アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

ベストメンバーでなくても楽しめる世界大会

ホッケーIIHF世界選手権が今年も開催。米代表・カナダ代表がそれぞれ完敗でグループリーグ初戦を落としてます。米代表は開催地元のスロバキアを相手に1-4。8カ国総当たりの長いグループリーグなので徐々に浮上してくるはずですが、現時点では1戦1敗得失点差-3で最下位スタートになってます。

ホッケーの世界選手権は毎年この時期、NHLのプレーオフ後半に重なって開催されています。各国の代表にはNHLでシーズンを終えたチームの選手が参加可。選手本人の自由意志で参加。米代表はChicago Blackhawksの人気選手Patrick Kaneが代表主将を務める他、Ryan Suter(Minnesota Wild)、Jack Eichel(Buffalo Sabres)などプレーオフを逃したチームからスターが参加。これに加えて先日U−18大会で活躍したU-18米代表主将のJack Hughesもメンバーとなってます。

この大会は例年、NHLプレーオフ一回戦二回戦で敗退したチームの選手が遅れて合流してくることがあるのが他のスポーツではほとんど例のない特徴です。プレーオフで惜しくも敗れて、そのままオフで休業へではなく、国の代表に合流してまだホッケーをやる選手もいるのです。ホッケーが好きなんだねーと言いたくなる、なかなか楽しい裏の大会なのです。


途中から参加というとそういえば野球のWorld Baseball Classicで前回2017年だったかで、Los Angeles DodgersのクローザーKenley Jansenがもしオランダが勝ち進んだら後から追加で代表参加出場するかも、という話があったことがありました。実現はしなかったわけですけれど、そういうのって良いなとも思ったものです。ホッケー以外だとこういうことが起こりうるのはWBCぐらいではないでしょうか。堅苦しいことを言わずホッケーのように選手の入れ替えには柔軟であっても良いんじゃないですかね。

当ブログにコメントをいただく中で感じることのひとつに、WBCをなんとかもっとベスト中のベストのメンバーを揃えた人気大会にしたいという気持ちを持つスポーツファンが日本にはかなりいるんだな、というのがあります。まあたぶんサッカーW杯に対するコンプレックスが動機なのだと推察しますが、スポーツの世界大会というのはそういうものばかりではないわけです。上述した通りホッケーの世界選手権は毎年NHLプレーオフの裏で、プレーオフに出られなかった選手と、欧州各国のリーグの所属選手などで構成されて「世界」の優勝を競っています。それがいけないともおもしろくないとも私には思えないです。
例えば今年はロシアの有力選手の所属NHLチームが早めに敗退したため、Alexander Ovechkin、Evgeni Malkin、Ilya Kovalchuk、Evgeny Kuznetsov、Nikita Kucherovなどなど豪華メンバーが揃ってます。これに二回戦で敗退したColumbus Blue JacketsのG Sergei Bobrovskyも合流するかもなんてロシアファンは盛り上がっています。実際はBobrovskyはFAなので出ないんじゃないかと私は思いますがどうなるか。
で、たまたま今年のロシアはベストメンバーに近いんですが、米代表やカナダはそうではない。カナダは例えばSidney Crosbyがプレーオフ一回戦敗退済みですが世界選手権は出場回避。だからこの大会に意義がないとか権威がないとか悲観するホッケーファンがいるとは思いません。これはこれで良いのです。しっかりした長い拘束期間を持つプロリーグが世界のいくつもの国で展開されている人気スポーツなのですからそうそう都合よく時期が空くわけではなく、どっかこっかスケジュールが引っかかるのも仕方ないのです。選手の移籍や体調、契約状況その他の理由で出場しない自由も当然尊重すべきでしょう。

ホッケーの世界選手権と比較すれば野球のWBCは米代表を除けばほぼ各国ベストメンバーが揃うのですからよほど豪華で充実しています。米代表にしてもスーパー・ベストではないにしても恥ずかしいようなメンバーでは決してない。それで足りないという悲観が日本から聞こえてくるのは少々奇異に感じます。そして実際のWBCの試合や大会は好試合や意外なチームの奮戦が随所に見られるとても良い大会のように私には見えます。このままで続けて行って良いように思うのですが、どうなんですかね?

