アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

アメリカのサッカーの話でもしてみますか

どうもサッカーというのは語るのが憚られるところがあります。
なぜだか知らないですが日本でも世界でもサッカー好きには他のスポーツをけなす伝統があるらしく他のスポーツファンと摩擦が起こりやすい、というのがひとつ。まあそれ以前に私にはサッカーを戦術的に語るほどの観戦の度量がないのが問題なのですが。

アメリカで語っている分にはそういう心配は少ないですね。なにせかなりのマイナースポーツだから。少数のコアなファン(プレミアリーグ好きとかラテン系に多いですね)は上記のようなサッカー至上を熱くぶちあげているけど、一般にはその声はほとんど知られてもいなければ影響もないという、いわばカルトな状況ですから。

で私の場合、サッカー実は割と見ます。なにせカレッジフットボール愛なので、サッカーファンと言えるほどでもないのでしょうが、年に10試合ぐらいはサッカー観戦に行きますからそれなりに好きですね。
アメリカの一部リーグであるMajor League Soccer(MLS)はシーズンが4月から10月とカレッジフットとあまり重なっていないのが大半なのもよろしい。
MLSと同じ時期には野球がシーズンなんですが、野球って球場で見ると配球とか細かいところが見られなくて、試合を見に行くというよりはピクニックをしにいくような感じになっちゃうでしょう。この辺がアメリカ的、日本だと違うんでしょうが。そりゃピクニックもいいんですが一年に何試合も行きたいと思わないんですよ。
サッカーの場合、TVでは見えないフィールド全景が見られることでゲーム観戦の幅がひろがるし、私の行くスタジアムはサッカー専用スタジアムで至近から見られる席を確保しているんでTVで見るのとは大違いなんですよね。逆に言うとMLSの退屈なサッカーをTVで90分眺められない。

だからどうなんだ?と言われると、もうちょっといいサッカーが生で見られるようになるといいな、という希望があるってことです。ええ。

Kobe、頭は大丈夫か?

カレッジフットボールがない週末は寂しいですねえ.....


(寂しさの表現としての改行)


で、まあそこからぼちぼち立ち直っていくのが毎年今頃なんですけどね。NFLのレギュラーシーズンも煮詰まってくるころ。そして「バスケは今年はどうなってるんだ?」とNBAの星取り表とNCAAバスケのランキングをとくと眺める時期でもあります。

しかしそれよりなによりKobe Bryantはいったいどうなっちゃったんですか?昨年までShaqともめていたのはともかくとして、今年はKarl Maloneといざこざ。最新発言は「Maloneがウチの嫁にモーションかけてきたんで、文句言ってやったことがあるんだよ。あんたおかしいんじゃないの?ってね。たく。」というもので。そういうレベルまで行くかね、という感じ。クリーンで売っていた商品価値はレイプ容疑でそれなりに傷ついてはいたものの、この程度の低い痴話ケンカ。さすがに狂ったかと。

私は元々はかなりKobeびいきな方だと思うのですね。
Shaqともめていてもそれ以前のShaqとKobeの発言ぶりから見ているとエゴが充足していないのはShaqの方って感じかなあ、と判定してしまっていたし、レイプ疑惑にしてもいまひとつ納得いかず、Kobeの評判が下がったという気はしていなかったんですが。

レイプ疑惑に関しては日本でどの程度まで詳細報道されているのかわからないので誤解されると困るのですが、もしすべてがこの『被害者女性』の言うとおりだったとしても(仮定)「Kobeの部屋に一対一でってことがわかっていて誘いに乗ってやってきた女性と良いムードになってやっちゃった、そういうのがレイプなのかあ。たいへんだな。」という感じで。
物証第三者証言その他一切不要で有罪になるのがコロラド州法だそうで、それはそれでまあそこの住人が納得するならそれで結構ですが、でも、コロラド州では「決して二人きりでセックスをしないこと」だけがレイプで訴えられないための唯一の男性側の防御策なんですよねw いや冗談でなく。あとビデオに撮っておくっていう手もあるか。それは変態っぽいですか?
被害者女性の有名願望に関するサイド報道なんかもあって(この辺日本でもちゃんとフォローされていたのだろうか)有名人のお金目当ての疑惑という感じが強かったように思われてKobeのイメージへの傷は致命傷ではなかったんですが、しかし今回のMaloneとの程度の低い言い合いまでくるとさすがにもういいかな、と。
Kobeみたいな才能もある、おしゃべりもうまい、顔もよい、お金も名誉もある。それでもあんまり幸福じゃないんだなあっていうのはね。どうなんでしょう。


クリスマス当日のMiami@LakersのShaqとの初の直接対決がすでに宣伝されまくっています。その日は乱闘騒ぎを起こしたDetroit@Indianaの因縁対決もラインナップされていてNBA的には因縁が因縁を呼ぶdoubleheader、視聴率稼ぎ時となりそうですね?

ESPN.com投票総数9票!

