アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

いつもながら奇っ怪カレッジフットボールランク

カレッジフットボールの新ランキングが発表済み。少々の移動がありました。Ole Missをアウェイで粉砕したNo. 1 Alabamaは文句なしの首位維持。と言いたいところですが、あの試合を見せられてもまだClemsonに1位票を投じている投票者も3名いるようです。ClemsonはFCS校を相手に第1Q無得点で終わるなどあまりいい試合をしたわけでもなく、ランクも先週までのNo. 2からNo. 3に下降。これは健全な調整の範囲内でしょう。
変わってNo. 2に浮上したのは昨季の準優勝校Georgia。Georgiaは10月の@新No. 6 LSU戦までは順当に勝ち進むか。Georgiaは昨年に続いて西地区のAlabamaとのレギュラーシーズンでの対戦がありません。となると西のLSUに敗戦してもSEC優勝戦進出が有望か。トラップゲームは11月第一週の@Kentucky戦か。Kentuckyはフットボールではドアマット校ですが、今季のスケジュールが極々軽い。ダークホースでSEC東の優勝戦線に関わってくる可能性をなしとしません。

新No. 6 LSUはAuburnに勝って、これで三週目にして早くもトップ10チームを2校撃破。もっと上げても良いのでしょうがプレシーズンからの上位校が上に詰まっているのでこれ以上はあがりません。敗戦したAuburnの方は僅か2ランクダウンでNo. 9へ。既に開幕戦で現No. 10タイのWashingtonに勝っているのでまあこんなものか。というかWashingtonもAuburnに敗れた時のランク下降が小さかった。
No. 15だったTCUは熱戦でNo. 4 Ohio Stateに敗戦、こちらもランク下降は僅かでNo. 17へ。

これはトレンドなんでしょうね。カレッジフットボールがプレーオフ制に変わって、各校にnon-conferenceの好カードを組むようにプレーオフ選抜委員会が仕向けている。そういう試合に勝ったチームを優遇するとともに、敗戦した学校も罰しない、という形にしてnon-conferenceのビッグマッチの実現を後押ししている、という感じです。
それはプレーオフ選抜委員会の思惑と軌を一にしている。どうもAPランク(記者投票)が選抜委員会の後追いケツ持ちな感じで独立の気概を失っているのが気になりますが、まあとにかくこういうトレンドを定着させてシーズン冒頭のビッグマッチを多く組ませる誘導ということなのでしょう。

他では試合のなかったWest Virginiaが、なぜかこれも試合のなかったVirginia Techを飛び越えてNo. 12にランクアップしているのが奇っ怪です。両校ともハリケーンの影響で試合が消滅したんですが、一体何がどうなるとこんなにこの両校への票が変わるのか。
マイナーの雄Boise Stateは敗戦でランク外転落。Boiseに勝ったOkahoma Stateは9ランクアップの急上昇でNo. 15まで順位を上げてます。これ、ちょっと上で述べた強い学校同士での試合の扱いと違うのが目立ちます。Boise Stateがもしこの試合を勝っていたらマイナーカンファレンスからの初のプレーオフ進出の可能性が高まったまずまずの注目カードだったはずですが、他の注目カードの敗戦校は罰せられていないのにBoise Stateは完全圏外へ。この試合は前半見てましたが完敗だったのでランク外転落自体は特に異議はないですが、他の敗戦校との扱いの違いはいかがなものかとは思います。
尚、Boise StateのQBであるBrett Rypienは元Washington Red SkinsのSuper Bowl MVP Mark Rypienの甥で、2019年NFLドラフトでQBとしては上位指名が見込まれる選手です。ちょっと線が細いですが、小さな的めがけてのパスは確かにプロ向きではあるんでしょう。
他ではNotre DameがVanderbiltに大苦戦をしてもランクが下がらないのはなぜでしょう。Clemsonもそうですが過去のシーズンの印象で眼前の苦戦が目に入らない投票者が多いんでしょうか。

Bortles, Jaguars、Patriotsを快勝で下してAFC制覇へ狼煙

今週の注目試合だったNew England Patriots@Jacksonville Jaguars戦。この試合は事前の勝敗予想で、数年ぶりにPatriotsが負ける可能性が50%を超えると予想された試合。過去数年、ホームゲームはもとよりアウェイの試合でもPatriotsは常にfavoriteとされてきたのが、この試合はJacksonvilleがfavoriteであった稀な試合。その予想に違わぬ好試合を攻守で見せてJacksonvilleが31−20で勝利。同カードでJacksonvilleがレギュラーシーズン初勝利を挙げてます。プレーオフではJacksonvilleが勝利したことあり。

