アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

Colin Kaepernickにみるアメリカの自由

8月、アメスポNo. 1ジャンルであるNFLのキャンプ、プレシーズンの季節です。各チームのファンが様々な細かいニュースに一喜一憂する時期でもあります。

その時期にColin Kaepernickの話題をやってみようと思います。昨季までSan Francisco 49ers所属でしたが、シーズン後に選手側のオプションを使って契約解除して退団。49ersではこの先も干され続ける、他のチームに移ればもっと機会もあり、後述する国歌国旗抗議問題のイメージ問題も和らぐだろうという読みだったのかもしれません。しかし現実は予想外に厳しく抗議問題が尾を引いて再就職への大きな足枷になっています。

Kaepernickが試合前の国歌演奏の際に起立しなくなったのは昨年の今頃。ちょうど白人警官による黒人市民殺害など人種間遺恨が大いに話題になっていた時期です。現在のアメリカ国家の統治に黒人種としてプライドを持てない、などとして国歌演奏時にベンチから立ち上がらず。その後は片膝を突く形として抗議は続けるものの一定の敬意は表明する形に変えている。さらに2016シーズンオフには起立する、と態度は軟化方向ではあります。49ers内でもKaepernickに同調してKaepernickと共に片膝スタイルで国歌に臨む選手がいたし、他ジャンルでも例えば女子サッカー米代表のMegan RapinoeがKaepernickに同調。ちなみにRapinoeは白人選手です。

非暴力の抗議行動・意見表明はアメリカ憲法で保障された権利という意味でKaepernickやその同調者が罰せられるべきではない、というのが建前なのですが、現実はそうならず。例えばRapinoeが所属する女子サッカープロリーグNWPL Washington SpiritはRapinoeの抗議行動をさせないためにチームに知らせないまま国歌演奏を選手の入場前に済ますという奇手でかわしています。つい先日行われていたTournament of Nations(日本代表も参加)では起立していたようです。

まあ女子サッカー程度の露出と影響力であれば無視する方が、騒ぎ立ててニュースにしてしまうよりはマシというのが反抗議行動側の対処としては適当なのでしょうが、これがアメスポNo. 1ジャンルのNFLだとそうはいかないわけで、そこにKaepernickの災難があります。

Kaepernickが49ersで先発QBの座を追われたのは成績もぱっとしなかったこともあってそれ自体を差別行為・違憲行為だと糾弾することはしにくいですが、このオフシーズンの再就職でKaepernickが味わっている苦難は微妙に問題を感じるところではあります。NFLは現在のアメリカを代表する大衆エンタメであり、その先発QBは各チームの顔であります。Kaepernick以外にも同様の抗議の意志を示した選手は何人もいたのですが、なにやらKaepernickだけがこの問題の焦点とされてスケープゴート化してしまっている。元々フットボールというのは熱心なファン以外はスターポジションの選手ぐらいしか名前を知らないのが当たり前の世界でもあり、抗議行動から1年経ってKaepernickだけが残ってしまったようなことになってます。

オフシーズンにKaepernickを獲得することとしたBaltimore Ravensが、スポンサーからKaepernickを解雇せよと圧力を受けていることが判明したりまだまだ荒れそうです。Baltimoreは首都Washington DCから地理的に近くエスタブリッシュメントの影響力が強いのか、それがどこのチームだったとしても同じような圧力がかかったのかどうかは解りません。Kaepernickが抗議行動を開始した後に行われた昨秋の米大統領選で共和党のトランプ大統領が選ばれたのもこの問題に影を投げかけているかもしれません。オバマ大統領のままならKaepernick行動の賛否はともかく、人種間融合について間接的な援護射撃となるコメントを発して問題を緩和した可能性がありますが、トランプ大統領は警察力の強化統治を公約としていましたからそれはない。ほぼ逆方向に動くでしょう。国旗・国歌への敬意は国家統治・統合の上で重要だという意見はあって良いのでどちらが良いとか悪いとかではないですが、それがKaepernickへの憎悪または社会的抹殺として顕在化するのはいかがなものかとは思います。能力の問題ではなくKaepernickは多くのNFLバックアップQBを上回るというのは大方の関係者の見方であり、再就職ができないのはひとえに社会的圧力が理由であろうかと思われます。

