アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

最後のCWCへ行けるか

MLS Toronto FCがCONCACAF Champions League決勝の1st Legで1-2で敗戦しています。ホームで2アウェイゴールを献上しての敗戦で、@Guadalajaraでの2nd Legでは2-0以上の勝利が求められます。高地のGuadalajaraでの試合は簡単ではなく苦しいですが、MLS勢として久々に年末のClub World Cupへの出場を賭けて戦うことになります。
Toronto FCは昨年MLS史上最強チームなどとも呼ばれ期待されてCCLにも臨んでいましたが、Chivas de Guadalajara、やはり手強いですね。

Torontoは現在MLSリーグ戦で1勝3敗、東カンファレンス最下位。MLS全体だと未勝利のSeattle Soundersしか下にいない。今回のTorontoもそうですが、2015年にCCL決勝まで進んだMontreal Impactも当時MLSダントツの最下位でした。CCLに注力しているせいもあるんでしょうが、ちょっとひどい。MontrealはMLSの方をほとんど手抜きにしたもののCCL決勝で敗退。それも2nd Legのホームで2-4とされての敗退でした。Toronto FCはどうなるか。2nd Legは次週4月25日です。

関連してFIFAが現行のClub World Cupの今年限りの廃止を発表していますね。今年年末のUAEでの開催が当面最後のCWCになる見込みです。その後は4年ごとのイベントに改変とか。4年毎にするということは出場チームは増やしてくるのでしょうし、FIFAはアメリカからのお金は欲しいところでしょうからMLSチャンピオンは自動的に出場ということになるのかもしれません。毎年CCLでメキシコのチームにやられてCWCに行けなかったMLSがこういう形で新生CWCに常時出場できるようになるのが良いことなのかどうか。
将来のことはともかく、Toronto FCの次戦での奮起、現行制度下での最後のCWC出場を期待したいです。

New England PatriotsがドラフトでQB Josh Rosen指名を目指す、という噂

NFLドラフト、すでに混乱しているのはつい先日も記事を書きましたが、QB指名を目指す新しいチームが出てきました。常勝New England Patriotsです。確かにJimmy Garoppoloをシーズン途中で放出してしまったNew England PatriotsはポストTom BradyのQBが必要なのは確か。昨季開幕直前に第3QBも放出していますから将来を託せるQBが手持ちにいない。どこかのタイミングで獲得することになるのは自然なのですが、このタイミングでこのドラフトで、それも1巡目でのQB指名をNew Englandが画策するというのは意外。
長年正QBをつとめているTom Bradyは5巡目の指名の選手でした。当時はフランチャイズQBと見なされていた若きDrew Bledsoeがいたので期待せずに予備で獲ったようなもので優先順位も低く、話題性もありませんでした。昨季放出したJimmy Garoppoloは2巡目。同じく昨季前に放出したJacoby Brissettは3巡目指名だった選手。もしNew Englandが1巡目でQBを指名したらDrew Bledsoeの1993年の指名以来四半世紀ぶりの1巡目QB指名となります。しかし本当に行くのか。

Josh Rosenはここ数週間、各種のドラフト予想で指名順位が下降傾向。一部には全体3位のJetsの指名を予想するなど上位指名の予想は残るものの、予想順位を大きく下げているモックドラフトも多くなってきています。とは言っても12位のBuffalo BillsがQB指名が確実視されているのでRosenがこれより下になるという予想はさすがにない。
New Englandは1巡指名権は2つ持ってますが23位と31位。23位のままではとてもRosenが獲れる可能性はない。ということはこの2つの1巡目指名権を含む複数指名権を放出してBillsより上へのトレードアップを目指すということか。とは言えBills自身もトレードアップがずっと噂されてますからBillsよりちょっと上に入り込んだだけでは再逆転もあり得る。どこまで現有の指名権を投資して、どこまで順位を上げてまでしてRosen獲りに行くのか。そもそも急浮上したこのPatriotsのQB獲りの噂はどこから出てどれほど信頼できる噂なのか。