前半を21−3とJacksonvilleが圧倒して終了。第2Q中盤にPatriotsが8分以上を使って延々をドライブして迫ってきたところではいよいよNew Englandが目覚めるかにも見えたのが結局FGの3点のみ、Jaguarsが14−3でリード。その返しのドライブでJaguarsがTDを決めて21-3。後半が始まると攻撃権を持ったJagursが第3Q最初の8分以上を使ってFGで24-3。双方のロングドライブで時間消費が激しい。Patriotsの戦術Gronkoを巧みに抑え込んだJacksonvilleのディフェンスデザインが冴えてレシーバー陣が手薄なPatriots、さすがに今日はダメか?という試合展開。それでも簡単に勝たせなかったのは常勝Patriots、さすがということになるんでしょうか。第3Q後半に数少ない手持ちWRのChris HoganにTDを通して24-10。第4Qに入ってFGを追加して24-13と11点差まで来ました。

で第4Q半ばのPatriotsのドライブが疑問。残り10分弱で自軍9ヤードラインからドライブ開始。結果的にはこのドライブは3 & Outでパントしてしまったのですが、これ、4thダウンは行くべきだったのではないでしょうか。
こういう事情でした。3rdダウンでRB James Whiteへのパスが通って当初の判定は1stダウン獲得だったのです。が、これがかなり微妙な距離で審判がチェーンを持ち出してまず確認して、チェーン数個分で1stダウン獲得と再び判定。それに対してJacksonvilleがチャレンジフラッグを投げ入れました。
私は見ていてこのチャレンジは無駄だからやめたほうが良いと思ったんですね。その時点で第4Qの残り8分強。もしチャレンジが成功したとしても4th & very shortになるだけ。既に残り時間は多くなく、2ポゼション差なので、4th & shortにしたところでPatriotsはどうせランプレーまたはQBスニークで1stダウンを獲得する可能性がとても高い。だからチャレンジ権は残した方が得、と思って見ていました。
結果は私が大ハズレで、チャレンジは成功、そしてPatriotsは4th &ハーフヤードをパント選択。Jacksonvilleの方はPatriotsがパントチームをフィールド内に入れても、自軍のディフェンスチームをフィールド内に残してフェイクパントに万全に備えており、Patriotsがその気があってもトリックプレーに行けなかったです。
ここが試合の勝負を決めるアヤの瞬間だったかと。前述の通りこの3rdダウンの4thダウンの間には数分の間隔が空いたため受ける側のJacksonvilleの側に様々な状況に対する準備ができた。4thダウンが最初からショートと判定されていればそのままPatriotsが速攻に行けたかもしれないのが、そうはならなかったし、フェイクパントを出そうにもそれについてもJacksonville側に通常と違うプレーをするメンバーを配置できたし、注意事項など指示出しもできた。Patriots側が餌をまいたフェイクスナップでのオフサイドの反則誘導も失敗した。

それはともかくとしてJacksonvilleは昨季からの勢いをそのままで今季に入ってきてますね。攻守に隙がないです。


Browns 負け方がひどい

あまりの酷さに呆れるのをはるかに超して大笑いしてしまう敗戦。NFL Cleveland Brownsがまた勝てず。2016年シーズンから通算して1分を挟んで18連敗となってます。
いやものすごく頑張っていいプレーもしているのに、でもやっぱり負けちゃうのかという大変な負け方。18−21でNew Orleans Saintsに敗戦してます。試合も終盤、2ミニッツウォーニングを過ぎて12-18で追うBrowns。4th & longの敗戦間際のプレーで47ヤードTDパスを決めたときはうぉおおやったぁ~とファンでもないのに飛び上がってしまいました。ところがPATが逸れて18-18の同点止まり。もうね、この締まらない試合ぶりがBrowns。信じられないミス。
いや信じられなくはないのです。私は見ていない時間帯にこのキッカーZane Gonzalezは既にこの試合でPAT1本とFGを1本外していたというのですが、この勝負どころのPATも前の2本と同じく左へ逸れて行ってしまいました。
試合の残り時間1:16からのNew Orleansの返しのドライブは決してよいドライブではなかった。前進はできて結果的には決勝のFGを得ることはできましたが約30秒の時間を残してしまった。21-18。その時点でBrownsはタイムアウトが1つ残っていた。Brownsのタイムアウトを消費させることもせず、New Orleansが敗戦していたらクロックマネジメントでコーチ陣は総たたきに合うような内容でした。

