アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

NFL開幕戦 Miami@Pitts

Pittsの昨季のSuperbowl制覇を受けての地元開幕戦、文句なしの盛り上がり。木曜日の全国放送。放送は今季から長年ぶりにNFL放送に復帰のNBC。ただ実況は昨季までMonday Night Footballで長年実況をしていたAl Micheals、解説もおなじみJohn Maddenということで違和感みたいなものはなし。

途中までは一進一退の展開。最後はPittsがディフェンス起点で得点を重ねて快勝。正QB Ben Rothlisbergerを虫垂摘出手術で欠いたものの元Detroit LionsのCharlie Batchが代役をそつなくこなしました。

初めて見た場面がありました。Dolphinsが投入したレッドフラッグが無視されたシーン。
SteelersがロングTDを決め逆転した場面で、TVの方では明らかにレシーバーの足がフィールドから出ているのが見えていたので当然チャレンジだろうというところ。なぜかDolphinsのSabanコーチはエクストラポイントを蹴る直前までレッドフラッグを投げない。でなんとか投げたものの審判たちの視界の外だったため無視されたままプレーが開始、キック、チャレンジ不成立。

なぜあそこまでタイミング的に引っ張ったのかわからない。微妙なビデオ判定になりそうとかではなくチャレンジすればあきらかにTDではないのに。まあ足の出た場所は1~2ヤードラインあたりで、チャレンジが成功したところで1st & Goalになるのでその先にどうせ結果はTDになったかもしれないけれど接戦での勝負所だからやはりさっさとチャレンジでしょう。はっきり勝てるチャレンジだし。ヘッドコーチはそのシーン見られない(敵地なのでスタジアムのビデオ係も見せてくれない)けど上の席のアシスタントたちははっきり見ているはずでレッドフラッグ投入の遅れは不可解。
それにその前のSteelersのポジションでも同じようなゴール前危機の位置からターンオーバーでしのいでリードを保っていたわけだし、諦めるような状況ではないんだよね。

最後はSteelersの怒濤のディフェンスに押し切られてまさにSteelersのSuperbowlの祝勝会の続きみたいな試合となりました。今年はシーズン前からファンからも連覇を期待されていないような下馬評が多かったSteelersですが伝統の強力ディフェンスは健在というところか。

Kansas City Wizards売却に見るサッカービジネス動向

Kansas City WizardsはMLSで最悪のロゴ(主観)を長年守り続けるチーム。サッカー専用スタジアムの建設実現にほとんどのMLSチームが走っている中、専用スタジアムの話題が出てこないチーム。元オーナーは同じ市のNFLチーム=Chiefsのオーナーでもある。MLSカップ獲得もしたけれど閑散としたムードのフットボールの巨大スタジアム(スタジアム自体もオーナー所有)でホーム試合をこなすチーム。若き代表FW Eddie Johnsonを抱えるチーム。それ以外にも代表クラスの選手が複数在籍するチーム。

まあ事情はいろいろあれ売却になりました。その記事がこれなんですがツッコミどころが多いなあと。

>引き合いは殺到したが、企業力と、そして上記の条件を満たす買い手がなかなか出てこなかったことで交渉は難航していた。

なんかうまく書いてありますが一流企業はいまひとつ興味を示さないから難航したということですね。これがNFL, NBA, MLB三大スポーツのチームなら興味を示すところは多いでしょう。ただ値段がバカ高いからそれを安定的に支払える企業グループというのは多くない。だけど現状、MLSチームの値段を払える企業ならずっとハードルは低い。まだまだメジャースポーツチームを買うのとは桁違いに安いはず。
今回Wizardsの買収に成功した企業グループの中心=Cernerという企業にしてもNASDAQ上場企業ですが、健康関連企業でスポーツ経営は初めて。まあいままで関係のなかった新しい企業経営者が興味を示してくれるのはリーグにとっては悪い事ではないんでしょうが、それにくっついてきたコメントがちょっといただけない。

