アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

CFP優勝戦 試合以外の話

試合の興奮冷めない翌朝であります。

試合以外の話を。まずトランプ大統領の訪問から。私は事前に知りませんでした。保安上の問題からあまり事前におおっぴらに宣伝するようなものではないですが。出てきた瞬間に、ああこれはNFLへのあてつけだな、と。今回のCFP優勝戦は南部ジョージア州アトランタでの開催。出場校はGeorgiaとAlabama。どちらも南部でトランプ大統領を当選させた地盤です。あの場に観客として入場していたのは南部の経済力があるひとたちばかりでしょうから大半はトランプの支持者と重なるはずでブーイングを浴びる心配はほとんどなかったはず。どこが優勝戦に残るかは決まっていなかったですが、準決勝で敗戦したClemsonもサウスカロライナ州、Oklahomaがオクラホマ州と4校全部トランプの強い州の学校でしたね。残った二校がより南部っぽいですが。

カレッジスポーツではプロのように人種問題への抗議行動が表面化していません。細かいことはあるんでしょうが、表立ってうねりになるようなことはない。NFLの選手会に類するような横のつながりもないですし選手たちはまだ子供ですからね。

トランプ大統領はその昔NFL Buffalo Billsを買収しようとして既存のオーナーから忌避されて失敗した過去がありそれを根に持っているという説もあります。例の国歌演奏時の起立問題でNFLをさんざん口撃したのは起立問題そのものだけでなく、その過去の怨恨込みではないかとされます。それはそうとしても人気商売の政治家でアメスポ最強NFLに正面切って食ってかかれるのはトランプ以外は考えにくい。分断をしかけ、その分断のダイナミズムを自分への支持につなげるという手法の是非はありますが、確かに方法論としてはありうるのでしょう。支持者にNFLの試合への入場拒否を呼びかけたり、そして実際にその影響らしいNFLの試合での空席が目立つ事態が現出しています。試合に行けない・行かないだけならいまは転売市場が整備されていますから人気のNFL、空席にはつながらないはずですが、実際にはある。お金に困っていないシーズンチケット購入者がチケットを握りつぶしていて本当にトランプに呼応してるんだろうなあという感じですね。NFLのTV視聴率が落ちているのもその影響なのかどうか。ワイルドカード週の視聴率もかなり悪かったみたいですね。この数字の下落を来季以降に向けてNFLのオーナーたちがどう考えるのか。水面下に潜ってまだいろいろありそうです。


もうひとつ試合以外の話。事前に少し書いておいたハーフタイムの新企画。Kendrick Lamarのハーフタイムショーは試合会場ではなく、同市内野外の五輪公園に作られたステージでフリーコンサート形式。その模様は試合会場内の巨大モニタでも映されたようです。同夜のアトランタはかなり寒かったようでKendrickも聴衆もしっかり防寒むくむく。試合会場はインドアのMercedes-Benz Stadium。パフォーマンスは野外。インドアでぬくぬくのトランプさんとその支持者と、野外で寒そうな黒人ラッパーと試合とは客層の違う聴衆。ここにアメリカの分断を見てしまう感じです。Kendrick Lamarは公にCollin Kaepernickの支持者で歌詞もその方向のものが多いようです。CFPとしてはこれで両陣営のどちらかに偏ったわけではないという表現なんでしょうね。


Mercedes-Benz StadiumはNFL Atlanta Falconsの新本拠地。FalconsはNFLプレーオフに残っているもののワイルドカードでの出場でもありもう今季本拠地で試合をすることはないわけですが、Falconsのオーナー夫妻がこの日のCFP優勝戦に来てましたね。昨年のSuper Bowlでもう勝った!と思ってスイート席からフィールドに降りてきたらあれよあれよの大逆転負けで呆然としていたあのオーナーさんArthur Blankです。慈善家であると紹介されていました。上のラッパーのフリーコンサートの感じでもそうですが、アトランタっていう街は白黒分断がかなり露骨な大都市なので慈善家という立ち位置は大事なんだろうなぁという感じがします。いろいろ複雑ですね。

激闘延長の末 Alabama!

