アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

LLWS観戦に行ってきました

Little League World Seriesを現地観戦に行ってきました。場所はペンシルバニア州South Williamsport。Portというからには元々は港の街として拓かれた街なのでしょう。河川交通の要衝だったのかもしれません。Williamsportは山深い同州中部の人口3万人の小都市。LLWSの会場は川向うのSouth Williamsport市の方にありますが、LLWSのロゴにはWilliamsport, PAと書かれてますね。PAはペンシルバニア州の略です。
遠いアパラチア山脈にある街。タイミングを考えると今回が一生に一度の観戦のチャンスかなと思い、少々無理をして行ってみたわけです。行ってよかったです。

日曜日にはPhilliesのマイナーAチームであるWilliamsport Crosscuttersの本拠地でNew York Mets対Philadelphia Philliesの公式戦が開催。これは昨年から始まった「MLB Little League Classic」の試合として開催。昨年はWilliamsportから一番近い同州内のPittsburgh Piratesが、今年は距離は少しありますが同じく同州内のPhilliesがホームチーム扱いで登場。Mets所属のTodd Frazierは少年時代にLLWSでの優勝歴があり、他にもPhilliesに1名、Metsにも1名、LLWS出場経験者がいてLittle League Classicのホスト役としては適任のチームでもあったのでしょう。アメリカの野球人気にとって草の根を支えるLLWSを補強するためにMLBが採算度外視して一試合を提供している状態だと理解してます。

スケジュールの都合上私は日曜夜のこの試合まで現地にとどまることはできませんでしたのでそちらの試合の方は現地では見ていません。MLBコミッショナーのRob Manfredもこの日はLLWSの試合会場にも顔を出しており、LLWS出場の子供たちと直接交歓するなどずいぶんとサービスしてます。子どもたちにとってはコミッショナーなんてただのオジサンでしょうが。他にはMets所属のJose Bautistaは親がスペイン生まれなんだとかで、後述するスペインチームの面々にとっては格好のホスト役。他にもMLB屈指の先発投手であるJake Arrieta、Noah Syndergaard、Jacob deGromといった面々が昼間のLLWSの試合をスタンドで観戦しながら少年選手たちにボールの握り談義を延々していたりとのどかな感じで野球文化の良さを感じさせてくれていました。

LLWSの試合の方の感想。今回は欧州アフリカ代表としてスペイン・バルセロナ市の少年野球チームが参加。初戦の日本(川口市)とも途中まで接戦を演じ(投球数制限で先発投手が降りたあとに滅多打ちにあって1-11でコールド負け)、次戦でもカナダを相手に延長戦を戦って好試合を連発したのが良かったです。スペインで野球をやっている子たちがいるんだなあというのは大いに意外でしたし、日本カナダと言った野球の強い国のチーム相手にも一方的にやられるわけでもなく戦っていたのは心強いものがあります。細かいことを言うと後攻のカナダがランナー二塁・単打でもサヨナラ勝ちかという場面で外野手を前に移動の指示を出せない監督さん(または自主的にそうしない選手)を見ると野球の機微がわかるほどには野球に馴れてないんだろうなぁとは思うものの、そんな環境下で練習して大過なく打撃守備などこなしていく少年選手たちを頼もしく感じたりもしました。
日本チームは第2戦でもパナマの大型好投手の100時速マイル相当の速球に苦戦しつつも競り勝って開幕2連勝で好位置につけてます。次戦は水曜日に対韓国戦。
国際側も米国側も熱戦接戦逆転の試合が例年以上に多く、大変楽しめました。

会場は自然の丘陵を利用して建てられており、LLWS名物外野席の芝のスロープを雨天試合中断中にも滑り降り、泥だらけになっている子どもたちがあちこちに歩いていたり。会場自体は入場無料なので近所の子はみんな来てる感じで、高校のフットボールの試合のような雰囲気(と言ってもおわかりいただきにくいでしょうが)でお祭りっぽい感じです。

Alabama, Clemsonの2強が今年も続くのか

いよいよカレッジフットボールシーズンの開幕が近づき各校のファンの期待も盛り上がる時期。
しかしながら残念なのは今年もAlabamaとClemsonの二強が予想されること。プレシーズンランキングで前年の強かった学校が上位に居残るのは珍しいことではないですが、この両校は既に過去3年連続で全米優勝を争ってきている。その両校が今年も強いとされるとうーむと唸ってしまいます。NBAの方でCleveland CavaliersとGolden State Warriorsが4年連続でNBA Finalsを戦ったのもマンネリを指摘されたのが記憶に新しいところ。NBAは連覇が他のスポーツに比べて多いジャンルなのでまあそれもあるかな、という感じでしたが、毎年大きく選手が入れ替わるカレッジフットボールでこれだけ二強が勢力を維持できるのは史上初なのではないでしょうか。

