アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

再びLeBronのブザービーター

ビジターの頑張りで最終盤に接戦に持ち込まれたNBAプレーオフ二回戦Toronto Raptors@Cleveland Cavaliers第3戦。最後に全部おいしいところを持っていったのはLeBron Jamesでした。同点からのブザービーターで105-103でClevelandが勝利、3戦全勝として東ファイナル進出へ王手をかけてます。今プレーオフでは一回戦第5戦での3秒残りからの決勝点に続いて二度目のブザービーターとなってます。一回戦のときはたったの3秒を守れなかったIndiana Pacersのまずい守備に呆れる面の方が強かったのですが、今回は8秒もあり、それをこんなショット打てるのかという難度の高い場面に追い込んだRaptorsの守りはそこまで悪く言えない(LeBronにダブルチームに行ってないのが悪いと言ってるマスコミもありますが同意しかねます)。それをさらに上回ったLeBronのスーパーショットに感嘆する以外ありませんね。すごいです。このショットを受けてLeBronがMichael Jordanを超えてNBA史上最強の選手になったという議論が再び湧き上がってきてます。(GOAT議論はまた別の機会としましょう)

同点での8秒残りの最後のポゼッションのCavsが自軍ゴール下からのインバウンドを選択したのが大正解でした。この点はもっと褒められていい。CavsはタイムアウトをとったのでNBAルールではフロントコートからのインバウンドが選択可能で、残り時間も少ないことからほとんどの場合はフロントコートからのインバウンドが選択されるし、たぶんTorontoの方もそのつもりでディフェンスプレーを指揮したはず。先日のIndiana戦でも指摘した通りこういう場面でCavs HC Tyronn LueはボールをLeBronに預ける以外のプレーを選択することはほとんどありません。だからLeBronへのダブルチームをしてインバウンドのボールがLeBron以外の選手に行くようにするのが守りの基本でしょう。Indiana戦でのブザービーターのときの試合は当たっていたのがKyle KoverだけだったしLeBronに2人、Koverに一人サイズで勝る選手をつけておくべきだった。今日はKoverだけでなくKevin Loveも当たっていた。その上残り時間も8秒、つまりパスを最大2つすることも可能な残り時間だったので守る方はIndiana戦よりも遥かに気をつけるべきことが多い場面でした。
そのように準備したであろうTorontoですが、Cavsは自軍ゴール下からのインバウンドを選択。これでTorontoの準備した守りは裏をかかれてまんまとLeBronへのインバウンドが成功。もしこのときTorontoが即席でバックコートでLeBronにダブルチームをかけたとしてもインバウンドを防ぐのは難しい。というのはTorontoのゴールが入った後のポゼッションですからインバウンド役に回った選手はゴール下ベースラインを走り回ることが許されます。だから全てのLeBronへの角度を切ることは簡単にはできないのです。フロントコートからのインバウンドを選択するとインバウンドする選手はそんな風には動けない(やるとトラベリングの反則)。難しい最後の局面はLeBronに任せるばかりしか能がないと批判されることが多いHC Lueですが、この日のバックコートからのインバウンドを選択したのはお手柄と言っていいはずです。
LeBronへボールが渡ることを未然に防ぐことには失敗したTorontoですが、Kover、Loveにはしっかりガードが着いていてLeBronが突っ込んでからのキックアウトの可能性は消していたし、LeBronのゴール下へのドライブも止めたのですから文句は言えない。そこから逆足で跳んで手先だけで打ったフローターがバックボード経由で入っちゃうって、もう止めようがないでしょう。脱帽以外ない。

そのラストプレー以外でも今プレーオフではLeBronのフェーダウェイジャンパーもよく決まるし、3ポインターもよく入る。この日はLoveがLeBronがベンチにいる時間帯にインにアウトに奮戦して計21得点、今プレーオフ好調が続いているKoverが18得点とLeBronが一人で暴れなければならない試合ではなかったのもよし。Raptorsとの相性の良さを差し引いてもCavsの視界が開けた試合と言っていいんではないでしょうか。

東カンファレンス決勝の対戦相手はBoston Celticsが有力。現在そちらの二回戦でPhiladelphia 76ersを3勝無敗でリードしています。NBAのプレーオフでは過去0勝3敗からシリーズをひっくり返して勝った例はありません。Bostonの方はBostonで若き名将Brad Stevensの終盤戦術が見事に当って接戦をものにして3連勝となってます。そちらはフロントコートからのインバウンドをデコイを3枚使ってゴール下に残ったAl Horfordへの難しいディフェンダー頭越しのパスを決めて決勝点へ。試合後はBostonの選手が口々にStevensのコールを絶賛というラストプレーでした。
76ersは終盤に入って3つのターンオーバーがどれも痛かった。それでも食い下がり延長戦に持ち込んだんですが力尽きてます。

