アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

イスラエルが東京五輪の野球に登場決定

昨日MLB Networkでやっていたので知ったのですが、来年の東京五輪の野球競技にイスラエルが予選を突破、出場を確定しています。東京五輪の枠はわずか6カ国。ホスト国の日本以外には5枠しかないそのひとつをイスラエルが獲得というのはなかなかおもしろいかなと思います。欧州アフリカ予選の総当たり戦でオランダと4勝1敗で並びながら、タイブレーカー(得失点差か直接対決の結果かどちらかわかりません、いずれもイスラエルの優位)でイスラエルが五輪当選。オランダは来年の最終予選に回ってます。

なんでも今回の予選でのイスラエル代表のうち、イスラエル生まれのネイティブの選手は4人だけ、あとは米国生まれの重国籍者。この予選に合わせてイスラエル国籍取得手続きをした米国生まれの選手もいたとか。
早い段階で五輪出場が確定したことで今回は出場していないイスラエル国籍を持つ(または持つことのできる)選手や元選手から五輪出場の意思表明をする選手がすでに出ていたりもするようです。

6枠っていうと日本・イスラエル以外が強い方から例えばアメリカ韓国キューバドミニカ共和国ぐらいで足切りになっちゃいますよね。オーストラリアメキシコオランダ台湾カナダプエルトリコ辺りはみなはみ出す勘定です。
MLB Networkではさらに、五輪における野球競技は当面東京のみ競技開催の特殊な立場、次のパリ大会ではブレイクダンスに取って代わられることも「冗談じゃなくてそうなんすよ」とFOXのレポーターで蝶ネクタイでお馴染みのKen Rosenthalさんが説明を加えてました。この辺を新たに情報提供しなくてはいけないところが五輪の動向にまるで関心のないアメリカならではでもあるでしょう。


以前にアイスホッケーNHLのNHL Networkについて書いたときにも思いましたが、ネット時代になってTVというメディア、特に情報番組の立ち位置が変わる中、MLB Networkもそうですがこういう特化型のTVチャンネルは情報発信で意味があるなあとつくづく。こういうメインストリームの意識から漏れ落ちてしまうような話題を、今回ならMLBファンに意識させる話題を提供できるのは総合スポーツサイトや総合スポーツニュース番組だとやりにくいんですよね。独自チャンネルを既に持っているのは大きいなと思います。かと言って後発のスポーツが独自の局・チャンネルを創設できるかというとこれはまた難題で、先に専門局を持ってるNFL/MLB/NBA/NHLはTV視聴という習慣が廃る前に自前チャンネルを確立できたのは大きかったんだろうなとも思います。

4年連続ハイズマン賞QB輩出へGo!

カレッジフットボールHoutstonの主戦QB D'Eriq Kingがシーズン途中でレッドシャツ扱いとなって次週から出場しないようです。例の1シーズン最大4試合まで出場してもそのシーズンをレッドシャツ換算できるというルールを利用。HoustonもKing個人も期待されたシーズンだったのですが期待を大きく裏切る1勝3敗スタートとなったことで最上級生のKingはカレッジキャリア最終年のやり直しを選択、来季が彼の勝負になるようです。

D'Eriq KingはDual-threat QB。先週木曜日の@Tulane戦で15試合連続で「パスTDとランTDの両方」を記録。これがそれまでの記録だったTim Tebowの14試合連続を抜いての新記録になっています。その新記録を達成して、それが今季最後の試合ということに。
ちなみにこの試合前半は見ていました。試合開始最初HoustonのオフェンスプレーがいきなりロングTDパスとなって、僅かワンプレーで「パスTDとランTDの両方」の達成というこの試合のテーマの半分がもう達成という度肝を抜くスタート。なぜ後半を見ていなかったかというとHoustonが楽勝モードで点差がついていたからです。が、実際はTulaneが粘って大逆転勝利。Houstonが1勝3敗と残念なシーズン序盤となって、結果的にはこの逆転負けの試合を最後にKingは今季もうプレーしないと。またKingの同僚であるHoustonのWR Kieth Corbinも同じタイミングでレッドシャツを選択すると発表してます。
King陣営の話として来季Houstonで5th year seniorとして帰還するようなニュアンスの報道が最初にあったのですが、ちゃんと陣営のコメントを読むとどうもそうではないのではないか、と思えます。戻る可能性もある、という程度のコメントだと思います。


