アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

Michigan Stateが全員隔離措置へ

Big Ten所属のMichigan Stateのフットボール部員全員が2週間の隔離措置となったようです。いま7月末。ここから2週間というと8月上旬に隔離措置が終了することになります。Michigan Stateの所属するBig Tenは既にnon-conference戦の全面キャンセルを発表済、その後のスケジュールは未定となっているためMichigan Stateの今季初戦の予定もまだわかりませんが、ぼつぼつ危険な状況が発生してきたことになりそうです。

2週間の隔離措置が成功すれば9月上旬からのフットボールには十分間に合うタイミングですが、なにせ年齢が子供にほど近いカレッジアスリート。体力も余っていて、まだ学校の授業も始まっていないわけで、このタイミングで隔離となったら暇で暇で必ずなにかしでかすんじゃないんでしょうか。おとなしく全員が2週間閉じこもってるとはとても想像しにくいです。
症状が悪化した選手が出れば危機感もあるかもしれませんが、この年齢層だと症状が極軽いまたは無症状の場合も多く、どうなるか予断を許さないように思われます。

ついでに指摘しておくとミシガン州は大麻の娯楽使用が合法化されているため、暇を持て余した選手から使用者が出る可能性なんてのも心配しておく必要もあるのでしょう。

この手の問題が同校だけにとどまると考えるのはなかなか難しい。同様のケースはこれからも増えると想像した方がよく、そこへさらに一般学生も大挙キャンパスに戻ってくる時期になったら収拾がつかない事態も想定すべきでしょう。

いよいよMLB再開

やーやっとですね。始まってます。今、雨天でYankees@Nationalsが止まってますけど。やっとだなあという感慨があります。試合開始早々のStantonの今季初の一撃、くぅーという感じです。打つべき人が打つこの感じ。

試合前、国歌演奏前に、両軍全員で膝つき行動をやってました。国歌と膝つき行動の分離、これは良いのではないでしょうか。また連帯を示す目的でしょう、黒い布を全員で掴んでという演出付き。これは新手です。他のメジャースポーツに先行してこの問題に取り組むことになったMLB、うまい落とし所を示したかもしれません。

Seattleの新チーム名が発表

NHLのSeattleの新チームの名称およびチームカラー・ロゴがこのタイミングで発表になってます。Seattle Krakenという名称になりました。Krakenというのは伝説上の大蛸です。このチーム名選びについては以前にも当ブログで触れてます。当時からKrakenが一番オリジナル性があって良いかなと思っていたのでまあ良かったのではないでしょうか。水産物の水揚げ都市でもあるSeattleとの関連性もあるし。チームカラーも微妙な色合いの水色と紺色。いろいろ独自な路線で良いかなと個人的には思います。

タイミングは若干意外か。この時期にしたということは来週から再開するNHLのシーズンのTV放送でNHLファンに知らせておこうということなのでしょうね。


Seattle KrakenのホームアリーナとなるClimate Pledge Arenaについても先日書きました。Seattleの地元企業であるAmazonがネーミングライツを得て命名した新アリーナです。その発表当時に記事を書いた際には地味かなと感想を書いたわけです。
が、その後Amazonが派手にClimate PledgeのキャンペーンTV宣伝を打っているのを何度か目撃して、実は地味じゃないことになっていくのか?と思い直しつつあります。そのCMで言っていたのは2030年まで(だったかな)にAmazon全社トータルでCO2排出をプラマイゼロ化するというものでした。これはかなり意欲的な話でしょう。

Amazon全社というのは巨大な組織です。通販最大手のAmazonのスマイルマークの大小のトラックを見かけない日はないぐらい走ってます。Climate Pledge Arenaも同じ方向性でアリーナの運営をCO2排出ゼロで運営するという新機軸の施設で、それだけだったらかなり地味な話だったはずですが、Amazon全社も同じ方向を目指していく、その先行看板施設として同アリーナがあるとしたらこれは意外と大きな話なのかなというふうに思い直したわけです。

