アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

NHLについてはあまり語るべき言葉を持ちません

NHLに熱い方が語るサイトなどを見ているととても自分なんかが観戦者として語ることはあまりないなと思います。なによりホッケーへの愛が足りないし。

というわけで今日からStanley Cup Playoffが始まるって言うのに試合や戦力の話はなし。主にビジネスの視点から、またはアメリカでの草の根レベルのホッケーについては幾つか。

まず所謂「四大スポーツ」という呼称のせいでNHLというのはNBA/NFL/MLBとの比較がよくされるわけですよね。
でも実勢をみればホッケーと三大スポーツとの差は歴然としている。視聴率しかり観客動員しかり放映権料の金額しかり。特にアメスポという言うことでカナダのチームを除くとかなり寂しいことになります。

例えば2005-06シーズンの観客動員のデータがESPNにありますが全体でのトップ=Montreal Canadiensを始めとしてトップ10の半数がカナダのチーム、上位8位までの5チームがカナダのチーム。

NHLの拡張政策に乗ってのチーム数の急増、既存のカナダチームのアメリカの都市への移転が相次いだりで、NHL全30チーム中僅か6チームとその割合が激減したカナダのチームですが、やはり観客動員では強い。さすがはカナダのナンバーワンスポーツと言ったところ。
特にCanadiensはモントリオール市民の誇りと言っても過言でないほどの人気度でまさにMLBに於けるYankees、Red Sox並の地位。
カナダ人男性と話を弾ませるためにはホッケーは大変有効なのは私も個人的に体験しているところ。


一方米国側では「Hockey Town USA」の異名を取るDetroitが圧倒的な観客動員で突出。
DetroitのNHLの名門=Detroit Red Wingsが毎年NHLでトップクラスの観客動員を記録。この街でのホッケー人気の強さは米国の他の街にないレベルで、いまでこそなくなりましたが一時期はマイナーリーグホッケーチームもDetroitには同時に存在(=Detroit Vipers, IHL所属。通常マイナーリーグチームはNHLがその街に入ってくればそれを避けて移転するものですが、Vipersは人気NHLのある街に堂々参入してきた)。Red WingsとVipersが同日にホームの試合を開催して両方ともがsold outを記録したこともある厚いホッケーのファン層が存在する街です。(現在ではIHLが破綻してリーグごと消滅していますが)

米側でこれに次ぐ安定した動員力を持つのがPhiladelphia Flyers。こちらも伝統のあるチームで安定してNHLトップ5近辺の観客動員を叩きだします。私が初めてNHLを見た頃からの強豪ですね。
この二チーム+New York Rangers、Colorado Avalancheあたりまでが安定してトップ10レベルの動員が見込めるチームで、残る米側のチームは成績がよければ伸びるチームもありますがファンの底堅さが足りない。メンバーが落ちたらいきなり動員もがっくりと下降線に入ってしまう。昔はBoston Bruinsがかなりいい線いっていたはずですが昨今は客足もいまひとつの模様。

二年前(=昨季は労働争議でシーズン消滅しているので一番最近のシーズンということ)にStanley Cupを獲得して今年動員急増、NHL全体の二位に付けているTampa Bay Lightningや、数年前までトップ10常連だったSt. Louis BluesなどはNHLチームとしては絶好の条件の都市。同時期にシーズンが展開するNBAのチームが存在しない都市で、カレッジバスケの強豪も近隣に存在しない。市民の期待値を上げることができれば行き場のないスポーツファンを吸収可能な条件は揃っているわけです。
そういう好条件の街であるにも関わらず例えばSt. Louisはスター選手を失うと一気に観客動員が冷めてしまう。そのアメリカ側での人気の底の浅さが表面的な観客動員の数以上に弱いと思う。

MLBが人気の長期低落を叫ばれながら長年成績が悪いチームでも一定の動員から下へは決して落ちていかない腰の強さを持つのと対照的だと思うんですね。カナダ側のNHLチームはMLBに似た成績が悪いシーズンでも観客動員が極端に落ちない根強い支持があるのとも対照的なアメリカ側での浮ついた「ホッケー人気」。その浮ついた人気を金に変えようとした米企業の投資ラッシュとその失敗。そしてその結果失われた昨シーズン。
これはもう競技としてのホッケーを愛しているひとの絶対数が足りていないのが根本原因で、これは一朝一夕に解決する問題ではありません。カナダ人のホッケーへの愛、アメリカ人の野球への愛。これはやはり財産だと思うのですよね。