いまのカレッジフットボールの仕組みではマイナーカンファレンス所属の学校は全勝してもプレーオフに残れる可能性は現実的にはありません。UCF Knightsが全勝で突っ走った2017年シーズンでその道は完全に人為的に閉ざされていることは実証済みです。全勝であったUCFに対してプレーオフ選抜校を決めるプレーオフ選抜委員会は最高で12位までしか順位をあげず、絶対にプレーオフに届くことも、マスコミやファンに「○○よりUCFの方が」的な議論のかけらを提供することすらありませんでした。2017年の最終週でいうとUCFは全勝でしたが、メジャーカンファレンス所属の2敗以下の学校はすべてUCFの上、3敗の学校(Auburn)すらUCFの上とランクされていました。
つまりマイナー校が全勝でも抜けるのはメジャー校が3敗したときだけ。そしてそれも絶対ではない。メジャー校はシーズンの大半をカンファレンス内で星を分け合うのですから2敗校が4校以下になるなんてことはありえず、もう絶対に無理だと、委員会がそう満天下に宣言しているのです。アキラメロ、と。

これはカレッジフットボールに対する冒涜に私には思えるのですが、冒涜かどうかは意見が分かれるでしょうからそれはともかく、現行システム下ではマイナー校はなにをしてもシーズン全体には一切関係ないということだけはもうはっきりしています。これですっかり私はBoise StateだのUCFだのの試合を見る気が減退してしまいました。カレッジフットボールのさまざまな楽しみの一つが大きく損なわれたと思っています。

そういう環境下でD'Eriq Kingが来季本当にマイナー校のHoustonに戻ってくるのでしょうか?私にはとてもそうは思えないんですが。

そこで表題の件。Oklahoma Soonersは今季Alabamaから転校してきたJalen Hurtsを先発QBに起用して好スタートを切っています。Soonersは昨年はKyler Murray、一昨年はBaker Mayfieldと連続してハイズマン賞QBを輩出。そして二人ともNFLドラフトで全体1位指名でプロ入りしてます。MurrayはMLBドラフトでも全体9位で指名されてます。
その二人に続いてHurtsもハイズマン賞を狙える位置でのスタート。Alabama時代のイメージをはるかに超えるパス能力を発揮しています。3年連続でのOklahoma QBのハイズマン賞受賞があるかどうかはわかりませんが期待はできます。

D'Eriq KingはOklahomaに行くんじゃないでしょうか。Oklahomaじゃないかもしれませんが、Hurtsがすっぽりハマったように強豪校に行くのでは。HurtsはAlabamaで先発QBの座は失いましたがAlabamaを二度の全米優勝戦登場へ導いた実績十分での移籍。D'Eriq Kingもそのカレッジでの実績はすでに十分。どこの強豪校でも先発QB争いに食い込める実績の持ち主でしょう。そういう行き先を選べる実力のあるQBがHoustonに戻ってくるとは考えられないです。OklahomaならHurtsは1年こっきりでいなくなるのも既に確定しておりKingが行くと言えばOklahomaも受け入れる可能性はあるのでは。

ラグビー米代表の初戦の相手イングランド代表の試合を観る

ラグビーW杯のC組の初戦 イングランド対トンガ戦を見ました。イングランドは次戦で米代表と対戦予定。それにかこつけて少し書いてみます。最終スコアは35-3でイングランドの勝利、終盤のトライでボーナスポイントもゲットして結果だけならイングランドは満足な試合となってます。ただしイングランド代表監督のEddie Jonesさんはきっとめちゃくちゃ怒っているであろうと想像できる内容。こんなにミスしてくれるなら米代表にもチャンスあるぞという感じの試合になってます。

トンガも最後まで諦めずに奮戦していたからこそのイングランドのミスの頻発ではありますが、それにしてもという感じのノックオンなどハンドリングエラーを連発。外に一枚余ってこれは左隅に華麗なトライ‥と思われたのが完全なパスミスで逃すとか、ファン・コーチ陣が頭を抱えるようなタイミングでのミスが多かったです。
相手との接点ではスクラムでトンガになにもさせず、ラックではたぶん4度ほどラック内で相手ボールを奪ってくるなど強さを見せたんですけど、それだけボールを得ても試合の最後までボーナスポイントを目指して走り周らなくてはいけない試合というのはそれだけでイングランド的には不本意な試合のはずです。中三日での次戦米国戦に影響が出るのか出ないのか。

この試合を観る前の段階では私個人ではイングランド代表は今年春の6 Nationsでの印象が強くトンガや米代表との力の差はかなりあると思っていました。それがあまりフィットネスで良さそうにも見えないトンガにこれだけ苦戦する。フィットネス・コンディションでは米代表の方がトンガよりは良いはずで、試合間隔が詰まっているイングランドに、初戦となるベストコンディションに合わせてきているであろう米代表が今日の試合を見て「これならイケるかも」と気合満点で向かっていったら事前の予想よりずっと好試合になるのではと期待が湧いてきました。
イングランドの方も今日のミスは修正可能なタイプのミスですから今日ほど不細工な試合はしないと気合は入れ直してくるでしょうが。

