アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

Gran Turismo Sportsの苦闘

e-Sportsをアメスポブログに含めるべきかどうかは大いに躊躇するところですが、将来に渡って無視しきれない面がありそうなので少しだけ。

現在メジャーTV局ではTBSでe-sports番組であるELEAGUEが毎週の定時放送になっています。また以前にも当ブログで報告してありますがアメスポ放送の最大手のESPN系列ナンバー2局であるESPN2でStreet Fighterなど人気ゲームのトーナメント番組も単発で存在しています。


我が家はPlayStation派(こういうところは日本人)なんですが、PS4に対応したGran Turismo Sports(以下GTS)が2017年10月にやっとリリースになりました。前作Gran Turismo 6がリリースされたのが2013年末で、それはPS4コンソール自体のデビューとほぼ同時。GT6はPS3向けでPS4未対応という実に悪いタイミングでのリリースでした。それから長い4年を経てやっとPS4対応のGTシリーズの新作GTSがリリース。私はどうにもスポーツのシミュレーションゲームには関心がないのですがなぜかGTだけは関心がある。他のレースソフトが何種類もPS4向けにリリースされてもGTの新作はまだかと待ち続けていたわけです。どうもそういう人は私だけではなかったようです。

しかしながらGTSの評判はすこぶる悪い。Amazon.comだとレビュー総数の50%が☆一つ評価という有様。ゲーム専門サイトでも酷評が多い。主に車種選びが大きく制限されたところ、育成モードが廃止されたこと、オンラインでしかレースできないどころかオンラインでないとゲーム進行のセーブすらできないことなどに旧作のファンが深く失望して酷評を集めていました。10月リリースなのにクリスマス商戦であっさり値崩れしたところを見るとネット上の評判の悪さが販売の数字にも響いたのかもしれません。デビュー僅か一ヶ月後のアップデートでオフラインでもレースできるようになったんですが、でもそんなパッチを当てたってAmazonの大量の酷評レビューの数々が消えるわけじゃないですからね。

いまってローカルでのマルチプレーヤーのできるゲームが絶滅危惧種になってしまい(Call of Dutyぐらいか)なんでもかんでもオンライン対戦なんで、GTがそういう方向に行ったのはビジネス全体の流れとしては自然なんでしょうが、GTファンが求めていたものと違うものになってしまったのは否めない。

開発側からすると、コンソールゲームのブランドネームであったGTを後発ながらe-sportsでの一大ジャンルにして「レースシミュレーションといえばGran Turismo」としてe-sports界で主導権を取るためにはユーザーにローカルでシコシコ楽しむ環境を提供するよりもどんどんオンラインレースに参加して欲しいということだったんだろうと思いますけど、そんな売り手の思惑を押しつけたのが大失敗したということに。大不評を受けて即座にローカルでレースができるアップデートが配布できたということはローカルモードの開発も当然済んでいたのに政策的な理由で実装していなかったということです。恣意的なオンライン誘導ですね。4年の遅れの間にゲーム産業を取り巻く環境が変わり、e-sportsという新たな必須ステージが成立してしまった。4年もの後発というのが開発側の焦りとなって消費者無視な内容のリリースになったのがこの先どういう結末を迎えるのか。先行する他のレースシミュレーションゲームをGTが見事オーバーテイクしてe-sports時代でもGran Turismoの名を同ジャンルでのナンバーワンブランドにできるのか。熱心なファンたち(たぶんゲーマーとしてはかなりの年長世代)に嫌われながらもユーザーの裾野をe-sportsに積極参戦する若い世代にも広げられてそれが達成できるのかは気になるところではあります。


(こういう過去触れた事もないジャンルのことを書くのは冷や冷やします。一応e-sports繋がりということでご容赦ください。)

Jon Gruden $100 MillionでRaiders HCへ

すごい値段になりました。現ESPNの解説者であるJon GrudenがNFL Oakland RaidersのHCに就任することになったようです。伝えられる契約は10年契約の年俸$10 millionとか。日本円で総額100億円の契約。NFL、お金が余ってるんでしょうか?GrudenはNFLのヘッドコーチ職を離れて10年ほど。ESPNでも人気解説者として良い金額は貰っていたでしょうから引き抜くには相当の補償・保証は必要だったでしょうが、それにしても思い切った金額と契約期間です。

