アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

Matt Leinart NFLデビュー

USCでニア三連覇を達成したQB Matt LeinartがNFLのプレシーズンで遂にデビュー。契約問題でぐだぐだしてキャンプのほとんどをプレーせずに過ごしたLeinartですがプレシーズン二週目にして初登場。まずまずのデビューだったんではないでしょうか。

前半の最後のドライブで出てきたんですが落ち着いたプレーぶりとクロックマネジメントでFGレンジまでチームを前進させた。スクランブルも二度。New Englandの圧力が手をかえながら来てもしっかり踏みとどまってナイスタッチのパスを連発。WR連中の落球がいくつかあったのでスタッツ的にはあまり良くもなく見えるかもしれませんが内容はまずまず。後半に入ってからはLeinartがボールは早めにリリースしないことを見越してNew EnglandのQBへの圧力が高まってきてスタッツは大幅下降。圧力を防ぎきれなかったArizonaの二軍ラインの問題でしょう。

Arizonaの先発WRにはLarry Fitzgerald、Anquan BoldinとNFL屈指の好レシーバーがいるだけに最終的に先発QBになれれば早々に相当の活躍が見込めるのではないでしょうか。ただ現状ArizonaのオフェンスラインはNFLで上位とは言えないのだから少々スタイルに幅を持たせて早いリリースのプレーを織り交ぜて行かないといけなくなるんでしょうね。


ところでArizona Cardinalsはカレッジフットボールでつい最近までおなじみだったQBを何人も揃えているのがカレッジファンとしては興味をひきます。
二番手として登場した元USCのLeinart。Leinartが出て来てすぐに三本も投げた相手が元Notre DameのCarlyle Holiday。NDにQBとして入学したときは低迷NDの救世主かと評判の高かったHolidayですが卒業までにWRへコンバート。というかQBとして見限られたんでしょうな。なんとかWRとしてArizonaに拾ってもらったもののドラフトでは無視された選手。それでもLeinartと一緒にプレーしたということはCardinalsのデプスチャートではさほど低くないということ。
あともうひとり元Michigan QBのJohn Navarre。地味ながらBig TenのQBらしい骨太のプレーを見せて楽しませてくれた選手。プロではちょっとしんどいか。


New Englandの方の二番手で出てきたQB Matt Casselってのが実はこれもUSCのQBだったという。これはびっくり。
USCのQBといえば現Cincinnati BengalsのCarson Palmerと、その後任で本稿の主役Matt LeinartがそれぞれHeisman(大学フットボール最優秀選手賞)を獲得しているわけですが、この二人のバックアップをやっていた選手なんだそうで。USC在学中途中WRやTEにコンバートされたりQBに戻ったり。さらに春のトレーニングキャンプは参加せずUSCの野球チーム(こちらも名門チーム)の方でピッチャーやっていたり。つまりは運動センスのいい選手なんでしょうがPalmer、Leinartという二人のカレッジのトップQBと居合わせたおかげて大学時代の実績皆無に等しいまま、それでもプロ入りできたという選手。それもQBとして。ひょっとして猛烈な遅咲きくんなんでしょうか。
WRができるということでNEからすれば元々はトリックプレー込みの採用だったのかもしれませんが(ドラフト七巡目全体の230番目指名)この試合では2TDパス。それにしてもカレッジで四年間実績ゼロから、NFLのトップチーム=New England Patriotsの二番手QBというのは考えられないほどの出世なんですけど。
いったいこの五年ほどの間にUSCにはどれほどの才能が集まっていたんでしょうね。尚、今年USCの先発QBとなる選手も相当にいいという評判です。

Jered Weaver 九連勝スタート

大学野球出身のピッチャー、Los Angeles AngelsのJered Weaverがメジャーデビューして九連勝でいよいよ全国区の注目を集め始めました。ここまでの防御率1.95。

どのスポーツでもそうですがブレイクを果たす前から知ってる選手がこういう風に一機に飛び出すような活躍するのを見るのは楽しいものです。この日もMariners相手に七回投げて無失点。初登板初先発したときにたまたまこんな記事を書いたのですが、今回で先発十二試合目、相手も研究してくるであろうに好調を維持しています。