人種差別の問題であればNFL選手会が介入するべきものですし、過去も様々なバックアップ活動があったものですが、なぜか今回の問題では選手会の動きはほぼ皆無。どうなんでしょうか。人種問題への抗議行動だったのが、(法的には成立しないはずの)不敬罪があったかのように問題が変質しているのも気になるところです。

バスケットボールの夏侵攻

ごぶさたしております。怪我をしまして、その後他にもいろいろあったのでそのままずるずると更新しないままになってしまいした。以前のようにはいかないかと思いますが、つれづれに。

久々に書いてみようかなと思ったのはこの夏のバスケットボール番組の多さがきっかけです。数年前から私はNBA Summer Leagueが好きでよく見ていたのですが今年はESPN系での放送回数もずっと増えたようで露出度がアップ。冠スポンサーもついて完全に定着。特にLas Vegasでの開催分などは興業的にも随分と盛り上がっています。今年の場合はドラフト全体2位でLos Angeles Lakersに加入したLonzo Ballのデビュー戦は戦前からスポーツマスコミで大々的に取り上げられていた(但し初戦は内容は乏しかった)り、その後二戦目から一気に調子を上げ、最後はLakersがSummer Leagueチャンピオンになるところまで、なにやら長編スポーツ漫画の序盤を見るような展開。Las Vegasという土地柄(Los Angelesの属国のようなところがあります)もありLakersファンが多数会場に毎試合詰めかけて応援。NBAの方で奮わない昨今の鬱憤を晴らす、近未来のLakers復活を想像させるような盛り上がりぶり。組織に復帰したMagic Johnson社長が気の利いたコメントをうまく出してくれるのもあってLakersの若手達の敢闘をより引き立てた感じでした。

気になったのは野球MLBとの関係。このSummer Leagueの開催中、ESPN Sports Center(アメスポ報道のデファクトスタンダード)でMLBの試合よりもNBA Summer Leagueの試合報道の方が先に来ることが多数だったのです。これはけっこうな衝撃ではないでしょうか。長い長いMLBのシーズン。過去様々な新興リーグ・スポーツがMLBのシーズン中にイベントをしかけてきた歴史があり、それらの後発組の単発ビッグイベントがMLBからスポットライトを奪うことはままあります。ゴルフやテニスのメジャーイベントがそうですし、Indy500やケンタッキーダービーなどもそうでしょう。MLBのシーズンに真っ向からそのシーズンをかぶせているNASCARやサッカーMLSなどもありますが、特別な試合・レースでもレギュラーシーズン対レギュラーシーズンの勝負ではNASCARやMLSの露出や話題がMLBを凌駕したことはないと言って良い。それがたかだか若手の腕試しであるNBAの二軍戦のようなSummer Leagueに露出と話題でほぼ二週間に渡ってMLBが後塵を拝したようなスポーツマスコミの扱いはちょっとしたショックです。

さらにその後、3-on-3のプロリーグであるBIG3の興業が続いてこれもけっこうな量のマスコミの扱いがありました。3-on-3は唐突に2020年東京五輪での公式競技採用が決まるという追い風が吹いている3-on-3のプロツアー。元NBA MVP私も大好き Allen Iversonのプレーする姿が再び見られる、とかDoctor JやDrexlerが監督するとか、NBA OBによるシニアツアー的なムードで10都市をツアー。

さらにまたその後にはThe Basketball Tournament 2017という大会がESPN系で大量に放送。こちらはカレッジバスケの元スターを集めて出身校を思わせる名前をチーム名として、カレッジバスケのシニアツアー的なものに。64チーム、6都市で開催。