もちろん米側でのホッケーの根強さを感じさせる事例もあります。近年少年ホッケーチームが増えているし、それよりもなんと言っても各地に広がるマイナーリーグの存在でしょう。
NHLのすぐ下の実力レベルのAHL、そのさらに下ECHL。このECHLが実はビジネス的にはくせ者で一地方マイナーリーグだったのがこの十数年で大拡張で全米にチームを持つリーグへ成長、ビジネス的にも黒字のチームがほとんどなのがポイント。NHLが赤字まみれなのに。日本人でNHLを目指しているGK福藤選手が所属するReading RoyalsもこのECHLのチーム。Reading?それどこの州にあるの?って在米が長くなった人間(=私)も思うような街でも経営が成り立つだけの観客を動員しているわけ。

実際に試合に行ってみるとわかるのですが観客の層は労働者層が多い。NHLの客層とはかなり違う。チケットの価格もぜんぜん違うし。そして試合よりも喧嘩が始まるのを楽しみに行ってる。いや誇張じゃなく。そしてお約束のように毎度喧嘩が始まる。少なくとも私が行ったマイナーの試合ではすべての試合で喧嘩がありほとんどの場合複数回発生し、どう見ても客も喧嘩のときの方が楽しそう。
実際問題ECHLレベルまで落ちるとプレーの質はかなり疑問で、NHLを見ているときのような「意図されたプレーでの得点」なんてないに等しく、三時間に渡ってパスミス(なのかどうかすら判断しがたい)の連続パックが右に左に流れていくのをビールを飲みながら眺めているようなもの。AHLはTV観戦したことしかないですがプレーぶりはやはりそれ風。喧嘩はやや少ないかな。NHLまでレベルがあがらないと長時間のプレーを純粋に観戦して楽しむのはかなりつらいものがあります。
なので営業上も喧嘩が必須なのでしょう。

別にそれが悪いとはいいませんが、そういうものを求めているひとたちは高い金を払ってNHLのチケットを買う人や、TVでわざわざNHLを三時間座って見てくれるひとたちとは違うのではないかと思うのですね。NHLの人気下支えホッケー人気、ひいてはアメリカ人のホッケー愛の熟成の助けになっているのかどうか疑問。
やっぱり愛の助けになるのは少年ホッケーの方なんでしょうね。足の長い話になりますが。


またビジネスでまずまず順調であったと言える過去のアメリカでのマイナーリーグホッケーですが、先行きは少々暗雲。
冬場のスポーツファンの行き場として他にプロスポーツのない中都市に多く配置されて成功を修めてきたマイナーリーグホッケー、シーズンのかぶる新興スポーツのアリーナフットボールの浸食を受け始めているのですね。

AFL(及びその他のマイナーアリーナフットボールリーグを含む)の昨今の伸び具合は特筆もので、私は個人的にはいまのところあまり入れ込めてませんが(NFLやNCAAという本流ではないアメフト派生のリーグならCFLが抜群におもしろいと思っている)それでもたまに見れば見たでそれなりにおもしろいのも確か。フットボールを理解している人間からすれば初見でもすんなり入っていけるものだし、点もやたらいっぱい入って賑やかだしアメリカ人向き。チアリーダーもいますね。TVコマーシャルの入れやすさもあり放送する側からして扱いやすいコンテンツでもある。なにより本家NFLが終了した時期にやっているという明瞭なニッチ戦略が当たっている。

元々ホッケー愛の希薄なアメリカ人一般のこと、アメリカで最も人気の高い観戦スポーツであるフットボール(の変形)の方に惹かれたとしてもなんの不思議もないわけです。
NHLが将来AFLにTV、観客動員のいずれでも負ける(今現在でもNHLと視聴率ではさほどひけをとっていませんし)ようになる日が来る可能性は十分あり、そうなればもうホッケーを含めた「米四大スポーツ」という呼びかたをする人は消えることになるのでしょう。
別にそれは悪いことではないし。三大スポーツの下に、mid-majorプロスポーツとしてNHL/Arena/MLSが存在するなんて状況は多様で楽しいし、フットボールの一人勝ち一極集中なんかより健全なんじゃないかなと思うんですけどね。

