アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

開催地元向け五輪の可能性 フットボールとラクロスの場合

まだ先ごろ2024年のパリ五輪での新規採用種目決定の報道があったばかりですから、その次の2028年ロス五輪での新採用競技決定まではたぶん4年ほどあるのであろうと想像されますが、それに向けての運動はそろそろ本格化していくのでしょう。ラクロスもその流れで昨年末に統括団体のFILがIOCから暫定承認を受けています。向こう3年の期限付き。その間に正式競技採用へ向けて活動を展開するんだと理解しています。
ラクロスと同時に競技団体として暫定承認を受けたのはサンボとキックボクシングとか。

最近の記事でいろいろ五輪をくさしてみました。それでもその影響力は群小のマイナースポーツにとってはその競技単独では望むべくもない大きな露出の機会を与えてくれるのも確かです。独自でプロ組織がありビッグビジネスとなっている種目ですら国際的な露出増加の手段として五輪種目化を目指したりするわけですから。

例えばNFLがフットボールを五輪種目にしようとひそかに運動しているという話が漏れてきます。しかしいくら地元とは言えやる前から米国の金メダルはまったく動く可能性がゼロなのにやる意味があるんでしょうか。プロが出場しないぐらいではまだ2位以下との差は遥かに遠く勝負にならない。
アメリカ人はまったく存在を知らないでしょうがアメリカンフットボールにも世界選手権大会が存在します。これに出場する米代表はカレッジのウォークオン(非奨学金支給対象選手)卒業生や2部3部の元選手など。そのメンバーですら出場すれば圧勝してます。強すぎるので米代表が出場しない大会もありました。

ちょっと考えてみてください。NFLには32チームありロースターは53人=計1,696人のNFL選手がいます。これにCFLやAAFなどのマイナープロの選手がざっと考えて1000人弱か。カレッジの1部FBS校が130校 x 奨学金選手上限が85枠 = 11,050人。1部FCSが124校 x 63枠 = 7,812人。ここまでだけでもざっと上から2万人の現役選手がいるわけです。それ以外に大学2部3部の選手がいて1部校のウォークオンもいる。1部奨学金選手までの上位2万人を出場させなくても米代表が間違いなく圧勝してしまう競技。最初から金メダル確定なのです。こんなものを五輪で競わせる意味があるんでしょうか。2位以下の争いは意味がないとは言いませんが。
それでもNFLがなにやら五輪種目化を後押ししているというような話を聞くとなにを目指してんのかなともやもやします。


例えばラグビーは40分ハーフの試合を、人数を半分に削った上に7分ハーフという試合の質の変わってしまうモノに差し替えまでして五輪種目化しましたよね。試合時間で言えば2割以下の長さの簡略版ラグビーです。ラグビーは経済規模ではアメスポと比較するとかなり小さいので五輪化でなんとか露出を増やしたい、海外市場を拡張させたいという念願はわからないでもないです。実際、世界のスポーツ市場で最大の市場であるアメリカ国内でのラグビーの認知度はここ10年内に大きく向上したという効果があったわけですから簡略版で五輪競技化した意義はあったわけです。

ではNFLフットボールはどんなものを五輪種目化で目指しているのか。これは以前から当ブログでは書いてますが個人的には女子のLFLのようなもので良いのではないかと思ってます。それも時間をもっと短くしたもので。
フル規格のフットボールなんて世界選手権の様子を見ても選手を揃えられる国がほとんどないはずです。無理にやったとしても試合レベルは米国内の既存のフットボールファンにも見向きしてもらえないものになるのは確実で、そうなったら地元開催枠で競技採用しても一体誰が見るんだよ、ということになります。長続きしそうな気もしません。どうしてもやるというのなら7人制ラグビー同様人数、試合時間を相当に絞ったものを考えているのでは。というか考えていて欲しい。


話が大きくズレました。ラクロスのロス五輪の競技採用の可能性の話をしたくてこの記事は始めたのでした。
フットボールの一強に対して、北米産スポーツのラクロスはアメリカ・カナダの二強の構図。二強ぐらいのスポーツは既存の五輪スポーツでも女子のアイスホッケーなんて例もあります。昨年の平昌での女子ホッケー代表の優勝はアメリカ国内ではまずまずの話題になりました。一強よりはずっとマシでしょう。ラクロスも男女セットで夏季五輪に競技採用となれば米国内的には盛り上がる可能性はあります。米国内の影響でいえばラクロスの普及度に国内東西格差が存在するだけに西への侵攻・全国展開には意義がありそうです。