アメリカは巨大な自動車産業の裾野を持つことから既存のガソリンエンジンからの脱却への動きが鈍い。これは日本も似たようなものかと思われるので日本の方にも感じは理解いただけるかと思います。またアメリカは自身が産油国でもある。欧州やインドなどはさっさと化石燃料自動車の廃止目標年限を宣言してしまっているのとかなりの温度差があります。
そういうアメリカで2030年までのAmazon全社のCO2ゼロ化というのは大変に意欲的、突出した取り組みと言えるでしょう。CO2はガソリンエンジンだけの話じゃあないですが、Amazonのビジネス形態からしてその部分も当然猛烈に大きいはずです。

そんな目標はどの部分を計算に入れるのか次第で数字のマジックはかけられるものとは言え、大上段に振りかぶって見せたわけですからこれからClimate Pledgeを合言葉にAmazonが様々なキャンペーンを打ってくるのは確実と考えて良い。どんな大掛かりなイノベーションを導入してくるのか楽しみとは言えます。その流れを考えるとその先兵となるのであろうClimate Pledge Arenaの稼働状況についても報道が増えたり、NHLの放送内でも情報が流れたりといろんなことが起こるのかもしれません。

NHLの新チーム、いろいろと毛色の違う、21世紀にふさわしいスポーツチームのモデルになっていくのかもしれません。

Bowlはどうなるのか

カレッジフットボールを春シーズンに移行するという案の現実味が増してきている現在。それに関連してスポーツマスコミがまるで書いていないので気になっている件があります。12月のボウルシーズンをどうするつもりなのかという件です。

通常のカレッジフットボールシーズンではほぼFBSの半数の学校がボウルに出場します。一応足切りはあって勝率5割以上が目安になりますが、予定されるボウルの出場枠に勝ち越し校が足りないと適宜特例を設けて出場校を確保したりします。ボウルというのは一部の高額賞金ボウルやプレーオフの準決勝を兼ねる試合以外はただの花試合的なものなので、固いことを言わずに適当に出場させて、上級生の思い出に、選手家族がホリデーシーズンのバケーション旅行を兼ねて遠征地に行ってのんびり応援。NCAA側から見ればボウルのスポンサー企業のニーズにこたえてあげるといった感じの、ゆるいものです。
2020年シーズンのボウル出場基準も既に緩和が発表されています。

緩和はともかく、もし秋シーズンがない場合のボウルシーズンはどうなるのかという方が私は気になります。シーズン自体が春に動くとボウルも一緒に動くのでしょうか。もしそうだと真夏のボウルシーズンということになります。元々年末年始の寒い時期にボウルは予定されていたためボウルは暖かい土地での開催が多い。場所が同じままで真夏になったら灼熱の土地が多いです。そんなところで試合ができるのか。ドームで開催のところは関係ないでしょうが、そんなところばかりではない。

他方まさかと思うのですが、カレッジフットボールのレギュラーシーズンは春に動くが、12月のボウルは動かさないという可能性はまだあるのでしょうか。もしそうなったら一大事です。提携しているカンファレンスから適当にボウルが招待校を決めて開催するのはまあ良いとして、問題は春シーズンの前にしての1試合になるので花試合ではなくなってしまい、真剣勝負になってしまいます。例年ならメジャーカンファレンスの3位対4位とかそんなどうでも良い試合だったはずの群小ボウルがいきなり春シーズンの前哨戦として開催されることになるわけですよね。
ファンからすれば例年よりもずっとおもしろい話になるはずですが、これがあるのかどうか。