High School All-American

All-Americanというのは全米選出優秀選手という意味だとおもっていただければよし。
チームスポーツの多くの場合、first team, second team, third teamと表彰されるので各ポジションごとにトップ3が表彰される形。
USA Todayに高校バスケのAll-Americanの記事が特集されていたのが気になったので熟読。

先日も書いた7 feetの高校生、来季からOhio Stateでプレーする予定のGreg Odenですが、インディアナポリスの出身なんですねぇ。

一昔前ならインディアナ州内の高校のバスケってボールスター選手たちは誰でもIndiana Universityでプレーすることを夢見たものだと思うのですが、それをリクルートできないIndiana Hoosiers。大きな凋落のひとつの現れということでしょう。
先日HCだったMike Davisが自主退任してトップ交代した名門Indiana Hoosiers。外から見ているとMike Davisの退任の決定的要因がよく見えなかったんですが、実はリクルート力の低下への危機感からなのかな、という気がしました。
Odenのような地元の超有望株をバスケで強いとも歴史があるとも言い難いOhio Stateに取られてしまうっていうのはね。

Oden以外にも7 feetがもうひとりfirst teamに選出されていて。Spencer Hawes。大学はWashingtonに進学予定。Washingtonはチームとしてはいまひとつ突き抜けきれないのですが注目の選手がよく入ってきますよねえ。よほどキャンパスがいいんでしょうか?

North CarolinaはFirst teamから1名、Second teamから2名の加入が予定され、現在1年のTylor HansbroughがNBAに行かずに残留を決めたこともあり来季は相当に充実した若いラインナップになりそう。
優勝したFlorida GatorsもNoah始め核の選手が全員残留の方向を発表しておりここも連覇の狙える布陣。来季のプレシーズンランキングではこの二校プラスOhio Stateが上位に来るのはもう確定的でしょう。

All-American First Teamで唯一下級生から選出されたのがO.J. Mayo。6-5と長身のガード。まだ背も伸びる年齢なんで最終的にどれぐらいまで伸びるのかによりますが来年のリクルート合戦の注目選手になること必定。好きな選手はKobe Bryant、プレースタイルもその方向らしい。インタビュー記事の内容もdown-to-earthないい感じ。高校はオハイオ州シンシナティエリア。
少々落ち目ではあるものの地元のCincinnati Bearcatsがゲットできるのか、それともやたらここ数年でリクルートに成功しまくりの州内最大校Ohio Stateが唾付けに成功するのか。ちょっとフォローしてみたいと思います。


ところで全員インタビューで「初めてのダンクは?」という質問されているんですが、ほとんどが中一で初体験済み。中二と答えたHawesは「僕は遅くて中二」という返答。
こういう選手たちに日本人が勝てるわけないですね。

田臥以下大量辞退....か

「田臥ら8人「合宿に不満」バスケ日本代表を辞退」。この記事見ると良い悪いではなく要求の仕方とかプロ化してるなぁという感が。それに引き換えきっと協会の方はプロ的な視点ゼロで予定組んだりしているんでしょうね。どっちがいいとは言いませんが。

今年バスケの世界選手権があることはNBA選手が選ばれたりそれにIversonが呼ばれなかったりとかいう話題で知っていましたが日本でやるんだったのね。知らなかった。
くさすつもりはないですが日本人がバスケで世界で勝つのは不可能に近いですよ。田臥が出ようと出まいと。たまに日本に帰ったときにTVでやってる試合見るとびっくりします。背の高い米人2対2、日本人背の低い組3対3、の別働隊同士で試合やってるみたいに見える。あれでは日本のバスケが発展するわけがない。結局くさしてしまったか。

Bondsいまだ不発

これで今季11試合出場でホームランなし。
昨季は14試合だけ出たんですが5本打ってるんですよね。ステロイド切れかただ単に衰えか不調か。
ステロイドでの筋肉増強には賛成しかねるけれど、昨今の露骨なMLBの組織的追い落としにまったく味方もなく立ち向かうところには男気を感じるので打って欲しいとも思ってるんですよね。

NFLドラフト予習2

ドラフトまであと10日。そろそろ各チーム、ファン、新聞、賑やかになってきました。
前回も指摘した通り全体一位のReggie Bushは動かないので一位指名権を持つHouston Texansは落ち着いているのですが、様々な憶測が飛び交っているのが二位。