昨年11月の段階ではカレッジTennessee大がGrudenを招請したい意向を示していたんですがGrudenは興味がなかったようでスルー。小うるさいファンの多いTennessee大のHC職はGrudenだけでなく他校のHCも就任に難色を示したことは当ブログでも何度も紹介した通りです。そんなめんどくさいTennessee職なんて受けなくて良かったね、という大型契約でESPNを去ることに。今週末のNFLワイルドカードの試合の中継がGrudenの最後の試合中継解説になるのか。

Grudenは若い頃1998年から2001年に一度RaidersのHC職についていたことがあります。当時のRaidersのオーナーはAl Davis。現場の細々したことにまで口を出すうるさい名物オーナーでした。Al Davisは既に故人で現在のオーナーはAlの息子であるMark Davis。Markはあまり現場の事には口を挟まないのでAlほど面倒なオーナーではないとされます。

RaidersはOaklandからLas Vegas移転を数年内に控えていて、この契約で新マーケットにもGruden HC態勢で移行するのが確定。TVで顔が広く売れているGrudenを使ってLas Vegasでの新スタジアム建設その他の交渉ごとでも華を添えて活躍してもらおうというところでしょうか。


この巨額契約を聞いて思ったのが他のNFLコーチたちの金額もこれから爆上げするんだろうか?ということ。現在NFLで最高のHCというとNew England PatriotsのBill Belichickで、Belichickの年俸は$7.5 millionほどとされます。Grudenは顔は抜群に売れているし、NFLの現場にいた頃に一度Super Bowlも勝ってますが、実績ではBill Belichickの圧勝です。65歳となったBelichickに長期契約はもうあり得ないのでしょうが、単年の比較で実績の劣るGrudenが$10 million、Belichickが$7.5 million、ちょっとバランスが悪いか。他の高額のフットボールHCというとカレッジの強豪AlabamaのNick Sabanが$11 million/年で、Grudenの今回のびっくりの契約を単年では上回ります。今年Florida StateからTexas A&Mに引き抜かれたJimbo Fisherが$7.5 millionの10年契約。Fisherの契約を聞いたときも総額に驚きましたが、Grudenがあっさりそれを抜いたことに。うーん、なんにせよプロ・カレッジともフットボール業界は景気が良いですね。

ジャンル間の仲良し度

ゆうべのTNTでのNBA放送のスタジオ部分でのことです。司会のErnie Johnsonさん(非アスリート)がGeorgia出身だそうでGeorgiaのフットボールジャージを着込み、デスクの上にGeorgiaのヘルメットを置いて放送。TNTのスタジオ解説陣はShaquille O'Neal (LSU出身)、Kenny Smith(North Carolina)、Charles Barkley(Auburn)の三方。Ernieも含めて全員南部の学校出身、三名はSEC校の出身者だったわけですね。Georgiaが最後まで全米優勝戦線にからむのはほぼ20年ぶりでもありカレッジフットボール談義で盛り上がっていました。今季の優勝争いに大きく絡んだAuburn出身のBarkleyがUCF戦での敗戦の言い訳をしてみたりとかなりの時間を割いていました。

これ、おもしろいと思います。TNTはTurner系列の局であり、同系列にはカレッジフットボールの放送の手持ちはありません。同系列でスポーツの定時放送があるのはTNTのNBAと、姉妹局TBSでのMLB放送ぐらい。March Madnessの頃にはCBSと提携して同大会の試合を放送したりしますがそれはバスケに限ったことであり、CBSは提携先ではありますが同系列ではない。

つまりジャンルとしてのカレッジフットボールをプッシュする政治的な動機はTNTにはないはず。でも延々こういう与太話をNBA番組の観戦者相手にしてしまうわけですね。これが許されるのはアメリカのスポーツファンはNBAも見ればカレッジフットボールも見るのが自然、ジャンル間のいがみ合いがなく、スポーツファンが複数のジャンルをまたぐのが当たり前だからでしょう。

