アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

隠れた好ゲーム WCoH ロシア x 北米U-23

NFL Monday Night Footballの裏番組でWorld Cup of Hockey 2016(以下WCoH)のグループリーグの一試合を見ていたのです。これがものすごく面白い試合で目が離せなくなってしまいMNFはほとんど見てません。まず状況を説明します。これはWCoHのグループステージB組の第2戦。ロシアは初戦をスウェーデン相手に落としている。「北米」チームはアメリカ・カナダの23歳以下の選手を集めた混成チームで、初戦ではフィンランドを相手に4-1で快勝。4チーム中2チームが準決勝へ進む仕組みなので北米チームが勝てば準決勝進出確定、ロシアは敗戦すれば敗退決定という状況です。

先取点を挙げたのは北米だったのですがこれが大変に絵になるゴールとなりました。ロシアのショットをセーブしたパックを受けて2015年のNHLドラフトNo.1指名だったConnor McDavid (Edmonton Oilers)が俊足を飛ばして駆け上がる。それもロシアの重鎮Pavel Datsyuk(昨季までDetroit Red Wings、今季はロシアKHL所属)を抜き去って。そこからゴール前に詰めた2016年NHLドラフト全体1位のAuston Matthews(Toronto Maple Leafs)にズバリ合わせて鮮やかなゴール。ゴール自体も鮮やかでしたけれど、この人材の配置がNHLの未来を予感させてすごいな、と。DatsyukはRed Wingsで長年NHLを代表してきた最良のテクニシャン。個人的な理由で昨季を最後にRed Wingsを退団してロシアに移籍帰国。このWCoHに北米での最後の顔見せに来ているところです。その旧世代のスーパースターを抜き去って昨年のドラ1と今年のドラ1がズバリ決めたゴール。歴史に残る世代交代のゴール!、というように私には見えました。ここで私は盛り上がってしまい、もうMNFはそっちのけに。

第1ピリオドは若さで走りまくる北米U-23のイキの良さが目立つ展開。このままこの若獅子軍団がロシアを突破して準決勝進出決定となれば、準決勝の相手はたぶんアメリカ代表かカナダ代表。これは期待できるぞとというところ。このU-23というチームを参加させた企画力の勝利です。

ところが第2ピリオドになって気合いを入れ直してきたのかロシアが一気に押し返す。4連続ゴールで一気に試合をひっくり返す。この大会の前の調整試合から冴えなかったロシアが突如大爆発。第2ピリオドが終わる前に北米が1点返して4-2で第3ピリオドへ。そこから北米の粘りが発揮されて4-3。最終盤にはエンプティネットにロシアの反則が加わり6-4での猛攻。ゴールパイプ直撃のあわや同点弾が飛ぶなど最後の最後まで行方のわからない大熱戦。ロシアが4-3で逃げ切り両チームとも1勝1敗となってます。熱い試合で堪能。若手チームがスター揃いのロシアに迫る様はMiracle on Iceも彷彿とさせるようなムードもあり、めったにない緊迫・迫力の一戦でした。ホッケー、めちゃめちゃおもしろい!と言いたくなる試合。

もう一つの混成チームである「欧州」チーム(=ロシア・フィンランド・スウェーデン・チェコ以外)もA組で二戦二勝で準決勝進出の好位置に付ける活躍。「欧州」「北米」をWCoH参加チームに加えた主催者の思惑は大当たりとなってます。

Bradyの後継当確?Jimmy Garoppolo

NFL第2週。New England Patriotsが地区ライバルMiami Dolphinsを下して開幕二連勝。この試合が一番今日のラインアップの中でいろいろと感じるところがありました。QB Tom Bradyをdeflategate出場停止で欠く中、開幕戦に続いてQB Jimmy Garoppoloが安定感満点のプレーぶり。あっさりと前半から大差。そのGaroppoloが負傷したことで三番手の新人Jacoby Brissettに試合後半を託す。リードもあったことでプレーコールも抑え目で得点は伸びなかったですがMiamiを押さえきって連勝。Bradyはまだあと二試合出場できず、Garoppoloの復帰がどうなるか。タイミングの悪いことにNew Englandの次戦は木曜日、中三日しかありません。HC Bill BelichickはGaroppoloのケガについて語らず。まあ彼らしい対応です。ここは無理をせず第三QBで臨むことになるか。

