アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

George Mason in Final Four

勝てないとか言ってすみません。堂々たる勝利、Final Four進出。64校に拡張(Final Fourまで4勝必要)されてからではマイナーカンファレンスから初Final Four進出。目出たい。これでこそMadness。
期待はしていなかったけど内容も勝ち方が立派。

マイナー校のよくあるアップセット勝利というのは3ポインターがどんどん入って、フリースローが入ってというようなパターン。

でもGeorge Masonの勝ち方はインサイドのポストアッププレーで相手のディフェンスの自由度を狭めていくオーソドックスな勝ち方なんですね。マイナー校っていうのはほぼ確実にメジャー校にサイズ的に劣りインサイドを攻められないものと大学バスケの相場は決まっています。George Masonもご多分に漏れずConnecticutにサイズで大きくひけをとりながらもインサイドのポストアップを多用して成功。

PF Thomasがサイズ的に負けている相手を背中に背負ってのフックショットを次々決め、C Lewisはサイズでは劣るものの圧力ではまったく負けずゴール下まで相手を押し込むことができるために、そこから得点もでき、またはそこからキックアウトしてアウトサイドシューターがオープンショットを打てる機会を多く作り出した。インサイドへのエントリーパスから相手ディフェンスにプレッシャーをかけるいわば王道プレースタイルなんですね。

またマイナー校の常として実際に試合で使える人数が少ないという層の薄さが接戦の最後に露呈して競り負けというのもこれまたあまりにもよくあるパターン。試合が白熱してファールが増えてきて誰かがファールトラブルになれば最初に戦力ダウンを被るのは層の薄い方。その辺はUConnの方も承知しているからUConnの方は意識的に8人の選手を頻繁に入れ替えながら激しい戦いを臨んで来たし、一方George Masonの方は後半中盤からOTも含めて選手交代なしで先発の5人だけですべての時間をプレー。ラッキーなことに誰も4つめのファールを早い段階で取られずディフェンスで消極的になるような場面に追い込まれなかった。

それにしてもサイズで負けている相手、それもUConnのようなよく鍛えられたチーム相手に走り回って選手交代なしというのはとんでもないことだと思うんですが、見事それで乗り切り。確かにそのせいで疲れからでしょう後半終盤や延長の大事な場面でフリースローのミスが連続してUConnに追い上げの機会を与えてしまったものの出せる力を100%出しての勝ち。でも決してラッキー勝利ではない勝ち。

11位シードのFinal Four進出は史上二校目(もう一校はLSU)。史上最高のシンデレラチームとなりました。
いい試合見た!って感じだね。全米の非エリートアスリートの夢を乗せてFinal Four行き。どこまで行けるか見せてもらいましょう。Villanovaも負けて1位シードが全滅、本命不在でここからもうどうなるかわからないね。

パリーグ開幕戦が大入り

やっぱりWBCの余波ですよね。確かにパの選手たちが目立ったし>王ジャパン
あの熱闘から間を置かずに帰国→開幕で選手や王監督は大変でしょうが、ものごとには勢いというものが大事だから。
こうなってみると交流戦があってよかったってことになるんじゃないでしょうか。普段、パを見られない都市でWBC戦士が見られるわけで。

LSU応援することに決定

すでにMarch Madnessの予想ブラケットは全滅。米人ご友人たちとの賭けも見事惨敗。
従いまして以後はひたすらいい試合をしてるチームを応援するばかりですが、LSUにすることにしました。

シーズン中、LSUの試合を見たことは皆無。
カレッジバスケはチーム数(Division I校だけで300超)試合数(各チーム30試合以上)が多く一部の有力校以外フォローしきれるものではないわけですが、それにしてもさして話題にもなっていなかったチーム。それが一昨日の第1シードDuke完封に続いて第2シードTexasを撃破。その試合内容がいい。