舐めてはいけない

NHLプレーオフ二回戦でBoston BruinsのBrad Marchandが相手選手を舐めました。バカにしたとかそういうことではなく、文字通り舌で舐めたのです。試合後NHLはMarchandにそういう行為をやめるように通達する、と発表してます。その通達にどれほどの効力があるのかはよくわかりません。ルール上は暴力行為は反則となりますが、舐めるのは暴力行為とは言い難く、もしこの先にも同じことが起こった場合の処罰があるのかどうか注目されます。
今回話題になってから知りましたがMarchandは一回戦の対Toronto Mapleleafs戦でも相手選手を舐めたそうです。その時は処罰なし。一度きりのくだらない挑発行為と見逃されたのが、二度目となるとそうもいかないようです。
ホッケーでは敵味方が顔を突き合わせて一触即発な状態になることは日常茶飯。他のスポーツなら反則になるような小突きあい程度では反則にもなりません。舐められた相手はたまったもんではなく激昂して飛びかかってくるかもしれない、それを見越して舐めてるんでしょうね。

バスケだと似たような例で数年前にIndiana PacersのLance StephensがLeBron Jamesの耳にフーっと息を吹きかけて挑発するという有名なシーンがあったりしました。Lanceの所属するPacersはそのLeBronの所属するCleveland Cavaliersと激しい一回戦を展開。今年はLeBronをターゲットにした挑発行為はなかったですが、Lance自身は相変わらずで相手チームや相手ファンに嫌われそうなウザい行為を連発してましたね。なかなか見ていて楽しかったです。Lanceはシリーズを通して大いに活躍、実力派なのがまた良いです。
Brad Marchandもホッケーの実力は文句のない好選手。今季レギュラーシーズンでもリーグ全体で17位に当たる34ゴールを記録。プレーオフに入ってからも好調で全体の4位である17ポイントを叩き出しており、Boston Bruinsの攻撃にはなくてはならない選手。しかし話題になったのはプレーではなく舐めたところというのが、おもしろいというか不幸というか。
プロのスポーツ選手ですから話題になってナンボという面もありますが、男らしさを全面に押し出す傾向の強いホッケーだとこの行為とそれによる評判がどうなっていくのかはちょっとわからないです。

Bruinsは昨夜敗戦、Tampa Bay Lightningが3勝1敗でシリーズ王手をかけており、Marchandが三度舐める機会はあと僅かかもしれません。ボロ勝ちまたはボロ負けの試合展開になったときがその機会か。

月間の三振数が安打数を上回る

先日「MLBの最適ゲームバランスはどこにあるのか」というタイトルでMLBの三振の増加インプレー減少の問題を論じてみました。それと現象を同じくする記録がまた出たようです。4月が終わったわけですが、月間でMLB全体の三振の数が安打の数を上回ったそうです。MLB史上初の事態とか。
これをどう感じるべきなのか、どう考えるべきなのか、まだ判断がつきかねるのですがひょっとしたらまずい領域に入ってきたのかもしれません。個人的な好みを言うとズバッと切ってとる三振シーンは野球の華の場面の一つであり好きですが度が過ぎるということなのか。

今回はヒットより三振が多いという切り口でニュースになっていたのですが、実態は前回の記事でも書いた通りインプレーの打席が減り続けているという方が問題であるはずです。
時短策の一つの案として5本目(でも何本目でも良いですが)のファールは三振にするという案も耳にしましたが、それだとインプレーがさらに減っちゃうんですよね。ゲームバランスの調整で打者有利にするためにストライクゾーンを狭めるというのも四球が増える可能性がありこれもまたインプレーが減る可能性がある。

どうしましょうか。

最新スタジアムでLAFC初戦を飾る

MLSの新チームLos Angeles FCがリーグ7戦目にして初のホームゲームで、新ホームBanc of California Stadiumでの初戦を飾ってます。ロスタイムに入ってのFKで1-0勝利。FKはGKの真正面だったんですがGKがキャッチミスでこの日唯一のゴールとなってます。
ゴール自体は締まらないミスでのものですが、ホームチームにとってはそんなことはどうでもよく、FS1の解説陣もミスを無視して「劇的ゴール!」と持ち上げまくってました。試合自体は正直、山場の少ない試合で語るべき点は少ない。満員22,000人の観客の声援に押されて最後まで走りきれたという部分では良かったのでしょうが。試合前に共同オーナーのひとりコメディアン俳優のWill Ferrellが宣伝も兼ねてTV中継に参加してました。他にも地元での宣伝にセレブを様々起用していたようで、豪華さを売りにする初めてのMLSクラブとして出発しています。
スタジアムの美麗さはどの報道も口々に伝えていますからよほど良いのでしょう。一度見学に行ってみたいです。観客席が屋根付きということで将来のFIFA W杯にも準拠ということでしょうね。

