アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

脳震盪の呪い 混迷深まる

NFLのプレシーズンの試合でJacksonville JaguarsのWR Marqise Leeが相手のタックルで膝を負傷、シーズン全休に近い大怪我となったようです。詳細な情報はまだこれから。カレッジではUSCで勇名をはせたLee、現在26歳。NFL選手としては脂の乗った年齢のシーズンが始まる前にいきなり吹っ飛んでしまいました。
これがどう表題とつながるかというと、ディフェンダーがヘルメット同士での接触を避けるべく下に突っ込んだのがモロにLeeの膝に入ってしまい破壊につながったからです。昨季までもルールはあったんですが、このオフにさらにルール変更があり、ヘルメット同士の接触での罰則が強化されています。その結果、そのルールに適応すべくディフェンスの選手はボールキャリアとのヘルメット同士での接触を避けて昨季以上に下へのタックルを意識せざるを得ず、それがこの大怪我につながったとされています。この事故に直接関わっていない選手たちからも批判が噴出中。

この試合以外にもヘルメット同士の接触でディフェンスの選手がペナルティをくったりしているのはよく見るところ。ボールキャリアの選手が頭を下げて突っ込んでくると、絶対にヘルメットに当たらないようにしようしたらもうタックルできる面がないのです。一旦通り過ぎさせて横から後ろからタックルするのは可能ですが、正面前面から見たらもうタックルできる場所がない。それこそオフェンスの選手のヘルメットをディフェンスの選手が身体で受け止めるぐらいしかない。さらにそれを見越してボールキャリアが無理に頭から突進をすることを戦術化する。それが安全なんでしょうか。今回のルール変更は勝負所で変な判定を呼ぶのが必至なのでは。攻守のバランスも崩れそうな気もします。

それもこれも脳震盪問題に端を発しているところが問題です。脳震盪関連でNFLは多額の賠償金を既に支払い、今後も支払い続けることになる。これ以上問題を拡大させないためには目に見える形で対策を繰り返しているという行動を示す必要もあり、毎年のようにルール変更や運用変更をしているわけですけれど、それがいよいよゲームバランスを壊しそうなところまできたのではないか、というところが問題です。

LLWS 日本チーム 韓国に連敗でV逸

Little League World Seriesは今日日曜日に決勝。米優勝チームとなったハワイと韓国の間で争われます。土曜日に全米決勝と国際決勝が行われ、国際側の決勝では韓国が2-1で日本を抑えきって優勝してます。変則ダブルエリミネーション方式のトーナメントで、この両国は既に一度対戦。そのときはなんと韓国が10−0で4回コールド勝ち。過去LLWSで日本チームのコールド負けは記憶にありません。
その後、日本はプエルトリコとの一戦を1-0で制して再び韓国との対戦にこぎつけたのですが、惜敗となりました。最終回の日本の追う攻撃は1アウト1塁からピッチャー返しの強い打球が投手の懐に直接入ってピッチャーライナー、1塁へ転送ダブルプレーで試合終了となってます。日本の先発投手はリトルリーグの試合では珍しく内角特にインハイを突く投球で健闘しましたが序盤に浴びたホームランやレアな守備の乱れで失った得点差をはね返せず。
コールド負けした(準決勝と呼ばれていた)試合での韓国の先発投手が再びこの日の国際決勝戦にも先発。LLWSでは早熟の大型選手の能力が試合を左右することが多いわけですが、この韓国の投手もそのタイプ。なんとか試合終了前に投球数制限でマウンドから下ろしたものの日本は苦戦を強いられました。
前回対戦のときも完封され、またその試合では大量得点差が着いたこともあって韓国側が余裕でその投手を途中交代、投球数を抑えたままで降板したため三日後のこの国際決勝でも登板できています。つまりはあのコールド負け大敗が国際決勝戦にも大きく影響したということになります。
日曜日に日本チームは3位決定戦に臨みます。

LLWSの現行の制度では日本は常にチームを送り込めますが、韓国はアジア太平洋地区代表戦を勝ち抜かねばならず、実質的には台湾との枠争いに勝たないとWilliamsportには来られない。そこを勝ち抜いて出場してくる韓国チームの近年の成績は良いです。2014年にはLLWS優勝も果たしています。
韓国チームは2014年の優勝チームもそうでしたが身体の大きい子を多く揃えている場合が多いです。日本チームはどのクラブが出てきてもきっちり鍛え込まれた技術の高さ、判断の良さ、粒ぞろいぶりが毎回好評ですが、韓国に劣るとするとそのサイズということになりそうです。背が高いとか成長カーブのポイントの違いもあるのでしょうが、がっちりした子が韓国チームには多い印象です。日本の子は毎年細い子が多い。同じ東アジア人で遺伝子的にはさほど違わない両国のはずですが、はっきり体格に差が出るのはなんなんでしょうね。他のスポーツでも韓国や中国と比較して日本選手が細いように見えるのは偶然なのでしょうか、それとも私の印象が間違っているのでしょうか。