カレッジバスケでは得点力のあるガードの存在がNBA以上にウェイトを占める面が強いのですが、LSUは逆方向。1年生Tyrus Thomas(発音はタイラス)、昨季のSEC新人王=2年Glen "Big Baby" Davisの若い強力フロントラインで快勝。
Thomasはビッグマンとしては異例のジャンプ力でアリーウープを次々叩き込み、またディフェンスではブロックで相手の攻撃を遮断。将来のスーパースター候補生でしょうか。横幅の広いDavisはその体躯に似合わぬ身のこなし、フェイドアウェイでもショットを決めたり、ミドルシュートも器用に決め、プレーに幅の広さがあります。

この二人も含めてスターター五名のうち四人が1~2年生という若いチーム。
大きな話題になっていなかったのも戦績を見直してみればシーズンの前半にちょろちょろさして強くもない学校にいくつも敗れていたからで、シーズン後半、SECのシーズンに入ってからはFloridaに二連敗している以外はほぼ勝ちまくっているんですね。つまりシーズンを通して若いチームがどんどん育っているその過程を見ているというわけです。

LSUはShaquille O'Nealの母校でもありますが、バスケではさして強豪という訳でもない。ここに強力な新人が大挙して入っているのはリクルートの妙ではなく、Davis, Thomas含めて7名が地元の出身なんだそうです。それぞれ子どもの頃から知っている同士。いわば偶然。偶然まで言うと言い過ぎか。日本の高校野球の地元の有望な子どもたちが他地区の強豪校に流れずに地元校でまとまって成功したってのがあったと思いますが、それ風。それでこういチームができてしまうってのもカレッジバスケの楽しさのうち。フットボールだと人数が多いからそうはいかない。

Chris Webber, Jalen Rose, Juwan Howardなど1年生五人を擁してFab Five旋風を起こした当時のMichiganをなんとなく思い出すんですが、古いカレッジバスケファンの皆さんいかがでしょう?

March Madness 地区準決勝二日目

観客動員が欲しいから大きい入れ物でやりたいのはわかるけどやはりドームでバスケはいただけんですね。以前一度生で見たことあるけど(@RCAドーム、Indianapolis, IN)やっぱりね、向いてないと思う。
アリーナ会場ではキャパシティ2万超が限界なわけでその程度の観客は余裕で集めるMarch Madness、主催者側の意図はわかりますが。

さて今日勝ち残ったのはConnecticut(1位、Big East所属)、Villanova(1位、Big East)、George Mason(11位、Colonial Athletic Conference)、Florida(3位、SEC)の4校。

非メジャーカンファレンス所属校としてGeorge Masonが最後に残りました。日曜日にConnecticutと対戦、Final Fourへの挑戦になります。このRegional Final(=全体の準々決勝)あたりが小カンファレンスの超えられない壁の試合なんでこれ以上を望むのは酷でしょうが、全米の非メジャー校のファンの期待を一身に集めての最後の出陣になります(もう負けると決めてる)。
ただ今トーナメントでのUConn、初戦で16位シードのAlbanyに後半半分まで12点差でリードされるなどいまひとつ迫力不足なのも確か。シーズン中の強さが感じられないので、意外や意外、George Masonの肉薄もあるかもしれません。

Floridaはシーズン中いまひとつの成績で臨んだトーナメントですが、徐々に調子をあげてきたか。LSUがDukeを破ったことでSECバスケを再評価する声もでています。今年もSEC各校はロースコアリングゲームをやり続けてきた傾向が強いのですが、Floridaも8強に進んだことでSECが今年の勝ち組か。

土曜日のカードはTexas x LSU、Memphis x UCLA。

March Madness 地区準決勝一日目

Regional semi-finalを無理に訳して地区準決勝。
本命DukeがエースのJ.J. Redickを完封されての完敗。ああやってボール貰う前から貼り付けばRedickは無力化するのですね、と感心。LSUのセンター、DavisはフットボールではタイトエンドをやっていてNFLドラフトにかかるかも、の選手だそうで。巨漢ながらなかなか空中の身のこなしやボールの扱いがうまい。確かにタイトエンド向きの人材なんでしょう。

結果はUCLA(シード2位)、Memphis(1位)、Texas(2位)とあとはシード上位校が順当勝ち。おかげで私の予想ブラケットは惨敗状態。UCLAは最後大激戦だったようですが寝てました。
準決勝土曜日はLSU x Texas、Memphis x UCLA。もうちょっとスパイスの利いたチームが残って欲しいので今日のWichita State x George Masonの勝者に期待。

