アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

カレッジバスケのシーズン Chempions Classicの名門校が揃って上位

冬も近づくこの時期、カレッジバスケの方もシーズン開幕間近です。今オフはリクルート生への利益供与問題が大きな汚点となっており今後の展開にも目が離せませんが、センセーショナルにFBIがこの問題を打ち上げ逮捕者が数名・LouisvilleのHC Rick Pitinoが実質解雇後は各校とも口をつぐんで嵐が過ぎるのを待っているような感じです。先日メディア対応の日にKentuckyの記者会見で、記者がこの問題を質問すると、Kentucky HCのJohn Calipariがそれを遮って「ウチのバスケットボールチームについての質問はないのかな?」と対応。それに追い討ちをかけて記者が「今日はメディアデーですから我々は自由に質問できるはずですが?それにあなた(Calipari)が答えるかどうかはあなたの自由ですけれど質問を遮るのはおかしくないですか?」なんて言っていて、いやーいきなり盛り上がってるなあと。

たぶんKentuckyやDukeのようなカレッジバスケ界で超名門、高校バスケのスターの誰しもが行きたがる学校は利益供与の必要性はさほど高くなく、どっちかっていうと怪しいのはその少し下のLouisvilleもそうですが、例えばHCを急に解任したOhio Stateとか、Baylorとかその辺の方が臭い可能性を感じます。単なる勘です。


さてそのKentuckyを含むカレッジバスケの名門校が発表されたプレシーズンランキングの上位を占めてます。毎年シーズンの序盤にChampions Classicと銘打ってKentucky、Duke、Michigan State、Kansasの四校が3年サイクルの総当たりで全米の大会場でビッグマッチを開催します。その四校がプレシーズンの5位以内に全部入っています。例年、一校二校評判で遅れを取るところが出るものですが今年は揃って期待のシーズンということになってます。組合せはNo. 1 Duke x No. 2 Michigan State、No. 4 Kansas x No. 5 Kentuckyというダブルヘッダー。毎年Champions Classicを見るといよいよシーズンだなという感じがします。ちなみにこの四校に割って入ってAP No. 3の位置を占めたのは西のバス有力校Arizona Wildcatsでした。

NBA序盤の実験モード?

例年ですとMLBの終了と入れ替わりで始めるNBA。今季は既に各チームが7~9試合を消化済み。

そしてその序盤戦に妙なトレンドが発生しています。昨季のチャンピオンであるGolden Stateがここまで5勝3敗。三年連続WarriorsとFinalsを争ったCleveland Cavaliersが3勝5敗。西でWarriorsの連覇の壁になるはずのSan Antonio SpursとOklahoma City Thunderが4勝3敗。Spursは開幕から4連勝で、同チームにとって史上初の開幕5連勝を目指していた(長年強豪であるSpursが開幕5連勝をしたことがなかったことが驚きですが)試合で惨敗して以来3連敗。今年の優勝候補ではBoston Celticsが6勝2敗で東の1位タイ、Houston Rocketsが6勝3敗で西の2位なのがまずまずですが、他はなんだか知らないけど序盤からモタモタしてんなーという展開になってます。

長いシーズン。そしてプレーオフに入って本気モードでギアを入れ換えてくれば結局強いところが勝ち抜くんじゃないか、とは思うもののなんだか変な序盤です。

ClevelandはKyrie Irvingが抜けた後の先発が定まらず実験状態。Kyrieの代わりに獲ったIsaiah Thomasがプレーできるようになるのが年明け頃とされまだフルメンバーではない。そうこうあるのでこんなものなのかもしれませんが、それよりも冴えないのはWarriorsの方ですね。昨年の優勝チームのメンバーがほとんど全員揃っていて早くも3敗。これ、エースStephen Curryが一試合出場停止を免れた(マウスピースを審判に投げつけ)のも含めて5勝3敗は過去のシーズンと比較して明らかなスロースタート。人気者のCurryだからあんなことをしても出場停止を受けなかった、と非難されてます。Darymond Greenも早々に退場試合あり。強さは証明済みのメンバーでのシーズン。大本命として誰もが推すWarriorsですが、さすがにちょっとたるみ過ぎではないかという気もします。

そういう状況での本日のWarriors@Spurs戦。なんというかここまでの戦績通りの冴えない試合でした。Kawhi Leonard欠場中のSpursはエースがいないなりに奮戦して前半リードを奪う。Warriors Kevin Durantが序盤まったくシュートが入らず。後半はWarriorsが普通に戦って普通に逆転して…というようななんともこう…緊張感のない試合でがっかりでした。

まあNBAに限らず、プレーオフの時期に向けて調子を合わせるべく調整するのがレギュラーシーズン、というような戦い方をするチームが出てくるのは仕方ないですが、以前はこれほどひどくなかったろう、と思うんですけどね。気のせいですか?