プレシーズンランクは害悪で、前年の結果の印象でランクが形成される傾向は強い。過去もそんなことは繰り返されてきたし、それが意外なチームが勝ちこんできたり、上位と目されていたチームが苦戦したりとシーズンは楽しめたものですが、ここ数年の二強のがっちり勝ちを積み上げてくるシーズン、そしてプレーオフの大舞台で強いスタイルがカレッジフットボールの魅力を減じているように感じるのは私の思い込みでしょうか。
4校によるプレーオフ制は今年が5シーズン目。導入前からプレーオフ制には反対と言ってきた当ブログ。過去の4シーズンを振り返ってみるとプレーオフ制が地力のある学校に有利に働いた面は否定し難いような。AlabamaやClemsonの昨季のレギュラーシーズンでの敗戦はプレーオフ制以前なら頓死の可能性があった(特にシーズン末のIron Bowlに敗れたAlabama)のが実際は不問と同じ結果に。プレーオフ制初年度のOhio Stateにしてもシーズン序盤のVirginia Tech相手のホームでの惨敗が不問になって全米制覇を遂げています。

地力のある学校が勝つことの何が問題なのか、と言われると、それはそれで正しい見方でもあるのでしょう。間違っているとは言えない。
ただ過去カレッジフットボールが維持してきた毎週末が大事でひとつでも落としたら優勝のチャンスが消えかねない、消化試合などなかったあの雰囲気は消えてきてしまっているのはとても残念です。その問題と重なり合ってまたこの二強か‥というのはカレッジフットボールのシーズンの期待感を削いできているような。

Jr. NBA、選抜チームの功罪

第1回Jr. NBA World Championshipの男子国際決勝、アフリカ中東チームがカナダを下しています。今日日曜日に全米優勝チームのカンザス州のチームと対戦予定。地上波FOXで放送していました。これ以前の試合はウエブキャストでBleacher Report Liveが担当していたようです。あまり大々的に宣伝していたとは思えないのでそちらまでチェックして見た方は少ないことでしょう。

なかなか難しいトーナメントであります。米国内のチームは実際の地方クラブ同士で戦っているのですが、国際の方は選抜チームが多い。アフリカ中東はブラックアフリカ国の長身選手に小柄な中東の子が混じる構成。14歳にしてやたら背が高い。バスケのゲーム性から言って身長という要素は大変に大きいのでこういうふうに選抜チームで高い子を揃えられてしまうと見栄えは良いんですけど、草の根感はかなり低い。対戦していたカナダの方もコンゴ移民の長身の子などを揃えてかなり背が高く、スキルもまずまずで試合は好試合になりました。前項で書いた女子決勝のような観戦に耐えないレベルではない。これはこれでおもしろいのでしょう。日曜日の米国チャンピオンとの試合がどうなるかは若干危惧していますが。

問題はどこにあるのかというと、野球のLLWSの向こうを張ってJr. NBAという大会を育てる(試合中にNBA副コミッショナーも喋ってましたがはっきりLLWSの名前が出てきました)のにこの選抜チームというやり方が良いのかどうかというところです。
野球のLLWSは米国内・海外組ともクラブチーム。そして優勝戦での海外国内の対戦も多くは力量も拮抗してます。米国の選手たちには早熟な大型選手が海外チームと比較して多いのですが、海外組も体格で負けても決して野球の質では負けていないので好試合・熱戦も多い。さすがに歴史も長いのでうまく均衡が取れている。
それがJr. NBAではアフリカ中東選抜チームのように早熟才能の高身長選手を揃えられてしまうとどうなのか、という疑問が。米国内の方がバスケのレベルは高いのは確実ですが、あんなふうに全ポジションに背の高い子を揃えられる地方クラブはあるのかなという疑問があります。もし揃えられる地方チームがこれをきっかけに増えたとしたら、大半の普通の背の子たちのクラブは最初からノーチャンスになってしまう。これでLLWSが全米の少年野球全体を引っ張っているような効果がバスケで出るのか?という意味で疑問が湧いています。
今日の決勝の内容次第で次回大会からは海外の選抜チームの構成を手抜きにしてバランスを取るのかもしれませんが、それだとかなり人為的で変な話にもなりそうです。初の大会、今後の展開に期待する方がポジティブなのでしばらくは見守る感じでしょうか。