「次回WBC予測」の注釈

ところでなぜ「次回WBCロシアが参戦」と書いたのかという質問いただきまして。

アメリカではLittle League World Seriesという少年野球の世界大会が毎年開かれます。日本からもチームがやってくる(アジア予選を勝ちぬけば)ので大会があることはご存知の日本の方も多いと思いますが、それに昨年あたりからロシアのチームが来てるんですよ。それがまた以外なほどにうまい。いい球投げるピッチャーなんかもいるんですね。もちろん少年野球、14歳までの子どもたちのことですけど。ペレストロイカの時代からもうそれだけの期間が経過してアメリカのカルチャーがロシアに入ってるんだなあと感心してみていたんです。

今大会の南アであれだけできるなら三年後、ロシアもそれなりにいけるかもとか思った次第です。もちろん一次リーグを抜け出すのはむずかしいでしょうが、世界戦を演出するにはもってこいの国でもあり、ある程度の陣容が揃えば主催者側は参加OK出すと思うんですよね。

話は違いますがこういうところを見るとジンバブエであるとかミャンマーであるとかそういう国々でも地道に野球の普及を目指している方がいるんですね。元々身体的に劣るアジア各国は技術を上げないとどうしようもないでしょうが、アフリカ諸国なんていうのはてこ入れしたらそれなりに良い選手とか育てられるのかもしれない。

ただ野球はサッカーと違ってルール・道具・戦術・技術が直感的にわかりにくいスポーツだけに知らない国での普及というのは大変だと思いますが。

かくいう私も野球のない国からの留学生に野球を説明したことがあるんですが、そりゃあ大変でした。
私「あのバットを持った人が相手が投げる(pitch)ボールを打つのね。空振りしたらストライク、つまりダメ」
「バットってなに?」すみませんあの木の棒のことです。
「pitchってどういうこと?」throwって言った方がよかったですね。
「ストライクがダメでもまだあのひと打とうとしてるよ?」三回までOKです。
「いま打ったけどストライクのマークが増えたよ?」ファールです。
「ファールって?」前に打たないとストライクになります。
「あれ今振ってないないのにダメみたい」ストライクゾーンってのがあって...
大変です。

その上、それがまたたまたま見ていたのがReds x Cardinalsっていう試合で両チームとも赤系のユニフォームだったので彼らにとっては敵味方を識別することすらできないんですね。確かに野球では他のスポーツと違って攻守の選手が入り乱れるということが皆無だからゲームがわかっていればユニフォームが多少似ていても混乱しないのが野球なんですが、わかってないともう混乱するばかり。
日を改めて所属大学の野球チームの試合に連れて行って説明したらテレビよりは理解が進みましたが、あれは彼らが興味を持って我慢強く聞いてくれたからでもあり、元々インテリジェンスの高い人たちだったからであり、なかなか大変だなと思った次第です。

逆の経験もありまして。
私がロンドンに仕事で滞在したとき夜ホテルでテレビを見るとクリケットをやってたんですね。それがクリケットであることは識別しましたがルールはまったく知らない。でまあ暇なんでじっくり眺めてどういうものか学んでみようと思ったのですがさっぱりわからない。
次の晩に部屋に帰るとまた同じチームが試合をしている模様。その次の日も。プレーオフかなんかなんでしょうか?結局がんばったけどまったくわからずじまい。
後で学んだところではクリケットって何日もかけて一試合をやるものらしいですね。あれ、一試合だったのか。さっぱりわからん...それでも英連邦各国、特にインドなどでは大人気のスポーツだとか。

という経験があるので野球もわからないひとには皆目見当がつかないんだろうな~というのはわかるのです。
まあ世界に普及しなくても別に素晴らしいスポーツであることには変わりないんですけどね。
でもそういう気持ちになれたのもWBCのおかげかな。ここ最近MLBの試合、シーズン中に最初から最後まで一試合みたことなんてずっとなかったし。
記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文