アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

MLB 厳冬FAの出口はどこか

スプリングトレーニングまであと二週間となってもMLBのFA市場が動きません。たまにMLBの大物選手の移動のニュースが入ってくるとことごとくトレードで、FAの選手の動きは異様に鈍い。
いろんな面があります。まずはスコット・ボラスを代理人とするFAが多く、序盤戦からボラスの遅延戦術が効いていたこと。それに対して過去ボラス戦術に翻弄され高い買い物をさせられたMLB各チームが今オフは腰を落ち着けて選手側がしびれを切らすのを待っているかのような動きになっていること。越年ぐらいは屁でもなかったでしょうが1月も終わろうとしているのにチーム側からの積極的なアプローチのなさにしびれを切らしてボラスが最近「MLBは結託してFA市場を安値に誘導しようとしている」などと公言し始めました。安くなるまで待つのはまったくもって買い手側の自由で合法ですが、結託というところは違法になりうる、というところがこの発言のミソです。もちろんこんな発言をイライラして公言するということはその違法性を証明することはほぼ不可能であるのも知っての上での牽制でしょう。オーナー側からすれば「しめしめさすがに焦り出したな」ってなところでしょう。たぶん顧客である選手たちからも不安の声がそろそろボラスのところにも届いているのでそのガス抜きという面もあってのボラスの発言なんでしょうね。
選手+代理人 対 MLBオーナーの銭闘はそのうち落ち着くところに落ち着くのでしょうが、この煽りを受けるのはFAの選手たち。長いMLBのレギュラーシーズン。選手たちは4月の開幕にベストコンディションまで上げてくるとは限らないのがMLBなのでスプリングトレーニングに少々遅れて入るのは普通のシーズンなら大した問題ではない。春先に出遅れた主力選手が出るのは仕方ない、と腹をくくってしまえばチーム側はさほど焦る必要もないのです。
例えば今週Lorenzo CainとChristian Yelichを獲得したMilwaukee BrewersがYu Darvishとの契約にこぎつけたら一気に他のFAも動き出すのかもしれない。Cain, Yelichを加えた打線にDarvishを加えれば昨年の成績に上積みできるはず。昨年はプレーオフに僅かに届かなかったBrewers、この補強で十分に戦えると計算できそうです。
しかしCain, DarvishがFAから契約にこぎつけてもそれでも市場が動かない可能性も残ります。CainもDarvishもボラスの顧客ではないからです。ボラス対オーナーの我慢比べという理由で今オフのFA市場が凍りついているのであればMilwaukeeはその間隙を突いて補強を完了、しかし他のチームはまだ動かないという可能性が残ることになります。

もう10年以上前でしょうか、Roger Clemensのキャリア晩年に春先の契約をせずにあえてシーズン開始後までFAのままで過ごし、勝てそうなチームを選んで途中加入するということをやったことがありました。あれはClemensという実績と名のある投手だからできたことですが、同時にあのオフの交渉でClemens側が思ったほどには好条件が出てこなかったからでもありました。我慢比べに負けるのが嫌なボラスが手駒のうちの何人かにこの方法を勧める可能性があるのかもしれません。

個人的にはEric Hosmerが好きなので彼をどこが獲るのかはちょっと気になってます。








Josh Allenは自らCleveland行きを志願?

NFLシーズンがSuper BowlとPro Bowlを残すだけとなってドラフトの予想が敗退した30チームのファンの関心事となっています。先日ご紹介したMel Kiperによるドラフト予想で全体1位でCleveland BrownsがWyomingのQB Josh Allenを指名するという件ですが、どうもAllenが自らBrowns行きに積極的だという話が浮上しています。Brownsを立て直すために全力を尽くしたいと言ったとか言ってないとか。同時に同じくQBとして上位指名が予想されているJosh RosenやSam Darnoldは非公表でBrownsに行きたくないので指名しないで欲しいと要望を伝えたともされます。Mel Kiper以外のドラフト予想ではDarnoldを全体1位にするものその他まだコンセンサスが絞れていない中、Mel KiperがAllen, Rosen, Darnoldの意向を独自の情報網からいち早く情報を得て自身の初回予想に反映させたとかなんとか。
まあ週末にSenior Bowl(Allen出場)を控えている状態のいまの段階から実際のドラフトまではまだ紆余曲折あるのが当然ですが、ドラフト予想屋のプロとしては初回発表分が最終的に当たりになれば名誉かつ翌年以降の契約にも反映したりするのでしょう。