ボウル主催者が何をどう考えているのかまったく話が聞こえてこないところが不気味です。

Dr. Fauciが始球式に登場

やっとのことでたどり着いたMLBの開幕が明日となりました。ESPNでの全国放送でNew York Yankees@Washington Nationalsが2020年最初の試合に。その後西海岸でSan Francisco Giants@Los Angeles Dodgers戦が行われて変則シーズンの幕開けとなります。昨年優勝のNationalsが開幕の栄誉。それに優勝候補のYankeesとDodgersも登場、Dodgersの相手は地区ライバルのGiants。ほぼ文句のない開幕カードと私には見えます。
今季に限ってのAL/NLの対戦が多く組まれる変則スケジュールのおかげで開幕試合がAL/NLのInter Leagueのカードにできたということと理解してます。

来週にはNBA/NHLも続いて開幕してくるのでMLBがメジャースポーツ枠を独占できるのは一週間しかありませんが、それはMLB労使がモメて開幕が遅れたせいなので文句は言えません。アメスポが停止してメジャースポーツの興行がなくなって4ヶ月。MLB開幕がどれほどスポーツファンを呼び戻せるのか気になるところです。一年中毎日メジャースポーツがなんやかやと開催されて習慣的にESPNにチャンネルを合わせていた生活習慣が一旦崩れてしまったのがアメスポメジャーのリスタートでそれをどのぐらい呼び戻せるものか気になります。


表題の件。Dr. Anthony Fauciというのはアメリカ連邦公衆衛生当局であるCDCのトップの方で伝染病の権威。柔和かつ平易な言い回しで疫禍が始まった頃にTVの人気となった方です。その後楽観論を繰り返すトランプ大統領との折り合いが悪くなり最近は大統領府にTV出演を止められてしまっていたり、かと言って人気のせいかトランプ大統領も切りきれていない方です。それともクビを切ってしまうと自由にTV出演して政権批判されそうなので飼い殺しの意図で切ってないのかもしれませんが。

そんな方ですがWashington Nationals柄のマスクを着用した写真が過去何度も報道に使われていた方でもあります。市内のNationalsの開幕戦に登場して始球式をつとめることになってます。NationalsがWashingtonに移転してきたのは2005年。Dr. Fauciが首都の公衆衛生機関に加入したのは1974年だというのですからWashingtonに来たのはNationalsの方がずっと後ってことになります。2005年までは首都にはMLBはなかった。Dr. Fauciが首都で公衆衛生の仕事に就いた1970年代というのはMLB Washington Senetorsが首都を去った直後ってことですね。
それでもNationalsファンってことはよほど野球がお好きなのか。

Big XIIは引きこもらない予定

あくまでも現時点では、という話ですが、カレッジフットボールの5大カンファレンスの一つであるBig XIIは他カンファレンスに追従せず、予定通り12試合全試合を開催する予定であるとしています。Big Ten、そしてPac-12がnon-conference戦をキャンセルすると発表したときには他のメジャーカンファレンスであるSEC、ACC、Big XIIも追従するのかと危惧されたのですが、ドミノ的には他カンファレンスはそれに追従せず。この辺はカレッジスポーツの意志決定系統が分散している結果と言えるのでしょう。

ほぼ同時点でNCAAがフットボールシーズンを春に移行する可能性について言及しています。こちらもあくまでも言及しただけで、秋シーズンでの開催に全力を尽くすという点も強調しています。全力は尽くすがダメなら春という二段構え。春シーズン移行については当ブログでは4月の段階で言及済み。フットボールがないと各校ともに予算が立ち行かなくなるので最悪春にずらしてでもやるぞというのはビジネス的には理解できる範囲と言えます。

Big XIIが遅れて今の時点でフルシーズンを開催するとわざわざ発言するのはもう秋シーズンの開催の可能性が減退してきたということのようにも深読みできそうです。Big TenとPac-12が先行して発言したことで、試合を失ったNotre Dameを始めとした独立校や、有名校との対戦予定が消えてしまったマイナー校は春シーズン移行の方がメリットが大きくなってしまっているので、NCAAという組織で意志決定をしようとすると既に春シーズン派が多くなってしまっている可能性もありそうです。


単純にスポーツファンとしては秋にカレッジフットボールシーズンがなくなるのは寂しいですが、どうなることか。
記事検索
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文