アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

F1はIndyを飲み込むか

久々に大型のアメスポ参入ネタが来ました。Fomula 1を米企業が丸ごと買収という大技です。買収総額は$4.4 billionとか。ざっと100円換算で4400億円。これが安いかどうかは見方次第。UFCが今年身売りしたのが$4 billionとされていますから規模としては近い。それぞれの競技のフロントの顔だったF1=Bernie Ecclestone、UFC= Dana Whiteを買収後も残すという合意も似ている。F1は欧州拠点のジャンルをアメスポ化、UFCはアメリカ側が売却と違いますが。
UFCとF1の現時点での露出力やブランド力を考えるとアメリカ国内ではUFCの方が圧倒的に上。UFCは格闘技ジャンルのトップブランド。F1は世界ではトップブランドでしょうがアメリカ国内にはNASCARというしっかり根を張ったビジネスが存在し、そこにどうチャレンジしていくのか興味があります。

アメリカのモータースポーツは全国的にメジャーなのはNASCAR。Indy 500という突出した知名度と歴史を持つレースを含むIndyCar SeriesがありますがこちらはNASCARに押し潰されてジャンル自体のマイナー化が著しい。そこへ今回のF1のアメスポ化。IndyCarにとっては見た目も近いF1のアメスポ化は危機感が強いはず。シーズン短縮で生き延びていたのに、ここでF1に参入されて攻勢を受けるとIndyCarにとっては死活問題になります。そうなるとF1とIndyCarの合併統合という離れ業でIndy 500のF1スケジュールに組み込みというのもあり得そうです。IndyCar側から見ればこれが高く身売りできる最後の機会の可能性が高いですし、座して死を待つよりはその方が良い。

以前に別の記事のコメント欄でこういうことを書きました。

IndyCarは全国的にはIndy 500、その存在が唯一の命脈と言えます。シーズンは縮小されマイナーリーグ化が激しい。残ったレースはそれぞれの開催地元で支持されていると理解していますが、もしF1が北米に本格進出してきた場合(アメリカ2 + カナダ1とか)一番割を食うのはIndyCarでしょう。NASCARは客層がF1とはあまりかぶらなさそうですし、ファン層の足腰も強そうです。現時点ではF1放送は地味なのでIndy 500を持つIndyCar有利でしょうが、これからどうなることか。
F1のアメリカ市場本格参入となれば現行のCircuit of The Americasでの一戦だけではなくもう一戦あって良い。IndyCarには西海岸でのロードコースLong Beach GPもある。Indy 500と比較すると知名度はガックリ下がりますがIndyCarの持ちレースとしては第2の存在。アメリカ市場への浸透・F1のカレンダーを考えるとLA郊外のこのレースが組み込まれるのは悪い話ではないようにも感じられます。

Texas 復活の狼煙

いやーすごい試合が開幕週から来ました。No. 10 Notre Dame@Texasの一戦は大激戦、どんでん返しアリのもつれた試合、延長戦二度での決着。カレッジフットボールでなくてはこの盛り上がりは出せない。シーズンが帰ってきた、この感じが帰ってきた、と心底楽しめました。

カレッジフットボールキックオフ!

所用でブログを放置してご迷惑をおかけしております。既に数試合が行われ、今日もうじきシーズンが本格スタートとなります。もうじき戻りますので今季もお付き合いよろしくおねがいします。シーズン予想などできず申し訳ありません。

Florida Stateがシーズンの行方の鍵になりそうなシーズンか。ESPNなどは今季はカレッジフットボール史上最高の開幕戦カードだと煽っています。ここまで好カードが並ぶのはプレーオフ制になって1敗するのが怖くなくなったせいでもあるでしょうね。

Lochteのスポンサー契約全滅

リオ五輪で狂言強盗事件を起こした米代表スイマーRyan Lochte。最大で10億円規模の損害になるのではと先日記事を書いて見ました。五輪を終えての週明け月曜日にスポンサーが次々と撤退を表明してLochteは経済的に完全に丸腰になってしまいました。一番判断が遅れたのは寝具メーカーで、社長の名前が日本人のそれでしたので日本の会社なのでしょうか?他のスポンサーが全て撤退を表明したのを見て慌ててこの日の午後に契約解除を発表しています。

こうなってしまうとお金の事を考えれば選手生活を続行して競技で稼ぐのか。それともこの負の知名度を活かしてリアリティ番組に登場してイヤミなヤツを演じてみるのか。いろいろ個人の好みはあるでしょうがルックスではMichael Phelpsより上という評価が多いようですからTVに進出っていうのはあり得るんでしょう。そこまでご本人が突き抜けられるかどうか。ちなみにLochteは以前にも一度リアリティ番組(What Would Ryan Lochte Do?)に登場したことがありますが、今回は注目度が違うし見られる目線も違うことになります。