ではラグビーのようにIOCから簡略版を求められたらどうするのか。ボックスラクロスという室内競技は北米でプロ化されて30年以上にわたって存在するので道具立てやルール整備、運営ノウハウはあるのでしょうが、個人的な感想ではあれはちょっと違うのではないか、と思ってます。時間を短くするのは当然の妥協としてもぜひ野外でやってほしいなあと思っていたわけです。
さすがにそんな私が心配するようなことは米ラクロス協会も承知していたようで昨年末から6人対6人(通常10人づつ)の野外の試合を実験的に行ってみています。ただ時間短縮への踏み込みは足らず(と私には思えます)8分 x 4クォーターとか。通常のラクロスの国際試合は15分 x 4Qなので、中の人が考えると時間の半減は大きな改革なんでしょうが、たぶんもっと削らないといけなくなるんじゃないですかね。削った方が露出効果には良いのは7人制ラグビーで証明済みな気もしますし。またラクロスの場合、力の差のある対戦、一方的な試合が多くなるのも目に見えてるわけで、それを30分以上やり続けるのが良いことかどうかという視点も欲しい。濃厚な試合は決勝戦だけにしてその試合だけは長くやるという工夫でもいいかも。


さてラクロスはそのように五輪採用に向けての取り組みを既に開始しているのに対して、フットボールの方で五輪用の簡易ルールの工夫を模索してるという話は聞きません(まさかフラッグフットを想定?)。ほんとに採用に向けて運動してるのかなと疑いたくなるほど。
ひょっとしたらカネさえ出せばICOはどんな内容でも折れるとでも高を括っているのか。確かにNFLにはそれができます。ラクロス始めマイナースポーツにはそんな真似はできませんがNFLにはできる。IOCの過去の行状を考えると確かにカネで枠を買うことは可能でしょうが、そんなことしてNFLに何の得があるのかというところが知りたいですね。前回の記事で否定したとおりで五輪競技化するのと、他国でそれが見えるところで放映されるのかはまったく別の話なので。そんなので五輪の新規採用枠・地元枠に割り込むならラクロスの方に譲って欲しいような。

UCLA Calipari引き抜き画策

カレッジバスケットボールもFinal Fourを残すのみ。大半の学校がシーズンを終えたことでいろいろ動きが出てます。早くもNBAドラフト入り宣言をする下級生が出ています。上位指名予想される選手はまずもれなく宣言するでしょうからまたその話題は出揃ってからで良いでしょう。

西のバスケの古豪UCLAがKentuckyのHC John Calipariの引き抜きを画策、60歳のCalipariに6年契約を持ちかけたとか。それに対抗してKentuckyの方は引き止めとして終身契約を提示したとか。
この話、両校の状況も考えるとなかなかおもしろいです。

UCLAの方はカレッジバスケットボール史上、優勝回数などで最高の実績を誇るわけですが、こと近年に限ると優良校と呼ぶのは少々ためらわれるレベル。今季17勝16敗でNCAAトーナメントも逃してます。実績が高いことから関係者のプライドは高く、現実から乖離している感じだったのを、Calipariを招聘することで古豪復活につなげたいのでしょう。

先日のNCAAトーナメントの試合でおもしろいことがありました。その試合のTV解説には元NBA Indiana Pacers Reggie Millerが入っていました。その試合の客席にはReggieと同時代のNBAスターだったDikembe Mutomboが息子を連れて観戦中。Mutomboの甥っ子がFlorida Stateの選手なのでその応援に来ていたのです。でそのMutomboの息子Ryan Mutomboは15歳ですが背は既に6'9=206cm。まだどこのカレッジからも奨学金のオファーは受けていないそうですが、それをReggieが試合の合間に言ってタンパリングしたというのを放送中に自分で紹介してました。曰く「どうだい?UCLAのようなプレミア校に進学してみたら?」と。ReggieはUCLA出身です。それを聞いていた親父Dikembeがあの声で「Reggie。Only One School! Only One School」と言ってReggieを追い払ったとか。Dikembeがいう唯一の選択肢とは彼の母校Georgetownのこと。皆、母校愛があっていいねという楽しい話でした。しかし息子本人はその後のマスコミ取材に「North Carolinaに行きたい」と言ってしまったというオチもついてます。
話としては楽しい話なのですが、その中でもいろいろ感じるところがあります。その昔勇名をはせたUCLAでもGeorgetownでも、若い人の意識では今の今強い学校にはまるでかなわないというところが一つ。もうひとつはReggieがUCLAをプレミア校だと言い張ってもいまさら誰もそうは思ってくれないという点。
余計な話が長くなりました。とにかくそんなこんなでUCLAが古豪復活を賭けてCalipariの引き抜きに走ったという話です。