トンガが最後まで頑張り切れたのは満員の会場のおかげかなあとも思って見ていました。点差は開いて行くし得点できそうな場面は少ない中あきらめずに追従。試合終了時間切れ前になんとか一矢を報いようという気迫にも好感。判官びいきの日本の観客の声援が彼らを支えた面はあるように思えます。

3TD差のスプレッド未達になったのはNew Englandの方

ベガスのスポーツ賭博で事前に大量得点差をつけてNew England PatriotsとDallas Cowboysが圧勝すると予想されていた今週のNFL。
蓋を開けるとDallas Cowboysが序盤からMiami Dolphinsの意地の抵抗にあって苦戦。New Englandの方は楽々得点を重ねてハーフタイムで20-0。しかしながら結果的に3TD差以上の賭けのハンデをカバーできたのはCowboysの方でした。Cowboys 31-6 Dolphins、Patriots 30-14 New York Jets。

最終スコアだけ見るとJetsの方が抵抗したように見えますが実態はそうではないです。あきらかにDolphinsの方が良かった。Jetsの得点は第3Q終盤にPatriotsがパントレシーブ処理に失敗してそのままTD献上、そして第4QにPatriotsのバックアップQBがPick 6を投げて失点。Patriotsは今季3試合目にして初の被TDとなったのですが、上記の通りでデイフェンスはいまだ無被TDのままで3週目を終えてます。
Patriotsは先週大量リードにもかかわらず先発オフェンス陣を最後まで出場させて加点、周りになぜいつまでもBradyに投げさせるんだろうといぶかられました。今週は先週の反省なのかなんなのかBradyは23点差の段階で引っ込んでます。23点差だとスポーツ賭博でPatriotsに賭けた人はギリギリ負けになる点差(賭けの胴元にもよります)だったのですがあっさりBradyを引っ込めて賭けた人たちを失望させています(想像)。この日は前半に主戦WRのJulian Edlemanが負傷退場していてそれもBradyの交代という判断に影響したかもしれません。Edelmanは重傷には見えませんでしたが試合はすでに楽勝モードに入りつつあった時点だったのでムリをする理由はありません。
Patriotsとしてはオフェンス・ディフェンスとも完璧の今季ここまで。パントレシーブ失敗はときの運というか。問題があるとすればこの日の最初のTDでPAT失敗。K Stephen Gostkowskiの失敗が今季嵩んでます。長年Patriotsに貢献してきたGostkowskiですが今季はちょっとまずそう。まだ接戦の試合がないので目立ちませんがHC Bill Belichickは場合によってはシーズン中に冷徹な判断をくださないといけなくなるかもしれません。いや、まあキッカーは大きな試合、重要な場面での心臓が勝負なのでベテランはそう簡単に変えられないか。

ベテランキッカーとしてはIndianapolis ColtsのAdam Vinatieriも今季序盤外しまくり。今日も枠に当ててからくも入るキックを披露。Vinatieri、Gostkowskiと二代に渡ってプレイスキックでPatriotsの王朝時代を下支えした両者が時を同じくしてキャリア最終局面に入ったという感じになってます。彼らのキャリア途中でルール変更でPATの距離が変わったのは大きな環境変化ですから、昔の距離のままならいまほど衰えが目立たなかったのかもしれませんけど。

改めて評価してみるとPATのルール変更は良いルール変更でした。あのPATの1点がほぼ自動に入った時代とは違う要素を試合に持ち込みました。今週の他の試合では、最大の注目の一戦だったBatimore Ravens@Kansas City Chiefs戦でこんな場面がありました。
Baltimoreが先制TDを決めたのちのPATで、キックを当初企図したのですが反則で罰退を食うとBaltimoreは2点プレーに切り替え、失敗となってます。たかだか1点を獲るのに38ヤード(反則前なら33ヤード)なんて距離から蹴っていられないという判断で2点プレーを選択する羽目になったわけですね。

Antonio BrownがNFLではプレーしないと宣言

宣言する以前の問題としてどこが雇うのかというのがあったかと思いますがまあ良いでしょう。Antonio Brownが自己のTwitterアカウントでもうNFLでプレーしないと宣言するとともに「these owners can cancel deals do whatever they want at anytime」とカネが入ってきていないことにご立腹の様子です。この文で一番気になるところはThese ownersと複数形になっているところですね。11日間でBrownを解雇したNew England Patriotsがサイニングボーナスの支払日の前だったのでまだその$9 Millionを払っていないのであろうことは想像されていたことですが、それ以前に解雇されているOakland Raidersも支払いを見合わせている可能性が指摘できます。最終的にはその大半は払うことになるような気がしますが、しかしタイミングによってはBrownを訴えている女性たちがそのカネを仮差押したりすることも考えられますからBrownにとってはけっこう痛そうです。