トレードアップ云々はともかくとしてPatriotsが1巡目のどちらかの指名権を使ってまで獲りたいQBっているんですかね。Rosenはトレードアップしないと獲れませんが、23位ならMason Rudolphなら獲れる可能性はある。31位でも可能かも。でもPatriotsってFAでほとんど選手を引き止めないので他の補強ポイントがたくさんあって、本当にQBに行くのかなあというのが懐疑的です。

こんな試合をあと3試合もやらないと一回戦を勝ち抜けないのか

NBA東一回戦第2戦、Cleveland Cavaliersが100-97でIndiana Pacersを下してシリーズを1勝1敗にしてます。しかしこの勝ちはしんどかった。序盤のClevelandのスタートダッシュで13-0、その13点は全部LeBron Jamesの得点。第1QにLeBron Jamesが25得点、試合全体で46得点。IndianaのエースVictor Oladipoが試合開始1分で2ファールを犯してベンチに下がった。こんな試合がClevelandの一方的な試合にならずに接戦の終盤に持ち込まれたのがこわいなあと。Pacers恐るべし。
Pacers HC Nate McMillanが試合開始2分、6-0の時点で最初のタイムアウトを取ったのは良かったと思いました。その後も前述の通りClevelandは得点を重ねて最大18点差まで差がついたのですが、Pacersのメンバーは黙々と集中力を保って試合をやり続けた。早い段階でチームを浮足立たせないように釘を刺したであろうあの序盤の、まだ大差が付く前の段階でチームをしっかり締めたのは良かったです。

この日のLeBronは第1戦にPacersに一気に大差をつけられたことの意趣返しでスタートダッシュをかけてきたし、ジャンプシュートも普段以上に入っていた。さすが気合が入ったときのLeBronはすごいなというのはその通りですが、LeBronがこんな試合をしても最後接戦かよ、と。試合後のインタビューでLeBronは3点リードの場面でOladipoが3ポインターを放ったのを指して「あれはオープンだったし入らなかったのはラッキーだった」と自嘲気味なのか謙遜気味なのかと語っていました。大量点差、LeBronの気合満点のプレー、Clevelandの地元客の押せ押せの声援もすべて引き受けて追い上げたIndianaの健闘が光る試合だったかと。
いくらLeBronがNBA最高の選手とは言えやろうと思っても毎試合こんな試合はできないんです。ここからの第3戦第4戦は敵地Indiana。スケジュールも中一日で金曜日日曜日と試合。こんなスパートをかけた試合は週に三度もできないと考えた方が良い。相当に苦労する一回戦が続く可能性がでてきましたね。一回戦からこんな激闘を繰り返していたら二回戦にも響く。勝ち抜いても二回戦の相手になるであろう東のトップシードのToronto Raptorsは2戦2勝でClevelandほどには苦労していませんから。

とにかくClevelandの他の選手のヘルプがないとLeBronも苦しいでしょう。
今日の試合に関しては勝負どころで、普段ディフェンスが特に良いと考えられているわけではないJR SmithやKyle Koverに守備で好プレーが出て接戦をものにしましたが、攻める方でLeBronを助ける選手が出てこないとLeBron一人にかかる負担が大きいです。
あとKevin Loveが試合終盤にたぶん親指の亜脱臼のような状態で試合から退きました。試合のスケジュールが詰まっているのでLoveが離脱になるとそれも苦しいかも。こんな状態ですから多少痛くても出る可能性はありそうですが。



MLBの最適ゲームバランスはどこにあるのか

CBS Sportsで気になるMLBコラムを見つけました。曰く三振率と四球率が毎年のように増加している、というのです。このコラムが書かれた時点で2018年シーズンの全打席に占める三振の割合は22.6%にも及ぶとか。また四球は9.2%。逆に言うと全打席のうち30%を遥かに超える打席はボールがインプレーにならずに決着しているというのですね。この割合が30%を超え始めたのはまだ最近で2016年が最初ですが、その前後も三振率も四球率も増え続けているというデータです。前年比の三振率が下がったのは2005年が最後でそれ以降は10年以上毎年三振率が高まっているそうです。

それとは別の話として昨年2017年シーズンはMLB史上最もホームランの多いシーズンとなったという話題はまだファンには記憶に新しいところでしょう。ボールが飛ぶように改変されたのではと話題になり、MLBがそれを公式声明で否定したりと騒動となったのでした。

