アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

HachimuraのSummer League

Zion Williamsonが欠場したことで注目度が落ちたRui HachimuraのSummer Leagueデビュー戦を含めて2試合見ましたので感想を。
試合の解説についていたVince CarterやSteve Smithが口々にHachimuraはNBAでちゃんとやっていけるだろうと。良い点として挙げていたのが身体のサイズと機動性でした。スピードというよりは動き出しの良さですかね。
Summer Leagueあるあるなのですが、FAなどのニュースのあるときとか大注目のルーキーが出てるときはともかくそうでないと解説の選手やゲストとの会話や与太話が興に乗って試合の放送がオマケのようになってしまう場合がままあります。でまたVinceは長年のキャリアがあるため話題の引き出しが多く与太話がけっこうおもしろくて試合をちゃんと見られなかったりするんですよね。試合の画像が小さくなって放送席の面々も同時に映すので。

Vinceが「○○は昔チームメイトだったころ‥」という話がいっぱい出てきて、一体いままで何人チームメイトがいたんですか?という話題になり、スタッフが調べてきたら過去総計260余人がVinceのチームメイトであったことがあるらしいです。21シーズンを既に戦い、まだ来季も現役でやる気満々のようです。まだ現時点では契約先なし。数年前から引退後のお仕事のコネづくりもあるのでしょう、Summer Leagueの放送には良く来てますが、実際は渋い活躍で毎年どこからかお声がかかるんですよね。

Vinceというと私を含めて古いファンはダンクのイメージが強いわけですが、なんでも通算の3ポイントゴール通算成功数でNBA史上6位なんだそうです。アナに「上の5人、誰かわかりますか?」と尋ねられたVince、「んーKover、Steph、Reggie、あとはRay、Paulか」「いえPaulは違います」「あじゃあJason Terryか」との問答。Kyle Koverが最初に名前が出てきたのはたぶん一番最近になって抜かれた相手なので記憶が新しかったのでしょう。PaulというのはPaul Pierceです。Koverだけファーストネームじゃなかったのが距離感を感じますね。
さらにアナが「すぐ後ろ9本差でJamal Crawfordが迫ってます」と付け加えると「来季も頑張るぜ、Jamal」と嬉しそうに喋ってました。まあおもしろいわけです。

そんなこんなですが、Hachimura選手の試合ぶり。気になったことを。上半身が弱いです。カレッジのときは気になったことはあまりなかったんですが、Summer Leagueでは空中でも地上でも押し合いになったときに背中が反りかえってしまう場面がしばしば見られます。圧力がカレッジ、特にGonzagaが所属するマイナーカンファレンスとはわけが違うんでしょうね。Summer Leagueレベルでこれだと一軍では当面苦労するでしょう。しっかり鍛え込んでいただきたい点です。
そういえば以前にも指摘したことがありますが、Hachimuraがわかっていても勝負にいかないといけない大事な場面で相手ディフェンダーを押し込めなかったことがMarch Madnessでありましたが、ああいうのも上半身の強さが足りていなかったことの現れだったのかもしれません。

あとNets戦は第1Qのリバウンドの位置取りがかなりまずくてたぶん1本も拾えなかったのでは。第2Q、さらに後半と徐々に改善していったのでこの問題は早晩解決していくのかもしれませんが、気になりました。攻守はまずまず、現時点ではとくに文句ないです。自分の強みを活かした自然体なプレーぶりですね。
比較すると荒れるかもしれませんが、昨年Yuta Watanabeが明らかに入らなさそうな3ポインターを打ちにいったりなどできないことを無理にやろうとして自滅していたのとは違うなと。なんというか、3ポインターが入らなかったら俺はクビになるなんとしても入れないと、みたいな強迫観念が昨年のWatanabeにはあったのでは。そのWatanabeも今年のSummer Leagueはずっと自然体になってますよね。

