アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

ビデオ判定でKentucky Derbyの結果が覆る

21世紀なんだなあという決着になってます。第145回Kentucky Derbyが時間をかけたビデオ判定の末に一着馬を失格として勝者変更。長いKentucky Derbyの歴史上失格での勝ち馬の変更は初。最終コーナーでの斜行進路妨害が問題とされて審議の末失格。

私は競馬はまったく存じませんのでレースそのものには言うことはなにもないんですが、こういう難しいビデオ判定を、それも多額のカネと名誉が懸かっているのを承知の上で反則判定を下せるそのガッツはすごいなと思いました。
TV解説の方々は判定が下る前の段階で「これはKentucky Derby特別な競馬だから反則と判断しえないだろう」「一般のなんのことはないレースなら反則だろう」「進路妨害があってもなくても一番速かったのは一着入線馬」と口々に言っていたのがたぶん常識に近い判断なのでしょう。
また二着で入線した(=最終的に繰り上がり優勝した)馬はトップの進路妨害で被害に合っていない位置にいたもの反則とは取られない可能性が高い=二着馬が被害に合っていたら反則認定しやすいけど、という解説だったのが、ものの見事に大ハズレ。アメリカ人は前例のないことをやるのに躊躇しない面がありますが、ここでもそれが出たことになるのか。

スポーツにおけるビデオ判定は(それにカネをかけられる)多くのジャンルに行き渡り、その運用がスムーズになっているのがこの歴史的判定を呼んだとも言えそうです。ビデオ判定ルームの審議の様子がそのままTV画面に映され透明性を確保。場内のビデオスクリーンにも問題の場面のビデオが繰り返し映されることで現場のファンを置き去りにしないという処置もできていた。見る側もビデオ判定一般に慣れてきている。結果はKentucky Derby史上初とはなったものの、こういう判定が出せる下地は20世紀終盤から始まったアメスポの長いビデオ判定の歴史の中で育まれたという感じでしょうか。

でも怖いですね。賭けの金額が巨額なのでこういう微妙な判定は。競馬の場合は審判が表立つことはめったにないのでしょうが、スポーツ賭博が全面合法化したらこういうプレッシャーが各種スポーツの現場の審判にのしかかることになります。

Carolina Hurricanesスイープで二回戦突破

NHLプレーオフは二回戦が進行中。他の3カードが2勝2敗となっている中、Carolina HurricanesがNew York Islandersをスイープで下して東カンファレンス決勝へ駒を進めています。最終第4戦も快勝。良く走って5−2。
Islandersは一回戦をスイープ4連勝で勝ち上がって、二回戦は逆にスイープ負け。NHLの歴史上これは4度目の珍事らしいです。プレーオフが始まる前は二回戦でのWashington Capitals対前Capitals HCが率いるIslandersの激突が期待されていたと思うのですが、その対戦も実現しなければ、どちらのチームも二回戦までで消えるという結果になってます。

東カンファレンスはこれで一回戦二回戦で決着した5カード、全部人気のある方が負けた形になってますね。これでもしカンファレンス決勝がColumbus Blue Jackets x Carolina Hurricanesなんていうカードになったらこと全国区の人気面では最弱カードになってしまうのでしょう。それぞれのホームにとっては人気のテコ入れになって中期的にはNHL全体にとっても悪いことではないでしょうが。Carolina x  Columbusになったらワイルドカード2チームによるカンファレンス決勝ともなります。

もうTyronn Lueしか残っていない

Monty WilliamsがPhoenix SunsのHC職に就くというニュースが今日出てました。Lakersも望んでいたのでしょうが、WilliamsがLakersよりもSunsに行きたいというのはわかるような。アメスポの中で職としての格は間違いなくLakers HCの方が上ですが、LeBron Jamesとの神経戦と組織内での影響力の力比べという面倒なことが目に見えている現時点のLakers職よりは若手の有望株の多いSunsのHCの方が魅力ということでしょうか。Sunsは現在でも十分に好選手が揃ってますが、さらに今年のドラフトでZion Williamson始めとしたカレッジの超有望選手がさらにもうひとり加わることが確定的ですから、指導者としては腕の振るい甲斐があるとは言えるでしょう。

