アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

祝 Pat Riley復帰

前回、Philadelphia 76ers負け越してるのに地区首位だと揶揄したらいきなりその後勝ち続けてます。同じく前回、名将ったって駒がなきゃダメだねとPat Rileyを引き合いに出したらいきなりHeatのヘッドコーチに復帰してるし、なんか変な展開になっています。
76ersの方はまあ相変わらずという感じですが、Heatの方は注目に値します。

シーズン序盤、Shaquille O'Nealをケガで欠いたまま発進、なにやらもたついていたものの、ここへきてShaqが復帰、と時を同じくしてStan Van Gundyが「家族との時間を大事にしたい」というもう嘘丸出しであろう理由で突如退陣、前コーチであり現社長であるRileyが現場指揮に復帰。

デブになってしまったShaqと美貌の衰えた、というか定年退職のひとのような風貌になってしまったRileyヘッドコーチ。それでも最強センターのShaqと名将Rileyであることには変わりなく、今日あたりはHeatが東の帝王=Detroit Pistonsを倒せるのか、その先のTim Duncan & San Antonio Spursを破ることができるのかが熱い話題です。

ちょっと文章がハイテンションなのは何を隠そう私は大のRileyファンだからなんですね。
LAで勝ちまくっていたころはレイカーズがあまりにもメンバー揃い過ぎで特に好きじゃなかったんですが、Michael Jordanの絶頂期に敵役として何度も何度も斬られまくったNew York Knicks時代あたりからPat Rileyは大好きです。

当時のKnicksというのは後から考えれば当時のKnicksでしか活躍してない選手ばかりの寄せ集めで、Riley退陣Knicks崩壊後はほぼ全員鳴かず飛ばずで、Riley時代にピークを迎えた選手ばかりの集まり。John Starks, Greg Anthony, Charles Oakley, Charles Smith, Anthony Mason。一流半(二流もいたね)の選手ばかりなのを一流にしたてあげ絶頂期JordanのChicago Bullsを向こうに回して名勝負の数々を重ねていたのが名将Rileyヘッドコーチであったということでしょう。おいしいところは最後に全部Jordanが取るんだけど、そこまではもう熱戦に次ぐ熱戦。最高の引き立て役。

その後移ったMiami HeatではAlonzo Mourningを超一流扱いしてチームを編成。せいぜいリーグナンバー3か4ぐらいのセンター(センターとしては致命的にサイズが足りていないのに)Mourningをスーパースター扱いしておだて、ナンバー2に Tim Hardaway(この選手は好きだった)を据えたまではよかったが、それ以下はJamal Mashburn, PJ Brown,, Vashon Leonardなどイマイチっぽい選手を各所にちりばめた布陣で、なんともKnicksの二番煎じっぽい感じ。違いはセンターがKnicks時(Patrick Ewing)より弱く、最強Bullsはすでになく、Bullsの代わりに当時イマイチのKnicks相手にプレーオフ敗退を繰り返してしまったのですが。

Rileyの話で気分がもりあがり昔話に走ってしまいましたが、枯れたPat Rileyがもう一花咲かせられるか興味あるところです。
今回、Shaq, Dwyane Wade, Antoine Walkerと、KnicksやHeatを以前に監督したときよりは明かに個々の駒が揃ってるわけで、駒だけみればLakersの時以来の陣容。どうチームをまとめてくるか注目したいです。

Iverson哀歌

でカレッジフットボールが終わると(くどいですね。以下略)。

でNBAはここ数年の傾向通りまたも東カンファレンスが負けが込んでいます。アトランティック地区に至っては8勝10敗と負け越しているPhiladelphiaがトップという有り様。前途多難です。

Philadelphia 76ersの大エース、Allen Iversonは私のひいきの選手の一人ですが、なんともサポーティングキャストに恵まれない。チームのオーナーからすればなんとかIversonに次ぐ第二のポイントゲッターをということで昨シーズンChris Webberを引っこ抜いてきたのですが、合わないみたいですねぇ。
結局絶頂期のLakersとやった2001年のFinalsがIversonにとって最初で最後の優勝のチャンスだった、ということになってしまうんでしょうか。毎日のように巨木のような他選手に跳ね飛ばされながらも得点を重ねるIverson。今年も"The Answer"の孤独のロードは続きそうです。

