アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

新しいBCS

ところで2006年からの4+1の新しいBCSに私はかなり期待しています。
というのもこの新しい方式が「ファジーなプレーオフ」として機能する可能性があるからです。

まだ運営の詳細は発表されていませんが骨格は4大ボウルを行った一週間後にボウルゲームの結果もふまえて優勝戦を別途行うというものです。
例えば今年のケースだとこういうことが可能です。
Orange: Pitts x VT, Sugar: Auburn x Oklahoma, Fiesta: Texas x Utah, Rose: USC x Michigan, 優勝戦: USC x Auburn/Oklahomaの勝者
もちろんUSCが負ければ話は変わります。Sugarの勝者と(FiestaでUtahが勝っていれば)Utahという仰天の優勝戦もあり得るわけです。つまり一本道ではない複合的な準決勝になるわけです。もちろん理想であって当該ボウルの利害関係がこの組み合わせを許すかどうかはわかりませんが。

例えば2002年の例なら、MiamiとOhio Stateの二校だけがメジャー校で全勝でした。この場合はプレーオフが必要のない状況、この二校に尽きるのでボウルのTie-in通りそれぞれのボウルを行って勝ち進めばよしというところでしょう。
2001年の例ならMiamiが全勝、Nebraska(BCS二位)とOregonが一敗、Coloradoが二敗ながらNebraskaに勝ってBCSランキングでOregonを上回り三位になりました。この場合、Colorado x Miami, Oregon x Nebraskaを4大ボウルのどこかに組み込めばほぼ4チームでのプレーオフ準決勝として機能しました。
2000年ならば全勝OklahomaはFiestaでat-large校と対戦、因縁の1敗同士のMiamiとFlorida StateがOrangeで再戦することでプレーオフというよりも挑戦者決定戦ができます。これなら出場権を盗まれただのという問題は消滅しますね。
1998年はTennesseeだけがメジャーで全勝。相手はFSUが選ばれましたがこれも4+1ならFSUとOhio Stateの挑戦者決定戦を行うことが出来ます。また同時にこの年はConference USAのTulaneが全勝でした。ここをTennesseeとボウルでぶつければミッドメジャー校にフィード上の公平な機会も与えられますし、Tennesseeの側から見れば唯一全勝した特典としてボウルで強豪校との対戦をしないでいいわけですね。

つまりある年にはプレーオフとして機能し、準決勝の必要のない年にはなく、ときには挑戦者決定戦ということが「可能」に見えるからです。本当にそんなうまくいくのかどうかは定かではないですが、期待はしていますという話 続きを読む

収録の文章について

さまざまなところで書き散らした文章をここにまとめる動きしてます。メインになるCollege Footballについては大変大変お世話になった掲示板での書き込みをここに再収録する形でもあります。その掲示板は「NCAAカレッジフットボール横丁掲示板」です。
そちらの家主さんが事情によりいらっしゃらない状態になって、家主さんがいないところに私が次々書き続けるのがいいことなのかどうかわからなくなってきたので、ここに移転できるようにという準備ですかね。

私も経験あるんですがリアルモードでの突発事情が発生するとネットから数ヶ月消えちゃうっていう事態は起こります。横丁人さんのご事情は存じませんが健康にお忙しくしていらっしゃることを祈るのみです。
こういうタイミングでこういうこと書くとアレですが、5年ぐらい前にメルフレが死んだことがあるんですよね。そのときは数ヶ月後に奥様がその連絡をくださったのでわかったんですが、空に消えるようにネットのつきあいって切れるときには途切れちゃうものなんですよね。

NDコーチのすげ替え失敗

....なんて書いたらFlorida行きですか笑>マイヤーHC
ND、すげ替えどころかアテすら消滅、ついてないというかなんというか。今後の展開も見物になってまいりました。

ステロイド使用問題 クライマックス近し?

ジアンビのステロイド使用に関しての証言の一部がマスコミにリークしてきて、昨日はその話題を中心にスポーツニュースが回っていたですね。タイミング・内容からしてBondsの陥落を目指しているのは明か。伏線が張られたということでしょう。
BondsがBabe RuthやHank Aaronを抜く前に決着を付けたいと思っているひとがいるんだと思う。
McGwireのときもそうだったけどステロイド使用が露見して、使用やめるともののみごとに成績が低下、病気怪我でプレーできなくなるんですが、ジアンビもその類だったでしょうか。一応寄生虫の後遺症ということでシーズン後半を棒に振ったけど。

その点、Bondsは今年も打ちまくったわけでステロイド使用をまだ止めていないのか?とにかくRuthに届いてしまえば、Aaronに届いてしまえばという確信犯なのか。(使ってないという可能性はない、と思ってます)2005シーズンにはRuthは完全射程距離内なだけにBondsを撃ち落とすつもりなら確かにタイミングはこのオフしかないんだけどね。

実はラグビーが好きなんですが

でもラグビー好きの友人とかって皆無なんですよね。高校時代ラグビー部所属してました。ポジションは7番フランカー。ラインアウトのボール入れもしてました。

先週までの日本代表のヨーロッパ遠征、試合見ていないんで内容は存じませんがスコットランドに100点献上、ウェールズに0-98の完封負けとかすさまじく弱いことになってます。そこまで行くとちょっと対戦してはいけない相手と対戦しているという感じじゃないでしょうか。

アメリカのラグビーは地味ながら人口が増えてきているんですよ。将来はジャパン、アメリカにもまったく歯が立たなくなるのかな、と思うとまがいなりにもラグビーをやっていたものとしては少々寂しいです。

コーチすげ替えで復活なると思いますか?>ND

確かにUtahのアーバン・マイヤーHCは魅力的でしょうが、あたふたとウィリングハムHCをクビにするのはどんなもんなんですかね。
NDの問題はコーチングよりもリクルートとスケジュールだと思われるんですが。スケジュールは毎年安全牌と言えるのはNavy戦だけで(強敵でなくても)難敵がずらり、チームが下降線だとそれがもろに勝ち星に出てしまうスケジュールですよね。伝統もけっこうですが身の丈に合った、時代に合ったスケジュールをしないとこれからも苦戦のシーズンが続くのでは。
ここまでリクルートが落ちてしまうと焦るのもわかりますが、コーチ変えればリクルートが上がるかというと疑問。特にマイヤーのオフェンスシステムはプロシステムではないですよね。今はblue chip高校生はプロタイプの学校に行きたがる傾向が強いだけにマイヤー氏を持ってきてもリクルートがそれほどアップするかどうか疑問です。スケジュール作成とも絡みますけど、NDのスケジュールは西海岸と対Big Tenが過半数を占めますが、フットボール優良高校生の宝庫と言われるフロリダ州・テキサス州からは手を引いてしまいましたね。最重点地区から手を引いてリクルートは本当にアップするのでしょうか。疑問が残ります。

NBCとの独占放送契約の延長が今年決着したので次期契約更改までは時間の余裕はありますが、そのときまでにいまの延長線上の戦績しか残せていないといよいよBig Ten(またはそのときまでBCS枠を確保していればBig Eastも選択肢)加入を考えざるを得ないと言うことになるかもしれません。カンファレンス加入したところで復活が期待できるというわけではないですが(Penn St.の顛末参照)NBCに放映権を安く叩かれれば経営安定を考えて独立校としての歴史をとじなければならなくなるんじゃないでしょうか。
記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文