アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

Les Miles解雇

NFLの方でも言いたいことはあるんですがとりあえずこちらを。LSUがHCのLes Milesとオフェンシブコーディネータを解雇。現在2勝2敗のLSU。昨日の敗戦はぎりぎりの勝負での敗戦でもあり成績不振とは言い難いと思うんですが、思い切った手を打ってきました。

Les Milesのクビが危ういというのは二年ぐらい前から何度か話題になっていたところ。ここ数年SECはAlabamaが一強独走になりかかっている。その少し前まではLSUがAlabama一強を許さない強力な存在だったんですがかなり差がつき始めていた、というところがLSUを全米規模のエリートプログラムだと思えば物足りなかったようです。部外者の私からすると、この成績で功績あるHCのクビを切るとかLSUは自分を何様だと思ってるんだ?、という気もしないでもなかったのです。

以前にも書いたことがありますがLes Milesは数年前からがっくりお歳を召した感じが強くなっていた。現在62歳、カレッジフットボールのHCは高齢の方が多いのでさほど歳という年齢でもないんですが、全米制覇を達成した頃(2007年)や全勝で全米優勝戦へ進んだシーズン(2011年)の頃と比べると随分歳とったなあ、とは感じていました。

LSUのファンサイトなんかを読み込んでみるとどうもQBのリクルートがうまくいかないことへの不満が鬱積していたみたいですね。LSUはSECの有力校ということもあってリクルートは各ポジションで毎年のように好選手を獲得しているんですが、QBだけはダメ、という傾向がはっきりしている。LSU出身のQBとして思い出せるのは例えばJaMarcus Russell、Matt Flynn、Zach Mettenberger。ここ最近数代のQBは名前のリストを見ると、ああそうだったねぐらいの目立たない選手が続いています。名前を挙げた3名にしてもMettenbergerはトランスファーでLSUに来た選手でリクルートで獲った選手ではない。JaMarcus RussellはNFLドラフトバストの代表格みたいになってます(それはLSUのせいではないですが)。

なんでもLes MilesはデュアルスレットQBが好み。それが祟ってLSUの地元の五つ星ポケットパッサータイプのQBがLSUに入学コミットした後に、デコミットして他校へ進学した例が3例ほどあるそうです。どうもそれらの選手がLSU進学を発表後に「LSUに行ったらプロスタイルのプレーをさせてもらいない。プロへ進む道が閉ざされる」という”アドバイス”を受けて進学先変更するのだとか。Les MilesがHC職にある限りこの問題は変わらない、という不満が成績不振の度合いが小さいのにMilesのクビを危うくしていたということです。なるほど。いろいろ難しいですね。

ただLSUが以前次期HCとして招請を具体的に考えていたのは現Florida State HCのJimbo Fisherだったわけです。Jimbo Fisherもデュアルスレットの大成功例であるQB Jameis Winstonを擁して全米制覇しているわけで、どうもそのプロスタイルのオフェンスができないから本格派QBが来ない、という説もよくわからないですけれど







Jose Fernandez事故死

びっくりしました。地元紙のサイトMiami Heraldで場所を確認、地図を見ましたがMiami Beachの南端を回り込んで湾内に入る狭くなった入り口部分での座礁。写真も見ましたがあそこまで派手にひっくり返るんですからとんでもないスピードで水路に突入したのでしょう。事故の詳細は追々でるでしょうが、アルコールがからんでいる可能性はありそうです。

今季最後の先発の前夜の事故。試合はキャンセル。Miami Marlinsは翌月曜日にもホームゲームがあります。急遽追悼試合になるのでしょう。若い選手の多いMarlins、同僚たちもショックでしょうね。


訂正

Fernandezの登板予定は事故以前にローテがずらされて月曜日に変更になっていたようです。登板の当日未明の事故、ではないと。月曜日のホームでのMets戦の予定される対戦相手はMLB 最年長Bartolo Colon 43歳。亡くなったFarnandez、24歳。