Vladジュニアが激戦ホームランダービーデビュー

MLBオールスター戦前日恒例のホームランダービーが開催。Vladimir Guerrero Jr. が打ちまくって圧勝かと思われたのを、Joc Pedersonが猛追してダービー史上に残る大熱戦、三度の延長戦の末にVladimir Guerrero Jr. が勝利してます。おもしろかったですね。
先攻のGuerreroが29本を叩き込んだときはもうこれはPedersonが打席に入る前から、これは追いつけないだろというムードだったかと思いますが、Pedersonが涼しい顔(顔立ちがそうなんですけど)で猛追撃して29本でタイに。延長戦の1分ではVlad Jr.がさらにペースをあげて8本をぶち込み、今度は決まったろとおもいきやまたもPedersonが8本を放り込み再延長。最終的にはVlad Jr.の勝利となりましたけれどPedersonの踏ん張りで記憶に残るホームランダービーになったと思います。ありがとうございましたという感じでした。

PedersonのDodgersでのチームメイトのClayton Kershawは家族連れで食事に出て会場を去ろうとしていたところ、Pedersonの大健闘を聞きつけてフィールド内に戻ってきて家族ぐるみで応援していていたりと皆楽しそうでした。この気楽さがこの手のイベントの良さですね。


今年からホームランダービーの参加賞金も、優勝賞金もアップして億円単位。選手たちも以前の余興のようなものから、事前にしっかり練習を積んで登場してきているそうで、本気度もアップしています。MLBの最強のスラッガーたちとは言えあれだけ短時間に強振しまくる機会は多くないわけで。
また目立ちませんが現行のルールだと投げるピッチャーの方もペースをあげて投げ込まなくてはいけない(以前は打球が着弾するまで次の投球ができない。今年はどんどん投げて良い)のでかなりの負担と見えました。

昨年はBryce Harperのためのホームランダービーという感じでしたが、今年はイベント自体の魅力が出た良い楽しいホームランダービーだったかと思います。World Seriesに連続出場でMLBファンにはおなじみのLos Angeles Dodgers所属のJoc Pedersonと、まだ顔は売れきっていない(しかしパパのおかげで知名度は高い)Vladimir Guerrero Jr. の全国へのお披露目と無名ではない二人の決戦だったのもキャラ立ちしていて良かったのでは。
Vladimir Guerreroシニアの方はその超人的な風貌体格でMLBを長年沸かせた名選手ですが、ジュニアはぽっちゃり型で愛嬌のある風貌の20歳。今季からToronto Blue Jaysに昇格デビューしたところ。こういう旬の新しいスター選手の全国お披露目ができるのもオールスターの良いところですね。昨年はOhtaniが文句なしの旬の選手だったのに怪我でオールスターに登場して全国のMLBファンに顔見世ができなかったですが。

米女子代表W杯二連覇達成 そして会場は「男女同待遇」のチャント

FIFA女子W杯決勝が行われ米女子代表が2-0で勝利を収めて大会史上初の二連覇を達成してます。米代表の人気者Megan RapinoeがGolden BootとGolden Ball賞の両取り。決勝で鮮やかなゴールを決めた若手24歳Rose LavelleがBronze Ball賞を獲得。大会初戦のタイ戦で5ゴールを量産したAlex Morganはその後ゴールが伸びずRapinoeと同数の6ゴールでSilver Boot賞獲得にとどまりました。

今回がW杯初出場となったLavelleが賞や決勝戦のゴールで目立てたのは来年の五輪、そしてその後の女子代表の代替わりを考えると人気の引き継ぎとなって良かったんじゃないでしょうか。日本の方から見るとどう映るかわかりませんが、アメリカ人的視線でいうと顔立ちや脚の細さなどでLavelleはそこらへんの小学生のように見えます。スピードと突破力を買われて代表で頭角を現した選手ですが、キャラ立ちもしそう。今大会で自信をつけて来年の東京五輪では中心選手となっていきそうです。