いまおもしろいことがあったので報告。
ESPNのカレッジフットボールのトップページに行ってみるとアンケート。
「来年のハイズマンの今の段階での候補は?」という五択。
ひいきにしているChris Leak, Floridaを即選んで投票してみたんです。でそこまでの集計結果が出るんですけど内訳は

Reggie Bush, USC 22%
Mike Hart, Michigan 11%
Chris Leak, Florida 0%
Matt Leinart, USC 0%
Adrian Peterson, Oklahoma 67%

は?Leak 0%?と思ってよぉくよく見てみたら、総投票数9票だって。つまりわたしの前にはBushに2票、Hartに1票、ピータソンに6票。いま私が入れた清き一票はカウントされてませんでした。わたしは10人目の投票者だったのですね。ESPNのような巨大サイトで10番目ってすごいかなと。ちなみにこれをアップする前にもう一度チェックしたら総投票数650になってました。

Miami-Ohioを応援する

カレッジフットボールでDivision I-Aに所属するためにはいくつかの条件があるのですが、そのひとつに観客動員規定があります。ものすごくざっと言うと試合平均15000人の観客を集める必要があります。最近はゲートを通った実数を監査したりして丼勘定の主催者発表は許されていません。

今年Transitional Div. I-Aというステイタスのチームが二校あります。下位ディビジョンのDiv. I-AAからI-Aに昇格を申請して条件を満たそうとしているチームなんですが、二校とも平均規定を達成できず。
それどころか従来からのDiv. I-Aチームでも達成できないところがかなりでました。ほとんどがMACやSun Beltの下位チームなんですが、唯一名前の知れたところではMiami-Ohioが規定数を割り込んでしまいました。
これは痛いというか悲しいというか。今年のNFL Rookie of The Year当確間違いなしのSteelers QB Ben Roethlisbergerの出身校でもあり、毎年立派な成績をあげボウルシーズンには当落線上の話題を賑わすミッドメジャーの雄、Miami-Ohioが規定動員数割れとは。今年はCincinnatiとの定期戦がアウェイ扱い、ディビジョンでの最大の敵でありMAC内の対戦では観客動員も見込めるMarshall戦もアウェイということで観客動員的には不利なシーズンではあったというのもありますが、それにしても。

ざっと見てみるとさっきも書きましたがMACとSun Beltに苦戦組が目立ちます。Sun Beltは歴史的にも一番グレードが下と考えられるので理解できますが、優良なチームも目立つMACがこれほど苦戦しているのはどうしたもんでしょうか。特に同格と一般に考えられるWACやMountain Westにも大きく水を開けられているのは考えさせられます。
考えられる理由はテリトリーの差でしょうか。WACやMountain Westはそれぞれの学校の位置する地方ではナンバーワンだったりオンリーワンだったりするんですが、MACはその本拠とするテリトリーはBig Tenにもろに被ったオハイオ・ミシガン。Ohio StateやMichiganに喰われて各校のファンベースが卒業生や極小さいエリアに限られているのかもしれません。各種プロチームも遠からぬ場所にあるし、ミシガンだと冬場ホッケーも幅を効かせてますからね。
(知ってますか。Hocky Town USAと呼ばれる米国内でも最大級のホッケー人気を誇るデトロイトはプロホッケーチーム、NHLだけじゃなくてマイナーリーグホッケーチームも同居しているんですよ。普通トッププロチームがあったらマイナーチームは余所に行くものですが、デトロイトではトップチームがあってもマイナーチームが成り立つほどホッケー人気が高いらしいです)

Div I-Aの観客動員規定はこれだけ割り込むところが多いと下方修正される可能性も高いとは思いますが、ちょっと応援しておきたいかなと。
どうでも良いことを書きますとMiami-OhioはMiami University、Miami-FloridaはUniversity of Miamiというのが正式名称です。

コーチ移動概観

Urban MeyerにふられたNotre Dame、金に物を言わせてプロから引っ張ってきましたか。コーチとしての能力は存じませんが、見た目でかなり損をするタイプの方ような(笑)。Willinghamをたったの三年で切ってまで取ったこのコーチがどれほどのチームを作れるものかお手並み拝見ですね。

それよりStanford、なぜWalt Harris (Pittsburgh HC)なんでしょうか。彼に実績ありますか?昨年・一昨年、それなりのチームは仕立てていたもののあれは超カレッジ級WR Larry Fitzgeraldなどメンツに恵まれたという感が強く、弱いチームを勝たせた知将という感じではないと思うんですが。というかMiamiと真正面対決になったあの年の時点で他校のコーチ探しで名前が挙がらなかった事自体が評価の低さを示しているかと。

Harrisの側からいえばPittsからStanfordではフットボール的ステータスではさしたるアップグレードではないでしょうが、BCSから陥落するやもしれない泥船Big Eastから脱出できるうえに給料アップなら文句なし。特に今年は序盤からファンベースから辞任要求が高まっていたし、今回のBCS進出が地元イメージ的にそれを吹き飛ばすような状況とも思えず。
だいたい一般的にプロスポーツがあるような街の学校はファンの要求や目が厳しいんですよね。Pittsburghはご存じNFLの由緒あるSteelersの本拠でもあり、他のカレッジのファンのような優しいファン層が足りない感じ。