Lochteはベテランでありこれまでにかなり稼いできたのでそれは良いとして、同罪に問われた残りの3人がどうなるのかも気になります。若手なので2020東京五輪にも登場してくる可能性があります。Jack Conger 21歳、Gunnar Bentz 20歳、Jimmy Feigen 26歳。Bentzは帰国早々に所属するGeorgia大を通して反省の弁を発表していました。アメリカは飲酒年齢が21歳からで、日本では考えられないぐらい頻繁に21歳未満の飲酒を取り締まりますし、NCAAもこれを罰します。Bentzは20歳なので米国内ならそれだけでNCAA規則違反です。ブラジルでは20歳は飲酒は合法、法律上の問題はなし。NCAAなりGeorgia大がなんらかのペナルティを加えるのかどうか。まあペナルティがあったところでマイナースポーツの水泳の出場停止を一般スポーツファンが知ることはほとんどないでしょうが。

リオ五輪の閉会式での東京のプレゼンは良かったと思いますが、たぶん日本はLochteみたいなご乱行をされたらやられっぱなしになってしまう国だと思うんですが、その点は大丈夫なんでしょうかね。



Melo、涙の金メダル

リオ五輪男子バスケットボール代表が決勝でセルビアに完勝で三大会連続の金メダルを獲得しています。グループリーグ段階で対戦したときには3点差での辛勝だったこともあって接戦も期待できるかと思ったのですが結果は40点差以上つけられる時間帯多数でのノーコンテスト。

試合後のTVインタビューで意外にもCarmelo Anthonyが涙で返答に詰まる場面がありました。Meloはこれが五輪四度目の出場で金メダルは三個目の獲得。「これが五輪に出るのは最後だからね」と答えた辺りで感情が高ぶってしばし間を空けないとインタビューに答えられなくなりました。そんなに入れ込んでいたのかと意外なほど。今大会はLeBron James、Stephen Curryと始めとしてNBAのスター選手の出場辞退が重なって選手の顔ぶれはかなり落ちる陣容。GLでは接戦続きとなって実力にも疑問を持つファンや関係者が増えていた。フランス戦の後にはNicolas Batum(Charlotte Hornets)が「米代表は怖くない。勝てる可能性があると思って各国は米代表と対戦している」といった自信をおおっぴらに発言するまでになった。結果的にはBatumの発言後の米代表は大差でトーナメントを勝ち進み金メダル獲得したのですがからBatumの発言が米代表の集中力の助けになったという可能性も否定できません。

いずれにせよ前回ロンドン大会のときのようなスターパワーと圧倒的な戦力差で優勝という大会にはならなかった。Carmeloは五輪初出場がアテネ大会。米男子代表が惨敗した大会です。あれがNBA選手が五輪に出場するようになって唯一金メダルを逃した大会でした。今大会の米代表の不振ぶりがアテネ当時の嫌な記憶をCarmeloに思い起こさせていた可能性があるんじゃないでしょうか。NBA選手をもってしても金メダルを逃す、それも二度も。そして唯一その両チームに参加していたCarmelo…という不名誉なことになってしまうやもしれない流れでした。その辺りも含めて苦しみながらも獲った金メダルだから我々が思う以上にCarmeloの心に響いていたのかなと。LeBronや他のスターに頼ったのではない、自分が中心になって苦しい大会で勝ち取った金メダルという重みがMeloを泣かせたのかなあと。

Meloは国際大会になると強いんですよね。この日の試合でリバウンド数でも米代表歴代通算1位になったそうです。得点では既に歴代1位でした。NBAではイマイチ栄光に縁がないキャリアになっているMelo。五輪代表という別のステージでNBA以上に輝けたこともまた彼の心に染みいるところがあったのかもしれません。

LLWSで日本代表が1勝もできず敗退

ちょっとびっくりしました。少年野球のLittle League World Seriesで強豪日本代表が開幕から二連敗でトーナメントから消えています(ダブルエリミネーション方式)。なんでも1962年の日本代表の初参加時以来の無勝利での敗退とか。数日前に日本が初戦を落としたときも日本代表の初戦敗戦は30年ぶりだかなんだかとニュースになっていました。LLWSでの日本代表は攻守に鍛え込まれたチームがやってきて毎年毎年この時期に楽しませてくれます。初戦に日本に勝ったカナダ代表は勝った子たち自身が「日本に勝てるなんてすごい!」と大喜びするぐらいLLWSに於ける日本代表のステータス・評判は長年高い。日本の野球を見る機会の乏しい在米の私にとっては遠い日本での野球の息吹を身近に感じられる機会で毎夏の楽しみでもあったのに今年は早々での敗退となりました。まさか、という感じで、ESPNでも画面下の各種スポーツの試合結果を流すテロップで日本の無勝利敗戦を知らせるなどアメリカ人もびっくりという結果となりました。おお、わざわざテロップで1962年以来なんて報ずるぐらいニュースなんだな、と。

LLWSでは米国側・国際側で無勝利で敗退したチームには3戦目として交流試合が組まれる(優勝争いには関係しない親善試合)のでもう一試合を行った後、日本チームは帰国することになります。残念でしょうがこれもまた勝負。

ひとつ指摘すると昨年もそう、今年もですが打撃のスケールが小さいのが気になります。小学生の頃から小さくまとまるのは指導としてどうなんですかね。

記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文