インプレーになる打席は年々減っているのにホームランは史上最高を記録した。つまりインプレーになった打席に於けるホームラン率はとても高まっていることになりますね。
このデータの傾向は感覚的にも事実のように感じられます。昨年のポストシーズンでも得点はホームランばかりの試合を見た印象を私はもっていますが、他にもそういう方がいらっしゃるはず。

三振率に関してはMLBの投球の平均速度が上がってもうそう簡単には打てないようになってきていると読むべき点がまずあるのでしょう。それが投手側の事情。
他方セイバーメトリクスの普及やStatcastの採用でコンタクトヒッターが絶滅危惧種になってきているという要素もありそうです。打球の初速をあげ、長打を狙うことが有利と判断され、過去Batting Championと呼ばれ打撃の基本指標とされてきた打率を重視するのは非効率と否定されるようになってきた。よってとにかくインプレーにすることを目指すよりも、打球の速度をあげるべく振り切る打撃にMLB全体が変わってきている。それが三振を増やしているという打者側の事情かと思われます。

話がずれます。いまSeattle MarinersのIchiroが現役の最晩年ですが、いまのMLBのトレンドだとIchiroはMLB史上最後のコンタクトヒッターになってしまうのかもしれません。Ichiro以前にはPete Rose、Tony Gwynn、Kirby Puckettなどの単打を積み重ねた名選手がおり打撃の方法論のひとつとして成立してきたと言えますが、この先にはもうIchiro型の選手は登場しない時期が長く続くかもしれないななんて思います。

話を戻してその投打双方の事情で三振率アップとホームラン増加の両方を説明できそうです。但し2017年に急にホームランが増えたのは疑われているボールの改変の可能性の方が高いとは思いますが。

飛ぶボールにMLBが密かに変えたと仮定してみましょう。なぜそんなことをしたか。近年MLBにおける投打のバランスが投手寄りに崩れているという判断をMLB機構側がしたからという動機が想定できます。

実はMLBは投手寄りだったゲームバランスを打者寄りに意図的に動かした歴史があります。1969年にMLBのピッチャーマウンドの高さを低くしたと。それまで15インチだったのを10インチに下げた。結果三振率は下がり、防御率が0.6も上昇したというデータが残っているそうです。
こういうゲームバランスの調整はプロの興行としては悪い話ではないでしょう。投手戦よりも打撃戦が好まれるのなら顧客の満足度を上げるためにという理由でそういうルール変更はあってよい。他のスポーツでも例えばバスケで3ポイントラインが細かく前に後ろに調整された時期がありました。

それでMLBが最近の打低投高傾向の是正をはかりたくボールをいじったというのはあって良い、としましょう。ただなぜそれを秘密にしたのかは少々微妙な話になります。飛ぶボールがやり過ぎとなったら再調整微調整をシーズン中にもするつもりなら秘密の方が良いですね。実際に微調整は実施されたのかもしれない。マウンドの高さを削るという話になったらそれがやり過ぎでもシーズン中に再調整はできない。非公開でのボールの改変ならばアメスポ最強で口うるさい選手会であるMLB選手会とやり合う必要もない。将来に渡ってもMLBがそのゲームバランスの舵取りをできるフリーハンドを得たということにもなりますね。最初にことわった通りこれは仮定の話、想像の話で本当はボールはなにも変わっていない(少なくとも意図的には)というのが公式見解です。

投打のゲームバランスという話とは別に、試合進行のペースを早くしようという議題もありそれも進めなくてはいけないわけです。打が優勢となれば試合全体としての球数は増えるし、投げる側は対策をとるために試合全体は長くなることでしょう(実際2017年も試合は長くなりました)。そうなると攻撃場面を増やしてエンタメ度を高める策と、試合のペースアップという相反する課題のバランスも考えないといけない。試合の盛り上げとサクサク進行のゲームバランスですね。現代MLBは自らにとって何が最適解なのかを求めてまだまだ試行錯誤しなくてはいけないことが多そうです。

