アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

今年は指名順が低い方が得な年

ドラフトが始まって最初の一時間強の間に何度もドラフトしたばかりの選手のトレードが発表される展開。つまりは自チームのドラフト選択に恋していない状況。この辺が今年のNBAドラフトの真実なんでしょうね。どうしても欲しい素材がいないという。

それぞれの選手たちは将来的に伸びる可能性はもちろんあるんだろうけれどスター候補は少なく、NBAのロースターに入ったら埋もれてしまいそうな選手ばっかりの印象なんですよね。スーパースター候補もいないとは言わないけれどまるで生の素材のままという状態。例=Tyrus Thomas。Portland Trailblazersが選択した後、Chicago Bullsへトレード。

その昔とは違って新人のフリーエージェントの期間が短いためこういう生モノの選手は開花する頃にはもうFA権利取得がもうすぐなんてことになってドラフトする意味がなくなっちゃうんですよね。特に上位指名して高いカネ払って契約するのは冒険。

本来的にはこの手の当たれば大きいという選手は一巡目中位向けなんですよ。大物候補の高校生を取るのと同じ。Kobe Bryantが13番目で指名されたようなのが指名する側からすれば理想。高過ぎるのは怖いですね。

ChicagoはTyrus Thomas取ってどうするつもりなんだろう?March Madnessで売れたから知名度や印象度は高いですから看板にはならないことはないですが、Chicago Bullsというのは強いチームを作るつもりがないのではと思わせる動きが多いですよね。
結局今年のドラフトで一番得をしたのは二位指名権を売り抜けしたNew York Knicksですね。

Ricky Williams二週目 ほぼ出番なし

CFL参戦二週目になるRicky Williamsは8キャリーで14ヤード。チームも9-16で敗戦。CFLの試合にしてはとてつもなくロースコアリングな試合。参戦前からの予想していた通りパス中心のCFLでは試合展開によってはランはまったく出番なしになるのですが、この日がその典型か。
試合後のインタビューではまずまず元気そうでしたが。でもこういう出番のない試合が何試合も続くと本人が飽きちゃうかもしれません。

CWS終了

いきなりCWSではわかりませんでしょう。College World Seriesの略です。
毎年六月は大学女子ソフトボールと大学男子野球のトーナメントが行われていますがこれの最後の八校による大詰め部分のことをCWSと称しています。
男女共バスケのトーナメントと同様に六十四校でスタート(正確には男子バスケは六十五校ですね)、地区の対戦を勝ち抜いた各校がネブラスカ州Omahaに結集して(女子は別のところ)優勝校を決める部分だけをCWSと呼ぶわけです。
トーナメントの方式は日本には馴染みのないダブルエリミネーション方式(二敗したら脱落)で、形式の中身に立ち入ると長くなるので割愛。


それで夕べ優勝シリーズの最終戦。Oregon State Beavers x North Carolina Tar Heels、1勝1敗の後を受けた第三戦。
これが熱い試合で。カレッジベースボールに興味のなかったひとと一緒に見ていたのですが最後まで楽しめた様子。やはり野球はアメリカ人にはウケがいい。
ホームスチールあり好守あり一昨日の先発エースのリリーフ投入あり昨日五イニング以上投げさせたストッパーの再投入もあり、山あり谷あり笑いありの好試合。最後は3-2でOregon Stateが初優勝を飾ったたわけです。

Oregon Stateはこの優勝シリーズの第一戦に負け、二戦目も四回まで0-5とNorth Carolinaに押され続けたのですが、そこでOregon Stateは自軍のストッパーを投入。四回途中で。この辺の監督やストッパーの気合いが通じたか一気に打線が燃えて逆転勝ち。そのストッパーは結局四回から最後まで投げきったんですがこの辺の特攻投手起用というのは短期決戦では重要ですよね。あらためて痛感。