先日来当ブログで展開しているスポーツ対非スポーツのエンタメ業界の争いの話題を考えるとこういうスポーツジャンル内・ジャンル間の協調性は大事な要素かもしれません。

尚、NBAの試合の方はKevin Durant抜きのGolden State WarriorsがJames Harden抜きのHouston Rocketsに勝利。それぞれスター抜きにしては好試合ではあったと思います。第二試合ではOklahoma City ThunderがLos Angeles Clippersに勝利。Thunderはやっと成績が安定してきました。前半から高得点モード(但しClippersも追従)、シーズン前に期待された対Warriorsの脅威となるにはもう一息という感じでしょうがやっと強い日は強いなという感じになってきたようです。プレーオフの頃までにさらに戦力整備できるのか。

Brownsに指名されるQBは幸せになれるか

UCLA QB Josh RosenとUSC QB Sam Darnoldが相次いでNFLドラフト入りを宣言。40分差で宣言が公表されたようで、同市内の二人の間になんらかの意思疎通があったんでしょうか。

ドラフト予想はもう少し先にならないと意味がないので避けますが、今季16戦全敗(昨季から通算1勝31敗)のNFL Cleveland Brownsが全体1位と4位の指名権を持っており、少なくともどちらかの指名権を使ってQBを指名すると予想されています。RosenとDarnoldがドラフト入り宣言を遅らせていたのはBrownsに指名されたくないからだ、という噂も流れるほどBrownsの最悪ぶりは際だっています。Brownsの弱さはドラフトの不手際というよりも選手育成能力の欠如の方にあるとされるためRoseやDarnold、またはWyomingのJosh Allenといった今季のカレッジの有望QBたちの誰が入ってもそう簡単に勝てるようにはならないと言われてます。

Clevelandの若手育成の不手際の印象を強める話題がレギュラーシーズン終了後にもありました。カレッジの各校の最上級生を集めたSenior Bowlという試合が毎年あります。これをNFLチームのコーチ陣が指導するのです。つまり選手たちにとっては疑似NFL体験となるし、指導する側からすると一種のオーディションの機会となるのです。ドラフト上位指名確実な選手は来ませんが。

でその指導に当たるのがDenver BroncosとHouston Texansとなると昨日発表になりました。昨年はCleveland Brownsがその任に当たり、計4名をSenior Bowl出場者から獲得しました。他のNFLチームよりドラフト下位の選手の選別で先んじることができたというわけです。今季も再びBrownsはやる気満々だったのが、なんでも昨年の同イベントでの練習セッションがグダグダで批判を浴び、それが理由かどうか今季はその任から外されたというのです。やれやれという感じです。

他にもBrownsは今季途中、トレード期限直前にQBを獲得することを発表しながら、実はNFL本部へ送るべき書類を送り忘れたという情けない理由で獲得失敗したという事件もあり現場から背広組までたるんでいそう。その辺の事情を見ているとRosenにせよDarnoldにせよ行きたくなくなるのはよくわかります。

二人同時にNFL行きで腹を括ったということですからほぼ50%の確率でどちらかはBrownsで苦労、もう一人はセーフということに。セーフと言っても以前はNFLのダメフランチャイズの一角だったNew York Jetsに指名される可能性もありますが。

UCF 全米優勝を宣言 ボーナスも払う

カレッジフットボールで今季唯一の全勝校13戦全勝となったCentral Floridaが全米優勝を宣言しています。CFPの優勝戦は月曜日にGeorgia x Alabamaの間で争われますがそれを前にUCFは優勝を祝って祝勝パレードを企画。UCFはフロリダ州オーランドにキャンパスがあり、オーランドはDisney Worldの街でもあります。アメスポの各ジャンルの優勝チームがDisney Worldに招かれるのは伝統に近くなっており優勝チームが「We're going to Disney World!!」と叫ぶシーンはお馴染みのもの。そのDisney World内で日曜日に祝勝パレードを行うことになる運びです。

月曜日にCFPの優勝を争うGeorgiaは今季13勝1敗、Alabamaは12勝1敗。それぞれ1敗を喫した相手がなんとAuburn。そう先日UCFがPeach Bowlで勝利したそのAuburnです。あいつらはAuburnに負けた、俺達は勝った、と言ったかどうかは知りませんが、SECの強豪であるAuburnに勝っての全勝は立派な成績であることは否定し難く独自の優勝宣言もマイナーカンファレンスの意地と意気を感じさせるものであります。選手学生ファン、それぞれ楽しんでいただきたいです。Scott Frostはじめコーチ陣は同パレード・祝勝会には参加せず新任地のNebraskaへ金曜日に移動するそうです。

