アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

日米野球2018進行中

MLB Networkで2018 MLB Japan All-Star Seriesの放送がされています。東部時間帯では未明の放送で録画で見ました。野球は録画で飛ばし見ができたほうが見やすい面も強いので個人的にはこれで十分。ここまでYuki Yanagitaの活躍がなによりも目立っており、身体のサイズも大きめでMLBからしたらこんな良いバッターなら欲しがるところがかなりあるんじゃないでしょうか。日本での契約状況ではすぐにはMLBに来ることはできなさそうですか。

MLBポストシーズンに出場していない選手たちは既にオフシーズンモードに入って1ヶ月以上。トップコンディションではない選手もいるにしても日本に完敗なのはさすがに彼らの気に障っているはずで今後の奮起が期待されます。昔と違って遠い異国の試合でも本国で放映されているのもわかっているわけですしあまり無様なままで負け続けるのは嫌なはずですから。
World Seriesまで進出したLos Angeles Dodgers所属で一番トップコンディションに近いはずのChris Taylorが空振り三振に取られたときのリアクションがよかったような。インサイドのスライダー(ですか?)がまったく見えなかったようにキャッチャーのミットに収まったボールを振り返りましたよね。MLBのトップ選手にまったく見えない変化球というのはかっこいいような。
こういう試合や選手の反応を見ると、以前にも当ブログで書いていた日米の本気決戦の可能性を前コミッショナーBud Seligが探っていたときの日本側の反応が悪く実現しなかったのがいつも悔やまれます。

日米野球の放送は試合途中に挟まる古い映像がいつも楽しみです。Babe RuthやLou Gehrigをはじめとしたメジャーリーガーたちが第二次大戦以前に日本を訪れた当時の写真やエピソードなどを挟み、日米の100年以上に渡る交流の歴史を振り返るような話題が多く紹介されます。また近年の有名日本人メジャー選手の契約時の映像(Ichiro, Dice-K, Darvish, Tanaka, Ohtamiの5人が名前とともに紹介)や、MatusiやNomoのプレー映像が加わる今シリーズ用に作られた番組冒頭映像もなかなかに盛り上がります。

ルール誤認もPortland Timbers西決勝進出

カレッジバスケットボールも開幕してアメスポメジャー6種目(プロ4大スポーツ+カレッジフットボール+カレッジバスケ)のうちMLBを除く5種目がシーズン中のこの時期。その裏でミッドメジャーとも言えるジャンルがそれぞれ独自の戦いを展開してます。この厚みがアメスポの強みでもあります。
ストックカーレースNASCARは今週末がシーズンラス前レース@Phoenixで、そのレースで最終戦で年度優勝を争うドライバー4人が確定します。そして次週に@Miamiでの一発勝負の決勝レースへ。
他では女子サッカー代表が昨日は@ポルトガルで親善試合。意外な苦戦を強いられながら1-0でなんとか勝ってます。女子代表史上500勝目の勝利になったとか。いまはポルトガル女子辺りを相手にしてももう無双試合はできないんですね。観客は多くはなかったのですが、さすがにサッカーがわかってるお客さんが多く好プレーへの反応が良かったです。

サッカーMLSはカンファレンス準決勝2nd Leg1試合が昨夜行われてます。地域ライバルであるPortland Timbers@Seattle Sounders。1st LegでPortlandがホームで2−1で勝利したのを受けた第2戦。これが若干混乱しました。90分で2−1でSeattleの勝利、タイとなったのでそのまま延長戦。延長戦に入って両軍が1ゴールづつを追加して3-2で終了。2試合合計で4−4。ただ第2戦のアウェイ側のTimbersの選手たちが状況を理解していなかったようです。MLSプレーオフはアウェイゴールルールありなので、この日のアウェイ戦で2ゴールを挙げたTimbersが、1アウェイゴールのSeattleを上回って勝ったと誤認して終盤をプレーしていたようです。
延長戦に入ってからのゴールはアウェイゴールにカウントしない、というところがわかってなくて3-2で終了した時点で自分たちTimbersの勝ちだと思っていたらしいんですね。これはちょっと珍しい場面ではないでしょうか。
その後PK戦となってTimbersが勝ちを収めてます。

厳冬&険悪ストーブリーグの幕開け

いきなりビーンボールが飛んできてます。
オフシーズンに入ったMLB。各個人賞が発表になる華やかな時期でもありますが、同時に今オフの銭戦も始まっています。Washington NationalsからFAとなるBryce HarperがNationalsからの10年$300 Millionのオファーを既に蹴ってます。Harperの代理人であるScott Borasによればそんな金額ではまったく話にならないそうです。$400-500 Millionの価値があると考えているとか。