優勝したのはSyracuse Orangeの元選手たちを擁するBoeheim's Army。BoeheimというのはSyracuseの殿堂入り監督の名前です。元VillanovaのチームはSupernova、Ohio StateのそれはScarlet & Gray、GonzagaはFew Good Menなど母校のニックネーム、チームカラー、名物ヘッドコーチの名前などを入れて母校を連想させるようにして(なおかつ母校の有する商標など法的問題を避け)疑似カレッジバスケットボールシニアツアー的に色づけした代物です。究極的には疑似March Madnessを目指しているんですかね。

と言う具合でNBA Finalsが終わった後も、ドラフト、サマーリーグ、BIG3、The Basketball Tournamentとバスケ番組が夏中ずっと続いた印象なのです。

これまでMLBの夏へのチャレンジャーたちとは違い、アメスポ本流のバスケの夏侵攻、というのは野球側から見れば大きな脅威じゃないでしょうか。後半のBIG3やカレッジシニアツアーの様なものが来季以降どうなるかわからないですが、運営費は低そうなのは確実、新たな夏の定番になるかどうかしばらく実験は続きそうです。BIG3は少なくとも2020年に向けて続けるんでしょうねえ。



むりやり開催する@Miami-FL

大型ハリケーンの襲来で@Florida、@South Carolinaの試合は数日前に早々にキャンセルが発表されている中、@Miami-FLの試合は一貫して開催と言い続けています。No. 23 Florida State@No. 10 Miami-FL戦です。試合はプライムタイムの地上波ABCでの放送。FloridaのあるGainsvilleもSouth CarolinaのColumbiaも内陸の都市。ハリケーンの影響は出る可能性は確かにあったんですけれど、海に面しているMiamiとは被害や影響の可能性は大きくないはずでしたが、あっさりキャンセル。MiamiはMiami Beach市など沿海部の住民がハリケーン襲来の際には都市部に非難したり混乱する度合いは大きい土地柄。そもそもが湿地帯を埋め立ててできた都市ですから水にも浸かりやすい。さらには野生のワニも多数生息するので浸水すると人家近くにワニが来ちゃうという大変な場所であります。そんなMiami界隈ですが主催者のMiami-FLは一貫して開催すると発信しつづけています。SECが試合をさっさとキャンセルしたのとは対称的。

なぜ開催にこだわったかというとたぶんこういうことだと思います。Florida Stateとの毎年の定期戦はMiami-FLにとっては最大のビッグゲーム。そしてMiamiにとっては久々にトップ10にランクされての全米プライムタイムの放送の試合。過去10年近く低迷してきた同校にとってはこれ以上ない看板試合となるはずの試合で、それをハリケーンであっさり諦めきれないという経営上の思惑だったのだろうと思われます。逆にあっさり試合をキャンセルしたSECはその人気に自信があるからその判断が簡単だったのではないか。

Miami-FLがNo. 10といっても大した相手に勝っているわけでもなく、このFlorida State戦からNo. 1x North Carolina戦、@No. 25 Virginia Tech戦、@Notre Dameと続く4連戦で化けの皮が剥がれる可能性がかなりあるので、その前にビッグマッチをやってMiamiが復活しつつあるという印象をカレッジフットボールファンやリクルート生たちに与えたい、という思惑があったんじゃないでしょうか。今季のカレッジフットボール界の台風の目となっているLouisvilleなんかが大量にMiamiの地元の好選手をロースターに並べている。それはつまり地元のMiamiがLouisville程度(失礼)の学校にリクルートで負けるほど地元でのイメージが落ちているということです。そういうイメージの回復は重要で、そのためにはどうしてもこのFlorida State戦をやりたい、という判断につながっているのかなと思います。