このBanc of California StadiumはMLSのサッカー専用スタジアムとしては16番目のスタジアム。現在MLSは23チームが所属しています。今年夏にDC Unitedの新ホームAudi Fieldが開場予定でそれが17番目、来年開場予定のMinnesota United FCのホームが18番目になる予定。つまりあと5チームがサッカー専用スタジアムを持っていないということになります。
その5チームのうち、Seattle Soundersは観客動員が良すぎて設立当初は間借りのつもりだったNFL Seattle Seahawksのスタジアムに永住モード。また昨季MLS参入となったAltanta UnitedもNFLのAtlanta Falconsのホームに間借りで動員好調で他のMLSチームの持つような規模のサッカー専用スタジアムの建設はなさそうです。ざっと22,000〜30,000人程度のキャパをMLSの専用スタジアムはもっていて、Sounders、Atlanta Unitedの平均動員はそれを遥かに上回るので。Sounder、Atlantaともに特定のビッグマッチを除いてはNFLスタジアムの全席を使うわけではなく上部席は閉鎖して席の上限を下げた上で使用して「満員」と称しますが、それでも他のMLSチームの倍の動員をします。

今回のLAFCが美麗スタジアムを建てたことで、残るサッカー専用スタジアムを持たない3チームの動向が注目されます。その3チームとはNew England Revolution、New York City FC、Vancouver Whitecaps。WhitecapsのホームはBC Place。冬季五輪のときのメイン会場でもあり数年前に全面改修。MLS WhitecapsとCFL BC Lionsが同居するスタジアム。Whitecapsの動員力と地元の経済力を考えるとたぶん新サッカー専用スタジアム建設はない。New EnglandはMLS創設から存在する老舗ですがオーナーが乗り気でない。NFL New England PatriotsのGillet Stadiumにずっと同居です。今年もMLS最低レベルの動員でスタートしてます。
New York FCがどうするのか。MLB Yankee Stadiumに同居。資本20%がMLB New York Yankeesの配下でもあるのでYankeesの組織にもメリットがなければYankee Stadiumにとどまるはず。少なくとも新スタジアムを作ろうという意欲はNew Englandよりはあって、いろいろな候補地が挙がってます。ただ同市の場合、NHLのNew York Islandersの新アリーナ建設の方が優先事項となっており実現するとしても少し先のことになりそう。また今回のLAFCのBanc of California Stadiumが$350 millionと大盤振る舞いの予算で建てられており、それとの比較で同規模の美麗スタジアムを建てようとすると同市では遥かに大きな予算が必要になる。それだけのコストをかけてサッカー専用スタジアムがペイするのかはかなり疑問でもあり、難航が予想されます。

LeBron勝ち抜け 二回戦カード確定

結局はまた40点ゲームを叩き出したLeBron JamesがCleveland Cavaliersを救って、LeBron自身初の一回戦敗退を回避。Indiana Pacersは健闘して盛り上げてくれましたがOladipoがこの日の前半また当たってなかったし、まだNBAのスーパースターと呼ぶには足りなかった。Pacersはサイドキャストもこの日は冴えず、これでは必死モードのLeBronは掴まらない。先発に初挿入したTristan Thompsonが序盤に大活躍で試合のトーンを変えたのが当たりました。

プレーオフ一回戦は激闘が多かったですが終わってみれば二回戦カードは東はシード1位〜4位が勝ち上がって順当なカードに。Toronto Raptors対Cleveland、Boston Cetlics対Philadelphia 76ers。Clevelandの地元紙さえ昨日の一回戦第7戦を前にLeBronの写真をトップ記事にして「今日はCleveland、明日はどこにいるかわからない」とCavsの敗戦・この日がLeBronのCavsとしての最終戦となるのを覚悟したような紙面を出していたんですが、なんとか勝ち抜け。二回戦はCavsが得意とするRaptors相手で相性的には一回戦より楽かもしれません。一回戦敗退の危機を抜けて結局は東はCavsなんていう未来もあるのかも。