新人投手の連勝記録としては今回の九連勝は当時初優勝に邁進していたFlorida Marlins、現Washington NationalsのLivan Hernandezがデビュー九連勝を記録しているのが最近の最多。1904年にNew York Giantsで十二連勝を記録した投手がいるそうです。

LLWS サウジ快勝

アメリカの小中高校の夏休みの終わりを飾るスポーツイベント=Little League World Series始まりました。この時期はNFLプレシーズンとコレだね。
ま今週末はYankees@Bosoxの五連戦の方が話題先行してるけど。

対戦方法を説明しておきます。十六チーム参加ですが、アメリカの各地から勝ち抜いて来た八チームと、アメリカ以外の国の八チームは完全に別枠で戦います。アメリカチームと海外チームの対戦は決勝のみ。
それぞれの枠の勝者をUS Champions(英語的には優勝チームの場合は1チームでも常に複数形), International Championsと呼び、両者が最後にWorld Championshipを賭けて対戦するという仕組みです。

で試合は見てなかったんですが、Internationalの方でサウジアラビアがカナダに快勝してます。サウジ!LLWSはほとんど毎年見てますけどサウジは初出場ではないのか。サウジで少年野球があるなんて初めて知ったですが、それが相当に野球は浸透しているカナダ(を勝ち抜いてきた相当にうまいであろうチーム)に勝つのか。まあ野球という競技の性格上、ひとり優れたピッチャーがいればそれだけでその一試合に勝てる確率は格段に跳ね上がるわけですがそれにしても。

Internationalの方の枠は隣国のカナダとメキシコはそれぞれの国の優勝チームがそのままLLWS行くんですが、他はアジア、太平洋地区、中南米、カリブなどで各国の優勝チームがLLWS枠を目指して激突してもまれてやってくる。日本韓国台湾を含むアジアやプエルトリコ/ドミニカ共和国/キューバ/キュラソーを含むカリブは激戦区で出てくるチームもレベル高い。
でもこのサウジが通過してきたのは「Trans Atlantic」ゾーンから。イギリス、ドイツ、ベルギー、イタリア、UAE、サウジで枠争って出て来たようです。正直野球が普及していると言える国はほとんどないゾーン。イタリアはWBCにも代表来ていたけどあれはただ単にMLBのイタリア系の選手をはめ込んだだけだから。

ただBox score見たらサウジの方、選手の名前がアメリカ人っぽい名前ばかりなので、石油関連企業の子弟とかそういうのなのかな?という気もしますがどうなのかは現状不明。

去年だったから一昨年だったかロシアのチームが来たときも、意外にも守備とかうまくてほぉーという感じだったですが、草の根レベルの野球の国際普及が実は進行しているんでしょうか。ロシアは純粋にロシアの子供がプレーしてたんですけどね。

Barcelona US Tour成功裡に終了

事前にチケットは三戦とも売り切れ。巨大フットボールスタジアムを埋めて無事1勝2分で出稼ぎツアー終了したBarcelona。
昨年米ツアーをしたスーパースター軍団Real Madridよりも動員で大きく上回りました。

が、これは箱の違いですね。Realは昨年、Los Angeles Galaxyとの対戦でGalaxyのホームフィールド=Home Depot Centerでやってますが、ここはサッカー専用スタジアム。満員で27,000席とフットボールスタジアムの1/3規模。
ここでの試合を含めての平均なり合計なりではちょっと比較しにくい。今回のバルサのツアーは三戦とも(アメリカン)フットボールスタジアム。もちろんRealの昨年のツアーの盛況ぶりから、主催者が今年のBarcelonaツアーは大会場でもイケルと踏んだということなんですが。

