優勢。というかMonterreyががっちり8人9人引いてしまってまったく出てこない。これほど徹底して最初から引くのも珍しいほど。特にMonterreyは勝たねばならないという状況ですから意外な出だし。Monterrey側がやっと攻撃の形を見せ始めたのは前半の半分をとうに過ぎた辺りから。それでもまだRSL優勢だったんですが、前半終了直前にワンチャンスを生かしてMonterreyがゴール。混戦のなか最後のパス出しをした選手のセンスが光ります。

1-1でも優勝のRSL、後半ボールを追いますがリードしてしまうとサッカー特有の時間潰し策が炸裂、Monterrey側があちらこちらで倒れるシーン続出。レフリーはまずまず上手く裁いて過度な感じはなく許容範囲。選手交代を機にRSLが攻め込むものの攻めが一本調子になってしまったきらいがあります。ガッチリ固めたゴール前にサービスを放り込む一辺倒。サイドを深く割ることはほぼ試合通して一度も成功せず。Monterreyのディフェンス陣の体を入れてフィジカルで勝ってのボール奪取の場面が目に付いたのは意外。体格勝負でアメリカがメキシコに負けてはいけないでしょう。前半から飛ばしたせいか60分過ぎからはさすがに足が止まり始めます。

それでも熱いファンの声援(これがいわゆるサッカー風の応援ではなくて、アメスポ風の声援だったのが印象的)に後押しされて奮闘。最後の最後ロスタイムに二度三度とゴールを割る直前まで持ち込んだのですが僅かに及ばず。一度は半分空中でゴール割ったかもという場面だったんですが、奮闘むなしくMLS初のCL制覇ならず。RSLの選手は全員ピッチにダウン。でも文句は言えないです。休養十分のRSLがスタミナ切れ、過密日程のMonterreyが最後までスタミナを保ったのですから。

これで今年もFIFA Club World CupのCONCACAF代表はメキシコチームに。どうしてもアメリカサッカーはここ一番で勝ちきれないなあという結果です。それでもRSLの健闘は褒められていいです。