西は既に二回戦開始。Golden State WarriorsがAnthony DavisのNew Orleans Pelicansを初戦一蹴。西のNo. 1シードHouston RocketsもUtah Jazzに快勝。西は無風でWarriors x Rocketsのカンファレンスファイナルになりそうな予感の第1戦となってます。
Anthony Davis、出だしは好調でダブルチームされていても得点するなどこれはいいかもと思わせた第1Qだったんですが、Pelicansのもう一つの得点源のJrue Hollidayを封じられてはチームとしての得点力がWarriorsに追いつかない。Davis対策でWarriorsはサイズの大きいフロントコートを採用するのかと思ったら真逆、先発からセンターJaVale McGeeを外してG Swaggy P Nick Youngを起用。スモールラインナップで勝負。さすがにそれは失敗だったようですが、使える選手がベンチに多彩にいるWarriorsはこの試合でいろいろマッチアップを試して、その上で大勝123-101。これでStephen Curry抜き、Zaza Pachulia抜きですから。

荒れたようにみえた一回戦は楽しかったですが、最終的には4年連続Cavs x Warriorsというのもあるんですかね。

OKCのビッグ3は一回戦敗退

NBAプレーオフ、西ではUtah JazzがOklahoma City Thunderを破って一回戦突破を決めてます。3点差の最後、OKCが計5度のオフェンシブリバウンドを得ながら最後の一本を決められずに敗退。前戦第5戦では意地を見せて25点差をひっくり返して踏みとどまったThunderでしたが毎回そんな試合はできません。結果から見ればUtahの方がシリーズ通して良いチームだったと言わざるを得ない。
昨オフにPaul GeorgeとCamelo Anthonyを加え、昨季MVPのRussell Westbrookの契約延長も決めてOKCにも今季はチャンスありと思ったシーズン開幕当初でしたが、レギュラーシーズンで勝ち星は伸びず、プレーオフでもルーキーDonovan Mitchellが引っ張るUtahにやられて一回戦敗退という結末。Paul GeorgeがFAとなるためこれでOKCのビッグ3は解体。NBAビッグ3失敗例として記憶されることになるんでしょう。

Utahは勝ち進み、二日後の日曜日には西のナンバーワンシードのHoustonとの対戦となります。今年からは昨年までのように間延びせずにどんどん試合が詰まってますね。昔に戻ったみたいでこれは歓迎したいです。

勝ったUtahですが、東で健闘中のIndiana Pacersと共通点がいくつかあります。どちらも昨季のベストプレーヤーを昨オフに失っています。IndianaはPaul Georgeを、UtahはGordon Haywardを。失った戦力に見合うような大きな補強はできずシーズン前の評判はかんばしくなかった。それがIndianaはPaul Georgeの代わりにOKCから移籍してきたVictor Oladipoが、Utahはドラフト全体13位指名と決して前評判が高かったわけでもないDonovan Mitchellが引っ張ってここまでやってきました。Mitchellはこの一回戦シリーズ6試合での得点合計がNBAのルーキー史上3番目に多い171得点。Mitchellよりも多く得点したルーキーはLew Alcindor(Kareem Abdul Jabberの改名前)とWilt Chamberlainだけだそうです。大変な記録です。

さらなる類似点はOladipoとMitchellの両方が最もプレースタイルを参考にした選手としてRussell Westbrookだったと公言していることですね。Mitchellの方は本人の弁だと背・体重・体つきがほぼ同じなのでWestbrookの試合のビデオを見まくって研究して真似たと言います。Oladipoは昨年一年OKCでチームメイトとしてWestbrookの試合や練習の触れて大いに刺激を受けて自身のプレースタイルに取り入れたとのこと。Oladipoによれば彼はカレッジでもハイスクールでもチームのエースだったことがないというのです。Pacersで初めて本当のチームの第1オプションの選手にとなったと。そこで昨季学んだWestbrook流の様々な積極プレーを全面に押し出すことに成功して、今の成功に至るというわけです。
OladipoはMost Improved Player賞はほぼ当確でしょうし、Mitchellは新人王はBen Simmonsにさらわれる可能性が高いですが、それでも普通の年なら文句なしの新人王クラスの活躍です。この成功した二人の師匠であるWestbrookがBig 3を結成しながら失敗シーズンという辛酸を舐めるという巡り合わせもちょっとおもしろいですね。
賞がらみで言うとIndianaのHC Nate McMillanが最優秀コーチ賞受賞が有力ですが、UtahのQuin Snyderも素晴らしい仕事をしたものです。それに対比するのは気の毒ですがOklahoma City ThunderはもうBilly Donovanは諦めた方がいいのでは。Big 3だけでなくオールスター級センターのSteven Adamsもいても勝てない。その前のKevin Durantがいても勝ててない。もうこれ以上は時間の無駄ではないでしょうか。RussというNBAのスーパースターを地方チームが契約で引き止めに成功したのに、これ以上時間を無駄にできないと思いますけどね。
記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文