アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

NHL 脳震盪問題は選手を守るためのものではないのか

NHL Washington CapitalsのTom Wilsonが20試合の出場停止を14試合に短縮されて即時出場可能になっています。Tom Wilsonは再三再四の頭部への攻撃でNHLから20試合出場停止とされその期間中のサラリーも支払われないという処罰を受けました。その後見直しを要求するもNHLコミッショナーから却下され、直後に仲裁人への上訴をしていました。仲裁人制度はNHLの労使協定で定められている制度なので、選手側の権利としては手続き上問題ありません。

問題はその仲裁人という人物が過去NFLやMLBでも仲裁人でありながらMLBから解雇された過去を持つ人だからでしょうか。ほぼ常に選手側に有利に出場停止期間を削ってきた実績をもつ人、とされます。MLB時代にはRyan BraunのPED使用の問題ではBraunに有利な裁定を下したと。その後、MLBは同氏を仲裁人から解雇。MLBは解雇にからんでコメントを避けています。またNHLでは同氏は家庭内暴力行為で出場停止を受けた Nashville PreditorsのAustin Watsonの27試合を先月18試合に短縮したばかり。

他のジャンルで家庭内暴力行為への強い罰則適用の事例が増えて定着してきている中、Watsonの出場停止短縮は逆行で珍しいかなと思っていたわけですが、これに今回のTom Wilsonも選手側有利な裁定。脳震盪防止というのはアメスポナンバーワンNFLでは最優先事項、NHLでもそうであろうと思っていたのですが、これもトレンドに逆行する出場停止短縮という裁定が出たことで、仲裁人の資質問題がクローズアップされることに。

家庭内暴力の問題は社会的要請を受けて、プロメジャースポーツが取り組んでいる問題ですね。言い方は悪いですがNFLやNHLとは直接は関係のない問題を、社会の構成員の一員として目立つプロスポーツが広告塔となって社会に広報するために厳罰処分して見せしめにしているという図式だと思います。
一方、脳震盪問題はより内部の選手たちの保護・引退後の健康被害を未然に防ごうというより直接的な問題です。選手たちは潜在的な被害者という問題とも言えます。今回のWilsonのケースでNHL選手協会が動いて仲裁人裁定に持ち込んで「勝利」したわけですけど、これは選手たちにとって本当に勝利なのかな?という疑問を感じます。Wilsonは105試合で4度の頭部への攻撃行為を咎められて今回の処分を食ったわけです。こういう常習的な悪質行為を禁ずる・減ずることで利益を受ける選手の方が多いはずなのに。本当に選手会はこの処分を不満に思って仲裁を求めていたのか?という点がよくわかりません。

NBAプロスペクト in Hawaii

カレッジバスケットボールの小規模トーナメントが各地で開催中です。No. 1 Duke、No. 3 Gonzaga、No. 8 Auburnが参加しているMaui Invitational Tournamentはハワイで開催。参加各校は月曜から3連戦というスケジュールになっています。No. 1 DukeとNo. 3 Gonzagaは水曜日に決勝(または3位決定戦)で対戦する可能性があります。
初戦の月曜日はDukeは楽勝。Gonzagaは終盤に相手のIllinoisの抵抗に遭って2点差まで詰め寄られる事態になりましたが試合の大半はリードしたままでまずまず。
Dukeは楽勝で省エネ試合となって3人のプレミア新入生=R.J. Barrett/Zion Williamson/Cam Reddishも余裕の出場時間で翌日の対No. 8 Auburn戦へ。出場時間が限られていてもそれぞれ20/13/16得点。
Gonzagaは日本期待のRui Hachimuraが試合開始直後の3ポインターと含めて8連続得点。試合終盤にも3ポインターを決めて追いすがるIllinoisを突き放して勝利を確定させています。インサイドの密集でand-1を体勢十分で決めたりこのレベルでは強さも文句なしで23得点。Dukeのスーパー1年生たちとの対決が楽しみです。