いくらが妥当かはさまざまな計算法と評価があるかと思いますのでどちらが正しいとは言いませんが、昨オフの厳冬契約状況を考えるとそういうふっかけ方してどこが言い値で拾うのかなあという気もします。たとえ年$40 Millionの価値がある選手だとしても、贅沢税とのからみがあるので新しい雇用主の負担総額は$40Mを遥かに超える額となる場合はそこに大きな差がでるわけでもあります。優勝を狙うコンテンダーが手を出そうとすればこの問題はとても悩ましいです。

金額の云々はともかくとしてHarperや、もうひとりの目玉となるManny Machadoの高額FAの行き先が決まらないと他のFAの選手たちは昨オフのような自宅待機を迫られることにもなりまた大変なことになるのでしょう。それが毎年の風景になるようだとMLBのストーブリーグの模様もかなり様変わりになります。それとも昨オフの教訓から早めに手を打つ選手が増えるのか。それとも代理人が横の連携をさらに堅めて全てが遅れるのか。

Borasのふっかけに対抗してかなにか、Boston Red SoxのアドバイザーのBill Jamesが面白いことを言って反対向きのビーンボールを投げています。要約すると「もし今現役選手が全員引退したとしたら、我々は代わりの選手を見つけて雇って試合をするだけのことだ。3年も経ったら(戦力も整って)何も変わらない。チームの方が選手より大事だ。大きな目で見れば選手なんて球場のビールの売り子と同じほどの影響力しかない」とのこと。FA選手と代理人に喧嘩を売るようなことを言ってみたわけですね。
そのアドバイザーのことは私はよく存じませんでしたがこの発言後の各関係者の反応によれば発言者はなかなか球界では評判の良い論客なのだそうです。なので一定の発言力・影響力はある人だと。ということは今年も厳冬オフになるぞという警告が非公式にFA選手陣営に向けてオーナー側から発せられたと考えても良いのかもしれません。
ただ現在の雇用主であるRed Soxは代理人や選手会から標的にされるのを危惧してかこのBill Jamesの発言はRed Sox球団としての意見とは違う、と距離を置くように逃げてます。

なにがMayweatherを駆り立てているのか

この件は昨年から気になっていたんですが、好き嫌いの範疇の話のようでもあり、ブログに書くのを控えていました。

端緒はボクシングFloyd Mayweather Jr.とUFC Conor McGregorの試合です。引退したボクサーとアマチュアボクサーの試合なんて見たくないな、というのが当時の私個人の感想で、実際PPVも購入しませんでしたし、今に至っても見てないです。ボクサーの側がハードパンチャーならMcGregorがボコボコにされるところが見られるかもと言う意味でもう少し期待値は上がったかもしれませんが、ポイント稼ぎの天才・無敗がアイデンティティのMayweatherでは優勢になるのは確実、優勢になってしまったら踏み込まないであろうことも想像できる。Mayweatherの生涯記録の無敗勝利数を史上最多にするだけの結果になるかと予想。Mayweather/McGregorは二人連れ添ってプロモーションツアーで全米各都市を廻りさまざま露出があったのに個人的にはまったくムードに乗れず。

その試合後はMcGregorは例の大暴れでUFCの選手の乗ったバスを襲撃事件を起こしました。ケガをしたとされるバス車内にいた選手の試合がUFCイベント直前に中止になるという問題も発生。襲撃の様子がビデオに撮られていてそれが拡散。警察沙汰・裁判沙汰になり、最悪McGregorは二度とアメリカ入国ができなくなる可能性もあったわけです。それがほとぼりが冷めるとあっという間にUFC復帰して試合。なんだそりゃ?という感じです。これは昭和のプロレスか?という節操のなさ。
冷静に考えれば格安ギャラでMcGregorを復帰出場させることで、出場したイベントの利益が試合中止になった分のUFCへの損害賠償になっているんでしょうが。

さらに最近になって出てきたのがサンボ出身のロシア人UFCチャンピオンKhabib NurmagomedovがMayweatherと対戦するという話。スポーツファンはそれぞれ違う好みがお有りでしょうからこれをおもしろいと感じる人もいるかと思うのですが、私の好みとしてはたいがいにしてよ、という気持ちです。これはもうボクシングですらないだろう、できそこないのプロレスのまねごとか、と。プロレスなら当日の試合でちゃんとオチもつけてくれるし楽しいはずですが、こんな相手ではまたしょうもない試合になるんではないのでしょうか。

プロの興行なので話題性は大事です。派手なプロモ活動も良いでしょう。多少やらせ臭い演出も許容範囲かと思います。しかしですね、その肝心の試合が塩試合というのはどうなんですか。Mayweatherの試合は塩試合になる可能性はとてつもなく高い。塩漬けにした相手が例えばManny Pacquiaoならお互い旬を過ぎた対戦でも、あああのPacquiaoですら塩漬けにされてしまうのねすごいな、とMayweatherペースを称賛する向きもあっても良いですが、ボクシングで実績なしの選手を塩漬けにしてどうすんの?と私には思えるんですが。

