アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

米代表逆転優勝なるか7人制ラグビー

7人制ラグビーWorld Rugby Sevens Series(全10戦)もいよいよフランス・パリでの最終戦を残すだけとなりました。先週末のロンドンでの第9戦で米代表と優勝を争うフィジーが優勝。米代表は準決勝でそのフィジーとの直接対決に敗れて3位。この結果年間の勝点でフィジーが逆転首位、米代表が勝点2差でフィジーを追うことになりました。シーズン半ばから首位を維持していた米代表でしたがここで遂にフィジーに捉えられ、最後のパリ大会へ向かいます。

今季米代表はとにかくフィジーとの対戦成績が悪いです。ロンドンでの敗戦を含めて直接対決で今季1勝5敗。
World Rugby Sevens Seriesの勝点のしくみは各大会の優勝チームが22点、準優勝チームが19点と3勝点差がつくしくみなので米代表がパリ大会で優勝すれば年間優勝が確定しますが、2−3−4−5位はそれぞれ勝点が2点差なので最終戦を終えてフィジーと米代表が勝点で並ぶパターンはかなり多いです。勝点が並んだ場合は年間の得失点差で優勝が決まるようですが、シーズン全試合の得失点差なんですかね?公式サイトの順位表にも得失点差の情報がなく、手計算しないとどちらが上になるのかわからないです。

他の上位常連国は既に年間の順位が事実上確定しており、開催
地元のフランスはいきり立って戦いを挑んでくるでしょうが、それを除くと米・フィジー以外は消化試合のようなものではあります。とは言っても7人制ラグビーは時の運と流れで勝敗がかなり揺れ動くので気は抜けないのですが。
フィジーはA組、米代表はC組。どちらも首位でグループを抜け出すと準決勝での直接対決となります。

また降格争いでは日本代表は2勝点差でケニアを追ってパリ大会へ入ります。少なくとも勝点3獲得が必要ですが、こちらも得失点差の情報がないので勝点3では足りないのかもしれません。下位トーナメントの初戦が必勝(勝点5以上)になるのかも。

Raptorsが挑むNBA Finals

失礼しております。
留守をしている間にNBA、NHLともにFinals/Finalを残すのみとなりました。また7人制ラグビーWorld Rugby Sevens Seriesもいよいよ大詰めを迎えており、シーズン終末感が出てます。

まずはNBAの方ですが、Golden State WarrirosがKevin Durant抜きで西カンファレンス決勝をスイープで突破。相手となったPortland Trailblazersも抵抗したのですが勢いに乗ったWarriorsを崩せず、結局西はWarriorsが5年連続でNBA Finals到達。3連覇へ前進してます。
Finalsの結果や、Kevin Durantの復帰した場合の活躍ぶりも待たねばなりませんが、ファン関係者からすれば来るオフでFAになる可能性のあるDurantが去ったとしてもWarriorsは勝てるのだと眼の前で実証されたわけで、Durantを引き止める場合(引き止めないということはないと思いますが)の熱意に影響を与えることになったDurant抜きのプレーオフの経過になってます。過去2シーズンDurantがFinals MVPを獲得しており、Durantが欠かせない戦力だとみなされていたのが、実はそうでもない?という疑問ですね。Finalsの第1戦もDurantは欠場予定。

迎える相手はToronto Raptors。昨季までLeBron James率いるCleveland Cavaliersに常に行く手を阻まれてきていたRaptorsですが、LeBronが去った今季の東を制してきました。NBA Finals初登場。今季後にFAになる可能性のあるKawhi Leonardをエースとして東を勝ち抜いてきました。他にも同じくFAとなる可能性の高いMarc Gasol(来季は選手オプション)もいたりでRaptorsとしては一期一会のFianls進出か。好チームですがプレーオフの経験値は低いチームの中、エースのKawhi LeonardはSan Antonio Spurs所属時代の2014年のNBA FinalsのMVPでもあり、プレーオフの経験値はチーム内でダントツ。
そのLeonardのSpursとWarriorsは因縁浅からぬ仲。西の強豪同士として何度も熱戦を繰り広げたお馴染みの相手。LeonardがWarriorsに過去の遺恨を晴らせるか。それともWarriorsが返り討ちにするか。そしてそのWarriorsはDurant入りのWarriorsなのか、Durant抜きなのか。楽しみであります。

Pelicans、Zionくじ引き当て!

6%の確率を見事引き当てました、New Orleans Pelicans!これはすごい。
NBAドラフトロッタリーの中継があり、なんと確率で7番目タイだったNew Orleans Pelicansが全体1位指名権を獲得。最後にPelicansとともに残ったのも同じ6%の確率だったMemphis Grizzlies。
最も確率の高かった3チームNew York Knicks、Cleveland Cavaliers、Phoenix SunsのうちCavsとSunsは惨敗くじ引きとなり、それぞれ5位と6位の指名権まで滑り落ちています。もうひとつのKnicksは全体3位の指名権を確保。RJ BarrettかJa Morantのどちらかを指名できそう。また2%と極低い全体1位指名権獲得の確率だったLos Angeles Lakersが最後の4チームに残って(そこで長いコマーシャル)まさかのZionとLeBronの合体の可能性が残ってハラハラしましたねー。いやいやいや。大変なショーになりました。

今季からタンクチームを有利にしないためにくじの確率を変えたNBAロッタリーですが、いきなり大きくオッズから外れた指名順になりました。これで来季以降のタンキングが少しは収まるんでしょうか?