ドラフトでJacoby Brissettを3巡目指名したときは「?」な感じでしたが早くも先発の出番が回ってこようとは。カレッジ時代は地味な学校(Florida→North Carolina State)で地味な戦績。なぜPatriotsのようなチームが3巡目という指名を使って獲るのかな?と思った選手ですがどこかにBelichickは魅力を感じたんでしょう。大型のデュアルスレットQBです。この日はGaroppoloに代わって入ってすぐにGaroppoloと同じさっくり縦パスを通してみたりうまくPatriotsのプレーブックに馴染んでいるかのようなフィットぶり。Bradyのような絶対QBのいるチームに加入したら第3QBはプレータイムすら貰えるかどうかわからない。それがルーキー3戦目で早くもコンテンダーチームの先発QBとして登場なんて、降って湧いた幸運。そのチャンスをどう掴めるのか。まあ掴むと言ったところでその次週にはGaroppoloも帰ってくるでしょうし、さらにその翌週にはBradyも出場停止明けで帰ってくるので先はないものの。ただここでBrissettが1試合半の実戦経験を積めるのはPatriotsの将来一発の大勝負でのトリックプレーなどで効いてくるかもしれません。

負傷退場となったGaroppolo。安定感たっぷりのプレーぶりで文句なし。現場ではそんなに酷いケガのようには見えませんでしたがそのまま欠場。大量リード、Brady不在中という総合判断もあったのでしょう。主戦QBが実績抜群のBradyなのでそんな話にはならないですが、普通のチームだったら「このままGaroppoloを使い続けた方がいいのでは?」なんて議論が起こりうるほどの安定感。もうBrady引退後の後継はGaroppoloでキマリぐらいの感じで馴染んでいます。

この日もTE Rob Gronkowski不在のままでしたがその不足を感じさせず。Garoppolo抜きとなる次戦に復帰しますかね?それとも。




Lamar Jackson参上

すごいのを見てしまいました。No. 2 Florida State@No. 10 Louisvilleの一戦はLouisville完勝、63-20。これでも終盤にFlorida Stateが得点を重ねて点差が縮まったのです。Louisville QB Lamar Jacksonが投げて良し走って良し。この一試合でLamar Jacksonは一気にハイズマン賞候補筆頭に躍り出たと言える脅威のパフォーマンス。これでLouisvilleは今季開幕三試合連続で62得点以上。しかしこれまでの二戦とは相手が違う。そのリクルート力で常に最上級アスリートをずらり揃えることで定評のあるFlorida Stateディフェンスを相手にひらりひらりとかわしてエンドゾーンへ次々と走り込むその姿はちょっと過去の他の選手に例えられません。細身の身体で密集を抜け出すしなやかさというと、似てるものを探すとボクシングのFloyd Mayweatherの身のこなしぐらいでしょうか。

開幕二戦は相手がCharlotte、Syracuseだったのでそちらのディフェンスの能力が劣っていたから大量得点できたのではという懐疑論があったのですが、Florida State相手でもまったく同じ結果。これはLouisvilleはシーズンの目玉となったのでしょう。またLouisvilleディフェンス陣も堅くオフェンスの片肺チームでもない。来週以降も注目せざるを得ません。

Louisvilleのスケジュールを見ると二週間後に@No. 5 Clemson、そして11月に@No. 6 Houstonとトップ10校が控える。そしてそのどちらもデュアルスレットQBのチーム。昨年のハイズマン賞最終候補の一人で今季受賞のトップ候補だったClemson QB Deshaun Watsonとの直接対決となる二週間後が早くもとても楽しみです。

常勝校Florida Stateに完勝したことで今日午後発表になるLouisvilleの新ランクがトップ3に食い込んでくることが予想されます。No. 1 Alabamaがまたももたついたこともあって1位票もLouisvilleに入りそうです。No. 3 Ohio Stateがシーズン前から大期待だった@Oklahomaの試合をきっちり勝ったのは立派だったと思います。これでBig XIIは早くもプレーオフ進出校がなくなる危機です。Pac-12も冴えない。昨年のハイズマン賞のもう一人の最終候補RB Christian McCaffrey擁するStanfordが粘れるかどうか。SECも今年は怪しい試合が多い。Big TenはNo. 13 IowaがFCSの雄 North Dakota State Bisonの餌食となって逆転負け。この試合も良かったです。試合直後のインタビューでNorth Dakota StateのHCが勝因を「王者のメンタリティ」と言っていたのが印象的。これはすごいすごいと思いました。