QBの三人にまつわる噂が正しいかどうかはわかりませんが、Allenが全体1位ならプライドは満たされる面はあるのかもしれないなとは思います。RosenやDarnoldは都会のメジャー校に行った選手たち。対してAllenはメジャー校からは誘いを得られず過疎地Wyomingで腕を磨いた選手。カレッジでもチームは勝ちきれず華やかな舞台を経験できなかった選手。そこからNFLドラフトのトップ指名に躍り出るという展開は地味なカレッジ選手生活になったAllenにとっては大げさに言えば心の救済となるのかもなと。また本当にRosenとDarnoldがBrownsに断りと入れているとしたらBrownsにとってはAllenしかQBの選択肢がなく、それ故にBrownsが持つもうひとつの1巡目指名権=全体4位までAllenを待てないということか。

他のドラフト予想サイトを見ていると1位にClevelandがDarnoldを指名、続いて全体2位でRB Saquon Barkleyを獲るなんてのもあります。Mel Kiper版でBrownsがQB/RBのオフェンス両取りプランをぶち壊すようにNew York GiantsがQBを獲らない展開もありうるという予想です。最初にお断りしたとおりいまの時期のドラフト予想にはさしたる意味はないですがそれでもBrownsの2つの上位指名権がどういう結果は気になってしまいます。

Rui Hachimura、さらに評判高まる

ESPNで前Indiana HoosiersのHCだったTom CreanさんがKansas@Oklahomaの試合の解説。OklahomaにはStephen Curry以来、最もCurryに近い選手と言われるTrae Youngが出場でその紹介に忙しい試合。何が似ているというとシュートまでに速さと3ポインターのレンジの広さでしょう。Stephが2シーズン前にバカバカ決めていた3ポイントラインから2歩下がってのシュート、あれを決めちゃう初めてのカレッジ選手と言えます。前戦では48得点を叩き出している。(NBAと違ってカレッジの試合は40分+5分延長戦での48点です)その爆発力とプレースタイルの類似で大いに注目される新一年生。間違いなく今季後にNBAドラフト行きでしょう。体のサイズもほぼStephと同じ。チームメイトは決定力がイマイチの選手が多い中、我慢強くチームメイトにボールを配給してアシストも稼ぎます。
他にも今季のカレッジは好選手が例年以上に多いという印象なのでYoungがトップ5以内で指名されるかはまだわからないですが、NBAファンの皆さんはぜひ楽しみにして待っていただきたい選手ですね。

表題の件です。Tom Creanが試合前に現時点でFinal Fourの四校を選ぶならと問われてそのひとつにGonzagaをあげていました。そしてなぜGonzagaを推すのかの理由の一番最初に出てきたのがRui Hachimuraでした。日本から留学に来ている二年生。ものすごく高い評価をしてもらってました。Hachimuraは現在も先発ではなくベンチスタートですがシーズンが進むにつれてプレータイムも増え、ディフェンスのチームとの連動も目に見えて良くなってます。オフェンスでは昨季のガーベージタイムでもダイナミックなプレーでも注目されていたHachimuraですが今季は意味のある時間帯にガンガン攻められるようになってきている。クリスマスの頃と比較しても明らかに良くなっている。私が見ていると日本人なので贔屓目に見てしまうところもあるかもしれない、と自分の評価を疑ってしまうんですけど、Creanから見てもやっぱりそう見えるのだなと納得、安心。というか私が思っていた以上にHachimuraへの評価が高いのだなと。これはこちらも今年のNBAドラフト入り間違いないでしょう。すごいですね。日本人選手でロッタリー指名選手が出るような事態になるのかもしれません。

Cavaliers崩壊危機か

噂と謎とコート上の低迷が一度に襲いかかってきている昨季の準優勝チームであるCleveland Cavaliers。今日の@San Antonio Spurs戦でLeBron Jamesがキャリア30,000得点に到達。NBA史上7人目の快挙であり、最も若くこの節目に到達です。前の二試合で16得点18得点とLeBronとしては低得点にとどまったため達成がこの日にずれ込んでいました。過去の6名の達成者はKareem Abdul-Jabber, Karl Malone, Kobe Bryant, Michael Jordan, Wilt Chamberain, Dirk Nowitzki。盟友のDawyne Wadeからも熱い祝福を受けての快挙を祝うことができました。
しかしながらチームはこの日も敗戦。最近7試合で1勝。ディフェンス崩壊の試合が目立つ。年明けからIsaiah Thomasが加入(オフシーズンにトレードで来ていたが怪我でここまでプレーができず)して得点力は伸びるはずだったのが成績はさらに下降。非公開のチームミーティングが行われたそうですが相当に紛糾した模様。LeBronはそのミーティングや内紛については完全ノーコメント。チーム内で批判の対象となっているのではと推測されているKevin Loveはミーティングの中身には触れないものの比較的穏やかにチームの復活を期して一丸になって行くよ、なんてコメントを出している。Loveが非公開の病気をしていて離脱するかどうかでもめているとかなんとかいう変な情報も飛び交っている。HCのTyronn Lueは実はクビ間近なのではないかという観測が出たり、Loveを放出対象にしてトレードを模索中だとも言う。話がバラバラなのです。現実的に動いているトレードはSacramento KingsのGeorge Hillを獲得だとか。George Hill、悪い選手ではないですがこの時点でHillを獲ってどうなる、というと… 