いやー、これはAnthony Davisの今オフの動き・意向にも大きく関わってくるでしょう。Zionが来てもPelicansを出ていきたいと言うのか、それとも次期スーパースター候補Zionを相棒にしてPelicansで勝負してみる気になるのか。

NBAの新シーズン改革案が唐突に打ち上げられる

NBAドラフトロッタリーを前にした番組にNBAコミッショナーAdam Silverが出演。興味深い発言をしてました。
現行82試合のシーズンを試合数を増やして伸ばすことを検討している、と。但しただ単に伸ばすのではなくミッドシーズントーナメントやPlay inトーナメントをやるかもと発言。コミッショナーがこういう目立つ場で言い出すのですからこれは意義があります。

細かい説明はなかったですから名前から想像するとPlay inトーナメントとはたぶん現行の各カンファレンス8チームをレギュラーシーズンの成績で決めるのではなく、最後の1枠なり2枠なりをプレーオフ方式の一発勝負で決めるものでしょうか。
ミッドシーズントーナメントの方に言及する前に「例えば欧州サッカーが複数のトーナメントを並行して行うように」と言葉を継いでいましたから、レギュラーシーズン以外にサッカーの国内カップ戦のようなものを想定しているということでしょうか。高額賞金・冠スポンサートーナメントなのか。それともプレーオフ出場確定を優勝チームに提供するのか。

NBAはどんどん改革してきますね。このリーダーシップは素晴らしいです。

NBAドラフト順は今夜決定

Zion Williamsonを引き当てるのはどこか。今夜NBAドラフトロッタリーの結果が発表予定です。今年のくじの確率は成績下位3チームは同率で14%。過去と比較して確率は大きく低められており、どこが全体1位の権利を引当てるのか今夜の発表が待たれます。

ロッタリーに参加するのはプレーオフを逃した14チーム。
New York Knicks/Cleveland Cavaliers/Phoenix Sunsが14%、Chicago Bullsが12.5%でそれに次ぐ高確率。話題のLos Angeles Lakersが全体1位を引き当てる可能性は2%となってます。確率の低い方からの8チームが全体1位を引き当てる確率は26%もあり大逆転で意外なチームが引き当てる可能性は決して低くないのです。もしLakersが引き当てたら裏でNBAがくじを操作したことを疑う!と言ってるバスケマスコミの人もいますね。

Zion本人は以前からどこのチームに指名されても喜んで行くと明言しています。
全体2位にはZionの寮でのルームメイトRJ Barrettか、マイナー校から一躍脚光を浴びたJa Morantが有力視されてます。MorantはPGなのでチームによっては要らない(例えば昨年PGを1位指名したばかりのAtlantaとか)可能性もあり、MorantとBarrettのどちらが上かというよりは指名権を持ったチームの側の事情がかなり影響しそうです。場合によっては指名権のトレードもありうるのでしょう。

アーリーエントリーしている日本のRui Hachimura選手はロッタリー指名になるかどうか評価がまだブレているので今夜のロッタリーの結果は行き先の予想とはリンクしないですが、避けたいLakersが上位指名権をゲットしたら(トップ3指名はまずない)Hachimuraにとってはホッとするという面はあるのかも。
Hachimuraはドラフトコンバインにも行かないと発表してます。評価が割れている状態でコンバインにも出ないとなると評価は大きく割れたままでドラフトを迎える可能性がありますね。

Kawhi Leonard 4度リム上でバウンドする決勝ゴール

NBAプレーオフ史上に残る名場面を見たようです。Philadelphia 76ers@Toronto Raptorsの東二回戦第7戦。76ersが追いすがり4秒残りで同点に追いついたあとでドラマが待ってました。RaptorsのインバウンドはエースKawhi Leonardへ。76ersのディフェンスに追われてコーナーまで追いやられたところからサーカスショット。こらがリム上で4度も跳ねてからイン!
どうもこれが今プレーオフで初の2点差以下での決着だったようです。ブザービーターというか、ブザーはもう鳴り終わったあとに入ったショットですねー。

試合終了後76ers Joel Embiidは号泣。激しい二回戦でしたがTorontoが地力に勝った感じでしょうか。そしてクローザーとしてのKawhiの存在感。41得点。コート上のインタビューでもいつもどおりで飄々として受け答え。Torontoでは新参ですがSpursで散々修羅場はくぐってきてる男の頼りになるプレーと、プレー後の態度です。

今季後KawhiはFAになるわけですけど、今後のプレーオフの成り行き次第ですがTorontoに残留の目が出てきたか?


記事検索
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文