Wisconsin 一年生QB Alex Hornibrook

カレッジフットボール第4週。先週ビッグカードが大量に行われた反動か今週はコレというカードのない静かめの週。その中で一番目をひいたのがNo. 11 Wisconsin@No. 8 Michigan State戦。この試合、Wisconsinのレッドシャツ1年のQB Alex Hornibrookがプロ風の狭いターゲットにいくつもパスを決めていたのが気になりました。特にシーズン前から評判というような選手でもない。リクルート時は三つ星。Wisconsin以外ではRutgers, PittsburghあとはIvy Leagueを含むマイナーカンファレンスからのみ誘われた選手のようで今季まで名前が知られていないのは当然。そんな選手なんですが大事なプレーでズバリと良い所に投げます。カレッジとNFLの両方を見る方にはおわかりでしょうが、カレッジのQBというのはNFLのような相手ディフェンスがしっかり追従したターゲットの小さいところにはなかなかパスを決められる選手は少ない。それだけに今日のプレーぶりは目立ちました。試合はWisconsinが30-6で完勝しましたが、Hornibrookは16/26, 195yard, 1TD, 1INT。試合を見ていなければまるで地味で並なスタッツとなってます。こういう選手が大化けしたりするんでしょうか。それともあの数本のNFL風パスはなんかの偶然なんでしょうか。1本や2本なら私も偶然だと思ってしまうんですが、4~5本ズバリいっていたので狙ってるんだよなあ…と判断しましたが。

パス比重の低いWisconsin、Big Ten。地味なスタッツと、時代遅れな走れないQB。Wisconsinのクラシックなチームカラーも似合う感じです。次週も少し気にして見てみようかなと思います。

救援QB Edelmanが見たい

木曜日はフットボールの日。カレッジもNFLも試合がありますが基本的にはカレッジの方が私の関心事の場合が多いのですが、今週はちょっとNFLの方が気になります。Houston Texans@New England Patriots。日曜日の試合でNew England QB Jimmy Garoppoloが負傷。主戦QBのTom Bradyは出場停止中。それで新人の第3QB Jacoby Brissettに先発の機会が廻ってくるようです。HC Bill BelichickはBrissettの先発を明言しておらず、相手TexansにGaroppolo先発の可能性も考慮させる攪乱策のようですがたぶんBrissettになりそう。そしてGaroppoloが出場完全回避の場合のBressettの救援QBにはWRのJulian Edelmanが起用されそうだとのこと。Edelmanと言えばBradyからのラテラルパスを受け取ってのダブルパスでのTDを決めた名シーンの男。カレッジ時代はKent StateでQBを勤めていた選手ですが、まさかプロでいきなり通用するのかどうか。実現はしないのでしょうが見てみたいのも確か。Edelmanは練習の虫とされ、常に誰よりも早く練習に現れるのだとか。バックアップQBの可能性も加わってその早朝ルーチンにQBの練習もプラスされたりしているんでしょうか。

Garopolloが負傷した日曜日以降に急遽FAのQBを物色するのかとも思われたのですがPatriotsはまったくそんな動きはないまま中三日での木曜日の試合へ。まあ中三日じゃFAで獲ってもプレーブックも消化できずドタバタするだけでモノにならないという判断でしょうか。それともBrady抜きの4試合のうち最初の2試合を勝利したことからこの日の開幕第三週は負けても良いと割り切ったか。エースQB抜きで2勝2敗でも及第点、明日敗れてもまだ3勝1敗の可能性もある。Garoppoloもさして重傷という話も聞こえてこないので第4戦には出てくるのであろうと思われます。負けてもよいというつもりなら欠場中のTE Gronkowskiの復帰もこの日は避けそう。

Patriotsの捨てゲームのThursday Nightとなる可能性が高いのに、それでもなにやらいろいろ想像してワクワクしてしまうというのはちょっとおもしろいと思います。

ホッケー代表への視線の身内の厳しさについて補足

前項のアイスホッケー米代表の惨敗に対するおおっぴらな酷評について、少し補足します。

まず今回のWorld Cup of Hockeyは現在NHL放送をしていないESPN系列で久々に放送されるプロのホッケー放送でした。カレッジホッケーのFrozen Fourの中継こそありますが目立つところでESPN系列がホッケーを放送するのは同系列がNHLを捨てた2004年シーズン以来12年ぶりのこと。スポーツマスコミで絶大な影響力を持つESPN系列にWCoHが登場したのはアメリカでのホッケーの露出にとっては良い面があったと思います。しかし結果は普段の放映権を持たないしがらみがないせいかESPNからの容赦ない米代表批判という結果に終わりました。大会自体はまだ続きますし、アメリカ人若手選手を含む北米チームが勝ち進むことでまだアメリカホッケーにとって肯定的な話も出てくることはありえますが、こと米代表に関してはボロカスです。