NFLドラフト今季は予想がつかない

NFLドラフトが近づいてきました。今年ほど指名順位で予想が錯綜する年も珍しいと思います。全体1位予想が2-3人のうち誰になるか読めないぐらいの年はままありますが、今年は1位も読めないだけではない。他のドラフト予想が1位に予想しているQBが、別のドラフト予想ではQBのうちでも4番目、全体で10位前後になっていたりと「専門家」の予想がバラバラなんですね。
またディフェンス側で一番最初に指名されると予想されるBradley Chubbがどこで売れるのかもコンセンサスがない。

全体1位と4位の指名権を持つCleveland Brownsと、ドラフト権のトレードでトレードアップしてきたNew York Jets(全体3位)がQBを獲るのは確実なんでしょうが、その間に挟まった全体2位指名権を持つNew York Giantsの動向が読めない。

先にも書いたQBの上位候補4人への評価が割れまくっていてなにがなんだかわからない。Josh Rosenが12位のBuffalo Billsのところまで落ちてくるという予想もある。Billsは昨季の先発QBを処分してしまっているので12位までに上位予想のQBが残っていれば指名するんでしょうが、そこまで4人(Josh Allen、Josh Rosen、Sam Darnold、Baker Mayfield)とも残っていない可能性も当然ある。トレードアップするのか。するすると言われつつ、まだしてません。4人ともいなければOklahoma StateのMason RudolphでもMayfieldと差がないかもしれませんが。
また全体5位指名のDenver BroncosもQB指名と言われてますがQBでは一番評価の下振れが大きいBaker Mayfieldしか残っていない場合でも指名するのか。GM John ElwayがMayfieldのタイプを好むようには思われないんですが。
全体6位のIndianapolis Coltsは以前から話題にしている主戦QB Andrew Luckが先週記者会見で未だに本物のフットボールを投げていないと明らかにしていました。本当にLuckは復帰可能なのか、という疑いがいまだに払拭できてない。外部から見えないだけでなく、ColtsとLuckの間で隠し事があるのではないのかという疑いすらある。そんな中でQB豊作の年に6位指名権のColts、本当に黙ってQBを見逃すのか、も憶測を呼ぶところ。

また将来のNFLスター候補Penn State出身RB Saquon Barkleyをどこが獲るのかも気になります。
読めなさ過ぎて今年はドラフト中継をしっかり見てしまいそうです。4月26〜28日です。

キックオフ廃止へまた一歩

カレッジフットボールのルール変更でキックオフのルールがまた変わります。今度のルールはキックオフ(パントは関係ないです)で相手陣25ヤードより後ろでフェアキャッチされたものは全て25ヤードから試合再開となるというもの。基本的にはキックオフリターンが発生しなくなろうとしているということです。キックオフリターンでは全員のスピードが乗っているし予測できない角度で相手の選手と遭遇してしまうためケガの発生率が他のプレーよりも高く、ケガの重篤度は遥かに高い。

数年前にキックオフの全廃をGreg Schiano(当時RutgersのHC)が言い出したときは本気にする人は少なかったかと思いますが、現実的にその方向に動き出したと言って良さそうです。ただ単純にキックオフを全廃にしてしまうとオンサイドキックが消滅してしまうためエンドゲームで追うチームの粘りの機会も消えてしまう。そこを確保したままで危険なリターンを実質上なくすという策として今回のルール変更ということですね。

どうでしょうか。こうなるとキックオフ側は逆風でもキッカーの飛距離が足りなくてもほとんどタッチバックを得られる距離に蹴ることができます。リターン側から見れば15ヤード付近でキャッチ=キックした側のカバーはたぶんキャッチする時にはもうすぐ近くに来ていると想定できるので基本的に全てフェアキャッチすることになる。キャッチミスでボールに選手が殺到する場面は残りますが、それはたぶん危険度は全速力での衝突よりは低いのでしょう。(これもダメとなるとパントもできないですから)

現行のエンドゾーンにキックオフが入ると25ヤードからというルールもタッチバックを多くする意図で導入されたんですが、これはあまり成功ではなかった。キック側がわざとエンドゾーン手前へのキックを狙って、レシーブ側にリターンを強要することになったためです。Alabamaがこのキックオフを好みましたね。
記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文