シーズン開幕時にはKobe Bryantが高得点を連発して今年はいけるのか?と思わせたものの完全にKobeのワンマンチーム状態で負けが込んできてますLos Angels Lakers。
同じLAのClippersにも先日直接対決で破れるなど、歴戦の名コーチPhil Jacksondでもやはり手駒が揃ってないとダメですか?それともこのチームを立て直してこれるのでしょうか。

Lakersで連覇、その後もNew York Knicksを絶頂期のMicheal Jordanの最大のライバルチームに仕立て上げ、名将と言われたPat Rileyが、Miami Heatに移ってなんともならなくなって詰め腹を切らされたことを思い起こしてしまいます。
あのときは名将だろうとなんだろうと試合をするのはコーチじゃないという当たり前のことを思い出させてくれました。

Phil Jacksonは計9回のNBA制覇を成し遂げましたけど6回はJordanがいて、3回はShaqとKobeのコンビが揃っていたときであって。そしてKobeはJordanじゃない、ということですね。

カレッジフットボールシーズンが終わると2

で、同じくカレッジフットボールが終わると「NFLはどうなってるんだ?」と順位表を詳細にじっくり眺めることになります。

さすがに試合結果はカレッジのシーズン中でも知っているのですが、カレッジのシーズン中は土曜日に山ほどフットボールを見ているので、とてもまた日曜日にNFLのためにTVの前に長時間座ってる気にならないんですね。土日ともTVの前で過ごしていたりするとリアルの世界の人間関係に問題が生ずるように思われます。

Indianapolis Coltsが12戦全勝、4試合残して早くもプレーオフ出場確定。来週勝てばプレーオフ全戦をホームでの開催も確定できるぶっちぎり状態。
あまりにも早くそこまで確定してしまうと1月の中旬のプレーオフ登場まで丸一か月どうやって過ごすんでしょうか?
消化試合で主力選手に怪我人を出したら責任問題ですからあまり主力は使えないでしょう。が、かといって丸一か月遊ばせておいて錆びさせるのもどうかということになるし。さらに過去に一例しかない全勝でのシーズン終了を目指さないのか?というファン側の興味も残ります。
たぶん無難にプレシーズン並に主力は腹五分目程度の出場でお茶を濁す(それで全勝できるほどNFLは甘くないんじゃないかな)ような気がしますが、それでスーパーボウルにもたどり着けないなんていう結末だと目も当てられません。

現在東全体の二位につけているBengalsとの試合は見ました。このときはBengalsの攻撃が当たって猛烈な点の取り合いになってしまいました。Colts攻撃陣が手を緩めず押し切り、危ないという感じではなかったのですが。
ここまで独走でも実力の伯仲したチームが割拠するNFL、まだまだスーパーボウル制覇への道は先の長い話なのでしょう。


ところでカレッジの試合に馴れた目で見るとNFLというのは超人的なプレーが満載連発で感嘆することになります。カレッジならあれを取ったらスーパープレー、というようなパスがばかすか通るのがプロなんですよねえ。
私も普段、USCだTexasだと騒いでいますがあのカレッジ史上最強やもしれないUSCであってもとてもとてもNFLの下位チームに勝てるとは思えません。いや何試合もやれば勝てる試合もあるかもしれませんが、力の上で明瞭に劣ることにかわりはありません。それでもカレッジの方がぜんぜんおもしろいと思うんですけどね。

カレッジフットボールシーズンが終わると1

毎年のことですがカレッジフットボールシーズンが終わると「大学バスケはいまどうなってんのかな」と各校の様子を見回る感じになります。

今年は満を持してという感じでDukeが1位発進してますね。J.J. Redickってまだいるのか、というのが正直なところ。二年生のころから緻密なバスケットボールをする選手でしたが、やっとサポートキャストが揃って今年は最上級生のRedick率いるDukeのためのシーズンという感じがしますがいかがなものでしょうか。