試合の方はいつもながらの米女子代表の試合。フィットネス任せ、あとは一部の選手の決定力頼みでサッカーとしては美しくないんですけど、まあアメリカ人向けにはこんなものでいいのでしょう。

それにしても今大会はアメリカ人応援団の多かったのが大変目立ちました。この日の決勝の観衆も大多数がアメリカ人だったんじゃないでしょうか。先日のMLBのYankees x Red Soxのロンドン興行のときも思いましたがアメリカ人ってスポーツ観戦で遠征という旅行パターンが好きですね。逆にいうとアメリカ人はそうでない普通の旅行が下手です(この点は話としてはおもしろい話ができると思うのですが、スポーツと関係ない話になるので我慢してやめておきます)。


表彰式の最中から「Equal Pay! Equal Pay!」とそのアメリカ応援団から大きなチャントが挙がっていたようです。男女の待遇を同等にせよというチャントです。既報の通り現在女子代表は米サッカー協会を相手取って男女の待遇差を巡って訴訟中。優勝した直後にNike提供の気合の入ったTVコマーシャルを放映し、その中でガラスの天井をぶち破ると力強く宣言して格差排除に意欲満々。
今日の決勝の視聴率情報も数日内に出てくるでしょうが良い数字となっている可能性は高いです。他国と違ってサッカー米女子代表の視聴率は男子代表より高い。訴状によれば興行収入も女子の方が高いとか。水曜日にニューヨーク市内で祝勝パレードが予定されていますがそこでも決起集会的な盛り上がりが起こるのでしょう。

来年2020年は大統領選挙年。私の見るところトランプの対立候補が弱くてトランプの再選が有力に見えますが、正面切ってトランプに楯突ける存在・イメージリーダーとして女子サッカー代表、特にRapinoeが大統領選の応援団で活躍する可能性はあるのかなあと。4年前のときは当時の代表の顔だったAbby Wambachが違法薬物使用で逮捕という大失態を犯したためLGTBや女性の権利を応援団として大統領選に持ち込めなかったです。

手早くプランBを実現したLakers

Kawhi Leonardの争奪戦に敗れた2チームLos Angeles LakersとToronto Raptorsの明暗が一日で別れました。LakersはLeonardが同アリーナに同居するLos Angeles Clippersと契約を発表した翌日一日でRajon Rondo、JaVale McGeeと再契約、新たにDeMarcus Cousins、Danny Greenを獲得してあっという間にチームの骨格を形成するのに成功してます。対してディフェンディングチャンピオンとなるTrontoは音無し。
Lakersはちまたで評判の悪いGMのRob Pelinkaの下できっちりKawhi争奪戦に敗れた場合のプランBを策定していたということですね。これでPelinkaはなんとか男を上げたことになるんじゃないでしょうか。DeMarcus Cousinsは昨年に続いて1年契約で、そのフルポテンシャルからすればバーゲン価格での契約となってます。一昨年の大怪我からツイてないですね。完全FAになる直前の大怪我というと今年のKevin DurantやKlay Thompsonと同じですが、DurantもKlayも最高額・最長契約が取れたのにCousinsはどこも最高額では手をあげてくれるところがなく昨季はGolden State Warriorsと1年契約、リング獲りに行くも、Warriorsは負傷者がかさみ三連覇に失敗。Cousins本人もまたも怪我。賑やかだった今年のオフシーズンもCousinsを積極的に狙うチームは数少なかったところ、LakersのプランBにうまく引っかかったというところですか。
これでLakersのフロントラインはAnthony Davis、DaMarcus Cousins、JaVale McGeeとリーグ最強レベルの布陣に。個性派のベテランが多くなったもののDavis-Cousinsは既にNew Orleans時代に一緒にプレーしており気心は知れている上での再集結なので不安は少ない。さらに司令塔となるRajon Rondoは昨季もLakersで唯一LeBronにモノ申せる選手としてLeBronの信頼も得ての再契約。New Orleans時代にDavis-Cousinsとも組んでいてこちらもケミストリの面での不安は少ない。
Danny Greenはプレーオフで活躍しきれなかったので若干の不安はありますが、3ポイントシューターはまだバイアウト選手など市場に出物がありそうなのでGreenだけでなくまだ手当できそう。
見方によればKawhiを獲って「3人のMax選手とKuzmaとあとは全部最低給選手」のチームよりも強そうなチームになったとも言えそうです。LAダービーが熱そうですね。