カンファレンスごとで見ていくとここまで勝ち組と言えるのはACCだけという意外な展開になってます。

最終スコアとは違う内容だが及第点

No. 6 Houston@Cincinnatiの木曜夜の試合。最終スコアは40-16と大差になりましたがホームのCincinnatiの粘りもあって終盤までなかなかの好ゲームでした。マイナーカンファレンスから初のプレーオフ進出を狙うHoustonにとっては及第点の試合と言えるでしょう。主力メンバーに故障があって一気に突き放すことはできなかったものの最終スコアの見映えも確保したので。QB Greg Ward Jr.はケガを押しての出場でもその能力の片鱗は見せたといえそう。小型なので密集に突っ込むのが怖いし、パスも相手ラインの手にはたき落とされる場面も散見しましたが、抑制の利いたデュアルスレットで最後は連続TDでチームを大勝に導きました。

Houston側で特筆すべきは新一年生DT Ed Oliver。これは3年後=NFLドラフトを得る頃には凄い選手になっているかもしれません。普通、高校から入ったばかりのラインの選手はまだ身体パワーが上級生に追いつかないものですが、解説陣絶賛。先物買いのお好きなNFLファンには注目の選手になるかもしれません。☆☆☆☆☆のリクルートでPower 5カンファレンス外の学校へ行った近年では例のない選手。Alabama, LSU, Oklahoma, Notre Dame, Texas, Texas A&Mといった有力校を蹴って地元のHoustonへ。顔つきも良いしボディランゲージから匂い立つ雰囲気、プレーするのが楽しくてしかたないような様子。

この両校は近い将来のBig XIIの拡張の際の対象と考えられる両校。メジャーカンファレンス移籍のチャンスを目の前にしてのオーディションという部分もあったでしょうか。


Malkin vs Crosby in Pittsburgh

ホッケーNHLの主催するWorld Cup of Hockey(開催地=Toronto)の前の最終調整試合が今夜行われます。その目玉試合はカナダ代表対ロシア代表の試合。場所はPittsburgh Penguinsの本拠地CONSOL Energy Center。なぜこれが目玉かというとPittsburghのダブルエースであるEvgeni Malkinがロシア側、もう一人のSidney Crosbyがカナダ側。Penguinsのエースがそれぞれの国を率いて地元で激突するカードだからですね。Crosby、MalkinともにNHLのMVPであるHart Trophyを獲得しているNHLの代表するフォワードです。二人ともPenguinsにドラフトされた生え抜きであるため対決は稀。それをこの機会に地元Pittsburghに持ってくるという興業センスはシーズンの盛り上げにはもってこいでしょう。

WCoHには8チームが参加。アメリカ、カナダ、ロシア、チェコ、スウェーデン、フィンランド、それ以外の欧州の混成チーム「欧州」チーム、さらに北米のU-23選手をまとめた「北米」チームの8チームによる構成。なかなかセンスいいなと思います。杓子定規に国家単位で対抗戦にすると選手層の厚みの劣る国が出るのは冬季五輪など見ても確実であり、欧州チームにまとめてしまうのは悪くないアイデア。ちなみにこのような地域の混成チームをワールドカップなどの国際大会に出場させる例はクリケットでもあります。元英国領のカリブの島国ではクリケットがプレーされているのですがいかんせん人口が小さい。そこをWest Indiesという単位でまとめて出場。これがうまくいって健闘しています。北米U-23の方もなかなか魅力的です。直近のNHLドラフトの上位指名の話題の選手たちが顔を揃えるフレッシュな顔ぶれでこちらも楽しみ。

  そういうことで見たんですけれど、ちょっと期待外れ。まあ大会本番が土曜日に迫っていることもあるのか数日前の調整試合ほどスピード感がなかった。特にロシア。まあ本番が始まればまたおもしろい試合もあることでしょう。土曜日に開幕、その日はカレッジフットボールの好カードが目白押しですから個人的にはホッケーまでは手が回らないかと思いますけれど大会が進むにつれ楽しめると良いです。放映はESPN系列で。NHL放送をしているNBC系列に今大会の放映権獲得の優先権があったのですが、同系列はパラリンピックを放送せねばならなかったりで余裕がなく、ESPNが放映権獲得。その昔ESPNがNHL中継をしていた当時の懐かしいテーマミュージックがなかなか良いです。

早くもシーズン分け目の週来る Week 3

今週のカレッジフットボールは好カードがずらり。今季のプレーオフ四校の行方を占う大事な試合や、シーズン序盤二戦で飛び出したニュースター選手の真価の問われるカードが並びます。

