アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

Yankee StadiumにBig Tenの宣伝

メモ。昨夜のMLB Seattle Mariners@New York Yankeesの試合。MLBの好成績チーム同士の試合、最後は Giancarlo Stantonのサヨナラホームランで決着しました。この試合のバックネット後方の可変宣伝エリアにBig Ten Conferenceのロゴが。例の「B1G」というやつです。
これなんなんでしょうね。Yankee Stadiumの試合をしょっちゅう見るわけではないのでいつも出ているのか昨日たまたまなのかはわかりません。今、6月。カレッジスポーツは学校が夏休みの時期なのでシーズンオフ。ということは来る9月のカレッジフットボールシーズン向けの宣伝なんでしょうか。

Big Tenは2014年にRutgersとMarylandを加えて東海岸への拡張進出を果たしています。スケジュールも工夫して東海岸の2校と、Big Tenの看板プログラムであるOhio StateとMichiganを同じ地区に配置。そのためRutgersとMarylandには毎年必ずOhio StateかMichiganのどちらかがやって来ることになっていて、もう一つの人気校Penn Stateも隔年で来る。Big Tenの有力校を派遣することで中西部の地方カンファレンスから人口の集積する東海岸へ拡張した効果を出そうとしていたはず。
それがYankee Stadiumなぞにロゴ宣伝。Big Tenの東海岸への浸透がうまく進んでいないということかな?ということをこの宣伝を見て思いました。

ニュージャージー州に位置するRutgersと、首都ワシントンDCにもほど近いMarylandという追加の二校の立地は決して悪いものではないのですが、いかんせん両校ともフットボールが弱い。RutgersはBig Eastで、MarylandはACCでそれぞれ10年ほど前に一瞬輝いた瞬間はあったものの、Big Ten加入後もリクルートも冴えず揃ってドアマット化。Big Tenの人気校は来れども地元校は踏ん張れず惨敗大敗の連続。これでは地元は盛り上がらないのも仕方ない。元々カレッジフットボールの人気の低い東海岸一帯。Big Tenの実力をもってしても人気のテコ入れならずなのか、という想像を掻き立てる唐突な感じのロゴ宣伝でした。




NBAドラフト直前

明日木曜日がNBAドラフトの日。全体1位はDeandre Ayton(Arizona)でほぼ異論はなさそうですが、その先はかなり混沌としています。欧州スロベニアからエントリーしているLuka Doncicを推すもの、DukeのMarvin Bugley IIIがドラ1に極近い2位だとする意見など。これら3人は全員19歳。トップ3からは漏れそうなもののMohamed Bambaのポテンシャルは大変なものがあり大化けの可能性を秘めているように見えます。
今年は7位ぐらいまでがかなりの好素材が揃っていて楽しみです。トップ10の指名順位は現時点で順にPhoenix Suns、Sacramento Kings、Atlanta Hawks、Menphis Grizzlies、Dallas Mavericks、Orlando Magic、Chicago Bulls、Cleveland Cavaliers(=元Brooklyn Netsの指名権)、New York Knicks、Philadelphia 76ers(=元LA Lakersの指名権)。下位チームの名前が並ぶ中、Cavsの全体8位の指名権が光ります。LeBron抜きになるであろうCavsの将来を託せる素材を引き当てられるか。
LeBronはHeatからCavaliersに回帰するときも、Heatにドラフト指名についての意見を述べて、その意見に沿ってHeatは指名してご機嫌をとったんですがあえなくLeBronは移籍してしまいました。今年はCavsはLeBronに意見を伺ったりしてるんですかね。
若手の実力者が揃い始め、場合によってはLeBronがFA移籍するのではとも言われる76ersが10位。今年は10位前後でも即戦力で使えそうな選手が残っている可能性が高く、こちらも気になります。Mikal BridgesやKevin Knoxといったカレッジのエース級は10位なら誰か残っているはず。Lonnie Walker IV辺りのポテンシャルに賭けるのは来季すぐに勝ちこめそうな76ersには不向きか。

ほかでは昨年ドラフト入りを回避して今年に賭けたMichigan StateのMiles Bridgesは15位近辺、ロッタリー指名の末尾との予想が多いようですがどうなるか。昨年1-and-doneでエントリーしていた場合とほぼ同じ程度での指名になっちゃいそうです。となれば1年分プロのキャリアとスタッツとサラリーを無駄にしたことになりますが。