他方、Brownは現役引退とは言ってません。NFLではプレーしないとだけ言ってますから、これはもうもちろんXFL行きですね。多少のトラブルメイカーでもXFLからすれば話題性があってXFLの存在の宣伝になればそれは宣伝料と考えればいいことですから。

ラクロスPLL初年度優勝戦 シーズン終了

男子プロラクロスの新リーグPremier Lacrosse Leagueのプレーオフ決勝戦が土曜日に行われました。地上波NBCがカレッジフットボールの裏番組として生放映しています。試合は前半一方的一時点で9-2だったのをRedwoodsが追い上げ終盤同点になり延長戦の末第2シードのWhipsnakes LC (Lacrosse Club)が第4シードRedwoods LCを12-11で破ってリーグ初年度の優勝チームとなっています。

今年3月にPLLについては少し紹介しました。ツアー型の新プロラクロスリーグとして、既存の野外プロラクロスリーグのMLLの選手を大量に引き抜き。シーズンもMLLと丸かぶり。創設19年目のMLLに新設PLLが挑戦したシーズンということになります。PLLとともにMLLについても以下簡単に状況説明してみたいと思います。

まず老舗のMLLですが、昨季から3チームがリーグ戦から離脱して6チームでの今季となっています。離脱したのはOhio Machine、Charlotte Hounds、Florida Lauch。いずれもMLLとしては歴史の浅い新しめのチームです。残った6チームのうち老舗は4チーム=Boston Cannons、Denver Outlaws、Chesapeake Bayhawks、New York Lizards。あとの2チームは創設4年目のAtlanta Blazeと2年目のDallas Rattlers(移転前のRochester時代を含めれば17年目)。9チームと地盤を拡張したに見えたMLLがまた以前の6チームに戻ってしまった。

PLLがMLLに挑戦してみようと思ったであろうきっかけは、MLLの将来の発展メジャー化の展望が見えないことがなにより大きかったと思います。MLLができて20年にもなろうというのにいまだマイナー。時期も遠くない時期にスタートしたサッカーMLSは準メジャーの位置までその存在感をアップしているのにMLLは遠く引き離された。MLLが新チームを各地で立ち上げて地盤を広げようと地道に努力しているのは過去にも当ブログで何度か紹介していますが、地道過ぎてマイナー臭はかなり強かった。
そこを打ち破ろうということで登場したPLLは観客のユーザーエクスペリエンスの向上のために今季のほとんどの試合をサッカーMLSの比較的新しいスタジアムで開催。開幕戦は打ち上げ花火効果ということもあるのでしょう、NFLスタジアムの大箱を使ってみたりもしています。全10週のレギュラーシーズンを毎週末3試合(土曜日2試合日曜日1試合)を6チームで行い転戦、その後4チームによる3週間のプレーオフという形をとりました。動員は週末2日間の合計で10,000から13,000人程度と発表されていますから各日は5,000-6,000人程度。主催者としてはもっと入って欲しかったところでしょう。MLSスタジアムは小ぶりとはいえ1.5-2万人前後は入る。そこにその人数だとどうしても閑散とせざるをえない。今日の決勝戦はMLS Philadelphia Unionのホームでの開催だったのですが観客を入れていたのはスタジアムの片側だけ。
MLSスタジアムの賃料は(どのぐらいか存じません)この動員数でもなんとかまかなえたかもしれませんが、開幕戦の大箱のNFLスタジアム(PatriotsのGillette Stadium)の賃料はとてもペイできていないと考えて良い。選手の引き抜きでサラリーもかなり張り込んだのもあり、興行収入だけでは今季はかなりの赤字であろうと想像できます。

PLLにとって救いは後ろ盾であるNBCからはPLLの初年度に肯定的な評価をもらっているらしいことです。このリンク先の記事が事実だとすれば来季もPLLはNBCの後見を得て放送も継続するであろうし、資金的にも命脈を保てるはずです。
ただ過去にNBCはXFLとも似たような状況になってXFLの2シーズン目の開催を目論見ながら実際は1年でXFLはその活動を停止したという事例もありますので、実際に来季が来るまで楽観視はできないですが。
命脈は保ったとして来季も同じツアー型で今季以上の動員を目指せるか。成功のためには目指さざるを得ないんですけどどうなるかは予断を許さないところです。

以前から何度か説明していますがNBC系列にとって最も高額な放映権料を払っているスポーツイベントは五輪です。高額の五輪放映権料の元をとるためには五輪競技に人気イベントをいま以上に作っていく必要があり、そのためNBC系列は非五輪年にも五輪スポーツを後援するように放送をすることが多いです。2028年のロス五輪にラクロスが競技採用される可能性がいまも残っており、その部分を念頭においてNBCはプロラクロスリーグを庇護下おいておきたいという意図があるかにも見えます。
記事検索
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文