Jr. NBA さすがにまだまだ

バスケットボールがアメスポ内でその存在感を増して、夏侵攻でMLBのシーズンを侵食しようとしているということを昨年来当ブログではなんどか書いています。その文脈で野球の夏の一大人気コンテンツであるLittle League World Series(LLWS)に対抗しようというのでしょう、NBAが少年少女バスケの世界大会を企画。Jr. NBA World Championshipとして今週末に決勝戦が行われます。今日土曜日は全米優勝チームと国際優勝チームが決まり、翌日曜日にその優勝チーム同士が戦い世界チャンピオンを決めるという段取り。男子・女子同時進行です。

過去当ブログでは何度もLLWSが野球の露出にとって大きな役割を担ってきていることを書いてきています。アメリカの野球人口・人気の根っこの部分を支える大事なイベント、人気イベントです。米国内から8チーム、国外から8チームが集い毎年熱戦を繰り広げます。全試合がESPN系で生中継。動員良好、視聴率も立派な夏のアメスポの定番イベントです。現在は米国内の出場チームを決定する地区決勝戦が各地で行われているところ。既に出場の決まっている国外の代表チームも続々と会場であるWilliamsport PAに到着してくるところ。

その野球人気の根っこに挑戦しようという今回のJr. NBA World Championship。初の試みでどうなることかというものなのですが、様々課題がありそうです。いま女子の方の国際優勝戦としてEurope対Asia-Pacificの試合が行われてますが、率直に言えばこれは観戦に耐えないです。LLWSなら技術体力は子供ながら試合は試合として拮抗して楽しめる攻防になるのですが、Jr. NBAの方はつらい。第1Q(各Q8分)のスコアが9−2。シュートがまるで入らない。昨夜男子のアメリカ側の試合もちらっと見ました。そちらはさすがにこれよりはシュートは入ってましたし、動きの良い子もいたんですが、男子の方の国際の試合のレベルはどうなっていることか。女子のアメリカ側の試合も見ていないので想像ですが、男女ともアメリカ側のチャンピオンが国際側のチャンピオンに圧勝してしまったら締まらない。
また現在プレーしているEuropeチームは欧州各国からのオーディションを経た各国からの選抜チーム。Asia-Pacificはオーストラリアのクラブチーム。両チーム全員白人の子のように見えます。アジアと言ってもオーストラリアか‥ 14歳ぐらいだとオーストラリア以外のアジア人のチームだと高さで全然話にならないのかも。

まだ試合は残っていますのでなにか面白いことが起こるのかもしれませんし、二回目以降回を重ねることで大会形式などが練られていって良いものになる可能性もあり、まずは一回目やってみたというところでしょう。近い将来にLLWSを脅かす可能性は薄いとも思えました。

---

追記・男子の国際決勝を見て意見が変わりました。今時間がないのでまた別途書きます。LLWSとは意味合いは違ってしまう面はありますが、有能な選手が多くて、というか有能過ぎるというか。

アメスポ夏枯れ週末

この週末、アメスポトピックとしてはフットボールの殿堂表彰式が一番の話題。Terrell Owensが表彰式に登場をしなかったことで少々モメてます。今後は殿堂は本人の登場を義務付けるとかなんとか。これはちょっと変な話ではあります。殿堂セレモニーがTVショー化して放映するTV局側からの意向を殿堂がそのまま喋っている感じですね。

個人的に見た試合中継で一番盛り上がったのはNASCARで22歳Chase ElliottがWatkins GlenでCup戦レース初優勝。テールに迫る昨季チャンピオンのMartin Truex Jr.とのデュエルを戦い切っての優勝は価値あるものかと思いました。Watkins GlenはNASCARシーズンの数少ない非オーバルコース。欧州型のテクニカルなコースではないですが、普段のNASCARとは違う趣、しかしながらNASCARらしい白熱のバトルが楽しめる好レースに。ミリ秒単位で迫るTruex、逃げるElliot。僅かなミスが差を広げたり縮めたりの終盤20周ほどはエンタメ度たっぷり。
過去数年でNASCARのジャンルとしての人気絶頂期を支えた人気ドライバーたちが次々と引退。新しい顔に入れ替わる中、新鋭の初優勝はNASCARの次の時代が始まっているんだなあと感じさせるものがあります。