それで連想したのがサッカーのアメリカ代表に対する報道についてです。アメリカのサッカー代表に対する報道はものすごく優しいです。これは相対的な位置が高い女子に対しても、そうでない男子に対してもそうです。女子なら先日のリオ五輪で準々決勝敗退という過去例のない惨敗大会になっても表立った批判は起こらない。男子は五輪へ二大会連続不出場でも批判されることもない。W杯で未勝利敗退に終わっても否定的なマスコミ記事が出ることはほとんどありませんでした。サッカーの世界でアメリカと同程度の実力、同じ様なサッカーの歴史の日本ではものすごい量の批判記事が各種配信されるのとまるで違うアメリカサッカーへの暖かい待遇。これはサッカーという競技の人気が長年低かったアメリカでは関係者の保護者意識が強く身内が手加減したコメントに終始しているように見えます。やっと芽が出たサッカーを批判でつぶせない、という感じです。

他のジャンルの米代表への論評も優しいものが多いように感じます。例えば昨今はカリブ勢に手も足も出ない陸上。その昔はアメリカにとっては五輪のメインイベントだった陸上短距離はその地位を譲って長くなってきましたが表立った批判はあまりない。アテネ五輪で敗れた常勝男子バスケ代表。World Baseball Classicで決勝に毎度進めない米代表野球。そういった他の米代表活動を考えても今回ほど酷評されたことが過去あったかな、と不審に思うほどの昨夜のホッケー米代表のひどい言われようなのです。

もう少しサッカーを例に比べてみたいです。先にも書いた通りアメリカではサッカーという競技が長くマイナーをかこっていたこともあるのでしょう、サッカーコミュニティの代表への辛辣な批判は少ない。サッカーを守りたいという感じがヒシヒシとするのです。それに対して今回のホッケー代表への辛辣さには同じ様な「ホッケーというジャンルを守りたい」というような感じがまったくしません。そんなボロカスに言って久しぶりにESPNでホッケーを見た人が「あ〜やっぱりホッケーはアメリカじゃダメか…」と思うことを怖れていない。

いまとなってはアメスポシーンの中でサッカーとホッケー、どちらがより露出が多いか、ファンが多いかということを考えたらこの両競技は互角に近くなっているかと思います。ある部分では既にサッカーが抜いた部分すらあるようにも思える過去10年ほど。でもアメリカサッカーはいまでもジャンルを守りたい意識が強いし、それに対してアメリカホッケーにはそういうのがないんだな、とちょっと驚く感じです。ホッケー関係者の間ではまだサッカーなんかに負けるわけはないと思っているのかもしれない。確かにNHLの売上高や放映権料など考えるとまだまだホッケーは強いですが、その差はホッケー側が思っているほど大きくはないのに、こんな辛辣で大丈夫か?という感じすらしたのです。

ここまでボロカスにこきおろして良いのか

私は昨夜Monday Night FootballをそっちのけでWorld Cup of Hockeyを見ていたわけですが、メインストリームの流れとしては月曜夜はやはりMNF、でフットボールの空き日となる今日火曜日にWorld Cup of Hockeyがグループステージの最大の山場(のはず)だったカナダ代表と米代表の激突の試合を中継。ESPNがプライムタイムにもってきています。水曜日になるとMLB Wednesday Night Baseball、木曜日にはもうフットボールの次週が始まってしまう。ここは空き日の火曜日にホッケー側が提供できるベストカードをもってきたわけです。結果はカナダの4-2。内容はカナダの快勝。これでカナダは2勝で1試合を残して準決勝進出決定。米代表は2連敗で敗退確定。ただしグループステージの残り試合がまだ木曜日にあるので米代表はふてて帰国することもできずにトロントに留まるというハメに。

米代表は初戦に混成の欧州チームに0-3で零敗したのが誤算で、この時点で敗退はちょっと残念です。メンバーはほぼベストに近い。2試合で2ゴールしか奪えなかったため今になって「なぜPhil Kesselを呼んでない?」とか言う声もありますが、まあほぼベストなのは事実。細かく言うと例の米カナダのU-23である北米チームに若手を獲られているので米国の全ての力が結集した米代表ではないです。

試合中試合後のスタジオ解説が敗退した米代表をぶった切っていたのがちょっとすごいなと思いました。Brett Hullがあきれかえったという態度で米代表の気合いのなさを酷評し続けていました。えーここまでボロカスに言っていいの?というぐらい延々と。Hull一人だけでなくESPNの中継・Sports Centerでもその点をなじる内容が続いて、私なんかはそんなにいじめてやらなくてもいいんじゃないの?なんて思いました。

記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文