MayweatherがKOで勝ったのは2011年が最後。その2011年のは対戦相手が試合再開を認識しておらずまだガードをしていなかった瞬間に不意打ちでぶっ倒した例のダウンです。まともに打ち合った中でのKO勝ちは1999年まで遡らないとない。最後に相手からダウンを奪ったのすらいつなのか、という方ですからね。現行ルール下でのボクシングの名人かもしれませんが、相手を倒すことに関してはまったく期待できない。

お金は十分以上に持っているはずですが、なにがMayweatherを駆り立ててこんな試合を次々と企画するんでしょうか。チキンだ、ペチペチパンチだといった外野の揶揄が耳に届いていて(今の時代、届いてしまうんでしょう)それが効いてるんですかね?それで常に自己肯定を表現しないではいられないとかですか。ただ単に静かに余生を送れるようなタイプではないだけでしょうか?

ボクシングというジャンルにとってこれが良いことかどうかは、私には判断できませんが、現役のどんなボクサーの情報よりもMayweatherネタの方が何十倍も影響力・露出力があるのは確実な事実です。

似たものを探すとゴルフ界におけるTiger Woodsがちょっと似ていたか。ただTigerが沈んでいた時期にはゴルフ界には新しいヒーローがちゃんと誕生していてゴルフ界は回っていたので、誰も他の選手の名前が一般に知られていないボクシング界とは違う。さらに今年のTigerがPGAツアー優勝で復活したのも立派。よくあれだけ落ち込んだところから帰ってこられたなという称賛も納得。来月感謝祭の時期のテレビマッチとしてTiger x Phil Mickelsonのマッチプレーイベントがあります。お互い旬をとうに過ぎていて、Mayweather x Pacquiaoぽいですが、Tigerが先日優勝したことで説得力を獲得したといえるのでしょう。全米各地で感謝祭の七面鳥ディナーを終えたの団らんのリビングルームでTiger x Philの試合が見るともなしに流れるのでしょう。


---
とここまでを下書きとして既に書いていたところへ、Mayweatherが日本でキックボクサー那須川天心と大晦日に戦うという話が出てきました。試合形式もわからない。実現するのかどうかも懐疑的な話ではありますが、Mayweather本人が出席しての記者会見もあったのですから本人は何かはやる気はあるのでしょう。
現時点での米側のマスコミ報道によれば3ラウンド程度のボクシングマッチになりそうだとされます。Mayweatherが不利なルールを飲む可能性はないので、まあそんなところなのでしょう。なぜにそんな試合をMayweatherがやりたいのかは不明です。まずはニックネーム通りMONEYが理由でしょうが、ある種のMMAへのコンプレックスもあるのでRIZINへの参加を画策したということなんでしょうか。Mayweatherのサイズよりさらに小さい選手がいて、お金も出せるというと日本しかないというのはそうかも。でもなあアマチュアボクサーと引退したポイント獲得名人の試合ではなあ。

Dukeスーパースタート

カレッジバスケットボールシーズンが今日からスタートです。初日からすごいものを見てしまいました。例年開幕日から数日後・参加各校のシーズン2戦目などに開催されていたChampions Classicがシーズン開幕日に開催されています。今年のカードはNo. 1 Kansas x No. 10 Michigan State、No. 2 Kentucky x No. 4 Duke。

第1試合はKansasが終始2桁リード、最大17点差までつけられた試合でしたが、最後にMichigan Stateが粘って追い上げて3点差として試合を盛り上げました。これ毎度なんですよね。Champions Classicの4校ではMichigan Stateが常にリクルートで他の3校に遅れをとりプレシーズンランクではほぼ常に下になる。でも実際に試合をしてみるととにかくしぶとい。シーズン終盤になってMarch Madnessの頃になると苦しいシーズンでも必ずMichigan Stateは当たるのが嫌な相手として浮上してきます。HC Mike Izzoの指導力は抜群であると思います。

第2試合はDukeがすごいスタートをやってのけてます。今年のDukeは新人ランク1-2−3位を総取りして臨むシーズン。ただし得点力のある上級生がいないのでプレシーズンランクではKansasやKentuckyに順位で下にランクされていたわけです。ところが一気のスパート。前半10分であっという間に20点以上も差をつけてしまいました。弱小校を相手にではなくエリート校のKentuckyを完全に蹂躙してのスーパースタートです。