日本からGeorge Washintonへ行って4年のエリジビリティを全うしたYuta Watanabe選手もドラフトの対象になります。指名される可能性は高くないと思われますが2巡目の後半での指名を日本のバスケファンからは期待を集めていることでしょう。
まあ今はサマーリーグもあればG Leagueもあるのでそちら用にドラフト外でどこかが拾うのは十分に見込めると思います。政策的に日本からの選手はNBAからすれば歓迎でしょうし。そこからNBAの開幕ロースターに残れるかはもう腕次第ですね。

スポーツニュース番組は絶滅危惧種

ESPNのSports Centerのことを書きました。実は今となってはSports Centerには競合番組がありません。スポーツ専門チャンネルとしては各系列が専門チャンネルを持っていますが他局でSports Centerに類する総合スポーツニュース番組はすべて廃止になってます。FOXが一時期頑張ってSports Centerの向こうを張ったニュース番組を放送していましたが視聴率は一向に伸びずSports Center一強の牙城を崩せず撤退。
そもそもの話がスポーツ情報を得るためにTVを見るという行動自体が死滅しつつあると言えるように思います。私個人で言えば既にSports Centerを見る機会が激減しており、インターネットやアプリに頼り切り。そういう人はかなり増えているはず。もちろんTVニュースで見た方が良いと感じられるタイミングやイベントはありますからまったく見ないわけではないですが過去に圧倒的な情報発信力を誇った頃のSports Centerではないと言えます。その昔オバマ大統領も朝は日課のようにSports Centerを見ていたと言っていたのが、いまとなっては朝の時間帯のSports CenterはESPN2送りとなり、本局のESPNではGet Up!という番組に置き換わっていたりもします。

サッカーW杯の報道がESPN系列のSports Centerで小さく取り扱われているということを書きました。じゃあW杯の放映権を持つFOX系列は大々的にW杯のニュースを流しているかというと、前述の通り既にFOXはスポーツ総合ニュース番組から撤退しているのでそんなことをする場もない。時差の都合もあり午前中に試合が集中しているのをゴールデンタイムに再放送している日もありますが、FOXの持つMLBの定時放送はW杯の間も続けているのでその日はMLB優先。またFOX系列ではW杯の開幕と同日にゴルフの全米オープンがスタートしてそちらの放送も時間を割いていたためケーブル局のFS1が潰れている。さらには週末にはNASCARの放送もありましたからサブ局FS2もそれで埋まっていた。次週からは3-on-3のプロバスケBig 3の放送もFOXで始まるとか。なんともTVでのW杯の露出が限られていて窮屈な感じなのです。盛り上げきれない態勢というか。
NASCARの放送は先週末は最上位カテゴリのCup戦レースはお休みの週で下位カテゴリのXfinityシリーズなどの放送だけだったんですが、契約上扱わざるを得ないのかそれを優先してW杯関連再放送やらW杯情報番組などは極限られた変な時間帯にやっていました。次週末はNASCARのCup戦も帰ってくるのでまたFOX系列の番組は混み合うことになります。

TVでやっていないならネットで情報を取ればいいじゃないか。その通りなんですが、それは既にW杯に興味がある人の行動で、そうじゃない人を巻き込んでたまたま見ちゃった、興味のある人を増やすという機能はやはりTVでないとなあということになります。

元Pro Bowlerが連続老女レイプ

Cleveland Brownsなどに在籍した元NFL TE Kellen Winslow Jr.が老女レイプ、誘拐、脅迫、強盗その他で逮捕訴追されています。父親もNFLの名選手だったKellen Winslow。まだNFLがパスプレー全盛になる以前の時代にSan Diego Chargersで当時の基準ではパスしまくりオフェンスの要として活躍した方でPro Bowl選出5回、NFLの創設75周年のときにはAll-Time Teamにも選出されているリーグ史上に残る名選手。その昔東京12チャンネルで父親の方はプレーを見たことがあります。息子の方もカレッジからスターとして活躍。NFLドラフトでは全体6位という高い位置で指名され、プロでは通算12年間NFLに在籍。Pro Bowlにも選出1回。スーパースターにはなれませんでしたが十分に成功キャリアと言っていい。2013年を最後にNFLを去ってます。
それが2018年になってこんな形で再び名前を見かけることになるとは。現在かかっている容疑が全て有罪となると終身刑が待っています。現在34歳。