ちょっと話が逸れますが、日本の料理レシピサイトを見ているとヘルシーメニューと称するローカロリー食のレシピが多いです。子供の頃からガッツリ食べてない子が日本には多いのかなあとも想像危惧したりもします。

Tua Tagovailoaは先発の座を得られるのか

カレッジフットボールの今季、私が最も期待しているのはAlabama QB Tua Tagovailoaです。昨季の全米優勝戦で後半戦に突如投入されるとバッカバカとパスを通しまくって試合をひっくり返し、Alabamaに大逆転勝利・全米制覇をもたらしたあの1年生QBです。2年生となる新シーズン。
しかしながら未だにAlabama HC Nick Sabanは今季の先発QBを発表していません。昨年の主戦QBだったJalen Hurtsなのか、それともTuaなのか。どちらが先発QBであろうとAlabamaが優勝候補であることには変わりませんが、個人的にはTuaの方が見たい。全米優勝戦では失敗プレーがあってもまったくプレーが縮こまらず最後まで大胆に攻めまくって逆転勝利をものにしたあの強心臓と強肩がシーズンを通してどこまで伸びるのかが知りたいです。ハワイ出身で、高校はハイズマン賞QBだったMarcus Mariota(当時Oregon Ducks、現NFL Tennessee Titans)と同じ高校。同じ高校から二人もハイズマン賞受賞者が出るような活躍ができるのではないかと思って期待しているわけです。

Jalen Hurtsも強心臓という意味では文句のない選手です。昨季のAlabamaが苦戦した@Mississippi State戦での終盤にチームを支えて逆転勝ちした内容は称賛に値しました。落ち着き払った態度。チームの掌握力。ミスも少ない。ランでの強さも魅力です。Nick SabanがHurtsの安定したプレーぶりを買っているとしてもそれはそれで理解できるところではあります。

私の勝手な推測では、Sabanは心の中ではもう既にTuaに決めているのではないかと思うのです。ただ早々にバックアップにHurtsを指名してしまった場合のチーム内への影響を考えてまだ決めていないとしてシーズンへの準備を進めているだけなのではと。

Urban Meyer 3試合出場停止

部下のDV事件の取扱の落ち度を問われて停職中だったOhio StateのHC Urban Meyerの処分が決定。3試合の出場停止で手を打つことになりました。この件は停職処分が始まった時点で一度記事にしました。結果としては完全に落ち度がなかったとはしない、しかし解雇もしない。玉虫色とも言える決着に。日和見な感じです。
この処分でUrban Meyerが指揮を取れなくなる3試合は、開幕戦のOregon State戦、Big Ten開幕戦となるRutgers戦、そして今季のnon-conference最大の山場となる@TCU戦の3試合。玉虫色の決着にUrban Meyerが納得しているのか、3試合という長さゆえに大事なTCU戦も指揮が取れないことへの不満はないのか。今季後のMeyerの去就が気になる処分具合ですが、とにかくこういうことになりました。

ニュースレポートを聞くところではMeyer不在中のOhio Stateの練習ぶりは至極良好で、新QB含め今回の事件以前からの前評判はまったく下がっていないです(上にはAlabamaとClemsonしかいないので上がりはしませんが)。
カレッジフットボールの場合、NFLのようなプレシーズンがないのでマスコミのキャンプレポートのみが頼りでシーズンに突入してしまうのが不安でもあり楽しみでもありますが、信頼のブランドOhio State。今年もBig Ten最有力としてシーズンに入っていくことになります。

スポーツの殿堂めぐり

表題は「めぐり」としましたが大して行ってません。4大スポーツだとフットボール野球バスケは行ってますが、アイスホッケーの殿堂は行ったことがありません。ホッケー殿堂は1943年開館、カナダ・トロント市内にあり、他の殿堂と比較すると珍しく大都市に位置します。同市は何度も訪れており、殿堂の場所もMLBのスタジアム・NBA/NHLのアリーナから徒歩圏なのに行っていないという、まあアメスポマニアとしては失格モノであります。次回トロントに行く機会があったときにはぜひ。

スポーツに限らずアメリカ人は殿堂好きです。車の旅をしているとなにやらとんでもない田舎街に「○○の殿堂」という観光表示が出ていたりします。消防士の殿堂とかカントリー音楽の殿堂とか。どうもいまでも殿堂ビジネスは展開中のようで21世紀に入ってからも新し目のものが各地で町おこし的にできていたりもします。スポーツ関連でいうとNational Collegiate Basketball Hall of Fameというのが10年ほど前にできたばかり。確かに東部にあるバスケの殿堂はプロの選手が圧倒的に優遇されており、それ自体が一大人気ジャンルであるカレッジバスケの独立した殿堂があっても良いのでしょう、それはわかるように思います。場所はミズーリ州Kansas City。今年3月のNCAAトーナメントでの史上初の第16シードによるアップセットby UMBCの展示なんかもされていたりするんでしょうか。方向的にはあまり行き良い場所ではないですが機会があったら足を止めてみたい気がします。