MLBでRed Sox x Yankees完全決着というのも大きかったです。Red SoxがスイープでYankeesを蹴散らし。それも1-4から9回に追いつき延長10回で決着。ゲーム差が9と開いてさすがにAL東はこれで決まりでしょう。Yankeesが悪いというよりRed Soxがとにかくしつこい。こういう強さはじわじわ来ますね。
Yankeesは現実的にはこれで一発勝負のワイルドカードからの勝ち上がりを目指さなくてはいけないことになりそう。その一発勝負の相手は夏に入って以降勝ちまくり打ちまくりのOakland Athleticsか。怖いもの知らずの嫌な相手です。
ポストシーズンになれば投手陣は特攻回転で回すのでYankeesにとっても事情が変わってくる。強打線が火を吹き始めれば短期決戦のMLBポストシーズンの行方はわからないですが。

Ohio StateはこれでMeyerを切るのか

楽しいカレッジフットボールシーズンの開幕まで一ヶ月となり、そろそろ何か書こうかと思っていたところへ湧いてきたネガティブな話題です。名門強豪Ohio StateのHC Urban Meyerが現時点で職務停止処分となっています。理由は「レシーバーコーチが家庭内暴力を振るっていたのを妻経由で知っていたはずだが、それについてなんの対処もしなかったこと」のようです。レシーバーコーチの妻がMeyerの妻にその件を相談していたのが数年前で、それについて今問題だとされているとか。ずいぶんと迂遠な話ですが、これがUrban Meyerの非になる、という理屈が通るのか、という驚きがあります。

大幅に先回りして書いてしまうと、当ブログでは今回の件とまったく関係なく以前からMeyerのNFL転出の可能性について先走って推測記事を書いています。あまりぐだぐだするならUrban Meyerの引き取り手はカレッジ・プロともにいくらでもあるはずで、Meyer自身はさして困らないしこれ幸い転出へ踏み出すんじゃないでしょうか。困るのは‥誰なんですかね。Ohio State自身でしょうか。現役の選手たちが一番の被害者になるのか。

アメスポメジャー種目は社会の鑑として様々倫理的な振る舞いを要求される面があります。薬物使用についての重い罰則もそうですし、同性愛の受け入れ問題などでも一般社会以上に模範的に振る舞うことを要求される面がありました。ドメスティック・バイオレンス(どうもこの言葉の日本での使われ方がこちらでの使われ方と大きな落差があるのであまり好きな言葉ではないですが)問題もそのひとつで、他の問題が比較的静かな中、今一番良く取り上げられるフィールド外の問題です。そのレシーバーコーチが個人宅でどういうことをしていたかというのは夫婦間および警察・司法の問題のように思えるのですが、それが上司であるUrban Meyerの職務停止処分に飛び火するのはかなり珍しいケースのような気がします。

例えばPenn Stateに少年への性的暴行常習のコーチが在籍した件では、後年になってその事実を知りながら放置したとしてHC Joe Paternoが糾弾されて解任、既に作られていたPaternoの銅像その他も破壊処分される大騒ぎになりました。Paternoはそれから程なくして失意のうちに死去。
でもあれとは今回のものは意味が違うように思うんですが。あの時の最大の問題点はそれを放置したことでPenn Stateに関わったボールボーイたちへの被害が拡大したからでしょう。年少者への性的暴行はアメリカでは大変な重大犯罪と認識されているし、年少者たちには自身の身を守るすべがなかったのに、それが長年放置された。部内でもその現場を見て上司に報告した職員すらいたのにそれを握りつぶした。被害拡大に寄与したとして大いに批判を受けた。そういう問題です。

でも今回の話はDVが犯罪なのはその通りですが、被害者の妻は成人ですし、Meyerの妻に相談できるなら警察なり弁護士なり専門家なりに相談する機会もあったでしょう。またDVと年少者への性的暴行では犯罪としての深刻度が格段に違います。犯罪ごとに重大度で度数が設定されていますのでその差は明確。またMeyerの妻がプライベートで話を聞いたとして、それについて夫であるMeyerが職務権限を行使することの法的な正当性がよくつかめません。プライベートで知ったことをもとに変に職権で何かをすれば職権濫用として非難され最悪違法行為だとされる可能性もあるからです。
Meyerがその問題を知った時点で何ができるのか、何ができないのか、を専門家に諮るべきだった、ということになるのか。それをしたのかどうかは今の時点ではわかりませんが、するべきだった、という結論だとしても、これが職務停止処分、さらには進んで解任につながるような、非難されるべき不始末なのか。まだここから表に出ていない話が出てくるのならともかく、そうでないなら、さすがにちょっとやりすぎな気もしますがどうか。

先に述べた通り、元々NFL転出というテーマはあった(と少なくとも私は見ていた)人なのでぐだぐだに付き合わずにさっさと現行の契約を一部バイアウトしてもらって転出に踏み出すような気もします。
記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文