指名権を持つNew Orleans Saintsに明瞭な優先事項の補強スポットがないことと、三位でTennessee TitansがQBを指名することが確定的と考えられていることで、このドラフトでQBが取りたい他チームがNOと指名順を交換してTennesseeに先んじてNo.1QBを獲得しようとするのではというのが基本の憶測。
NOとドラフト順トレードを敢行する可能性のあるチームとしてはNew York JetsとOakland Raidersがもっぱら評判です。JetsのQB Chad Penningtonは大学時代から好きな選手でクレバーな選手でもありますが怪我が多いのがネック。元々スポーツマスコミを大学時代から専攻しており引退後にTV行きがはっきり見込まれる選手だけにぼろぼろになる前に選手生活に別れを告げる可能性が否定できないという事情もあり。

でもそれ以外にも狙っているチームがないとは言えないです。Arizonaあたりもきな臭い。それらのチームに先を越されそうな三位指名権のTennessee自身も座してJetsやRaidersに先を越させるほどおとなしくしているかどうか。二位と三位を交換して確実に求めるQB(それが誰になるかはまた議論のあるところですが)を取りにいくということもあり得そうで、New Orleansにとっては引く手あまたな感じで高く二位指名権が売れそうです。

逆にここまで取引の噂が高まったNew OrleansのGMあたりからすれば、チームにとっておいしい取引をまとめないと非難されかねない。または取引をせずにニーズに従ってだれかを指名するにしても相当の活躍を期待される選手になるわけで、そこまでの期待に応えるだけのインパクトのある選手が今回のドラフトいるか。

New Orleansは例のハリケーン被災後、初の市長選がいまたけなわでどの候補に市の復興を任せるのか全国的に注目を集めているところなのですが、そういう面でのイメージリーダーにも祭り上げられる可能性の高い今年のドラフト生、どの選手になりますか。


他方、一巡目下位に回ったプレーオフ進出チームですが、RB Jerome Bettisを引退で欠くことになるSuper Bowl Champions = Pittsburgh SteelersはUSCのRB LenDale Whiteに行くとの観測があります。
USCの二連覇&ニア三連覇を支えた功労者ですがドラフトエントリー宣言後はあまりろくな評判が聞こえてこず。同僚のReggie Bush, Matt Leinartが5位までに消えると目されるなか取り残された感があったのですが。確かにPittsのスタイルにはBettis的なパワーランナーの存在が必要で、LenDaleなら後継者にはもってこい。元々Steelersには別に正RBはいるので一巡目指名とはいえLenDaleに一年目から過重な期待をかける必要もない。
LenDaleにとっても実現すればいい指名だと思われます。
前回も指摘しましたがSteelersは変幻型WR/QBのAntwaan Randle Elをフリーエージェントで失っていますのでMarcus Vickを下位で指名することもありうる。
戦力が充実しているSteelersとしてはこの二人の大学スターを指名することになれば指名順が悪いのにずいぶんと華のあるドラフトということになるでしょうね。

New York Cosmosの遺産

ところで、サッカーがアメリカで三大スポーツ(=football, basketball, baseball)の領域まで行くにはよほどの社会的変化がないとありえないなあとますます思うわけですよ。極端な話、今年アメリカがW杯を制してもダメ。上向きにはもちろん寄与するでしょうが三大スポーツの領域は遠い。
なにせサッカーは観戦する側に観戦術の技量を要求する面が強いのに、それが育つ場所がないし。

というか三大スポーツ並の人気は決して出ないのだ、という前提でアメリカの国内リーグは投資/運営するのが正しいと思う。そういう意味でMLSの堅実主義の運営には賛意を感じているという話をしたいと思います。


伝説のサッカーチーム=New York Cosmosが最盛期に試合平均45,000を超える驚くべき観客動員を達成した1970年代でもCBSでの全国放送の視聴率はまったく振るわず早々に打ち切り。当時はケーブルTVの普及もなく、地上波でダメ出しされると即TVなしのじり貧局面へ。

あとから振り返ってみればもともと当時のCosmos人気というのは「アメリカでのサッカー人気」ではなかったんでしょうね。移民の多いNYの特殊現象だったと。Comosの成功をみて全米で新規参入チームが相次ぎ最大で24チームまで増えたNASL。
でも現実はCosmosの一極人気であって同じリーグ=NASLの各チームは試合あたり1万人にまったく届かない動員で当然赤字。