>「2020年にはアメリカ国内においてサッカーは1、2を争う人気スポーツに成長していると読み、今がそれに投資をする時期だと判断した」

言い切ってますね。しかしですね内容が悪い。なにせアメスポで1~2位を争うというのはつまり現在第二位三位のNBA, MLBをとうに抜き去りダントツナンバーワンのNFLの地位を脅かす勢いとなるいう話ですよね。
ただ一言、まったくあり得ない。可能性は完全なゼロです。現在視聴率1%以下がサッカーの実力という現状。2020年まで14年しかないことを考えてもこれから育ってくる新しい世代で猛烈No. 1にサッカーがウケたとしても(この仮定自体が無理だけど)、それでも2020年時点の三十代以上の世代で人気の定着既存のスポーツに追いつけるわけがない。世代間の人口比を考えただけでもNBAやMLBを抜ける可能性がないです。元々アメリカでの人気の薄いNHLぐらいなら抜ける可能性はありますが..

まあ新オーナーにとっては高い買い物をした当座のコメント、善意にとってあげれば自らが買ったものの価値を下げるわけにいかないから言ってる打ち上げ花火、宣伝文句。またはCentre自体が上場企業なわけだから株主にこの投資を正当化のための声明か。いずれにせよこの手のコメント内容を100%真に受けるのは愚かです。

というか打ち上げ花火にせよここまで現実離れした馬鹿なコメントを出してしまうような新オーナーの頭のお花畑ぶりには少なからず危惧を抱きますね。ここまでお花畑ぶりが酷いと結果的にアメリカサッカーにとって逆効果ではないでしょうか。本気だったらどうしようと。

以前も何度か書きましたがMLSへの投資というのは過去「急成長に賭けない」「過去のサッカーリーグの失敗は繰り返さない」というはっきりしたオーナーたちの意思の下で着実な投資と経営方針で動いてきたはずなのですね。
ところがこういうあり得ない未来を夢見ちゃうオーナーが混じってくることで今後、無理な拡張を図ってみたり、金のかかる世界的有名選手を獲得することを許していくようになるんじゃないか。このひとひとりだけ頭が飛んでいるならともかく、今年参入したRed Bullあたりはそこまで馬鹿なコメントはしてませんが、投資の回収を目指そうとしてこのWizardsの新オーナーと同調したりする可能性も否定できない。なにせヨーロッパ資本だからヨーロッパの常識でサッカービジネスを見てしまう可能性があるから。
その結果リーグ自体の体力を削るという過去のNASLの失敗路線に入って行こうということになるんじゃないかと危惧するわけです。もちろん先頃から言っているようにESPN/ABC連合から向こう八年間の資金的バックアップを受けることは確定していますがそれを越えた将来のサッカー像はもうわからないのね。

実際の話NASLのころ、つまりは三十年前から「次にアメリカでブレイクするスポーツはサッカー」というのはずーーーーーーっと言われているんだよね。そして一度もその予言は当たったことがない。なのにそのレベルの予想をいまだに持ち出してくる新オーナーというところがね。新なのに頭の中は旧というか。また愚かなサッカーの失敗の歴史が始まった可能性が否定できない後ろ向きな印象のWizards売却ニュースだったと思います。

まあ少なくとも新オーナーはMLS最悪のロゴ(主観)ぐらいは変えてくれるかな。それだけでおとなしくしていて欲しい感じです。

ファン以外にとっては凡戦か

前回の続きですがFlorida State@Miami-FL、開幕戦。結果はFlorida Stateが昨年に続いて三点差での勝利。私なんかは両チームともに思い入れもあるし、どちらも全米屈指のスピードのディフェンスを今年も揃えてきたなと楽しめたんですが、評判は悪い。確かにオフェンス側、特にMiamiのオフェンスは大事な場面のズバリのパスをぽろりと落としてみたり頼りない内容。試合展開も昨年に似たようなものとなり、せっかくのESPN Full Circleの大々的なメディアフォローも台無しに近かったかも。まあ凡戦なりに接戦ではあったからまったりした視聴率は確保したでしょうが。