Splash Brothers面目躍如 Durant抜きでカンファレンス決勝進出決定

やってくれましたね。NBAプレーオフ西二回戦第6戦、Golden State Warriors@Houston Rockets。Warriorsの3勝2敗で王手をかけての試合ではあったものの、エースKevin Durantを第5戦でのふくらはぎのケガで欠いての試合。Houstonのホームでの試合でもあったことからRocketsの奮起も予想されて第7戦までもつれ込みそう、第7戦はKevin Durantは出場できるのか、というところまでマスコミは先走っていた試合。
そしてその試合の前半にStephen Curryがファールトラブルもあって無得点。Stephのハーフの無得点はこれが二度目とか。一度目は何年か前に試合開始早々にケガをして退場した試合があったのであの試合でしょう。ケガでもないのに無得点のSteph。DurantはいないわStephは無得点だわ。しかしハーフタイムのスコアは同点。Houstonが大きくリードしていなくてはいけない時点で同点だったのが、試合が終わってから見ればダメだったということになりそうです。
そしてStephが後半目覚め後半のみで33得点。前半Steph/Durant不在の間を支えたKlay Thompsonが27得点、前半21得点かな。最終スコアは118−113でWarriorsが勝ち進んでます。Rockets、どうしてもWarriorsを超えられないですね。今年は大チャンスかとも思ったのですが。

この日のWarriorsの先発5人はCurry、ThompsonにDraymond Green、Andrew Bogut、Andre Iguodala。これDurantが来る前に73勝した年にあった先発メンバーではないでしょうか。その前年だとHarrison Barnesが先発だったし、その次の年だとDurantが入っていました。Durantが欠け、その前にCousinsが欠場してのめぐり合わせで3シーズン前のメンバーになってしまった。主力選手は欠けたものの残りのメンバーのコンビネーションは熟練。そしてSplash Brothersが目覚めての勝ち。Warriorsファンにはなかなかおいしい勝ち方だったかもですね。

Tyronn Lueでなくて誰がやる?

Los Angeles LakersのHC探しがさらに混迷してます。Monty WilliamsがSunsのHCに就任して、選択肢が限られてきたと見られていたLakersですが、前Cleveland Cavaliers HC Tyronn Lueと契約内容で折り合いがつかずLueの採用を断念。もともとLakersはLueを望んでいたとは言えないだけにこの決裂自体はしょうがないところか。LeBron Jamesのお気に入りだからというだけの理由でLueを採用しようというのに、Lue側が5年契約という契約期間を譲らなかった、とされます。LeBronがそんなに長くいるとはあまり多くの人が信じているとは思えない状況でLue側はずいぶんと突っ張ったなという印象です。

LueのHCとしての名声は高いとは言い難い。NBA制覇を成し遂げたHCとしては最悪の部類と言ってもいいでしょう。
ただLeBronに限らず選手たちからの評判は悪くないとされます。しかしHCを雇うのは選手ではなく、NBAチームのオーナーやGMです。雇う側からの評価が悪いから現在浪人中とも言えるわけです。他に職のアテがない割に欲の皮が突っ張り過ぎだったとも言えそう。金額的には好条件がオファーされたとされます。

LueのHC就任が消えたことでいよいよLeBronの将来の放出も現実的になってきた感じもしますね。当面はFAで誰がLakersに来てくれるかが見えてくるまでは様子見でしょうが、それで来てくれる選手がない、LeBronの人気がないと確信できたらLakersはLeBron切りに向かいそうです。LeBronからしてもキャリアの晩節を腐って潰すぐらいならLakersを出る腹をくくるのでは。
と言ってLeBronに見合うトレードの相手なんて限られます。契約残り1年のAnthony Davisか、そうでなければRussell Westbrook? Rusの可能性に言及しているマスコミは私の知る限りありませんが、RusとThunderもどん詰まりになっているので応ずる可能性はあるかもなというのが私の勝手な憶測です。UCLA出身のWestbrookは以前からLAのチームに行きたいという希望を持っていたともされますし。


Lakers自体もかなり批判されてます。女性オーナーであるJeanie Bussはともかく、その意思決定にJeanieの親友Linda Rambisおよびその夫であるKurt Rambis(元Minnesota Timberwolves HC、短期でKnicksやLakersのHC職歴もあり)の影響でTyronn Lueの採用に後ろ向きだったともされて、ゴシップ誌向きのわけのわからない混乱に足を踏み入れつつあります。Kurt Rambisの実績ってTyronn Lue以下なんですけど、選手としてLakers OBだから、または奥さんがJeanie Bussと親友だからと言う理由で影響力を持つというのは私物化でおかしいだろ、というわけです。

