アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

天才少年Freddy AduはW杯に行くのか?

Freddy Aduがついに米国代表に召集される見込みです。W杯本戦の話ではなく。

二月の対日本のフレンドリーが16歳の天才Freddy Aduの米国代表デビュー戦になりそう。U-17, U-20ではすでに米代表としてプレーしているものの本代表ではいまだプレー経験なし。召集されたこともありません。

Aduは生地はガーナ。そう米国と同じE組のガーナ。ここへきてガーナの代表監督がAduのガーナ代表としての召集を表明してからきな臭くなってきました。

米側からみればタイミングはかなり悪い。
今年9月に3試合を残して早々に最終予選突破、W杯本戦進出決定。その後の消化試合にすら米代表Arena監督はAduを召集せず、Aduは代表へ召集されないことに不満を表明していたところ。さまざまな選手をMLSから召集した消化試合にもAduを召集しなかったということは、アメリカサッカー協会はAduを2006に使う意志がほとんどなかったということでしょう。

そこへW杯本戦で同組と決まったガーナがAdu引き抜きに来たという事態。ただでさえ強豪が集まったE組でこれ以上相手チームが強化されるのは阻止したいところでもあるし、これでAduがガーナ代表として目立った活躍でもすればUSサッカー協会面目丸つぶれということになります。


アメリカサッカーではDaMarcus Beasleyぐらいしか類するもののない華麗なボールハンドリングを見せるAdu、米代表としても2006はともかく2010では中核選手にという腹づもりであったのは間違いなく、ガーナの横やりはかなりめんどうなものです。
たしかに体格的にはまだ発展途上で、MLSでの試合などみてもフィジカルな当たりには強いとは言えない。ただしボールさばきのセンスは他の選手にないものを持っているのも明か。
他方、米国代表は最終予選やフレンドリーを通じてチームとしてかなり固まっているという事情もあり、この時点でAduを入れていじるのか、というのはなかなか難しい判断になります。


ただAdu個人にはマーケティングチームがついているはずです。商品としてのAduの価値を高めるのがマーケティングチームの仕事。将来コマーシャルに出てなんぼなどなどスーパースターに仕立てるつもりでチームもマーケティングしているはずでここは米代表になるのがもちろん最善。

普通にそのチームが考えればここで「米国の敵」になるのを積極的に目指すことは考えにくいです。特に別の組ならともかく米国に立ちはだかる形になる同組のガーナ代表となれば敵のイメージになってしまう。

が、それでもW杯に出場できないよりはいいという判断もありえないとは言えない。ゼロではない。米代表では、最終メンバー入ったところで先発まで望むのはかなり高いハードルだと思われるから。
それに対してこの綱引きで劣勢のガーナの方はまちがいなくAduに先発メンバー確定を条件提示することでしょう。17歳の新星としてW杯先発、世界的な注目度を高めることができるならサッカー不人気の米国市場で多少マイナスでもかまわないというマーケティングもあり得るでしょう。
それに同組で米国との直接対決が確定しているので米国市場に対する露出も確保できる。ただし三戦目なので試合として無意味な試合になっている確率もありますが。


いずれにせよ2月の日本戦はAduにとっては初の米国代表としての試合、早くも大一番のオーディションということになりそうです。

W杯の組み合わせの話をしようかどうか

なにせサッカーは熱い方が日本中世界中にいるわけなので、私が書かなくてもという気もするのですが、まあ日本の方の予想をしている日本語サイトは腐るほどあるでしょうから、米国代表の見通しの方を日本語でやります。

W杯の公式サイトのアンケート投票でもC組に次いでしんどいグループ第2位に選ばれていますのは米国を含むE組ですね。
シードがイタリア。そこへ米国、チェコ、ガーナ。

抽選前からヨーロッパ勢のPool 3の8チームのうちオランダやチェコが行くグループがきつくなるのは目に見えていたわけですが、E組はそこへFIFAランキング8位の米国まで引き当ててしまい、FIFAランキングで12位以上が3チームという構成になってしまいました。
C組の場合はアルゼンチンという本命が存在するわけですが、E組の場合本命と言えるチームがいない状態でガーナのできいかんでは三戦目まで横一線という可能性さえあるたいへんしんどいグループとなりました。

米国代表は対欧州国代表戦、特に欧州で行われる試合の成績は悪い、という分析が早々に流れていますが、それ自体はあまりたいした意味はないでしょう。米国がサッカー強国としてのばしてきたのは僅かここ5年内外の話で、それ以前の勝敗が特に重要な意味を持つとも思われず。

米代表監督のBruce Arena監督がしばしば語るように、米国サッカーはやっと伝統的サッカー強国に伍する程度には層が厚くなってきた感があります。サッカーの世界的スーパースターに類するスーパーアスリートはまだまだ出てきそうにありませんが(そこはまだ米国内でマイナースポーツなんで)、フィジカルの強さ、耐久力のあるディフェンス陣を揃えているだけにその無骨なゴリ押し的ディフェンスが華麗な本場のサッカーにどれほど通用するものか楽しみであります。
これだけ力の拮抗したグループだとどこが勝つかはまったくわからんですよね。応援のしがいはあり。