個人的な好みもあるかとは思いますが、野球の殿堂Cooperstownはさすがに他とは違う、特別な場所、特別な街という気がしました。ニューヨーク州Cooperstown自体は小さな街。殿堂の建物もその街の中に溶け込むような形で建っています。でも中に入ると空気が違う。ただのミュージアムとは違う静けさが印象的でした。ここも大都市からはかなり遠い場所で行きやすい場所ではないですが、スポーツファンで機会があるならぜひ一度足を運ばれるとよろしいかと思います。
初めてCooperstownを訪れたときの途上でボクシングの殿堂とかサッカーの殿堂とかの表示にもハイウェイ上で出会いました。どうかな、1-2時間ごとぐらいに出てくる感じですかね。きっと私のような車での旅行者が足を止めるのを期待して点在してそういう場所が選ばれた感じでしょうか。他になんにもない道のりでしたから。いまでこそサッカーもアメスポシーン内で存在感を増してきていますが、初めて通りがかったのはそれよりずっと以前のサッカーが極マイナースポーツだった時代でしたから、こんな田舎に作って人が来るのか?と疑問に思ったものでした。今調べたらどうもそのサッカーの殿堂は興行不振で2009年に閉館していたんですね。そうでしょう。あんな場所では。Cooperstownが特別なのであって、そうでないとニューヨーク州中部あんなところへは人はなかなか旅をしてはくれないです。サッカーの殿堂はその後投資者が手をあげ、約10年の不在後MLS FC Dallasの本拠地間近にこの10月に新装開館するようです。

アメスポ最大の人気を誇るフットボールの殿堂はオハイオ州Cantonに。こちらは広い敷地の中に建っています。比較的小さな建物が多い各種殿堂の中では珍しいということになるのでしょう。毎年NFLのプレシーズンに先立ってHall of Fame Bowlが開催されるのでフットボールファンにもお馴染みのはず。熱心なファンでなくても楽しめるように工夫された展示になってます。バスケの方でもそうですが、どうしてもプロが展示の優先になる面は否めません。カレッジフットボールの独自の殿堂もあります。いまの今まで知りませんでしたが現在は移転して南部ジョージア州Atlanta市内にあるようです。

メジャーな殿堂で少々残念だったのがバスケットボールの殿堂でしょうか。こちらは東部マサチューセッツ州Springfieldにあります。東部の中都市の街中です。Bostonから1時間強ほどの距離。アクセスは楽でそれは良かったんですが、建っている場所が商業施設の中なんですよね。周りにレストランが普通にある小ぶりなショッピングエリアみたいなところにあります。建物自体もどこにでもあるサイエンスミュージアムみたいな建物。私の思い込みが悪いのでしょうが雰囲気がないなあという。Cooperstownなら街全体の古風な雰囲気が、Cantonならあの遠くからも見える独特の建物とそれを飾るレリーフが入館前から期待を高めてくれるのが、バスケの殿堂にはそれがない。
展示内容は懐かしい選手から新し目の選手のものまでカバーしていてそれは悪くなかったです。WNBAの女子選手の展示を多めにしていたのが目立ちました。殿堂入りの方々全員の写真を飾るドームの下にバスケットをプレーできるエリアが設けられているのが小学校の遠足ルート狙いかなあという感じです。荘厳なばかりが殿堂ではないですからそれもまたよしなのでしょうか。殿堂とは言え自前で稼げないと長年存続できないのでしょう。

プレーオフプレビュー@Fenway

MLB NetworkでAL Cleveland Indians@Boston Red Soxの四連戦の第1戦を観戦。MLB Networkでは翌火曜日の第2戦も全国放送予定と力が入ってます。それぞれAL東、AL中地区でトップを快走中の両軍。プレーオフで再び顔を合わせるとするとその場はたぶんALCSとなります。
ALCSのプレビューとも言えるこの四連戦初戦。エース同士の先発なのもプレーオフ風決戦を思わせる試合。ClevelandはCorey Kluberが序盤に3失点するも粘って自軍の反撃を待ち続けて7回途中まで粘投して試合を作りました。メンタルの強さを感じさせる投球内容、投球態度がプレーオフでの活躍を期待させわくわくしますね。
対するRed Soxは既に15勝を挙げている勝ち頭Rick Porcelloが先発。4回までCleveland打線を抑えていたんですが5回から3イニング連続被本塁打で計5点献上、逆転を喰いました。ライトスタンドへ次々と消えていく打球を見送るボディランゲージが若干気にかかる感じか。
2点ビハインドの終盤に追うRed Sox打線がしぶとく食い下がったのもプレーオフぽくてよかったです。ClevelandのクローザーCody Allenから上位打線が1点を奪い1点差とする接戦となり、観戦としてはとても楽しめました。これだけ好条件が揃うとMLBのレギュラーシーズンの試合も心地よい緊張感を持って観戦できます。
記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文