但しFrost以下コーチ陣の多くは学校からボーナスを受け取ることになるとか。契約の中で「全米優勝したら幾ら」という条項が含まれており、今回UCFが優勝を宣言するためにこれらのボーナスを喜んで支払うというのです。Frostは$200,000(約2000万円)を受け取るそうです。おもしろいです。この金額を払うことでUCFは未来永劫にフットボールでの全米優勝を名乗るの権利を得たということですね。UCFは全米一学生数の多いマンモス校ですからたぶん合計5000万円足らずのボーナス支払いで全米優勝を名乗る権利を買うぐらいお金の面ではまったく問題がないのでしょう。

元々FBS/D-Iの優勝校の「優勝」というのはNCAAに認められた優勝ではない、特殊なタイトルであり、歴史上多くの2校以上の優勝校が存在したシーズンがありますからUCFの優勝宣言もカレッジフットボールの歴史の中ではさほど突飛なものではないです。

前項コメントへのお返事・まとめ

活発な意見交換、感謝します。ポイントを整理すると自己投影という手法の是非と、スポーツ産業の間口の広さ・入り口論、関連しますが最初期の若年層へのアクセス整備の問題のとりあえず3つに絞れそうです。どれも深く語れる話題です。今回はとりあえずの交通整理ということで簡略に。

入り口論はゲームで言えば落ちモノ系の即時的なゲームなど「プレーと報酬のサイクルが短い」ものが間口が広い。バスケを今後強いジャンルの例として挙げたのはまさにこの理由で報酬=ゴールまでのサイクルが短いからです。他に報酬サイクルが短いスポーツといえば日本なら大相撲。テニス、バレーボールもそのうちでしょう。サッカーは相当に強いチームの試合でないと決定機が頻繁に訪れることはなく報酬サイクルの意味では弱いと思います。サッカーの魅力は他にあると思われます。

落ちモノゲームの即時性はそれだけだと報酬が薄っぺらになるので完遂後のさらに大きい報酬を提供することで興味を持続させるのがゲームの設計のテクですよね。パズドラとか。スポーツで言えばその試合での勝利だったり、優勝までのシーズン設計となります。  

e-sportsが若年層へのアプローチの方法として実はとても大事だ、というご指摘はまったく気づかなかったので感謝したいと思います。私はゲームでスポーツシミュレーションものをまったくしない(レースものぐらい)ので盲点でした。ありがとうございました。またよく考えてみたいと思います。最近はTVでELEAGUE(e-sports番組)も人気をあげつつあるようで、スポーツ産業の全体像・未来像を考える上で無視できないところがあるのかなと思いました。  


自己投影の件。当ブログをある程度の期間読んで戴いている読者の方はご存じでしょうが私はメジャープロスポーツであるMLB/NFL/NBA/NHLに○○ファンと言えるような贔屓チームがありません。これは2003年にこのブログを始めた頃以前の昔からずっとです。魅力ある試合をする選手やチームは存在するしそういう試合を見るのは大好きですが、ファンではない。なのでどちらかを応援していることも少ない。(カレッジスポーツだと出身校などに肩入れする場合もありそれはそれで楽しいのでその楽しみもわかりますが、贔屓のない試合でも大量に見ます)。

自己投影がスポーツ音楽ゲーム、つまりはエンタメ一般に必要かというと必要ではない。必要ではないがそれがないと剥離しやすいファンになってしまうという面がありそうです。固定ファンとしてがっちり掴むためには自己投影を促す仕組みがあった方が良い。それがスポーツ産業では地元がらみ、サッカーなど一部の種目では国の代表という仕組みが伝統的には成功してきたわけですが、それがゆらいでいる面もありそうです。アメスポで言えば国の代表として戦っているから応援するという機会は極少ないです。日本からだと代表サッカー以外にも、海外挑戦する日本人選手というのが同じ文脈で自己投影の対象になっているのだと思われます。

記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文