さあQB Tyrod Taylor、もう一度前のドライブのようなプレーができるか、という最後のドライブ。期待に違わぬパスが2本ズバリ決まってあっという間にFG圏内に到達。さあ、さっき外したキッカーにとっては名誉挽回の機会‥だったんですが今度は右に全然外れて敗戦‥ 

弱いチームとはこれほど弱いのかと感心しちゃいますね。いやいや。



Ohio State 怒涛の逆転勝利 TCUの抵抗も好感

カレッジフットボール第3週の目玉試合となったNo. 4 Ohio State x No. 15 TCU@AT&T Stadiumの一戦。TCUの健闘もあって事前の予想以上の好試合となりました。最終スコアは40-28でOhio Stateが順当勝ちしたようにも見えるでしょうが、前半をTCUが14-13でリード、後半に入ってもTCUが先行して21-13としてアップセットの期待を大いに抱かせる展開に。
その後Ohio Stateの怒涛の逆転が始まり一気に20得点で33-21と抜き去る。この時間帯はTCUに痛恨のミスが続いて心が折れそうな時間帯。ショベルパスがインターセプトされ、フェイクパントを狙ったとおぼしきプレーをパンターが落球、シーズン前からこの日のために仕込んできたであろうキックオフレシーブのトリックプレーが失敗(前パスになってしまった)と壊滅的な状態。
しかしここからTCUが盛り返して33-28へと追い縋った攻撃が良かったです。ガッツを感じる上に、サイズの差をスピードとクラッチなパスでかわしてまだまだ試合はわからないと思わされました。
結果的には順当で、Big Ten他校が各地で苦戦敗戦する中、さすがOhio Stateはちがうと思わせるところもあり。TCUの方も工夫をこらして強豪と互角に渡り合ったのは高く評価したいところです。

試合開催場所はTCUの地元Fort Worthからはすぐ(AT&T StadiumはDallasとFort Worthの中間に位置します)なんですが、スタジアムは7割方はOhio Stateから遠征したファンで埋められていました。ボウルシーズンでもその抜群の動員力でメジャーボウルが一番に呼びたがる学校であるOhio Stateのファンの強さをまた示したことに。
対するTCUはBCS時代の2010年にRose Bowlに招待されるも割当のチケットをさばき切れず、動員も低調という小規模校の苦しい実態を晒したことがあります(その時は相手もWisconsinと地味だったのもありますが)。宗教系小規模校と、全米でも最大級の生徒数と卒業生数を誇るOhio Stateでは動員力という意味ではカレッジスポーツのスペクトラムの両端と言ったところでしょう。Ohio Stateの動員力の強さについては過去こういう記事も書いてます。
元々このカードは2012年に発表されたもので当時当ブログでも話題として取り上げました。Ohio Stateの当時の学長が小規模校を「貧乏人の小娘」と批判して物議をかもした後のことでした。なんとか貧乏人の小娘を退けられたのでOhio State陣営もほっとしたというところでしょうか。

No. 6 Wisconsin ホームで接戦を落とす

昨季のカレッジフットボール界を盛り上げてくれたBig Ten西の強豪No. 6 WisconsinがBYUに24−21で敗戦。今季初黒星となってます。Wisconsinがホームでnon-conference戦で敗戦したのは15年ぶりとか。大型選手の多いBig Tenの中でも大型の選手を揃えてパワーフットボールを展開するのを得意とするWisconsinですが、最後までBYUを圧倒することできず。
Wisconsinは先週も最終スコアが大差45-15だったので目立ちませんでしたが、New Mexico Stateを相手に前半10-7で折り返すなど疑問符の付く試合ぶりだったのが、今週の試合で遂にマイナーカンファレンス校につけ入れられたことに。昨季は全勝でレギュラーシーズンを終えながらスケジュールがぬるいとされてプレーオフ戦線で常に劣勢を強いられたわけですが、別のシーズンとは言え今季こうしてBYUに敗戦してしまうと、昨季のスケジュール強度への批判が事後的に正しかったと言われてしまいそうです。