MLBだとNY YankeesのJoe Torreがチームにカツを入れる短期決戦用投手起用が目立ちますけどあれは思考停止の監督ではできない。MLBプレーオフ見ているとそういう思考停止監督いっぱいいますよね。
ただメジャーのチームのように投手陣が厚くないカレッジでは特攻起用すると次の試合にも響いて行くだけに特攻気分はより盛り上がる。その特攻度合いも激しい。
この優勝シリーズに辿り着くまででもUNCは三戦三勝で投手ローテが楽に回っていたのに対してOregon Stateのほうは優勝シリーズ前にすでに五試合を戦っており投手たちには相当のしわ寄せが行っていた中で最後の特攻回転。最後のアウトまで試合の行方の分からない試合を連投のストッパーが阻止しての初優勝。よかったですね。



以下はカレッジベースボールの概観。
だいたいにおいてカレッジスポーツの世界というのは六大カンファレンスがどのスポーツでも強いもんなんですが、ベースボールに関してはちょっと事情が違ってBig TenとBig Eastはほぼ蚊帳の外。これは気候のせい。
大学野球のシーズンはだいたい二月から始まるのですがそれだと北の方のカンファレンスは寒すぎて実際試合できないんですよ。暖かい南の学校へ対戦に行ったりしてアウェイで開幕しても一ヶ月から一ヶ月半スタートが遅れる。そのようにして出遅れ、星の積み上げができず、at-largeで六十四校に選ばれるチャンスを失うことが多く、従って優良高校生も来ないという悪循環。

というわけで野球ではメジャーカンファレンスはACC, SEC, Big XII, Pac-10の四つ。これにRice, Cal State Fullertonというところまでが大学野球の常連強豪です。Oregon StateはPac-10所属だけれど新顔に近い。Pac-10だとUSCが伝統的に強い。
今年はACCから四校がCWSに行きました。伝統校であるFlorida Stateが出なくて四校というのは相当の厚み。

またカレッジベースボールの視聴率に強い御三家というと文句なしにTexas, Miami-FL, LSUということになっています。この三校がらみのカードは視聴率がはっきり上がるとか。
今年もTexasが全米三位シード評判高かったんですがあえなくリージョナルで敗退。LSUは六十四校にも選ばれず屈辱のシーズン。MiamiだけがまたもOmahaに辿り着きました。

NBAドラフト予想がいよいよ本番

NBAドラフトは水曜日夜。例年通り生中継。
今年のドラフトは各社の予想が割れてます。かなり派手に割れている。
とりあえずここをたたき台にして話をすすめます。

ここの予想では全体一位指名のToronto RaptorsはTexasのC LaMarcus Aldridgeを指名すると予想されています。が他社だとAndrea Bargnani(たたき台で二位 以下同)が最良の選択のように書かれたりするし、Brandon Roy(4位)、Rudy Gay(6位)あたりまで一位であるべき候補が拡散。さすがにNCAAトーナメント直後に熱に浮かされたようにTyrus Thomas(7位)を全体一位に推していたひとたちは後退したようですが、一時期でもトップ指名候補だった選手が特に事があったわけでもなく7位まで落とされてしまうというのがこのドラフトのひとつの象徴。正直だれにもはっきりとNBAで成功する選手が見えないということなんですね。


たたき台のYahooの予想でひとつ目立つのが11位にDukeのJ.J. Redickを推しているところ。カレッジではベストプレーヤーであったJ.J.ですが、NBAの選手としては欠点が多過ぎるという指摘がもっぱら。早番予想では一巡目終盤で3ポイントシューターの欲しいチームにスペシャリスト的に指名されるのがせいぜいというものだったのですが、ここへ来て各社J.J.の順位を上げている傾向。
つまりJ.J.の欠点(NBAのシューティングガードとしては背が足りない/ボールハンドリングが下手でPGもできない/ディフェンスでお荷物になる可能性/など)を考え合わせてもJ.J.以上の素材が他にこのドラフトには何人もいないという結論に収束してきているのでしょう。
ちなみにドラフト候補スター選手で少ない白人選手でもありキャラ面のプラスαが見込まれたJ.J.ですが今月飲酒運転で逮捕されてキャラ面ではちょっと落としたです。ドラフト順位にはさして影響しないでしょうがグッズ契約では機会利益逸失。

こういう地味なドラフトの年というのは時々あるものですが、それでもスターになる選手はいるもので、Detroit Pistonsが一昨年優勝したときのFinals MVPになったChauncy Billupsなんかその手じゃないですかね。
全体で三位だったかで指名されてNBA入ったのでは目立ったものの、それからしばらくはチームをたらい回しほとんど活躍もなく地味にしていたのが、ある日あるときぴったりフィットするチームにハマってFinals MVPに上り詰めた。まあ巡り合わせもあるんでしょうけどね。