尚、グループを抜け出すとその先に待つのはお隣F組。つまり2位でグループ通過だとF組大本命(というか全体での大本命)ブラジルとの対決が濃厚。できればだれもが避けたいところです。1位で通過なら日本かクロアチアとの対戦、ブラジルとは相当差があります。
ということはもしE組のグループ最終戦で「引き分けなら両チームとも通過」という状況の場合でも勝ちにいくチームが出るかもしれません。みすみすブラジルと対戦するためのなあなあ試合というのはちょっと踏ん切りとして難しいところですから。
但し、F組の最終戦はE組最終戦と同日の夜、E組が先に結果決まりますからF組の最終順位知ってどう試合するか決めることはできません。やっぱりなあなあアリかな。


トーナメントの初戦で日米対戦があり得るのもなかなか楽しみ。2月に日米フレンドリーをカリフォルニアでやるらしいですが、アメリカから見ると日本はやりやすいタイプのチームだと思われます。どちらも欧州組なしの対戦らしいのでまあつばぜり合い程度でしょうか。このフレンドリーが17歳の天才Freddy Aduの代表デビュー戦になるかもしれません。

祝 Pat Riley復帰

前回、Philadelphia 76ers負け越してるのに地区首位だと揶揄したらいきなりその後勝ち続けてます。同じく前回、名将ったって駒がなきゃダメだねとPat Rileyを引き合いに出したらいきなりHeatのヘッドコーチに復帰してるし、なんか変な展開になっています。
76ersの方はまあ相変わらずという感じですが、Heatの方は注目に値します。

シーズン序盤、Shaquille O'Nealをケガで欠いたまま発進、なにやらもたついていたものの、ここへきてShaqが復帰、と時を同じくしてStan Van Gundyが「家族との時間を大事にしたい」というもう嘘丸出しであろう理由で突如退陣、前コーチであり現社長であるRileyが現場指揮に復帰。

デブになってしまったShaqと美貌の衰えた、というか定年退職のひとのような風貌になってしまったRileyヘッドコーチ。それでも最強センターのShaqと名将Rileyであることには変わりなく、今日あたりはHeatが東の帝王=Detroit Pistonsを倒せるのか、その先のTim Duncan & San Antonio Spursを破ることができるのかが熱い話題です。

ちょっと文章がハイテンションなのは何を隠そう私は大のRileyファンだからなんですね。
LAで勝ちまくっていたころはレイカーズがあまりにもメンバー揃い過ぎで特に好きじゃなかったんですが、Michael Jordanの絶頂期に敵役として何度も何度も斬られまくったNew York Knicks時代あたりからPat Rileyは大好きです。

当時のKnicksというのは後から考えれば当時のKnicksでしか活躍してない選手ばかりの寄せ集めで、Riley退陣Knicks崩壊後はほぼ全員鳴かず飛ばずで、Riley時代にピークを迎えた選手ばかりの集まり。John Starks, Greg Anthony, Charles Oakley, Charles Smith, Anthony Mason。一流半(二流もいたね)の選手ばかりなのを一流にしたてあげ絶頂期JordanのChicago Bullsを向こうに回して名勝負の数々を重ねていたのが名将Rileyヘッドコーチであったということでしょう。おいしいところは最後に全部Jordanが取るんだけど、そこまではもう熱戦に次ぐ熱戦。最高の引き立て役。

その後移ったMiami HeatではAlonzo Mourningを超一流扱いしてチームを編成。せいぜいリーグナンバー3か4ぐらいのセンター(センターとしては致命的にサイズが足りていないのに)Mourningをスーパースター扱いしておだて、ナンバー2に Tim Hardaway(この選手は好きだった)を据えたまではよかったが、それ以下はJamal Mashburn, PJ Brown,, Vashon Leonardなどイマイチっぽい選手を各所にちりばめた布陣で、なんともKnicksの二番煎じっぽい感じ。違いはセンターがKnicks時(Patrick Ewing)より弱く、最強Bullsはすでになく、Bullsの代わりに当時イマイチのKnicks相手にプレーオフ敗退を繰り返してしまったのですが。

Rileyの話で気分がもりあがり昔話に走ってしまいましたが、枯れたPat Rileyがもう一花咲かせられるか興味あるところです。
今回、Shaq, Dwyane Wade, Antoine Walkerと、KnicksやHeatを以前に監督したときよりは明かに個々の駒が揃ってるわけで、駒だけみればLakersの時以来の陣容。どうチームをまとめてくるか注目したいです。

Iverson哀歌

でカレッジフットボールが終わると(くどいですね。以下略)。

でNBAはここ数年の傾向通りまたも東カンファレンスが負けが込んでいます。アトランティック地区に至っては8勝10敗と負け越しているPhiladelphiaがトップという有り様。前途多難です。

Philadelphia 76ersの大エース、Allen Iversonは私のひいきの選手の一人ですが、なんともサポーティングキャストに恵まれない。チームのオーナーからすればなんとかIversonに次ぐ第二のポイントゲッターをということで昨シーズンChris Webberを引っこ抜いてきたのですが、合わないみたいですねぇ。
結局絶頂期のLakersとやった2001年のFinalsがIversonにとって最初で最後の優勝のチャンスだった、ということになってしまうんでしょうか。毎日のように巨木のような他選手に跳ね飛ばされながらも得点を重ねるIverson。今年も"The Answer"の孤独のロードは続きそうです。