まずは木曜日のNo. 6 Houston@Cincinnati。これはシーズン全体に及ぼす影響が大な試合。Houstonはマイナーカンファレンス所属ながら開幕戦で強豪Oklahoma(当時全米3位)を堂々破っているだけに全勝ならばプレーオフに出さないわけにはいかない。Houstonのスケジュールを眺めると11/17のホームでのNo. 10 Louisville戦が全勝達成への最難関の試合ですが、それに次ぐ関門がこの@Cincinnati戦。プレーオフ制になって三年目の今季。過去二シーズンはマイナーカンファレンスからプレーオフに該当すべきチームは出てこず、今季のHoustonがカレッジフットボールプレーオフへ臨む最初の非Power 5カンファレンス校となるかどうか。木曜日の全国放送の試合でもあり関係者の耳目を集める試合。ただ勝つだけでなく、勝ち方印象点もできれば稼ぎたいところ。Tommy Tuberville HC率いるCincinnatiは毎年下馬評以上の試合を見せる過去数年。好試合が期待されます。

本番土曜日は正午キックオフのNo. 2 Florida State@No. 10 Louisvilleでスタート。これもシーズンの行方を大きく左右する大一番です。シーズン前からFlorida Stateが今季の行方の鍵を握るチームだと書いていたわけです。昨季全米優勝戦まで進んだClemsonとともにFlorida StateはACCの優勝候補。Florida StateはOle' Miss、FloridaというSEC校二校との対戦もあり、星勘定によってはACCから二校がプレーオフに勝ち残る可能性もあるというのがシーズン前から見えていたところ。その場合二校とはClemson/Florida Stateが想定されていたわけですが、Louisvilleが予想以上の勝ちっぷりで序盤二戦を圧勝してきたことでACC二強にLouisvilleが割ってはいるかも、という一戦です。Louisville 二年生QB Lamar Jacksonの投げて良し走って良しの変幻自在ぶりがFlorida Stateに通用するのかどうか。ここでもしLouisvilleが勝つようなことがあると前述のHoustonとLouisvilleの11月の試合が事実上の全米準々決勝戦になる可能性さえ見えてくる。またJacksonが一気にハイズマン賞レースのトップに躍り出るかもという期待まである。Louisvilleのここまでの二戦は相手が弱かったからなのか、どうか。全米のカレッジフットボールファンがLamar Jacksonの真価を見定めようと注目する一戦になります。Florida Stateからしてもこの試合は負けられない。Florida Stateの今季のスケジュールは難敵を適度にばらけた迎えられる難度が高い割にはうまくセットされたスケジュール…だとシーズン前には思われたのですが予想以上にLouisvilleのオフェンスが冴え渡っているだけにこちらも正念場です。

同じ正午キックオフで下位ディビジョンFCSの雄 North Dakota State BisonがBig Tenに乗り込み@No. 12 Iowaと対戦するのも地味ながら注目の一戦。FBSの有力校に乗り込んで相手を苦しめるNorth Dakota State、今年も一発やってくれるでしょうか。Iowaのランクが高くなっているのも盛り上がります。

No. 1 Alabamaは@No. 19 Ole Missで。Alabamaは例年からの類推もあり、また最終スコアでは相手を圧倒しているのであまり誰も何も言いませんが、私の見るところかなりもたついていると思っています。HC Nick Sabanが不満を公言するのもわかります。開幕戦のUSC戦はプレシーズンのないカレッジですからもたつきは許されてもいいですが、二戦目も同じでしたから。Ole Missの方は既にFlorida Stateに敗戦しており早くもシーズンの勝負所。ここで一発Alabamaをまた喰ってSECを混乱に引きずり込めるか。Florida StateとAlabamaの間接比較、さらにはそのFlorida Stateを通してLouisvilleまで間接比較の対象になっていきそうなここまで三週のカードということになる。単なる好カードが多いというだけでなく、こういう複合的なところが今週のカードは魅力が強いです。

そしてナイトゲームで今シーズンのベストカードだとシーズン前から待ちかねていたNo. 3 Ohio State@No. 14 Oklahoma戦。これはすごいカードです。Oklahomaは既にHoustonに敗戦しているためもう絶対に負けられない。所属するBig XIIは昨年もプレーオフを逃しており、ここで早くもBig XII最強候補のOklahomaが2敗で脱落となればBig XII全体の浮沈に関わる。どうしてもホームでのこの一戦獲りたい。Ohio Stateに勝てれば開幕戦の敗戦は帳消し(というと言い過ぎか)にできる可能性のある大きな一勝になります。Ohio Stateから見ると同校にとっては珍しいアウェイの超ビッグカード。ここでOklahomaを叩き潰せれば過去シーズンの類推からプレーオフへの道は綺麗に開けてしまうであろう試合。激戦必至です。期待が高まります。

他にもMississippi State@LSU、Texas A&M@Auburn、Michigan State@Notre Dame、Texas@Cal、USC@Stanfordと好カードばかりで画面がいくつあっても足りない大変な週になってます。Colorado@Michignだって侮れないです。


記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文