尚、昨年のRealのもう一試合はChicagoでのChivas de Guadalajara戦(今年BarcelonaがLAで対戦した相手)は55,000。かなり健闘した方だと思う。Chicagoもヒスパニックは少なくないですが、今回のバルサの行ったLos AngelesとかHoustonといったメキシコ人人口が圧倒的な地区とは意味が違うから。
Realはバルサと同時期、今年もアメリカツアーしていて@Seattle、@Salt Lakeの二試合を消化。三大都市を回ったBarcelonaと比較するとなんとも地味な地方都市へのツアー敢行となっています。まあここ数年自国でも勝ってないし、Zidane抜きだしそんなものか。それでもSeattleでの動員は67,000。立派なもんです。将来の拡張候補地ではありますSeattleにはMLSのチームはありません。MLSがあっても60,000なんていう動員はありえないわけで、サッカー人気とMLS人気の差はここでも顕在しているわけ。
試合自体は現在MLSダントツのDC Unitedを相手になかなかの熱戦を展開して1-1ドロー。剛球ロベカルのPKを止めたりなんだかんだでフレンドリーにしてはそれなりに楽しめる試合。


ここ数年の夏のエキシビションの定着を見るとひとつの公式ができつつあるように思えます。
つまり欧州やメキシコのビッグチームを持って来れば客は集まる。それも相当の数の客がコンスタントに集まるという実績は揺るぎ難いものになったということ。
反面、同時期にツアーに来ていた欧州チャンピオンChelsea対MLS Allstarの試合の視聴率は例によって1%以下の世界。この乖離をどう考えるかなんですよね。
ちなみにChelsea x MLSは観衆21,200。会場となったToyota Parkの公式キャパは20,000席(但拡張可能)なので一応満席まずまずとはいえますが、TVでそれを見ようという層が育ってないんですよね。

MLSを通じた米国民へのサッカー教育

MLSの過去の全国放送の弱点のひとつとして全チームに平等に放映機会が与えられていたという点を指摘しておきたいです。

例えば比較対象としてNBAの放送。NBA中継では人気チームが全国放送に載る機会というのは不人気チームとは段違いの頻度になります。LakersやPistonsやHeatを見かける機会とMemphis Grizzliesを見かける機会には数倍、下手すれば十数倍の差がある。Golden State Warriorsの試合が昨シーズン一度も全国放送に載らなかったとしても(調べたわけじゃありません)驚きはない。というかそれが自然という感さえある。
スター選手やおなじみのチームがいつも登場することでファンは強いチームのチーム事情に詳しくなるし、それによってより興味も増す。バスケの地味な部分(ディフェンスやリバウンドのポジション取りとか)を分からないボールだけを追っているような見方をするひとや、家族が見てるのを脇でぼーっと見ていたひとでも試合が楽しめるようになる。つまりはファン層拡大になる。これ重要。

ところがMLSだと放送機会が完全平等なんだよね。悪平等と言って良い。例えば今年どんなにDC Unitedが好人材、スター候補を揃えて絶好調で突っ走っていてもそれをTVがピックアップして人気チームに押し上げてやることが一切できない仕組みになっていた。
アメリカのようにサッカーの観戦の仕方を知らない層がほとんどの国ではこれは痛い。特にサッカーという競技の特色で得点機会も少ないから、少なくとも注目すべき選手を持っていないと九十分間の興味は持続しにくい。技量的にもMLSの試合では決定的チャンス自体を何度も作れないしね。
なんとか興味をつなぐ放送態勢を作って行かないとただESPNの良い時間帯に番組の宣伝を増やしても見るファンはさして増えないのでは。じゃあ見てみようかと思ったファンを捕まえる仕組み不足というか。

過去、ESPNはサッカー中継に最新設備や編集に人員を投入していなかったから試合中に効果的にリプレーを再生したりすることがしにくかった。どうみても安い機材かフットボールで何シーズンも前に利用していた編集機材の再利用。画面分割が限定的にしか使えない機材だったので試合が流れている中で微妙なプレーや絶妙のプレーを解説するためのリプレーを繰り返すのが難しかった。カメラの数も限られていたからアングル不足でもあったし、わかりにくいプレーを解説者がペンで画面に書き込んでプレーのポイントを図示することもできなかった。
フットボールやバスケだと似たようなプレーが何度も試合の中で繰り返されるし、プレーの切れ目がかなりあるからリプレー+解説で素人でも徐々にどこがプレーの肝なのか学習できるものですが、サッカーはそういうはっきりした形は見えにくい上に、それを見やすい形で視聴者に提出するための機材もなかったということ。