Pavelskiの復帰したSan Jose Sharksが第7戦を制して西カンファレンス決勝へ

NHLの西カンファレンス二回戦、Colorado Avalanche@San Jose Sharksの最終第7戦、地元のSan Joseが3−2で逃げ切ってカンファレンス決勝へ駒を進めてます。
一回戦の最終第7戦でNHLプレーオフ史上最大の大逆転の試合で下したきっかけとなった頭部のケガを受けたSan JoseキャプテンのJoe Pavelskiはあの試合以来欠場を続けていたのですが、二回戦の大詰めのこの第7戦で復帰。そしてその勢いのまま第1ピリオドにPavelskiがゴールとアシストを記録してSan Joseが2−0とリードしてしまったので会場は大盛り上がり。Pavelskiのゴールは味方のショットにスティックを合わせてパックの軌道を変えてのもの。技ありの先制点になってます。
あのケガから6試合連続して欠場したということはかなり状態が悪かったはず。シーズンエンドになるかもしれない最後の第7戦なので体調はまだ完全ではないのに無理を押して出てきたのではと誰もが思ったと思いますが、そういう中決めちゃうっていうのは持ってるってことでしょうか。

その後Coloradoが追い上げ、幻の同点ゴール(ビデオ判定でオフサイドでゴールとりけし)などあったのですが、最初のPavelskiの絡んだ序盤の2得点が効いてSan Joseが逃げ切ってます。
西カンファレンス決勝は中地区3位St. Louis Blues x 太平洋2位San Jose Sharks。東はワイルドカードから勝ち上がった勢いのあるCarolina Hurricanes x 大西洋地区2位Boston Bruins。

一番強そうなのはBruinsですかねー。

Kyrie不発のままCelticsでの二年を終える

もう断言していいと思います。Kyrie IrvingがBoston Celticsのユニフォームでの最後の試合を不振のまま終了。Milwaukee Bucksが圧勝でBoston Celticsを退けて4勝1敗、東カンファレンス決勝に進出しています。Bucksがカンファレンス決勝に登場するのは2001年以来。Ray Allenのチームだった頃ですね。

Bucksは見事に機能するバスケチームになったもんです。スモールラインアップが主流になっていた昨今のNBAの潮流を変えてしまえるかもしれないと思わせるところすらある。さあこの先どこまで行けるか。楽しみです。

敗戦したBostonの方。昨季のプレーオフ躍進に貢献できなかったKyrie IrvingとGordon Haywardが帰ってきて完全体Celticsが期待された今季でしたが、Irving/Hayward抜きのときよりずっと弱くなってしまいました。
昨季のプレーオフで大活躍した若い面々が失速。Irvingとも反りが合わずチームの化学反応がまったく起きず。昨季はサラリーのお安い選手たちが目一杯のプレーをやってのけて、各選手が輝いていたのに。昨季の一回戦での同じMilwaukee Bucksとの激闘から始まり、King LeBron JamesのClevelandを相手に先のシリーズ王手をかけてFinals出場まであと僅かのところまで行ったあのチームがここまでバラバラになってしまうもんなんですね。

Kyrieが選手オプションでFAとなるのはもう確実。行き先がLeBronのLakersなのか、他のチームなのかはわかりませんが、もう一度Finalsに届くチームで勝負できる機会が残っているのかどうか。

Bostonの方はチームケミストリーの阻害要因だったKyrieが去ったあとに昨季のようなチームを再び作れるのかどうか、HCのBrad Stevensにとっては正念場のシーズンになりそうです。

来年再発進するXFLをESPNとFOXが中継決定

これはちょっとした事件ではないでしょうか。2020年2月に再度NFLに挑戦をするXFLの放送をスポーツ放送で最有力の二陣営ESPN系列とFOX系列が受け持つことが発表。開幕戦は地上波のABCとFOXが相前後して放送します。10戦のシーズンの他の週は土日にESPN-ESPN2、FS1-FS2が放送。

この辺のダイナミックさはアメスポ的です。これ、例えば日本だったらNFLが手をまわして敵対業者となるXFLに協力しないようにESPNやFOXに圧力をかけてみたりするのでしょうが。またXFLが2001年に一年のみシーズンを開催した際のXFL設立パートナーだったNBC系列ではなく、ライバル系列のESPNやFOXに放映権を託すというところもアメスポらしくドライと言えましょう。

例年のアメスポカレンダー的にいうと2月初旬にNFLがSuper Bowlを終えてシーズンを終了すると、FOX系列はDaytona 500を含むNASCARシーズンがメインコンテンツになります。ESPN/ABCはNBAバスケがメインのシーズンに移行する。もう少し進んで3月にはいるとFOX・ESPNともにサッカーMLSのシーズンも始まりますが、その辺りの時期の土日の放送枠を再興XFLの放送に割り振ろうということになります。
今回のXFL放映権が決着したことで当面一番割を食うのはMLSになるのかもしれません。NASCARもかなり被害を受けそうです。さすがに名のあるDaytona 500は食われることはないですが、他のFOX担当のNASCARシーズン前半の16戦のうち10週はXFLと共存となります。
記事検索
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文