シーズン開幕時にはKobe Bryantが高得点を連発して今年はいけるのか?と思わせたものの完全にKobeのワンマンチーム状態で負けが込んできてますLos Angels Lakers。
同じLAのClippersにも先日直接対決で破れるなど、歴戦の名コーチPhil Jacksondでもやはり手駒が揃ってないとダメですか?それともこのチームを立て直してこれるのでしょうか。

Lakersで連覇、その後もNew York Knicksを絶頂期のMicheal Jordanの最大のライバルチームに仕立て上げ、名将と言われたPat Rileyが、Miami Heatに移ってなんともならなくなって詰め腹を切らされたことを思い起こしてしまいます。
あのときは名将だろうとなんだろうと試合をするのはコーチじゃないという当たり前のことを思い出させてくれました。

Phil Jacksonは計9回のNBA制覇を成し遂げましたけど6回はJordanがいて、3回はShaqとKobeのコンビが揃っていたときであって。そしてKobeはJordanじゃない、ということですね。

カレッジフットボールシーズンが終わると2

で、同じくカレッジフットボールが終わると「NFLはどうなってるんだ?」と順位表を詳細にじっくり眺めることになります。

さすがに試合結果はカレッジのシーズン中でも知っているのですが、カレッジのシーズン中は土曜日に山ほどフットボールを見ているので、とてもまた日曜日にNFLのためにTVの前に長時間座ってる気にならないんですね。土日ともTVの前で過ごしていたりするとリアルの世界の人間関係に問題が生ずるように思われます。

Indianapolis Coltsが12戦全勝、4試合残して早くもプレーオフ出場確定。来週勝てばプレーオフ全戦をホームでの開催も確定できるぶっちぎり状態。
あまりにも早くそこまで確定してしまうと1月の中旬のプレーオフ登場まで丸一か月どうやって過ごすんでしょうか?
消化試合で主力選手に怪我人を出したら責任問題ですからあまり主力は使えないでしょう。が、かといって丸一か月遊ばせておいて錆びさせるのもどうかということになるし。さらに過去に一例しかない全勝でのシーズン終了を目指さないのか?というファン側の興味も残ります。
たぶん無難にプレシーズン並に主力は腹五分目程度の出場でお茶を濁す(それで全勝できるほどNFLは甘くないんじゃないかな)ような気がしますが、それでスーパーボウルにもたどり着けないなんていう結末だと目も当てられません。

現在東全体の二位につけているBengalsとの試合は見ました。このときはBengalsの攻撃が当たって猛烈な点の取り合いになってしまいました。Colts攻撃陣が手を緩めず押し切り、危ないという感じではなかったのですが。
ここまで独走でも実力の伯仲したチームが割拠するNFL、まだまだスーパーボウル制覇への道は先の長い話なのでしょう。


ところでカレッジの試合に馴れた目で見るとNFLというのは超人的なプレーが満載連発で感嘆することになります。カレッジならあれを取ったらスーパープレー、というようなパスがばかすか通るのがプロなんですよねえ。
私も普段、USCだTexasだと騒いでいますがあのカレッジ史上最強やもしれないUSCであってもとてもとてもNFLの下位チームに勝てるとは思えません。いや何試合もやれば勝てる試合もあるかもしれませんが、力の上で明瞭に劣ることにかわりはありません。それでもカレッジの方がぜんぜんおもしろいと思うんですけどね。

カレッジフットボールシーズンが終わると1

毎年のことですがカレッジフットボールシーズンが終わると「大学バスケはいまどうなってんのかな」と各校の様子を見回る感じになります。

今年は満を持してという感じでDukeが1位発進してますね。J.J. Redickってまだいるのか、というのが正直なところ。二年生のころから緻密なバスケットボールをする選手でしたが、やっとサポートキャストが揃って今年は最上級生のRedick率いるDukeのためのシーズンという感じがしますがいかがなものでしょうか。

ご存じの通りDukeは全米最強のバスケットボールカンファレンスであるACC所属です。(Big Eastから全米最強の部分にクレームがつくかもしれませんが)
ACCにはDuke以外にも昨年の優勝校でありDukeの最大のライバルであるNorth Carolina、四年前の全米覇者Maryland、一昨年の全米準優勝校Georgia Tech、それ以外にもWake Forest、North Carolina State、Virginiaと有力校を取り揃えているわけですが、今年はちょっと様子が違う。Dukeに次いでACC所属で全米ランキングで上位に座っているのは今年からACCに新加入のBoston College。現在全米ランク6位と好発進しています。

Boston Collegeは昨年まで所属のBig Eastでは上位には食い込むもののBig Eastの2トップ=SyracuseとConnecticutには及ばないという役所だったのですが、簡単にはいかないチームの揃ったACCでどれぐらい勝ち込めるのか興味が持たれるところです。
記事検索
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文