Kentucky側の事情はどうでしょう。少し前にも書きましたが今季のCalipariは明らかに元気がなかったです。一時期毎年全米最強のリクルートで若いスター選手を抱え込んでシーズン前から優勝候補筆頭だった時期とは明らかに違う。これは憶測ですがたぶんKentuckyもリクルートの裏金問題で後ろめたいところがあってそれで歯切れも悪くなり、一時期に比べるとリクルートの質も低下した(とは言えほとんどの他校からすればまだ羨ましいメンバーのはずですが)。
近い将来にそれが露見してKentuckyがNCAAの懲罰の対象になる可能性がある、としたら、CalipariからしたらUCLAに避難した方が良いと考える可能性もないではないです。そこまで見越してUCLAが声をかけたとしたら、移籍がありうるんじゃないか。
さらに穿った見方をすれば、Kentuckyが終身契約をすると言って引き止めたとしても実際に裏金スキャンダルが噴出してしまえば契約解除される可能性があるわけですから終身契約なぞは空手形であるかもしれないわけです。よしんば契約が残ったところで懲罰対象でリクルートの制限を喰って勝てないチームになってしまう可能性もあるので。

Duke、3試合連続の接戦はモノにできず敗退

March Madness NCAAトーナメントの準々決勝がありMichigan StateとAuburnが勝ち抜き。Final Fourの顔ぶれはVirginia x Auburn、Michigan State x Texas Techとなりました。カレッジバスケの最大の人気校であるDuke、Kentuckyが次々と敗戦。どちらも力戦でした。

現在アメスポ全体で最も注目度の高い選手であるZion Williamsonを擁したDukeですが、二回戦から続いてきた最終盤ギリギリでの逆転勝ちはこの日は果たせず。最後はDukeの側のチームファールの数があまりにも少なくファールゲームに持ち込むこともできずあえなくMichigan Stateに逃げ切られました。エリート1年生で固めたDukeと、上級生でチーム力を高めたMichigan Stateの戦いは熟練のMichigan Stateに軍配となりました。最終スコア68-67。
NBAが高校生を直接ドラフト入りできる仕組みに制度を変えることになっており、カレッジバスケットボールで今回のDukeのようなスーパーエリート1年生を擁して全米制覇に挑戦というパターンは消えていくことになる、その時代の境目直前でのDukeの挑戦は準々決勝で道が閉ざされました。Michigan StateだけではなくFinal Fourに残った4校には一人もドラフトの目玉になるような1年生はいません。

試合後Duke PG Tre Jonesが号泣。Jonesはミネソタ州出身でしたからMinneapolisで開催されるFinal Four進出への意気込みが他の選手と少し違ったか。2日前の試合では3ポインターが当たっていて勝利に貢献しましたが、この日は4得点。Zion 24得点、RJ Barrett 21得点。たぶんこの日はDukeはファーストブレイクでの得点ゼロだったのでは?持ち味を殺される中、Dukeの二枚エースは試合の最後で粘りましたが及ばず。
昨日のGonzagaもそうですが、相手ディフェンスに徹底的に研究されてしまうとまだまだ若い選手たちは引き出しが少なく苦戦を強いられることになります。

カレッジバスケットボールへスーパーエリート高校リクルートが入ってこなくなると、Zionだけではなくて、例えばカレッジで活躍しそこなったCam Reddishなんかも入ってこないことになります。Reddishは高校卒業時点では1位RJと2位Zionに次ぐ全米3番目の超有望リクルートだったわけですから。
NBAが毎年何人ぐらいまで青田買いして直接高校からドラフトするのかいまから見通すことはできませんが、ReddishとZionがDukeでの1シーズンを経たことでその差の大きさがはっきりわかったのをこれからはNBAのスカウトは実戦を見ないままで見分けなくてはいけなくなるんですね。