対するTorontoは大丈夫か。優勝に貢献してくれたKawhiにチームとして感謝の気持ちのコメントを出した以外音無の一日。補強しようにもタマがなくなってきてます。Kawhi以外のメンバーは多く残るので弱小とまでは行かないものの補強を完了したPhiladelphia 76ersとGiannisのMilwaukee Bucksを追撃できる態勢と言えるかというとかなりの不安。
Washington Wizardsに引き抜かれそうになったGMのMasai Ujiriをキープしたのにオフシーズンの動きは鈍いまま。Kawhiとの再契約一本に絞っていたんですかねえ。可能性は低かったはずですが。Lakersのその後の動きが良かっただけに、Raptorsの動きの鈍さが目立つ展開になってます。他のFA市場の動向も早い今オフ、残されたオプションは少ないです。

Kawhi + Paul George! Clippers勝負に出た

ちょうどZion WilliamsonのSummer Leagueデビューの試合の後ぐらいのタイミングだったようですが、FAとなっていたFinals MVP Kawhi Leonardが来季の行き先としてLos Angeles Clippersを選択。2年+1年、1年+1年などの短期契約ではなく4年の最高額契約となってます。
そしてKawhiのClippers加入が決まってすぐにClippersがOklahoma City Thunderとトレードで、今季のレギュラーシーズンのMVP投票3位となったPaul Georgeを獲得。Los Angeles Clippersが一発の大勝負をかけてきました。来季はLos Angelesダービーが熱くなるのは必至でしょう。

タイミングから言ってClippersはPaul George獲得のトレード話はKawhiのFA獲得の決着前から進めていたのでしょうね。一説にはKawhiがGerogeをリクルートした、またはGerogeが来るならClippersに行っても良いと談判したという話もあります。どちらにせよ思い切ったもんです。
GerogeはLos Angeles近郊の出身で昨オフにもFAでLakersに行くという憶測もあった選手。それが昨オフのFA市場解禁初日にあっさりOklahoma City残留を決めてLeBron JamesとLakersに行くのを避けたものでした。

George視線で言えばそれは大成功でOklahoma Cityで古株のエース格Russell WestbrookをしのいでThunderで一皮剥けてMVPの最終候補3人に残り(当選の可能性は最初からゼロでしが)、All-NBA TeamのFirst Teamに初選出(過去3rd Teamに4度選出)。First Team選出はファンから見ると地味でしょうが、押しのけた相手がKawhiやLeBron、さらにKevin Durantなど錚々たるメンバーなので価値は高いです。

そのPaul Georgeをたった1シーズンで放出に踏み切ったOklahoma Cityの思惑はなかなかに悲しいものがあります。噂によればセンターのSteven Adamsも現在トレードで放出対象とかで、Thunderは解体危機のようです。Thunderの背広組はホント無能ですね。Russell Westbrook、Kevin Durant、James Harden、Paul George、Steven Adams、Victor Oladipoなど、これだけ良い選手が次々と一介の地方チームに在籍した幸運を生かせないまま、残るのはトリプル・ダブル病かつ3ポインターの長期不振に陥ったWestbrookだけになりそうです。
今回のトレードでGeorgeの代わりに獲ったのがShai Gilgeous-AlexanderとDanilo Gallinari、そして将来の4年分の1巡目ドラフト指名権。Gilgeous-Alexanderは将来大化けする可能性のある好選手ですが、Clippersからのドラフト指名権はロッタリー指名権にはならない可能性が高くスター新人選手は獲れそうにないような気がします。何人も獲ったところでThunderの舵取りの悪さでは育てられそうにないような。