今日の試合はWisconsinの得意のランゲームで押して、BYUのサイズに劣るLBなどディフェンダーは一人ではランを止められないのですが、二人目がよく追従してWisconsinは最初のコンタクト後のランヤードを追加できず。
サイズの差が試合終盤に効いてきて小型のチームのフロントラインが崩れ始めるというのは過去散々例があるのですが、そこまでの落ち込みがないままで試合が終わりました。いくつか要素があったと思います。両軍ともにランが多めのオフェンス。そのせいで試合の時計が進むのが早かった。Wisconsinが試合を通して得たポゼションは僅か9回。サイズ差でBYUを消耗させきれなかった面があったかもしれません。
またこの日のWisconsinのホームは同校の試合で史上二番目に暑い試合だったと試合開始時に報じていました。大型選手の多いWisconsinのオフェンスラインにこの暑さがこたえた可能性もあるのかもしれません。

今日はBig TenではNebraskaがFBS最下位カンファレンスであるSun Belt所属のToryに19-24で敗戦。RutgersがKansasに55-14と惨敗してます。Rutgersが弱いのは別に驚きではないですが、フットボール校ではないKansas辺りにここまでボコボコなのかと。Nebraskaは試合後の記者会見でも新HC Scott Frost、言葉がない感じでした。
まあ夜のプライムタイムのNo. 4 Ohio State x No. 15 TCU@AT&T StadiumでOhio Stateが良いところを見せてくれるのではないかとは期待しています。

deGrom またも負けが先行へ

打線の援護が得られないMLBの屈指のエースNew York MetsのJacob deGromがまた敗戦してます。試合は3-5で敗戦、deGromの7回終了時での降板の時点では1-2。今季の成績は7勝8敗、防御率1.71に悪化(試合前1.68)もMLB最高の防御率。98−99マイルの素晴らしいボールが打者の膝の高さにズバズバ決まり、たまにその速球がストライクゾーン上限にも行くので打者は手が出ません。ALでサイヤング賞の候補であるChris Seleが防御率1.96で2位、この二人だけが1点台。deGromは既にシーズンの規定投球回数をクリアしており、規定投球回数を投げて勝敗成績が負け越しの投手ではdeGromの現在の防御率は長いMLB史上でも最高のようです。
とにかく打線が打ってくれない。この日もdeGromがMarlins打線を抑えているのにMetsは打てず。deGromが4回にタイムリー2塁打をセンター超えに喰って2失点。なんでもこれが今季2ストライク0ボールのカウントでdeGromが長打を被弾した初のケースだとか。6回にやっとMetsは1点をあげたものの、deGromがマウンドにいる間の援護はこれが唯一。
deGromのこの日の結果は7イニング3被安打自責点2 9三振2四球。これで直近26度の先発登板のすべてで自責点3以下。圧倒的な安定感です。MLB史上に残る好投手のグレートなシーズンがこのまま黒星先行で終わるのか。

deGromの個人成績は圧倒的なわけですが、投手の最高の栄誉となるサイヤング賞の受賞はあるのかないのか。サイヤング賞はAL/NLで別に表彰されるのでNLの投手だけを見るとdeGromよりもMax Scherzer が受賞にふさわしいという意見が多いようです。本日時点でScherzer は防御率2.31、17勝6敗。

これ、ダブルスタンダードじゃないですかね?先日もMVP(実質的に打者の最高の選手に与えられる栄誉)の候補の話をしましたが、そちらではセイバーメトリクス革命以後にできた指標を元に誰がより良い選手なのかの議論が戦わされ、旧打撃指標で三冠王も狙える位置のBoston Red Sox J.D. MartinezはMVP争いでは4位以下の扱いになっているわけです。
ところが投手の方は圧倒的な実績のdeGromがMax Scherzerよりも評価が下になる傾向が強い。セイバーメトリクス的には投手の勝敗というのは、打者の打率よりさらにに個人の能力の評価としては不適当な過去の指標であろうかと思うんですが、なぜかそういう話にはならずシーズン20勝が狙えるScherzerの方に票が行きそうだというのです。
記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文