それにしても例年だとNBAドラフトの時期は他にスポーツの話題が乏しいはずなんですがW杯があるだけでかなりイメージ違いますね。

NBA Finals後だし感想

すでに終わったNBA Finalの感想の付けたしを。
Finals初登場の両チームによる決勝。私がアメリカに来てから創設された比較的歴史の浅いMiami Heatはともかく、Dallas Mavericksは遠い遠い低迷の道のりを越えてFinalsに来たのがなんというか遠い目になります。

私がアメリカに来た当時も、それから長い間もMavericksはなんともならないチームそのもの。勝てないチーム、冴えないロゴ、地味な選手たち、ただひとりのスター選手は三木のり平に似てるというなんともなぜ存在しているのかが疑問になるようなチームだったのが、ついにFinalsに進出。結局敗退したものの既に過去は葬り去った感が強く時代が進んだなという感想をもちました。

それにしてもDirk Nowitzkiはタイミング悪くて本国=ドイツでは割を喰ったでしょうね。他の年ならドイツ人エースが名実共に率いるMavericksがNBA制覇に迫るFinals進出なら相当なニュースバリューがあったでしょうに、なんと本国ドイツW杯の開幕とかぶりまくり。その上代表も絶好調で勝ちまくり。巡り合わせとはこういうもんでしょうか。こうやってスーパースターになり損ねる星の下の生まれのひともいるんだろうという。

快挙負けてもマスコミに載る! + 南ア大会の枠争い俯瞰

米マスコミで代表批判が載ってますね。
これすごい進歩ですよ。いままでだったら勝ったらやっと記事になる、負ければスルーに近い事実を伝える小記事だけで終了だったのが、批判記事まで書いてもらえるなんて。
批判の内容と意見はまた別項でまとめます。


地区ごとの枠争いの話を先に。
北米ゾーンCONCACAFから参加の四チームのグループリーグでの成績トータルは1勝9敗3分で終了。期待されたアメリカが1勝もあげられず脱落、コスタリカが全敗。グループ分けでシードまでされたメキシコにしても1-1-1で大きくポルトガルに遅れをとっての二位通過。
予想以上の成績と言えるのはCONCACAF四位で参加したトリニダード&トバゴのスウェーデン戦での引き分けと英国戦での頑張りぐらいで、それにしたって予想が極端に低かったせい。
メキシコのトーナメント初戦アルゼンチン戦健闘したが敗退。FW Jared Borgettiが戻ってくると空中戦ががぜん迫力を増すわけですが、アルゼンチンのようにバックスにも好選手が揃っているとなかなか。昨年のコンフェデレーション杯の快進撃の再現が見たいところでしたが。
これで北米ゾーンの四年後南ア大会での枠取りで現状の3.5からの増枠は望めないしどちらかというと減る心配をせねばなるまい。

ただ将来の枠争いという視点で見ると、0.5枠プレーオフ争ったアジアもつらい。試合に勝ったのは韓国だけの1勝7敗4分で北米ゾーンをわずかに上回るものの韓国もグループリーグ突破に失敗したため全チーム一回戦敗退。
次期予選はオーストラリア込みにして今回と同じ4.5を確保できれば御の字か。これだと実質今回より0.5枠減。(今回はアジア4.5オセアニア0.5の計5枠だったから)

一方アフリカからはガーナが激戦区E組を突破したほか、象牙海岸が最終戦で勝ち星あげるなど一回戦終了時点で3勝9敗4分。ガーナの初戦はブラジル。ここも行き止まりの可能性が高いですが。次期大会では南アに主催者枠が行くからみで、成績が悪ければ今回の五枠から主催国枠込みで五カ国になる可能性が囁かれていたのを押し返す勢い。初のアフリカ大陸での大会を盛り上げるためにも五枠確定か。

南アメリカはブラジル、アルゼンチンに続く第三の国エクアドルの活躍ですよね。イングランドを打ち落とせれば今回の4.5から5への増枠が望め、ないかな。エクアドル完敗。
記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文