0-0の投手戦のプレーオフ

San Francisco Giants@Chicago CubsのNational League Division Series(NLDS)がスタート。GiantsはWildcardに続いて終盤まで0-0の投手戦を演じて、個人的には満喫。エース同士の投手戦は見応えがあります。前戦はMadison Bumgarner対Noah Syndergaard (New York Mets)、昨夜はJon Lester (Cubs)対 Johnny Cueto (Giants)。Cuetoは昨年はKansas City Royalsの一員としてポストシーズンで活躍。今年は偶数年に強いGiantsに乗り換えて二年連続の栄冠に臨もうというところ。8回裏にソロホームランを被弾して0-1での完投敗戦。あのホームランは打った瞬間はうわ、行った、という感じのフルスイングと打球速度だったのですが、結果は意外にもぎりぎりホームランゾーンに届いての決勝打。Cuetoは責められない。ハイレベルな戦いでした。好シリーズが期待できそうです。

日本から見るとたぶんYu Darvishが4ホームランを浴びてTexas Rangersが2連敗となった試合の方が重要でしょうか。昼の試合だったのでちょっとだけしか見られませんでしたが序盤はカーブ(?)とボールになるハイヒートで相手打線を翻弄していたように見えたのですが、二連発を浴びた(同イニングの三本目は見られず)あたりでは打たれる前からボールが捕手の要求のところに行っていない風でしたし、いずれも直球系を打たれたのですからあの時点でボールの速度で押しきれない状態になっていたということでしょうか。

またもMadison Bumgarner完封でGiants、NLDSへ

いよいよ伝説の域に入ってきた感じです。10月のMLBはこの男がいないと締まらない。San Francisco Giants先発投手Madison BumgarnerがNational League Wildcard Gameで再び完封勝利。New York Metsを3-0で下して、Cubsの待つNLDSに進出決定。4安打完封。二年前の対Pittsburgh Pirates相手のWildcard Gameに完封勝利したのに続いて一発勝負のWildcardで二連続完封勝利。これに2014年のWorld Series第7戦での5イニングのロングリリーフでのゼロ封を含め、Do or Dieの試合で24イニング無失点とか。面構え、試合後のインタビューも含めて風格というか怖いぐらいの落ち着き払いぶり。

この完封劇、紙一重で不安定なGiantsのリリーフに頼らなくてはいけない可能性があったわけです。9回表、8番打者Conor Gillaspieのところで1アウト一二塁の得点機。見ていて、あーこれホームランかダブルプレー以外は(代打を出されて次打者の)Bumgarner降板だなあ…と思っていたら、なんとホームランですよ。この巡り合わせがすごい。3ランホームランで一気に3−0となって、ネクストバッターズサークルに出ていた代打を引き上げてBumgarner続投へ。そして最終回のMetsの中軸の攻撃も三者凡退で完封達成。Giantsのリリーフ陣は不安定でBungarnerが同点のまま降りたら先行きはMetsに有利に流れそうだったのにそこへ至らず。

勝利後のGiantsの喜びぶりがまた良かったです。勝ち抜くことに馴れたチームの佇まいではしゃぎ廻る選手は少数。最多勝Chicago Cubsとのシリーズが楽しみです。

9回表のGiantsの攻撃は無死二塁で、送りバントのケースにバカバッター(Angel Pagan)が走りながらバントを二度まで失敗。日本でなら中学生でもやらないようなバカげた失敗です。0-0の9回表、無死二塁でなぜお前は走ろうとする?いいからそこで腰を落としてしっかりバントせんか、と(別にどっちを応援していたわけでもないですが)ちょっといらついてしまったんですが、そんな細かいことは帳消しにする3ランホームラン、そしてBumgarnerの完封フィニッシュ。

Metsの先発Noah Syndergaardも7回を二安打無失点10三振で期待に違わない投手戦、0-0。こういうエース同士の緊迫した試合はいいっすね。久々に堪能。ただSyndergaardを下げてしまった後のリリース陣が締まらず。120球でもびくともしない自信と監督からの信頼を持つBumgarnerの実績も込みの勝ちと言えましょう。対Cubsの第3戦(@San Francisco)でもBumgarnerが投げるはずです。楽しみですね−。