それが今回の長期契約という投資決定をすることで機材のアップグレードも期待できる。それによって試合の流れを切らないままでキープレーの詳細な解説を織り込んで視聴者への観戦法の伝授が可能になっていく。観戦術。見るためのサッカー教育。

それ以外にも設備充実が観戦者を育てるのに役に立つ可能性はいくらでもある。例えば注目選手をボール持ってないときでも専用でおっかけるカメラとかも投入できるようになるだろうし、編集の方でアメリカ人の好きなスタッツをリアルタイムで視聴者還元できるようになる可能性もある。タッチの数とかパス成功率とかね。サッカー観戦に馴れていない国民にサッカーという忍耐の要るスポーツを見せるためにはTVの方が視聴者を育てるという側面が必要だというのは以前から主張しているわけですが、そういうサイド情報というのは有効な可能性があります。ESPNも当然そういうことを考えてくると思いますけどね。

こと放送枠という点では増加していないですがこういう質的な放送の向上と、サッカー観戦がわかるひとを増やす努力というのが当面は期待されるところでしょう。カードを意図的に人気チームに偏らせるほうはオーナー間の牽制でできないかもしれないですが、期待だけはしておきたい。来季の全国放送の予定が上がって来たころにまた話題にしてみたいと思います。

Eddie Johnson 八歳女児性的暴行で逮捕...なんだけど

元NBA選手であったEddie Johnsonが八歳女児への逮捕というニュースを見ての感想。

1 Eddie Johnsonって聞くとサッカーの方のEddie Johnsonをまず思い出したけどバスケの選手か。サッカーだったら大変なことだったな。
2 Eddie Johnsonって「元」なのか。いつの間に引退したんだ。知らなかった。Memphisにいたんじゃなかったっけ。
3 八歳児かよ。立つのか?
4 まあそれにしてもEddie Johnsonなんてのは日本だとカトウヒロシぐらいありそうな名前なんだろうな。
5 あれ?リンクされてる写真違うな。そうかMemphisのはEddie Jonesだったか。Eddie Johnsonってだれ?サトウヒロシ?


というぐらいの反応だったわけです。
ところが実際のオチはもっとちがって、同年代に「元NBAのEddie Johnson」というのは二名いたそうで、一部報道では事件を起こしてない方の写真や履歴がその事件記事にくっついて報道されちゃったらしいんですね。それでなにもやってない方のEddie Johnsonが大迷惑を被っているという話でした。いずれにせよカトウときたらヒロシとは付けちゃいけないんじゃないですかね?


NBAで同姓同名といえば有名なのはJason Williams。正確にはスペルが違うわけですが。

ひとりは今年Miami Heatで優勝リング獲得した"White Chocolate" Jason Williams。もう一人は運転手射殺で有罪になった元New Jersey NetsのスターフォワードだったJayson Williams。どっちもキャラ立ってます。
この二人だとどっちかっていうとWhite Chocolateの方が殺人犯しそうなタイプだったんだけど、まあ世の中どう転ぶか分からないよね。

運転手殺しのJaysonの方はNew Jersey Netsで活躍していた当時、私の知り合いの女性がNBA取材でJaysonのお母さんと懇意になって家にも招待されたとか言っていたのね。とてもナイスで暖かい感じのいいお母さんだよ、Jaysonもお母さん思いのとっても優しい子だとかって教えてくれた。それが数年後にはあの事件。びっくりしましたね。
さらに第三の男として現Chicago BullsのJay Williamsは大学でDuke在籍時はJayson Williamsとしてプレー。先達二名(特に射殺犯とはスペルも同じ)との混同を避けるためにNBA入団時にニックネームで登録してますが、大学時代にさんざ活躍を見た者としては何年たってもJayson Williams。
記事検索
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文