最大の注目選手はZion Williamson。身長6 ft 7 in (2.01 m) 体重285 lb (129 kg)。これ、ほぼMLB New York YankeesのAaron Judgeと同じサイズ(6ft 7in, 282lbs)です。その身体で垂直跳び115cm。そして今日も既に何度も披露している通り3ポインターも難なくこなす。なんなのこれ、この選手がつい数ヶ月前まで高校生だったんですよね。今日の試合のスタートダッシュの時間帯にリバウンド拾ってそこからドリブルでファーストブレーク、そこからスピードの乗ったまま味方に良いバウンスパスを出してアシスト達成。こんなのアリかよという。ただの筋肉オバケではないんですね。
ところが高校からのリクルートランクではZionより上の選手がいたのです。それがR. J. Barrett。こっちもいきなりすごいです。Zionのような型破りではなく正統派の好選手です。すべてがものすごくスムーズです。身体の作りも若手NBA選手のように均整の取れた身体。これもホントに数ヶ月前まで高校生なのかと感嘆してしまう。でまたシュートのフィニッシュが鮮やかかつスムーズ。かと思うとギアチェンジで相手ディフェンスを切り裂いてあっという間にダンク。ハーフタイム時点でBarrettが20得点、Zion Williamsonが13得点。トップ3リクルートの3人目のCam Reddishが12得点。他にもDukeには現NBA Minnesota TimberwolvesのTyus Jonesの弟=Tre Jonesもいて兄と似たプレースタイルで新入生スター選手たちを支えて5アシスト。もう一度言いいますがこれ全員ハーフタイムのスコアですからね。
このまま試合を押し切れるかどうかはわからないですが、このスーパースタートで「Dukeは素材はすごいが経験値がー」と保留気味だったファンやマスコミ関係者の意見を大きく変えてしまいまそうです。


日本期待のRui HachimuraのNo. 3 Gonzagaも同日に開幕初戦を戦ってますね。Gonzagaは無名校相手なので全国放送で見られるTV放送はありませんが、なんかすごいスタッツを叩き出してます。25分出場で33得点。いよいよ日本人初のNBAスター誕生へ向かうシーズンの幕開けです。

GonzagaとDukeはともに二週間後のMaui Invitational Tournamentに出場予定で、両校が勝ち進むと激突することになります。HachimuraがあのZion Williamsonと真正面が激突するというシーンが現出するはず。ともに2019年のドラフトトップ10指名を目指す選手たちによる注目の対決になります。

バレーボール男子Nations Leagueを米国開催へ

本当にそんなことができるのか、という感じですが室内6人制バレーボールのFIVB Volleyball Men's Nations Leagueが来年2019年から3年間に渡って米国がFinalsをホスト開催することが発表になってます。バレーボール、それも男子ですか、という感じ。
Nations Leagueというのは2017年まで開催されていたWorld Leagueを改称再編した国別対抗の国際大会で、2018年が初年度16カ国が参加したものです。2018年大会は米国は3位。女子の同名の大会も存在します。そちらは元World Grand Prixが同じタイミングで2018年からNations Leagueになってます。

米国バレーボールは男女とも各種国際大会ではまずまずの成績(直近五輪リオ大会だと男子3位女子4位)なのですが、いかんせん米国内で観戦スポーツとしての人気がない。女子の方はまだカレッジの試合が秋シーズンにかなりの試合数がTV放送になりますが、春シーズンに開催の男子の方はぐっと少ない。女子はNebraskaやHawaiiといった大学が独自の人気を集めて数千人単位を集客しますが、男子はそうはいかない。2019年Finalsの米国内の開催場所はまだ発表になっていませんが本当にお客さん入るのかな大丈夫か、という感想です。
2018年のWorld Leagueでは米国はシカゴ郊外で予選ラウンドを開催。それ以前のWorld League時代などではDallas、Los Angeles、 Wichita、Tulsa、 Renoといったところで米国内開催の実績はあるようです。開催各国での2017年のWorld League、2018年のNations Leagueの試合当りの動員は平均3000人程度のようなのでその程度でよければバレーボールの人気があるとは言えない米国内でも達成可能という目算でしょうか。今年のシカゴ開催分の動員のニュースを探せないのですが、きっと手応えのある動員ができたのであろうかと想像します。

米国内でバレーボールのプロ興行といえばほぼビーチバレーのことで、室内6人制は過去何度もプロ化が試みられましたが成功していません。2016年リオ五輪の時期にあわせて何度目かのプロ化の動きがありましたがそれも予想通り立ち消え。国内プロリーグという方法では突破口が見いだせないと見限ってNations Leagueでの男子米代表チームを単一ホームチームとして興行的成功を目指すという方向ですかね。都市名を冠したプロチームを複数作って広い国内を飛び回るよりはコストもずっと低いでしょうし。このNations League Finals開催でのバレーボールのテコ入れ企画に乗ってくれるTV局がどこかあるのかどうか。五輪の独占放映権を持つNBC系列が手を貸してくれればベストでしょうか。
記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文