事前の戦術シミュレーションが必要ではないのか

今夜はMLB National League Wildcard Game。New York MetsはNoah Syndergaard、San Francisco Giantsはプレーオフで最も頼りになる男Madison Bumgarnerの両エースの先発の好カードで期待してます。そちらはまた試合後にでも。

昨日のBaltimore Oriolesが絶対クローザーZach Brittonを投入し損ねた件です。MLB Networkではこの件を各解説者が熱を込めていろいろ語っているのですが、どうも今ひとつ我が意を得たりという意見が出てこないのでちょっと勝手に感想を。全体的によく指摘されているのはアウェイのチームのクローザーの投入をレギュラーシーズンと同じやり方でやるのは違うだろ、という点。それはごもっともな話です。セーブの場面でないと使えないという契約での縛りすらある場合もあるという話は以前にも聞いたことがあるので、通常の試合であればBuck Showalter監督が延長戦の表に得点して勝ちにいくときまでBrittonを温存するというのはアリなのかもしれません。ただ昨日に関しては試合後にBritton本人がメディアに発言しているところによれば「セーブ場面でなくても行くから」という自らの意志を監督コーチに伝えていたということで、契約や人間関係は問題ではなかった。使えなかったのではなく、単に監督の意志として使わなかったという問題です。

そこで気になったのは一体MLBのチームの首脳は事前に試合のシミュレーションをしているのだろうか?ということです。ALDS第1戦の先発予定の投手を除いた全員が出場可なのか、それともALDS第2戦、第3戦の先発投手まで使えないとするのか。先発投手の不調の場合の早い回でのリリーフは誰を想定するのか。明日のない戦いなのですから通常の試合とは違う2番手投入のタイミングと人選が必要なはず。延長戦になった場合の継投の順番は。そして今回問題となった絶対クローザーの投入タイミングについての想定はどうなっていたのか。

Torontoの方は実際に先発ローテのFrancisco Lirianoを投入したことから判る通りはっきりLirianoは投げると事前に決まっていたのであろうと思われますが、Baltimoreの方はよくわからない。通常の試合なら8回裏の試合を決まってしまいかねないピンチのときに先攻チームはクローザーを投入するかというと、MLBの場合、まずしない。でもこの日のような勝たなくては終わる試合なら投入すべきでしょう。少なくともその場合を想定して事前に検討・関係者に告知しておくべきで、戦術は当然変わっていいはず。これが7回裏だと2アウトだとしてもかなり判断に苦しむところですが、とにかくそれぞれの事態の前に事前に検討はすべきであると思うのです。それと同じように延長戦での投手のやりくりも。野球は比較的こういう場面場面を想定してシミュレーションをしておくことがしやすいスポーツのはずです。


こういう発想をしてしまうのは私がフットボールファンだからかもしれません。フットボールでは「8点差以下4点差以上、残り1分半で相手のタイムアウト2つ残りの場合」といったシチュエーションごとの攻め方というを想定して事前にまとめてあるのが普通です。そういう戦い方を常にするのがフットボールで、事前のシミュレーションは当然の準備です。野球はその点どうなのかな、ということを昨日の試合や、その後のMLB Networkその他のメディアの議論を聞いていて疑問を感じました。いつもと違う戦い方をするのがわかっているべきですから、各場面の準備も当然してあるべきかと思いますが、Buttonの投入機会を失ったBaltimoreの側に準備面の手落ちはなかったのか。その辺りが気になるところです。

例えば一昔前のYankeesの黄金時代のJoe Torre監督の時代ははっきりこういうのを周到に準備しているのが見て取れて、ああいいな、すごいな、と感心できたものですが、それからさらに時代が進んだのにクローザーの出し損ねで別の救援投手が三連続クリーンヒットを喰って終戦。なんか21世紀になったのに全然進化していないような匂いが気になりました。ちなみにShowalterはYankeesではTorreの前任の監督でもありました。

記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文