Monty Williamsに振られたことでLakersの方は選択肢が乏しくなってきました。マスコミ観測ではWilliamsが消えたことでLakersは前Cleveland Cavaliers HC Tyronn Lueにオファーを出すのが必至とされています。他にいないのかよ、と思わないではいられません。
ことLeBron Jamesが心地よいという意味ではTyronn Lueで良いんでしょうけど、それで陣容は整っていくんでしょうか。昨季散々トレードの駒として売りに出すと大騒ぎしていたLakersの若手コアがケガで離脱が相次ぎこのオフにはトレードの駒としてさえ機能しない可能性が高くなってきてます。
Tyronn LueとLeBronが揃うということはCleveland時代と同じことをやるということに聞こえます。そうだとしてLeBronと組んでみようと思う大物FAが本当に来る可能性があるのか。Cleveland時代はインサイドを空けるためもあって3ポイントシューターをずらり揃えました。来るオフでそれに合うFA選手というとKlay Thompsonぐらい。
昨オフにPaul GeorgeがLakersを回避したのと同じ理由でLakersを避ける選手が出ても不思議ではない。Torontoで活躍中のKawhi LeonardはLos Angelesに行きたいということを以前に言っていたんですけど、Los AngelesならLakersじゃなくても、先日プレーオフ一回戦で名を挙げたClippersでもKawhi Leonardはフィットするのではとも思えます。

Clevelandと同じことをやると言えばKyrie Irvingが加われば話題性は高いですが、それはありうるんですかね。LeBronとKyrieがいたとしても、それに既存のLakersヤングコアで足りてるかというと、足りていないような気もします。

本業の人でもやっぱり延長戦はつらいらしい

NHL Networkで今日の試合のおさらいでも見ようかと思ったところ、ニュース番組の冒頭でおもしろいことを言っていました。「今日は延長戦がありませんでした!延長戦がひとつもなかったのは8日ぶりですよ!」と嬉しそうにアナと解説がフィストバンプ。昨日まで連日どこかで延長戦があったようです。

NHLのプレーオフはレギュラーシーズンと延長戦のルールが異なり時間無制限でのサドンデス(+20分ごとに製氷タイム)。レギュラーシーズンでは5分延長、それで決着がつかなければシュートアウト3本勝負で決着をつけます。レギュラーシーズンではすぐに延長戦が始まりますが、プレーオフでは第3ピリオド終了後に製氷作業が入ったのちにサドンデス延長戦が開始。どうしても間延びするし、しばしばダブル延長戦にもなる。サドンデスですから当然両軍ゴールなしのまま試合が続く。観戦する側からするとなかなかにしんどいものなのです。時間もかなり長くなる。平日の午後8時開始の試合が日をまたぐのも珍しくない。私などは延長戦となった段階で観戦離脱してしまうケースが多いです。

ということでよほど熱心なファンでもないとNHLプレーオフの延長戦はTVにはきついかと思うのですが、プロのNHL Networkの人もそう思ってるのか!ということを知ってちょっと安心した次第です。

KD様様

NBA西二回戦Houston Rockets@Golden State Warriors第1戦観戦。前日までQuestionableとされていたSthepen CurryもKlay Thompsonも出場。
第1Qはそのグダグダさに感心することに。Rocketsのシュートがまるで入らない。Golden Stateがつまらないターンオーバーしまくり。両軍ともにひどい出だしとなりました。ネームバリューとプレーオフの要のシリーズなので見続けましたけど、なかなか大変な視聴者泣かせな試合でした。
ケガを押して出場したStephはルースボールも取りに行かないしいつもなら行くのではと思われる密集への突入を避けていたようにも見えかなりセーブしているかと思われました。