Gonzagaの試合では解説のBill Waltonさんがノリノリでハワイ観光でいかに楽しんでいるかと試合中に披露。ひょっとしたら開催側との契約で試合と関係なくハワイの魅力をアピールするのも仕事のうちなのかもしれませんが、それにしても楽しそうでした。Bill WaltonはNBA Los Angeles Lakers HC Luke Waltonの父。息子はLakersでLeBron & 若手のチームを勝たせるのに苦労していますが、お父さんの方は余裕ですね。
ハワイの魅力を語る合間にRui Hachimuraも絶賛。

54-51 Goff x Mahomesが新時代を拓く

結果から言うとLos Angeles Rams 54-51 Kansas City Chiefs。NFL史上3番目に多い総得点試合で両軍が50点超えをしたのは史上初とか。
しかしそのスコア以上に、Ram QB Jared Goff 24歳、Chiefs QB Patrick Mahomes 23歳の二人のNFLのこれからの10年間(またはそれ以上)を背負う若手QBによる歴史的一戦になったかと思います。全てが出来過ぎか。この試合がMonday Night Footballで全国放送だったことの幸せを全国のNFLファンは感じるべきでしょう。
取って取られての大激戦。そこにディフェンス側の奮闘でのターンオーバー→得点がいくつも絡んで大変な試合になりました。最後はMahomesの2連続INTでChiefs及ばずも逆転再逆転で終盤まで行方のわからない第4Q。これはすごかった。


もう一度おさらいになりますが、この試合はもともとはメキシコシティでの開催予定の試合でした。ピッチのコンディション不良を理由にNFLは開催場所をRamsの(仮の)ホームであるLos Angeles Memorial Coliseumへ移動。アステカ・スタジアムのコンディションが悪かったのは事実ですが、このカードが9勝1敗同士、Super Bowlコンテンダー同士の一戦であった事実も開催地の緊急移転の意思決定に影響したはずです。シーズンの流れの中で重要でない普通の試合であったなら緊急移転しても観客動員も難しいかったでしょう。しかし今回は1敗同士の直接対決。NFL史上1敗同士の直接対決がこんなシーズンの遅い時期に実現したのは初のこととかで、Super Bowlプレビューの感が強い。そんな試合なので急遽LA開催でもそこそこイケるという判断もあったのでしょうし、またこれが運良くMNFでの放送なのですから観客が湧くLAでの開催の方が中立地のメキシコシティでの開催よりも見栄えが良いと判断したのか。そしてその判断は大当たりとなりました。

結果的には敗戦したChiefs。Chiefsは今季前半にNew England Patriotsとの新旧QB対決の大一番でもNew England Patriots 43-40 Kansas City Chiefsとハイスコアリングゲームで惜敗した試合もあり、これで今季2敗目。2敗してもいずれもChiefsオフェンスはその威力をいかんなく発揮した試合での敗戦で、Patrick Mahomesへの評価と将来への期待は下がることはないのでしょう。Patriots戦でも、こりゃPatriotsの逃げ切りかなと思ったとこからChiefsが速攻でTDを叩き出して激しい終盤になったのでした。名勝負製造マシンか。
New EnglandのTom BradyとMahomesとの対戦は、Bradyの年齢もあり今季が最初で最後になるかもしれません。再戦は今季のAFCプレーオフで、と期待しておきましょう。

Goff 対 Mahomesはカンファレンスが異なるため今後どれぐらい機会があるものか。今の活躍を見せられてRamsやChiefsが両者を手放すことは考えられず、対戦の機会はSuper Bowlでか、あとはレギュラーシーズンでは4年に1度あればいいところということになります。
ちなみに今年実現したNew England Tom Brady対Green Bay Packers QB Aaron Rodgersはともに長年の強豪のエースQB同士ですがカンファレンス違い。Super Bowlでの対決はなく、レギュラーシーズンで先発QB同士としてまみえたのは今年の試合を含めて3度のみ。例えばBradyはPeyton Manningとは17度対戦しているのと比較すると大幅に少ないです。カンファレンスが違うと対戦機会が激減するわけですね。

GoffもMahomesも元MLB選手であった父親を持つという共通点があります。これはエリートアスリート人材が野球からフットボールに流れているという事態の現れなんですかね。それとも
偶然なのか。