メジャーとマイナーのせめぎあい~Big Eastを巡って

これは「Big East 2005!」として先日書いた話とつらなる話です。

その記事でBig EastがBCSの自動枠から漏れる現実的な可能性と危機について書いたんですが、ひとつ重要な点を押さえるのを忘れました。
Big EastのBCS Bowlへの代表がで最終BCSランクで過去四年平均12位を確保しないとBCS Bowlへの自動出場が保証されない、というのが前回の主旨だったんですが、今回押さえるポイントは「保証されない」という文言の中身とその行方の話です。

このページの右端のリンクにある2004シーズン用のBCSのルールによると12位平均を保てなかった場合、「...are subject to review and possible loss of that guaranteed annual berth..」、つまり見直しと保証Bowl枠の剥奪の可能性の対象となる、とあります。
ここで重要なのは剥奪の「可能性」であり、必ずしも出場不能になるわけではないというところでしょう。枠の見直しは不可避ですが、剥奪は相談次第。見ようによっては相談次第で出場OKということもあるかも、と読めるわけです。


そこで今回の主題に入っていくのですが、いったいそれを相談するのは誰なのか、決定するのは誰なのかという点です。
ではまず主題のメジャー校とマイナー校の線引きをしてみようと思います。実はここが面白いのです。ことの推移によってはBCSの根幹を揺るがす話になるのです。

一般にBCS校、6大カンファレンスの所属校をメジャー、それ以外のDiv. I-A校をマイナーと呼び(正確にはNotre Dameをマイナー校側に含めるべきではないかもですが、まあとりあえず)、2004年現在合計117校がDiv. I-Aに所属しています。来季は昇格で二校増えるかもしれませんがまだ最終決定が出ていません。

さて多数決を考えてみましょう。117校であれば58票が多数です。もし二校増えれば59票で多数を形成できます。
BCSカンファレンス合計で2004年には63校ありました。2005年は65校の予定。対するnon-BCS校は54票(二校増えた場合。以下同じ)。つまり過去、なにごとであれ議決をDiv.I-A校による多数決に持ち込めば常にBCSカンファレンス側が勝っていたわけですし、2005年も同じ事です。

しかし上記のBig Eastの自動出場枠の件はそう簡単にはいきません。まず当事者であるBig East票が議決に参加できるのかどうかが問題になるでしょう。もしBig Eastが除外されたとするとBig East所属の8票が消えますからBCS校と非BCS校の票数は57対54まで急接近します。
状況にもよりますが、非BCS校はat-largeの枠が増える自動枠の削減には賛成でしょう。BCS校側からすれば明日は我が身の自動枠削除問題ですが、2004を見ても分かるとおりBig Eastと他のBCSカンファレンスには相当の開きがあるというのは衆目の一致するところですし、我が身かわいいと言って一致団結してBig Eastを救済する方向に暗躍するのも世間の風当たりを気にすれば難しいところ。それにたった2校が賛成に回ればどうせ賛成多数になってしまう話です。また自動枠が減れば自カンファレンスの二位校のBCSボウル進出の可能性が高まるし、または懐が痛まないまま非BCS校向け枠が設定できると考えることもできます。

そんなこんなでBig Eastを自動枠から削除したとしましょう。
となるとDiv I-Aの安定多数に一大異変が発生するのです。Big Eastの8票がBCS側から非BCS側に移動。非BCS校側が多数派になってしまうのです。57対62、非BCSの第4クォーター逆転勝ち!
特権カンファレンスから放逐されたBig Eastがマイナーに加わることで事態が完全に変わってしまうのです。

そうなったらBCS改革は待ったなし、改革案が議決に持ち込まれたら常に非BCS側が勝つのです。タイミングもBCSの三周り目に入る2006年目前。大改革にはもってこいのタイミングです。メジャー校からすればBig Eastの放逐は自らのクビを絞めることになるわけです。だから平均規定を下回っても言いわけが立つ範囲ならBig Eastに荷担する可能性があります。フィールド外の暗闘ですね。

マスコミでこの件をジクジクつついているところはまだ見たことありませんが、おりこうさんの各カンファレンスのコミッショナー連はこの事実に気づいているはずです。もちろん当事者のBig Eastも含めて。
  だからBig Eastからすれば試合で勝って12位平均をキープすることが最上ですが、それが危なくなった場合でも今度は自らが握る多数決のキャスティングボートをてこに政治力で生き残りを計るはずです。弱いというだけでおとなしく排除されるようではアメリカのエクゼクティブは勤まりません。可能性としては12位平均規定自体を来年のBCS規定から削ってしまうという芽を摘む手段がすでに裏で始動しているような気がしますね。

2005シーズンのBig Eastの活躍または失態にご注目ください。そこにBCS改革が大改革になるのか、いまの延長線上となるのか、その未来がかかっているのです。12位平均規定がいじられるようなら陰謀発動中です。
記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文