すごい試合でした。興奮が冷めません。
いやー。あまりにも語ることが多過ぎるんです。最後の延長戦だけでも、先攻Georgiaが3rdダウンで痛恨の大ミスでサックを喰って50ヤード超のFGを蹴らなければならなくなる大ピンチ。それをあのメガネのキッカーが救ってくれた。その直後のAlabamaの最初のプレーで新人バックアップQB Tua Tagovailoaがサックを喰ってこちらも大幅後退。Omg! そこからじゃ60ヤード級のFGになる。Alabamaのキッカーはレギュレーションの最後の短いサヨナラFGを外したばかり。このQBアホか、今の今Georgiaの方がやったのと同じミスをいきなりするとか何考えてんだ。絶対何も考えてないだろ、アホだろ。いくら一年生だからって、お前のとこのキッカーはダメなのになんでおま… と騒いでいたその瞬間にTDパス。試合終了。あ…

勝負師は失敗は即座に忘れる必要があると言いますが、まさにそれですか。ま、天然で忘れていた、あれがどれぐらいひどい失敗なのかわかってない感じでしたが。カレッジフットボールってすごいね、という大変な試合で決着、Alabama優勝です。
やーこうなってしまうと前半で主戦QB Jalen Hurtsを見限ったHC Nick Sabanの慧眼ということになっちゃうんですねー。すごいです。

いよいよキックオフ CFP優勝戦

Georgia Bulldogs x Alabama Crimson Tideによるカレッジフットボールの全米優勝戦のキックオフ間近です。一年生QB Jake FrommのGeorgia、二年生QB Jalen HurtsのAlabama。Hurtsの方は昨年優勝戦は体験済み。どちらも負け試合でも試合が競ってもまるで顔色を変えない大舞台向きのメンタルの二人。好試合を期待したいです。双方の卒業生・元選手が大量に来場して会場はオーバーヒート。全米優勝戦の舞台がいつものことであるAlabamaはともかく、Georgiaの方は珍しい出身者も多く来てますね。ゴルフのマスターズ優勝者Bubba WatsonなんかもGeorgia出身なんですね。

SEC校同士による全米優勝戦はAlabama x LSU戦以来ですが、あのときとは違って今回の組合せはレギュラーシーズンでの対戦がなく期待感が高いです。

個人的な予想はGeorgiaのアップセット勝利としてみたいです。好試合期待です。


尚、今回はCFP優勝戦としては初めてハーフタイムにSuper Bowl的なショーがあります。Kendrick Lamar。ラップの方です。Super Bowlは老若男女楽しませなくてはならないのである意味無難で古めな人選が多いところ、こちらは今風で攻めのハーフタイムになりそうです。

QB最悪でも勝ち残りJacksonville

結果はJacksonville Jaguarsの10-3勝利。Buffalo Billsを下して次週の@Pittsburgh Steelers戦へJaguarsが駒を進めました。が。この試合は両軍とも攻められずほぼ試合通して膠着状態というような試合になりました。敗戦したBuffalo、前半の地味ながら攻めをつないで苦しい攻撃開始位置のドライブもしっかりミッドフィールドまでもっていってからパント。今季NFL最強のディフェンスとも言われるJacksonvilleを相手によく戦っていて、感心しながら見ていたのです。特に第1Qの終わりのドライブなど、自軍ゴールライン前の3rd&7からじりじり刻んで危機を脱した辺りなど。

それが前半がほとんど終わりというところで破綻。時間を全部使い尽くせるはずのドライブが2ndダウンでパスドロップ、3rdダウンでサイドライン際へのパス成功だが1stダウンに足りないわ外に出てしまうわでJacksonvilleにタイムアウトを2つも残した状態でパント、そのパントが失敗でサイドラインを割る。結果その返しのJacksonvilleのドライブが前半終了間際にFGが決まって3-3の同点。超ロースコアリングゲームとなっているこの試合でこういうもったいない失点はいただけません。もったいなかったです。