中身のない「若い世代に人気」の競技などよりもe-sportsでも五輪採用したら

この前の五輪の新競技採用の話の続きのような話になります。前回は「若い世代に人気」という実態のない殺し文句に煽られてIOCが妙な新競技をいくつも五輪種目に採用しているように見えるということを書きました。この前初めてテレビで見かけたクライミングもそうですが、これが人気視聴コンテンツになるのかなぁ、なわけないよなと呆れるところがあります。
そういえば同じく五輪の新しい種目であるサーフィンの大会の放送っていうのはかなり昔からときどきアメリカではやってました。それこそ20年以上前から。それがアメリカで大きな人気だったことは一度もありませんが、見たことはあります。多チャンネル化が進んで以降の最近では見た記憶なし。たぶん地元では人気のイベントなんでしょうが、あまりTV向きとは言い難かったように思われます。昨今はドローンやアクションカメラの進歩その他撮影方法が多彩になっているでしょうから味付け次第では昔とは比べ物にならないいい絵が撮れそうではありますが。
クライミングにせよサーフィンにせよBMXにせよ、やっている人は若い世代にいるのはわかりますが、視聴コンテンツとして世界のどこかで既に数字を出しているのかというとたぶんどこにも実績はないであろうところが共通点のように思われます。

近年の五輪の新採用スポーツで一気に人気競技になったと言えば冬季五輪のX Sports系競技でしょう。あれは五輪採用前に既にX Gamesという形でアメリカで人気イベント化していたのを五輪が取り入れたもの。有力選手もWinter X Gamesでお馴染みの選手たちでした。TVで見せるノウハウも蓄積されていた。それゆえ五輪競技化した後もあっさり人気プログラムに(少なくともアメリカでは)。プロツアーも既に成功形成されていたため4年に一度の五輪に頼る必要もなく選手たちも安心して競技に打ち込める経済環境になってました。冬季のX Sportsも「若い世代に人気」な種目ではありましたが、最近の夏季の実態のない諸々の競技とは違ってちゃんとTV番組としての実力が既にあって五輪種目になったからすぐに五輪でも人気種目になった、というように見えます。

さてそういうことを考えると昨日も触れたe-sportsの番組化視聴パッケージ化が着々と進んでいるのはe-sportsにとって良いことであろうと。そしてIOCが実態不明の「若い世代に人気」なスポーツに振り回されるぐらいならe-sportsを五輪種目化した方がよほどマシだろうなと思うのですがいかがなものでしょうか。Overwatch Leagueと、あとはSASUKE(アメリカでの番組名はNinja Warrior)類似な競技を五輪採用したら若い世代への五輪番組の浸透にはよほど良い、なんて思います。(後者はアメリカ五輪の守護神NBC系列が類似番組を制作中)

もちろんそんなことはできない、という理屈もわかります。e-sportsはスポーツじゃない、というところから始まって、その競技の性格上開発したゲーム会社一社に全権が集中するという問題がある。4年に一回の五輪というサイクルの中でゲームの陳腐化をどう考えるのかなど懸案は様々あるでしょう。ただIOCが視聴者の若返りを本当に望むのなら、わけのわからない「若い世代に人気」な競技よりはマシではなかろうか、と。

他方2028年ロス五輪へ向けて例えば北米産のラクロスの競技採用を目指す動きがある。または(アメリカン)フットボールの採用の可能性を模索する動きもあります。そういう動きはIOCが求める視聴者の若返りとはまったく別の動きなのでまた別途ということになります。ある意味逆行ですらありますね。競技種目の永年固定化よりも開催地元にあった競技を逐次採用というやり方もあるのかもしれません。

地上波でe-sports

時期が外れてしまってから書くのもなんなのですが一応メモとして。先週末の話。バスケのNCAAトーナメントの二回戦が大量に放送されていた時間帯に、地上波4大ネットワークのABCでOverwatch Leagueの放送をやっていたのを発見。あー地上波なんだーとちょっと感心。

その視聴者数情報が出ていました。土曜日のOverwatch League準決勝が30万人、日曜の決勝が36万人であったそうです。もちろん裏番組のMarch Madnessの視聴者数からは桁違い(1600万人とか)で低いわけですが、放送したABCの関係者のコメントとしては大健闘ということらしいです。同番組は地上波TV以外にもネットストリーム放送のTwitchその他でも同時中継されたそうで、ゲーマーと親和性が良いのでしょう、そちらでの視聴者数もかなりあったとか。そちらは海外からの視聴も含まれます。