昨年もイマイチの内容でこのカード、将来に渡ってもカレッジフットの開幕看板カードとしての地位を保てるか微妙になってきたかもしれません。FSUのBobby Bowdenヘッドコーチは年齢も年齢だし、対するMiamiのLarry Cokerはここ二年連続で9勝3敗シーズンを送ってかなりファンの不興が高まりつつある。このタイミングでライバルFSUに連敗。これで二週間後の@Louisvilleあたりで苦杯を舐めるようだとシーズン後の退陣が現実的になってきそう。Miamiは街自体がスポーツチームにすごく辛いんだよね。温かく見守るというタイプの街じゃないから。


バスケの世界選手権で週末まで日本で戦っていた米代表&Miami HeatのDwayne Wadeがサイドラインでにこにこ観戦。日本からOrange Bowl Stadiumに直行コースか。日本では最後〆て銅メダル獲得しての帰国、地元のMiami Hurricanes応援。まあ金メダルじゃなかったけどよくやったと思う。NBAのキャンプ開始まで僅かの隙間だけど楽しいオフを過ごして来るシーズンも楽しませてもらいたいものです。

ESPN総力を挙げたFlorida St@Miami

カレッジフットボール開幕週のトリを飾るのはライバル対決=Florida State x Miami-FL。NFLの定席マンデーナイトに、NFLの代わりとなるのはやはりこのカード。
これでこのカードは四年連続で開幕週のトリ、マンデーナイトでの全国放送となります。この日は毎年Labor Dayで祝日、三連休の最終日の各家庭のまったりした時間帯の放送。
NFLが今シーズンからMonday Night Football(=番組名)を地上波=ABCからESPN=ケーブル局に移行。つまり定席だったはずのABCによる月曜夜の地上波全国放送はこの試合だけになってしまったのですね。

カレッジ屈指の人気校同士のカードなわけですが、それにしても放送態勢が今年はちょっとすごいことになっています。「ESPN Full Circle」と題してABC/ESPN系のチャンネルのほぼ全てを動員して同時中継となっています。Full Circleは訳せばまんまですが「完円」「欠けるところなし」と言ったところ。

地上波ネットワークのABCがメインでこの試合を全国放送するんですが、同時にケーブル最強局ESPNもこの試合を別カメラアングルで編集して放送。同系ESPN2では画面分割して多数のカメラアングルを同時放送。ESPNUとESPN360ではフィールド上空を滑降するカメラによる臨場感のあるアングル(またはPS2的アングル)での独自放送。ESPN.comでも特別チャット企画。携帯電話=ESPN Mobileでも特別にアップデートが自動送信。ESPN Deportesはスペイン語放送、ESPN Internationalを通じて欧州中南米豪州NZ中東北アフリカ諸国でも同時中継。ESPN Radioが全国のラジオ局に音声配信。などなど。つまりはABC-ESPN連合がその持てる力総動員での放送というわけです。(ちなみに再放送中心のESPN Classicだけは参加しない)
でも日本じゃ放送しないみたいですね... 日本はフットボールの世界一なのにね。

Full Circleと題されたこの多角同時放送はこれが三度目の試み。フットボールの試合では初。過去にはNBAのMiami Heat x Chicago Bullsとカレッジバスケ最強ライバルDuke x North CarolinaでFull Circleの名の下で多角放送が実施されています。
ただ今回は前二回のバスケバージョンととちがうのは地上波であるABCでもこの試合の放送をするところ。前の二回はESPNがメイン局だった。いくら最強ライバルの定期戦とはいえケーブル局限定での放送ではあまり高い視聴率は見込めない。しかしフットボール開幕の香りにスポーツファンが惹き付けられるこの時期に地上波も絡めての定席マンデーナイト。Full Circleという企画の全国露出という意味では今回こそが本番第一弾ということになりそう。