ご存じの通りDukeは全米最強のバスケットボールカンファレンスであるACC所属です。(Big Eastから全米最強の部分にクレームがつくかもしれませんが)
ACCにはDuke以外にも昨年の優勝校でありDukeの最大のライバルであるNorth Carolina、四年前の全米覇者Maryland、一昨年の全米準優勝校Georgia Tech、それ以外にもWake Forest、North Carolina State、Virginiaと有力校を取り揃えているわけですが、今年はちょっと様子が違う。Dukeに次いでACC所属で全米ランキングで上位に座っているのは今年からACCに新加入のBoston College。現在全米ランク6位と好発進しています。

Boston Collegeは昨年まで所属のBig Eastでは上位には食い込むもののBig Eastの2トップ=SyracuseとConnecticutには及ばないという役所だったのですが、簡単にはいかないチームの揃ったACCでどれぐらい勝ち込めるのか興味が持たれるところです。

通算最多勝利コーチの直接対決

Bobby Bowdenは現在通算359勝、Joe Paternoは353勝をヘッドコーチとして重ねています。その差は6。
カレッジフットボールでは6勝というのは先行する方がよほどの悪いシーズンでも送らない限り簡単に縮まる差ではないです。
今年、Joe Pa率いるPenn Stateは素晴らしい成績を納め、Florida Stateはランク外に転落するなど多難なシーズンを送ったわけですが、それでも今シーズン縮まった差は僅かに2。もしこのOrange BowlでFlorida Stateが勝てば1つしか縮まらなかったことになります。FSU的にはかなり不振のシーズンですら1~2勝しか縮まらないものなのです。

高齢のJoe Paにとって6差というのは近くないです。それだけにチーム状態もよい中、この直接対決のOrange Bowlに勝って5差に縮めておきたいところでしょう。
逆にBowden側からみれば直接対決で叩いて7差とするのは最終決着に向け大きな1勝でしょう。


Joe Paは今月末で79歳になります。ここからはもう余命を指折り数えながらの追走とならざるをえません。もちろんBobby BowdenもJoe Paより若いとはいえ76歳と高齢ですからどういった健康上の問題が吹き出すやもしれず単純にJoe Paが先に逝くと推定すべき類いの話ではないものの。

一方、リードしているBobby Bowdenの方の最大のアキレス腱はなんと言っても攻撃側コーディネータの愛息=Jeff Bowdenでしょう。
Bobby BowdenはJeffを重用していますが、Jeffが就任して以来FSUのオフェンスは得点力激減。Jeff就任の前年までの三年間、FSUは絶頂期で三年連続BCS優勝戦に進出していたとの比較もあってファンからも「縁故だけの無能なのではないのか?」とかなりきつい不信感を持たれています。これが普通の雇われコーチであれば責任問題でクビになっても不思議でないわけですが、Bobbyは息子を庇い続けているため今後も起用が見込まれ(たぶん自分の引退後のJeffへの禅譲を狙っている?)、今後さらにFlorida Stateを低迷の底に引きずり込む可能性があります。愛息への盲愛で身を滅ぼすか。

このJeffブレーキとPenn Stateの復活が重なればJoe Paの追撃もありうるかも、という局面ですね。

ボウルゲーム カード決定

昨日の分で書いた通りにBCSボウルは決まりました。
Fiestaに登場のOhio Stateはこれで過去四回のFiesta Bowlのうち三回目の登場ということになります。よほど過去の観客動員がよくて主催者に気に入られたんでしょうか?Ohio StateとNotre Dameというカレッジフットボール最大規模のファンの数を持つ二校の対戦でもあり観客動員という面ではこれ以上の好条件はないのでしょうが。Orangeに関しては別項。

BCSボウル以外のボウルのラインアップも決まりました。めぼしいところでは
Peach: Miami x LSU
Cotton: Alabama x Texas Tech
Holiday: Oregon x Oklahoma

あたりでしょうか?Peach Bowlは実力チーム同士の対戦。四年前の全米覇者対二年前の優勝校の対戦でもあり、BCSボウル並の重量感のある組み合わせですね。どちらも全勝校を力で蹴落とした試合(MiamiがVirginia Techに完勝、LSUはAlabamaに前半リードされたのを跳ね返して延長戦の末の勝利)の印象が強く、4大ボウル以外では文句なしにこれが最良のカードでしょう。

今年は非BCS校で飛び出した学校がなかったりMichiganだとかOklahomaといった伝統校に元気がなかったせいもあってボウルのカードが全体的になんとなくさびしい感じですね。
記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文