結果として評判通りのディフェンスの威力は示せたJacksonvilleですが、攻める方はなんともならない。QB Blake Bortlesはパス87ヤード。上記の前半終了間際のドライブでスクランブルして稼いだランを含めてランは88ヤード稼いで、パスヤードより多いですけれど褒められない。次週のSteelers戦には期待できない内容でありました。あまりにも両軍とも攻められず、この試合は視聴率ガタガタになったかもしれません。日曜の午後1時スタートの今週末一番良い枠のはずでしたがそれがこんな試合ですか。一応私は全編見ましたが、脱落する視聴者が多くてもなんら不思議のない試合でした。


ワイルドカード週最後のCarolina Panthers@New Orleans Saints戦は、最後なんとかCarolinaが追いすがって5点差で試合を判らなくしてくれたのは良かったものの、こちらも冴えない試合になったという気がします。なんていうんでしょう、次週の本命チームが登場するラウンドに向けての期待感を高めてくれる試合が少なかったなあというのが今週全体の感想でしょうか。良かったのAtlantaだけですね。

Falcons快勝でPhiladelphiaへ

NFCワイルドカード、第6シードAtlanta Falconsが@Los Angeles Ramsに快勝して一回戦突破。トップシードのPhiladelphia Eaglesとの次週の対戦が決まってます。最終スコアは26-13。Ramsの追い上げがなんともあっさり風味でついえて試合としてはコクが足りなかったのが残念。Ramsは若いQB/RBを含めて将来性がある、と言われる(試合後にも解説陣がそう言っていた)んですけど、そうでしょうか。オフェンスでもディフェンスでも第4Qの時計がさくさくと進んでいく中、なんというか抵抗できないままにプレーオフ馴れしたFalconsに押し切られたように感じます。Ramsのオフェンスの手数・オプションが少ない。レギュラーシーズン中に大量得点を取ってきたチームとは思えないあっさりぶり。最後のドライブ前までパスを捕球した選手がRBのGurleyを加えて3人だけという偏りとなってます。

昨季のSuper Bowlでの大逆転負け以来、悪いわけでもないのに目立たないシーズンとなったFalconsですが、地味に10勝を重ね、ワイルドカードで快勝。次週は主戦QBを欠くPhiladelphiaとの対戦が決まって好位置に付けましたね。レギュラーシーズン最終戦でもCarolinaのQB Cam Newtonをほぼ完封していたし、この日もQB Goffを封じての勝利。次週もこの調子で突破するようだとその先の期待もふくらみます。最下位シードから二年連続のSuper Bowl登場ができるか。

シーズンの縮図 Kansas City Chiefs後半失速で敗退

NFLプレーオフが開始。Kansas City Chiefsが大逆転負けで初戦敗退となってます。Tennessee Titansが後半にテンポを上げてのオフェンスが当たって22-21。

うーん。シーズン開幕戦でKansas Cityが堂々の敵地での逆転勝ちでNew England Patriotsを下し、第二週にはPhiladelphia Eaglesを破り、当時NFL最長の開幕5連勝したあのChiefs。ものすごく強そうだったのに、レギュラーシーズンを終わって見れば10勝6敗。そして今日のワイルドカード初戦も前半絶好調だったのに負け。うむう、というシーズンになってしまいました。

こういうシーズンってどう評価していいのか迷いますね。失敗シーズンとは言い切れない部分もあるんですが、このままで将来があるんでしょうか。チームにとっても今オフにどう舵取りして、誰を切ってどう補強して来季のチーム作りをしたら良いのか。HC Andy Reidさん勝てないですなあ、という感じ。

Titansの方はQB Marcus Mariotaがハリーアップに活路を見出して勝ったのは、カレッジ時代に超速オフェンスで全米優勝戦まで進んだあのシーズンを思い起こさせてくれてちょっと嬉しい感じ。Chip Kellyの下でMariotaにNFLでプレーさせてあげたかったなあなんてカレッジファンの私は思ってしまいます。

記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文