今のCavaliersの布陣というのは大半はLeBronの好みで獲ってきた選手たちです。HCのLueからしてLeBronが前任のHCをクビにしてお気に入りのアシスタントだったLueをHCに就けたようなもの。LeBronがCavsに復帰するときの条件として獲得したLoveもそうだし、親友のWadeもそう。さすがに今年は切りましたがMiami Heat時代からのお気に入りのJames Jonesが試合ではまったく使えないのにずっと腰巾着でロースターを占めていたりもした。3ポインターのスペシャリストが欲しいと言って獲ってきたのがKyle Kover。それぞれは悪い選手とは言いませんが全体のバランスが極悪い。揃ってディフェンスは期待できない選手。それに加えてオフのKyrie Irvingの緊急トレードの結果でやってきたThomasは好選手ですがディフェンスでは並または並以下の選手。最近のCavsのディフェンス崩壊の試合の数々は調子が悪いとかではなく、このメンバーでは仕方ないのではないかという評判になっている。つまり立て直し不能なのではないかと。
その他にも今シーズン前に加入した元MVP Derrick Roseはシーズン当初こそ活躍しましたが途中離脱、最近復帰。こちらは年齢こそまだまだ若いのに完全にキャリア晩年モード。その途中離脱も理由がよくわからず、どうもメンタルヘルスの問題であったらしい。でそれにからんで、LoveがRoseは健康問題でチームを離れてもOKで、なぜ自分の健康問題での離脱はダメなのかとゴネたという噂もある。噂だらけでさっぱりわからない。それもこれも勝ってさえいれば良いんですがなにせさっぱり勝てなくなっているので話が厄介です。

Milwaukee BucksがHCだったJason Kiddを今週解任しました。シーズン前はMilwaukeeは戦力が整って、Greek Freak Giannis AntetokounmpoがAll-NBA級に育って今季は優勝争いに加わるのではと期待されながら7位と低迷。3位のClevelandまで3ゲーム差ですから一気に順位を上げられるポジションではありますが、同時にプレーオフも逃しかねない位置でもある。この時点でのKiddの解任は仕方ないという気がします。で、そういう話がしたいのではなく、チームの将来ということを考えたら戦力が整ってきているのに突き抜けられないのはHCの力の差であって、HCの挿げ替えは当然の策だし、健全であるとさえ言えます。でもClevelandではそれができないんでしょう。それが不健全だなあと。LeBronのお気に入りだから無能でもLueを切れない。負けまくってるのに先発の入れ替えなしで突っ張ってるのが有能なHCの仕事には見えない。でも今季後に退団が見込まれるLeBronのご機嫌を損ねるからという理由で切れないならば(たぶんそう)なんとも残念な感じです。
まあプレーオフになればLeBronさんが気合を入れ直してギアを二段ぐら上げて一人ででも奮戦して勝ってくれる、というのは確かにそうなるんでしょうけれど、今年はFinalsまで行けなさそうなムード。それどころか一回戦から若い相手チームとの苦しいシリーズに引きずり込まれたりという姿も想像しないといけないのかなあという感じです。