最終スコアは104-100でGolden Stateが先勝。Kevin Durantが35得点。Splash Brothers=Stephが18得点、Klayが13得点と平均以下の中、先発に起用されたAndre Iguodalaが14得点、Splash Brothersの負担軽減を意識してか試合序盤に躍動したDraymond Greenが14得点。結果的には先発4人が満遍なく得点して、エースのDurantはフリースローでポイント稼いで、という勝利。全体としては勝ったから及第点なのでしょうが。Durantが黙々と点を重ね、プレーオフになると頼りになるIguodalaが攻守で貢献、最後にStephが美味しい3ポインターで決着つけたという試合です。
Iguodalaという選手はすごい選手ですな、と改めて感心。ここ数年レギュラーシーズンは手抜きで良いのだと悟ってる。悟ってるだけじゃなくて本当にプレーオフになるとなくてはならない選手として頼りになる。同じ役割だったShaun Livingstonの方はミドルジャンパーが入らなくなって衰えが隠せない中、Iguodalaの方はさすが元Finals MVPというプレーオフ男ぶり。

Rocketsの方は審判にやられたと思ってるんじゃないでしょうか。笛が鳴ってもおかしくない接触がノーコールになること多数。イライラからChris Paulは二度のテクニカルファールを喰って終盤退場。終盤のPaulのやつは自身が相手ディフェンダーに腰を当てに行ってるように見えるのを審判が嫌ってのノーコールでしょうから理解できる範囲内ですが、前半のJames Hardenが喰ったやつなどはちょっとRocketsに辛過ぎたかと。前もって審判団の打ち合わせで意図的なファール貰い行為には厳しく判定しよう、とかなんとかあったのかもしれません。

NBAプレーオフ二回戦開始 Warriorsは生き残れるのか

NBAのプレーオフ二回戦が開始になってます。Toronto RaptorsがPhiladelphia 76ersに快勝してスタート。今日日曜日には二回戦の最大の注目カードであろうHouston Rocket x Golden State Warriorsも始まります。
Golden Stateは一回戦でLos Angeles Clippersに手こずり第6戦までかかりましたが勝ち抜け。各地で下位チームの抵抗もありそれなりにドラマはあったものの結果的には上位シード全8チームが二回戦に進んでます。これがNBAプレーオフのの一回戦ですね。楽勝とは決して言えなくても結局強い方があがってくるから、という緊張感の足りなさ。WarriorsがClippersに大逆転負けを喫した試合があっても「でもけが人続出でもない限り4つは負けないから‥」で横目で見る程度になってしまう。しかし敗退したものの元のスターが消えた後の再建Clippersの健闘はたたえたいです。Doc Rivers HC、男を上げましたね。Clippersの選手たちのインタビューなど聞いてもうまく回っているようすが伺えました。

NBAの一回戦との比較対象としてほぼ同じタイミングで進行するNHLのプレーオフは地区首位の4チームが全部一回戦で消えています。一回戦のエンタメ度はNHLの方に軍配を上げたいです。まあ強いと目されたチームが全滅、人気チームも脱落して二回戦の焦点がぼやけて地味めのカードばかりになっちゃってますけどね。
ということで毎年ですがこの時期に私の興味はNHLからNBAに帰ってくるような感じになります。個人的な話でスミマセン。

さて三連覇を狙うGolden State。難敵Houston Rocketsを下せるのかどうか。なんのかんの言われながらも結局レギュラーシーズン西1位を確保。余裕なのか円熟なのか。プレーオフになったらまたギアが上がるから大丈夫なんじゃないのかと思われていたのがClippersに手こずったことで、ホントにギアは上がるのか?という疑問になっているところへ、Stephen CurryとKlay Thompsonが二人揃って二回戦の第1戦出場がquestionableになってます。既にDeMarcus Cousinsが全欠確定しているところでさらにSplash Brothersが万全でないままでの二回戦突入で、過去数シーズンでは最も危機感高まるプレーオフシリーズ開始になります。Stephがプレーオフの序盤に欠場するのは過去何度もありましたがThompsonもとなると話が違う。
どんなシリーズ開幕になるのか楽しみです。





記事検索
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文