さらにPele、Beckenbauerと言った世界的スター選手の獲得で盛り上がっていたCosmosの成功をまねようとした意欲あるチームは札束で外国人スターの獲得に走って(例えばオランダのエースJohan CruijffがLos Angeles Aztecsへ)それがさらにチーム財政を苦しくさせ、途中で新規参入したチームなどは参入もすばやかったが撤収でも素早く次々1~2年で撤退。その後のリーグ破綻消滅へと向かってしまったわけ。
またまがいなりにも10年以上リーグが継続したのに実際にフィールド上でプレーしていたのは外国人選手ばかりで、その期間がほとんど米国の選手のレベルアップに貢献しなかった。国内リーグが移民ファン&外国人スター選手のために行われていたわけ。アメリカ人選手がいない国内リーグ。

ただ当時Cosmos、国内プロサッカーを見た子どもたちが90年代に米代表がW杯常連へと復活してきたときには主力世代となって、一応歴史としてはつながっているんですね。いわばあれはアメリカへのサッカーの啓蒙期、まさに種まきの時代であったと。すべてが無意味ではなかったわけです。

そしてその世代を主力選手として立ち上がった国内リーグであるMLSの経営というのはまさにNASLの失敗を糧に運営されているリーグということになるわけです。

・最初からきついサラリーキャップ(チーム全体で$2M=他のメジャースポーツのスター一人分ですらない)をはめて財政の破綻を防止。札束攻勢でスターを輸入することを不可能にしていると同時に赤字幅が読める経営。
・選手の分散でプレーレベルの低下を招かないようにチーム数を制限。同時期にNHLが拡張主義に走って行ったのと真っ向反対の動き。
・外国人選手の獲得でチームが競合して札束のはたき合いになり財政的体力を失うことがないようにMLSが一括して交渉・獲得、その後各チームに配分。
・外国人選手の数も制限することで米国人選手の出場機会を確保、国としてのプレーレベルアップに寄与。
・リーグ拡大に慎重。新規参入投資家の財政健全度を慎重にチェック、むやみに全国に手を広げることをしない。極端な話、向こう10年20年赤字垂れ流しになっても潰れないオーナーだけに新規参入を認めているという感じ。(実際は現状黒字のチームが半数、と言われています。)
・リーグ拡大の際に地域的に対抗意識を持てるライバルチームを作ることを優先事項とする。長いシーズンにアクセントをつけるためにはライバルチームがディビジョンの中にいることが効果的。これはMLBから学んだ点でしょうか。

などなど様々な教訓が生かされた経営となっています。今度の米代表選考でも国内組からもDempseyとかTwellmanとか純国産組で代表先発レベルの選手たちが育っている(Johnsonも海外チーム経験していないけれど、アカデミー出身のエリート養成経由だからちょっと意味合いが違うか)
現在の代表主力の海外組でもMLSでの活躍を買われて移籍していった選手多々。


他方NASLの時代にはなかったMLSの現在のコアの戦略がサッカー専用スタジアムの確保ですね。
これは行ってみればわかりますが観戦の感激の度合いがまったくちがう。フィールドに近い席の臨場感はすばらしいもので、選手たちのはぁはぁいう息づかいが本当に聞こえるんですよ。その他の席でも陸上競技場での最前列より近いものがほとんどという特上の席がスタジアムの半分近い。あれを一度体験すると何度も行きたくなります。

日本と違うのは建築基準法の違いなどもあるのでしょうが突貫工事でスタジアム建て始めると速い。鉄骨むき出しコンクリート塗装なしなどのコスト軽減は当然ですが、それにしても安く速く作る。
アメリカのスタジアムやアリーナ(どのスポーツでもいいですが)行くとすぐにわかるのは席の傾斜が日本基準よりもずっときつい。確かに災害時のことや、通常時でも安全性を重視すれば日本型の傾斜のほうがいいのでしょうが、こと観戦ということではアメリカ型の方に圧倒的に優位。あれがあるからこそ上の方の席でもけっこう楽しめる。
まあ日本のように地震国ではないアメリカならではでしょうか?
そういえば米国内でも地震どころのカリフォルニアは他のエリアよりも客席傾斜がゆるいんでしょうかね?カリフォルニアで行ったことのあるのは古いRose Bowlだけなのですが、あそこは古いせいもあって傾斜はかなり緩めに建設されていますね。
記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文