さて残る課題はKawhiに振られたLakersの強化ですね。昨夜のSummer LeagueではLeBronは楽しそうにAnthony Davisと話し込んだり、PelicansにトレードされたLonzo Ballたちと歓談したりとごきげんそうでしたがKawhiに振られたというニュース後だったらあんな顔はしてなかったんじゃないかな。
KawhiもGeoregeもLeBronを避けてClippersに行ってしまっただけに、”King” LeBronのプライドは少なからず傷ついているはずで、LeBronの反攻も期待ですね。

ZionのSummer Leagueデビュー 19,000人満席札止め

NBAのドラフト全体1位指名Zion WilliamsonがSummer Leagueデビュー。New Orleans Pelicans x New York Knicks。いきなり第1Qに4ダンクで10得点。
試合が始まる前から会場もTVもZionを待ちかまえてました。前の試合の最中からZionが会場入りしたところをずっと写していたりとTVも試合そっちのけ。試合前は「Zion vs RJ」とDuke時代のルームメイトであるKnicksから全体3位指名となったRJ Barrettとのプロでの初対決を煽っていたのですけれど、試合が始まったらZionは目立ちまくり、RJは試合の流れに埋没してしまいました。RJが悪いというよりは新人の最初の試合なんてこんなものだろうという感じ。対してZionはウォームアップの段階からダンクを何度もかまして期待感に盛り上がる観衆にサービス。試合が始まって最初のプレーもPelicansで事前に打ち合わせしていたのでしょう、いきなりZionへのアーリウープ狙いでした。が阻止。Knicks2年目の昨年のドラフト1巡目Kevin KnoxがZionを大いに意識していてしっかり張り付いて阻止に成功。
Kevin Knoxはドラフトロッタリーの前の段階での評判では、タンクしていたKnicksが全体1位の指名権を獲得してZion Williamsonを獲得したらポジションがかぶるのでトレードで放出されると散々言われていた選手。Knox自身もカレッジ時代は名門Kentuckyのエースだったわけで、この日のZionとの対決に闘志を燃やしていたのであろうと思われます。
しかし役者はZionの方が上。Knoxがリバウンドを取ったのに食らいついてボールをKnoxからもぎ取ってそのままダンク4本目。
他にはターンオーバーでZionが独走しそうなタイミングでファールがコール、スーパースラムダンクが幻となって19,000人満員の会場が「あ~」とため息。なんでもチケットの転売価格は券面の3倍になっていたとか。
Zionは第2Qに膝を打ったとかでその後はチームが出場をさせませんでした。大きな怪我ではないでしょうがチームとしては無理をさせる意味のある試合ではないので。

New Orleans PelicansのSummer LeagueチームにはAubrey Dawkinsもいるんですね。DawkinsはUCFの選手としてつい3ヶ月前にZionやRJが所属したDukeとMarch Madnessで大熱戦を展開した間柄。ドラフト外で参加中。他にもMakoto Hiejimaという日本代表の選手もいるようですね。28歳とか。まだ試合は終わってませんが私の見ていた範囲では出場していなかったようでした。


明日の夜にはNew Orleans x Washington Wizardsの試合が組まれており、Zion対Hachimuraという昨季のMaui Invitationalトーナメント以来の顔合わせとなります。
ちなみにZionは明日が誕生日だそうで、今日の段階ではまだ18歳。身体能力も信じがたい選手ですが、ここまでの様々な注目を浴びての活動をスマイルを浮かべて難なく乗り切ってきているメンタルもすごいです。これホントに18歳かというのはDuke時代から何度思わせられたことか。

尚、Zionはまだシューズの契約をしていません。なんでも会場に入場時にはPumaを履いていたそうですが、試合にはDuke時代のNikeを履いて出場してました。超巨大契約になること必至。Pumaが一発勝負に出て獲れるのか、Nikeが勝ちきれるのか。
記事検索
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文