スポーツ関連との比較でいうと日曜日のOverwatch Leagueの決勝の総視聴者数は、NBCで放送されたNHLのレギュラーシーズンの放送の視聴者よりも多かったとか。ESPN系列でやっている女子バスケのNCAAトーナメント(女子版もあるのです)やFOX系列でやっているNASCARよりも多かったらしい。
これはスポーツファンがこぞってMarch Madenssにチャンネルを合わせるゆえにNHLなどは大きくマイナスの影響を受けたであろうところ、Overwatch Leagueはさほど視聴者の取り合いの対象にならなかった可能性がある。それゆえこの結果をもってe-sportsがNHLに勝った云々というのは正しい結論とは思いませんが、それでもOverwatch Leagueが健闘したという関係者の言い分もわかる結果なのでしょう。

March Madness NCAAトーナメントはアメスポの中でもプレミア級のイベントですからその裏となる他局は真正面から通常のスポーツ番組で勝負しても太刀打ちできない。そういうタイミングならMarch Madnessにほとんど影響されない毛色の違うe-sportsの番組を放送するにはうってつけということになって来年以降も続く可能性があるのかもしれません。

Gonzaga Texas Techのディフェンスの前に散る

試合終了後はRui Hachimura号泣でした。ジャージで、タオルで顔を覆って無念の涙。最終スコアは75−69。今季試合平均90点を叩き出していたGonzagaが20点も削られての敗戦。Texas Techの冴えるディフェンスの前にターンオーバーの山を築き試合を通して一度もリズムに乗れないまま。Hachimuraはインサイドで何度もボールを受け損なったり、相手にボールを突かれてロストなど、良い形でインサイドでボールを持つ機会が少なかった。ミドルジャンパーこそ何本も決めましたが、サイズでTexas Techにまさるはずと戦前に言われていたのにその利を活かすはずのインサイドのゴリゴリの攻めは不発。

最後の1分になってから7点差をつけられ、もうダメかというところからGonzagaが2本連続でターンオーバーを取り返し2点差まで迫ったんですが追撃はそこまで。
全米最強のディフェンスを誇るTexas Techが、全米最強オフェンスのGonzagaを抑えきっての堂々の勝ちです。ここまでデイフェンスの猛威を感じさせるチームはなかなかないのでは。2日前にMichiganを完膚なきまでに叩きのめしたディフェンスが今日も発揮されてのTexas Techの勝ち、学校としては初のFinal Four進出。Texas Techのディフェンスが冴える中一応勝負になったのはGonzagaの地力・火力があったからですが、根本的にはGonzagaらしさを発揮できないままで試合が進み続けました。

序盤はGonzagaが試合のペースを上げてTexas Techの好むロースコアゲームに付き合わないぞ、という意思表示。オフェンスでも速攻、ディフェンスでも高い位置からプレッシャーをかけていたんですが、10分もいかないうちにそれは取りやめ。ペースはまあまあだったんですがTexas Techの外からシュートがシーズン平均よりずっと入ってしまって圧力をかけているのにGonzagaが点数で引き離せなかったからです。
メリハリつけてプレスは後半も取り入れるべきだったようにも思いますが、そうはせず。

Gonzagaは前戦のFlorida State戦でもパスレーンを読まれたり、PGのPerkinsが狙われてボールを失う場面が多かったわけですが、今日もPerkinsは狙われ、かつインサイドへのエントリーパスが上からも下からもきれいに入らない。それでも外からのシュートさえ入れば相手ディフェンスをこじ開けられて良かったんでしょうがGonzagaのシュートはシーズン平均以下。対するTexas Techは普段より遥かに入る。まあバスケは負けるときっていうのはこういうものだと言えばそうですが、普段の力を出させてもらえなかった。他方、Gonzagaのウィークサイドヘルプを見逃さずにゴール下でのパスでイージーバスケットで劣る得点力をTexas Techが補う。そういう細かい点をきっちりこなしたTexas Techの攻守における統率を褒めるべきでしょう。

スター選手もいないのにFinal Four進出。これはTexas TechのHC Chris Beard、今オフ栄転の一番人気のHCに成り上がったかも。
記事検索
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文