Jacksonvilleはよくやった

NFL Networkで昨日の試合の再放送をやっていてちょうど第3Qの途中、いいところからだったので見入ってしまいました。結果を知っていて見返すといろいろ違うものが見てきておもしろいです。
昨日から消極的だったと私も感想を書いたJacksonvilleの終盤のオフェンスですが、実際に見直してみると実際はパスプレーの方が多い。それも安全策ではない通っていれば試合の流れを引き寄せられたかもと思える惜しいパスプレーがかなりあった。1stダウンでランに行くにしてもWRリバースランを見せプレーにしてみたり無策であったという批判はちょっと酷かなというもの。ここぞというプレーが決まらなかったから敗戦したわけではありますが、昨日思ったほどには消極的なコールではなかったと思い直しました。
ただここぞというプレーのための準備はなかったということでもあるのでしょう。Patriotsがなりふり構わずダブルパスだのフリーフリッカーだのを繰り出して追い上げる中、Jacksonvilleのオフェンスには意外性はなかった。消極的ではなかったが意外性もなかったということです。まあJacksonvilleはリードを広げる辺りで既にフリーフリッカーは繰り出していたと思うんで、それ以外にどういう凝ったプレーが手持ちにあったのかどうか。
例えば4th&15+といったの場面の準備はあったんですかということです。残り2分を切っての最後の攻撃4th&ロングもそうですがそのひとつ前の3rd&18(ぐらいだったかな)でも普通のパスプレーをやってしまいました。そしてわずか4ヤードゲインでショート。あの場面でタイムアウト(3つ全部残っていた)を使わず普通のプレーを二度やって敗戦してしまった。後から考えれば一番悔いが残るのはあそこじゃないかなあ、と感じました。タイムアウトを使わなかった理屈はわかります。2ミニッツウォーニングを過ぎているのでタイムアウトは3つ全部ないとNew Englandにボールを渡したらそれで即座にニーダウンで試合終了だからですね。でもこの判断がたぶんこの試合の中で最大の間違いだったのだというのが試合を見直した感想です。あの段階になってまだ相手にまだボールを渡すことを考えてるのが既に間違っているのだと。4点差、既に相手陣内、2分を切っている。ベストプレーをやって勝ちきるべきときに、まだ無得点で相手の返しのドライブのことを考えていたのがまずい、ということかと思います。
もしJacksonvilleが手持ちに今季ずっと温めてきた絶体絶命のときのプレーを持っていなかったのならタイムアウトを取らずにそのまま行ったのは間違いではないでしょう。そういうプレーを準備していなかったこと自体が負けなのですから。そして通常のプレーで勝負して4thダウンパスはNew England CB Stephon Gilmoreのあのスーパープレーがなければ成功していた良いパスだったのです。やるだけはやった。プレーも悪くなかった。ただし相手がさらに上を行って良かったということですね。
もしJacksonvilleになにか絶体絶命のときにためのスペシャルプレーが準備してあったけれど、タイムアウトの数を気にしてそのプレーを使えないままで敗戦したのだとしたらあまりにももったいない敗戦と言えそうです。たいていのNFLチームは相当に細かく深いところまでプレイブックを練るのが当然なので、きっとJacksonvilleにもそういプレーがプレイブックの奥底にあったんじゃないかなあって思うんですけどね。3rdダウンでQBデザインランで残りヤードを大きく減らせれていればNew Englandからしたら、1stダウンも守らなくてはいけないがエンドゾーンも守らなくてはいけなくて、相当に守りにくかったはず。

結果を知っていてもなお手に汗握る好試合であったことは間違いなかったです。














Gronko退場も、Patriotsが堂々の逆転勝ち

第4Q、10点差を追うことになったところからのPatriotsはほぼ攻守にパーフェクトなプレーを続けて逆転勝ち。我々は一体何度Patriotsのこういう試合を見てきたことか。堂々の逆転勝利でまたもNew England PatriotsがAFCを制してSuper Bowl LIIへのチケットを手にしました。
試合前にGronkoを消されるとさすがのPatriotsも手数が足りなくなるかと予想していた試合。故意ではないにせよ第2Qの頭部へのヒットでGronkowskiが脳震盪、退場。昨年のSuper Bowl制覇はGronko抜きでしたが、あのときはクラッチレシーバー苦しいときになんでも取ってくれるEdelmanがいた。今年はEdelmanが全休。そしてこの試合でGronkoが負傷退場。レシーバー陣が手薄となり、さすがのPatriotsも10点差を追い上げるのにオプションが乏しくなって苦しいか、と思ったらWR Danny Amendolaが代わってのクラッチぶりを発揮。エンドゾーン後方でのTDキャッチの見事さはどうですか。
続くJacksonvilleの返しのドライブをディフェンスが止めた後のパントの場面で再びAmendolaが好リターン。ここで怪しいハンドシグナルでJacksonvilleのカバーチームを牽制した小技も効いてました。この辺の細かい(アンチの方からすればたぶん姑息な)技をこういう場面で出してくるのがPatriotsっぽいですよねー。
24−20と逆転に成功したあとの追いすがるJacksonvilleの4thダウンのパスをフルエクステンションではたき落としたプレー。時間切れを狙うPatriotsの最後のドライブの3rdダウンでのランで見事に1stダウンゲット(そしてサイドラインへは近づかない)など、こうキメなきゃいけないプレーをことごとく決めて逃げ切り。強いわ、と感心してしまいました。NFLの歴史上の特別なチームを見ているんだなという感慨があります。

Jacksonvilleの方。TV解説のTony Romoは試合決着後にJacksonvilleのQB Blake Bortlesをとても良かったと褒めていました。ミステイクがなかったという意味では悪くはなかったんでしょう。今季JacksonvilleはBortlesがINTを投げなかった試合では全勝だったそうですから、ミスをしない試合を壊さないプレーぶりは評価されても良いのかもしませんが、このビッグゲームの第4Qに、百戦錬磨のPatriotsディフェンスを相手にアウェイでTDが絶対必要という場面になったときには、試合を壊さないプレーでは足りなかったわけです。
まあシーズン前から考えればBortles個人にしてもJacksonvilleにとっても予想以上の成績を残せたシーズンでしたし、好試合でもありましたが、相手が悪かったです。










記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文