バスケから始まって、今回はよりカメラ・人員の多いフットボールへ。たぶんこれは将来の巨大イベントの多角放送の予行演習・デモという意味合いもあるんでしょう。そして巨大イベントの究極本命はもちろんSuper Bowl。
ABC系は昨年のNFLとの契約更改で向こう六年間のSuper Bowlの放映権を失っているわけですが、他社が絶対マネのできない圧倒的な物量作戦の遂行能力を示す事で将来の巻き返しに出てきたということなんでしょう。

FIBA準決勝の再放送見ました

米 x ギリシャ戦準決勝、NBATVでの再放送見ました。ギリシャいいチームだな。ハイピック&ロール多用からの攻撃で米代表を翻弄。
第3Qになってリードが縮まらない米代表がなんとかハイピック&ロールを止めにきたところで満を持して打ってきた3ポイントシュートがずばり決まってしまう。あれで一~二本外れていればよかったんだろうけど、バックボードに当たって跳ね返ったり見事に全部入っちゃった。元々ギリシャは3ポインターが入るチームじゃないのにこの日は入っちゃった。これが運命ということか。対する米代表はワイドオープンの3が入らない。NBAの3ポイントラインより一歩ゴールに近いのにこれほど入らないとは。

一部の非NBA所属選手たちはNBAへ行く以上の金をヨーロッパのチームから貰ってるんだね。例えばEuro League MVPでもあるギリシャのPG Theodoros PapaloukasはCSKA Moscowと三年$17million(所得税全額免除!特典付なのでNBAの金で言うとざっと三年間$28million)という契約をしている。素早いピック&ロールでこの試合を変えてしまったビッグマンSofoklis Schortsianitisは2003年にLos Angeles Clippersに指名されているけれどNBAには来なかった。NBAがヨーロッパの選手に大金を払うのをためらってる間にEuro Leagueのチームが税免除を武器にこういう選手たちを抱えているわけだ。
というか私を始めアメスポファンはまったく知らない高いレベルのバスケットボールの世界がヨーロッパに広がっているということか。

試合自体は最後の米代表の追い込みも急で結果知らないままで見たかったかな。ちょっとファールの取り方も米代表に不利なコールが多かったような気もするけどとにかくギリシャはよいチームでした。Gasolを欠いたスペインに快勝して優勝でしょうか。

FIBAアメリカ負けか

見てないんで短く。録画し損ないました。

でもまあダイジェストやスタッツとかみると過去の国際大会での負けパターンの3ポインター食い過ぎというわけでもなし。逆に米代表の3ポイントが外れまくった分の敗戦か。
準々決勝のドイツ戦でも外れまくりだったけど、とにかく果敢に打って行って勝ち。今回との差は外れたシュートをリバウンド取ってセカンドショット、サードショットにつなげていけなかったことでしょう。ドイツ戦はそれで得点を重ねた。ギリシャはリバウンドで健闘してそれを阻止した。

3ポインターを入れることで相手のゾーンディフェンスを広げる、そうすることで相手ディフェンスの隙間を作ってそこから攻撃展開、というのが構想だったんでしょう。それがDukeでCoach Kがいつもやってる試合だし。
その前提条件の3ポインターが二試合連続でここまで入らなくては。その前の試合でも3ポインター入れていたのはCarmelo Anthonyだけだった感じだし。Dukeの選手の方が入るんじゃないの?と言った感じの数字が残ってしまった。まあ3ポインターは入らない日というのはあるんですけどね。

試合後の会見ではCoach Kはいつもながら落ち着いて選手をかばい自分の責任について語っていた。3ポインターに拘らせたのはCoach Kの方針だったろうし。
根幹部このメンバーで来年再来年と戦って行くにしてもCoach Kスタイルでやるなら3ポインターのスペシャリストをひとりふたり持つべきじゃないかな。PGのうち一人はそういう選手が要ると考えるべき。あとLeBronは国際式にかなり向かなそうだけど今後も使うんでしょうか。彼がボールを持つといきなりチームのフローが停止する。
記事検索
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文