スキャンダラスなのはレイプの相手の年齢ですね。対象となった被害者の年齢が54歳、59歳、55歳、71歳、86歳。うーん。個人の性癖はそれがなんであれ性癖それ自体は否定はしません(合意でやる分にはなんら問題がない)が、ああそういう趣味なんだなあという。50代ぐらいだとおきれいな方もいないではないですが、徐々にターゲットの年齢がアップしているところをみると目指しているのはおきれな方でもなさそうです。
本人も10年以上NFLのキャリアがあり、父親もNFLの名選手。経済的にはそうとうに恵まれていた人生だったはず。身体的にもNFLのTEの体の持ち主はたぶんスピードサイズバランスなど考えて地上最強に近いひとたちでしょう。自分より強い人間に会うことはめったにない人生だったんだろうなあなんて思います。そんな人生でも処理できない欲求が爆発しちゃうもんなんですね。一応アメリカではネバダ州は売春が合法で、聞くところによればどんなタイプの女性も(好むなら男性でも)調達できるとされます。でもそれじゃあダメだったんでしょうね、きっと。
今後は法廷での争いになりますが、例の脳震盪やらCTEやらのせいだとかいうキテレツな弁護が法廷で登場するんでしょうか。

そういえばキャリア絶頂期に殺人で有罪となり、その後獄中死したAaron HernandezもポジションはTEでしたね。

米サッカー協会会長は2022年はすっ飛ばし

日本勝ちましたねー。私は日本代表の試合を見る機会はW杯しかないので細かい事情は存じませんが序盤の積極性が勝ちを引き寄せたことに。それはともかくコロンビアのハンドしてしまった選手、殺害されないと良いですが。1994年のアメリカW杯で自殺点を入れた選手は本国に帰ってから見せしめで銃殺されてしまいましたよね。

日本 x コロンビア戦の前のプレゲームショーに今年2月に選出された米サッカー協会会長のCarlos Cordeiroが出演していました。2026年のホーム開催が決まってからもまだロシアに滞在を続けていたんですね。出自がポルトガル系だそうでポルトガル x スペインの試合を見に行って楽しんだとか。ただ肝心の質疑応答の内容は皆無に等しいひどい出演でした。アメリカのスポーツの背広組トップはお喋りがうまい人が多いので自然比較してしまいますがこれはちょっと、という内容。せっかくこれから2022年2026年に向けて代表サッカーが人気復興をはからなければならないのにこういう発信力の弱い会長というのは残念な気がします。まだトップ就任から日が浅く馴れていないだけだと良いんですが。

唯一まともに質問に回答したのは次期米男子代表監督の選考についての質問。会長の答えは「その問題には私は口を出さない。GMになったErnie Stewartが決めることだ」というもの。そうなんだ!とちょっと驚きました。丸投げなんだと。先日もGMとなったErnie Stewartのことは少し触れました
何が誰の仕事の領域なのかが明確な事自体は悪いことではないですが、会長が完全にノータッチを公言してしまうのは珍しいのでは。

うがった見方をすると次期監督が誰になってそれで結果が出ても出なくても責任はErnieと最初から責任回避していると読むこともできます。会長にとっては2022年よりも2026年の自国開催の方が大事なので、そこまで会長職を務めるためには前段の2022年までの過程で批判を浴びないようにGMにピッチ上の全責任を押し付けておくのは賢いやり方とも言えます。

Washington Capitals、優勝を花道にHCが辞任

NHLで悲願の初優勝を遂げたWashington CapitalsのHC Barry Trotzが唐突に辞任を表明してます。たぶんどこか他のチームからヘッドハンティングを受けたんではないかというのがニュースを聞いての直感です。
この前の優勝祝賀パレード後のセレモニーでは「来季もまた優勝するぞー」ってやってたんですけど、気が変わったか、そもそもあれはリップ・サービスだったか。気が変わったのだとしたらCapitalsとの契約延長交渉でCapitalsが条件で渋いことを言ったのかもしれません。

当面無所属になって2020年始動予定のSeattleの新チームのHCに就任なんてのも一休みしつつ良いかもしれません。
記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文