2014年6月のSI誌の予言

その予言の当たりっぷりが今評判のSports Illustrated誌の記事の話です。2014年6月発行のSI誌の特集記事で昨日チーム史上初のWorld Seriesを勝ったHouston Astrosを当時評して「2017年のWorld Series Championsです」と紹介したもの。そしてその表紙写真がWorld Series MVPを獲ったGeorge Springerのものだったとか(SI誌は複数の表紙を同じ号に作成することも多いので他のメンバーのものもあるかも)。その号の発行当時はSpringerはメジャーデビュー二ヶ月の新人選手。あまりにもできすぎだ、と評判になってます。

アメスポの6月というと、バスケNBA、ホッケーNHLがそれぞれプレーオフを終えてメジャースポーツは野球だけになる時期。Indy500も五月末に終わって、他に特筆すべきスポーツイベントのない週の発行分を売るために企画されたちょっとしたネタ記事・煽り記事だったのであろうと思われます。2014年のAstrosは、2011年から2013年の三年連続100敗のどん底から少々進歩して70勝92敗 勝率.432となったシーズンです。そのシーズン序盤の6月に、2017年の優勝はここだ!という記事はまあ誰も本気にしなかった、奇をてらった記事であったことでしょう。それがまさかの予言大正解につながっていくとは、このときは知るよしもなかった、ということになります。

ちなみに今年のプレーオフが始まった時点でのSI誌の優勝予測はLos Angeles Dodgersだったそうなので、SI誌の編集部も2014年の予言を覚えていなかったというオチでもあるそうです。

Darvish 二連続で2イニングもたずで終戦

日本期待のYu Darvish投手、第3戦に続いて二度まで2イニングもたずにKO、5失点。私は第3戦のDarvishノックアウトの部分を見ていないので今日だけの感想ですが、球種がバレている感じではないでしょうか。多投するスライダーをことごとくファールされてたまに投げる速球がドンピシャのタイミングって…という感想ですが、皆さんはいかがご覧になったでしょうか。

Houston Astrosの救援陣が脆いのはWorld Seriesでもその前のALCSでもはっきりしていたので序盤の5点差はまだ返せる範囲内と思って見ていましたが、Dodgersはチャンスを逃し続けて差を詰められませんでしたね。弱体救援陣をやりくりしたAstrosのA.J. Hinch監督の手腕を褒めるべきなのかもしれません。これで今ポストシーズンでロングリリーフが最後まで投げきっての勝利3勝目かな?いまのメジャーは契約で縛られて誰がクローザーで誰が8回でとうるさいことになっている構成のチームがままあり、それ故良きにつけ悪きにつけほぼ固定の救援パターンが常識なところ、救援陣の脆さを逆手に先発投手をロングリリーフに投入、その日調子が良いと見たらその投手に賭ける起用が当たったことになります。

一方、MLB最高額のチームサラリーを誇るLos Angeles Dodgersは救援陣の物量があるという確信の下に小刻みの救援が多いシリーズでした。事前には救援陣ではDodgersが圧倒的にAstrosより上とされましたが、結果から見るとそこまでの差をつけられなかったということになりましたね。


あの100敗連発のめちゃめちゃ弱かったHouston Astrosがこんな勝ち方をして堂々のMLB初制覇に届くとは。数年前にKansas City Royalsが勝ったときもスモールマーケットで長年低予算で喘いだRoyalsの優勝でその育成方針が評価されたものですが、今回のAstrosもまた同様の育成の勝利であります。MLBが前コミッショナーBud Selig時代に敷いた贅沢税制がこのように育成型のチームにチャンスを与えていることは素晴らしいことかと思います。その上Astros打線は若いし。

スライダーが曲がらないボール?

ところでWorld SeriesのHoustonでの三連戦の途中から一部の投手からボールが滑るというクレームが出るようになっているのは日本では伝えられているんでしょうか。曰くボールの滑りのせいで変化球のキレが落ち、よって痛打されているというクレームです。第3戦のDodgers先発のDarvishがスライダーでまったく空振りを取れなかったのはそのせいだという分析がある…などとスポーツトークショーでは言っていたんですけど本当でしょうか。確かにあまりにも皆打たれまくっていたのでなんかあるんじゃないか、と疑りたくなるのはわかるような気がします。スタットキャストでボールの回転数もデータで出るんでしたっけ。

第7戦への序曲のような試合

あっさり風味のWorld Series第6戦。試合終了は11:40PM頃。3-1で割とあっさりした試合のはずですがそれでもやはり3時間20分はかかってしまうのは仕方ないか。明日第7戦は決着が長くなっても見ると思いますけど。

日本期待のDarvish投手が第3戦のノックアウトを忘れさせる登板ができるかどうかですね。Astrosはこのポストシーズン、アウェイで打てない試合が多いですね。

記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文