Ohio StateがUCFに抜かれる

週末の結果を受けたカレッジフットボールのAPランクが発表になっています。自力でプレーオフ進出が望める圏内の学校は安泰であったため大きな変動はなし。先週までトップ10内だったWest Virginaが2敗目を喫して脱落。

それとともにトップ10内で順位を下げたのがOhio State。Big Ten内のドアマットMarylandに大苦戦、延長戦52-51でやっとの勝利が投票者にウケが悪かったのでしょう。まあそうですよね。MarylandがPATで2ポイント狙いに行き、レシーバーが開いてるのにQBがとんでもないハズレパスを投げて敗戦したものの、あれ、普通のQBならMarylandの勝ちだったろ、というように見えます。今年のOhio Stateは元気ないです。Maryland相手に51失点ってどうなってんの?という感じです。
これはAPランクの話ではあり、CFPランクはまた明日発表になりますが、それでも1敗ながらOhio Stateはマイナーで無敗維持したUCFに抜かれています。

UCFの方はAACでの大勝負対Cincinnati戦で圧勝。試合の出だしは最悪。最初のオフェンスプレーでいきなり自軍ゴール前ファンブルロスト→TDでCincinnati先制。続くUCFのドライブも止まって、蹴ったパントが短く自軍側から出られないという序盤戦。但しそこからUCFのオフェンスが息を吹き返してCincinnatiを圧倒して38-13での快勝となってます。プライムタイムで地上波全国放送された試合での快勝はそれなりにアピールしたか、Ohio Stateを抜いただけでなく、2敗のLSUと同票となってAP8位へ上昇となってます。試合自体はさほど良い試合とは言えませんでしたが。

今週は感謝祭週。木曜日の感謝祭を経て週末には各地でレギュラーシーズン最終戦・伝統のライバル対抗戦が待ってます。Ohio Stateがこの体たらくだと現在CFP No. 4 Michiganに@Ohio Stateでの勝利のチャンスがあるのか。The Citadelを相手にまずい試合(ハーフタイム時点で10-10同点)をやったNo. 1 AlabamaはIron Bowlで調子を取り戻せるのか。

Formula E、Massaも参戦して新シーズン

電動エンジンを搭載したカーレース、Formula Eの2018-19シーズンのプレビュー番組が放送されていました。元F1ドライバーのFelipe Massaが今季からFormula Eに参戦するとか。以前は秋にシーズン開幕していたと思いましたが、来るシーズンは12月開幕のようです。最終戦はニューヨーク・ブルックリンでのストリートコースで2019年7月に。

自動車産業に於けるEV化の波は既に止められない世界の潮流であるようですが、そのトレンドに対して動きが鈍いのがアメリカ連邦政府及び基幹産業。欧州やインドなどは既に自国におけるEV化の目標年限を定めているところがかなりあります(いろいろ無理をしているとは思います)が、アメリカではそういう話はまるで出てきません。
政治的には自動車産業大国という面と、産油国という面と両方の面をもつアメリカ。早急な脱化石燃料の動きは産油州であるテキサスやアラスカでは死活問題。両州とも現在の与党共和党の地盤州。そういう政治的な思惑から米国ではEV化の掛け声が他の先進各国と比較して大きく遅れているということなんだろうなあと思ってます。自動車産業の方は静かに準備はしてることとは思いますが。

EV化時代のスポーツ界での象徴にもなりそうなFormula E。今季がFormula Eの5シーズン目。過去もTVでの放映はしていましたが今年は過去以上に気合が入っているように見えます。ドライバーの方では上記の通りFelipe Massaの参戦がある。製造としては日産が初参戦(旧ルノーのチームを引き継ぎ)。日本との関わりとしては他にPanasonic Jaguar Racingというチームがあります。同チームはNelson Piquet Jr.を昨季から引き続きドライバーとして起用。スケジュール的にはアジアでは日本での開催はなく中国と香港でそれぞれ開催。
レースは全戦時間制限制で争われます。固定の周回数はなく、45分間+ラストラップ1周で争われるためざっと1時間でスタートからフィニッシュまでが完了するという仕組み。TV向けに都合よくということか、それともバッテリー容量の問題か、はたまた長いスポーツイベントを見てくれる人が減っている21世紀的事情を鑑み他のスポーツイベントと差別化、最初から短めのイベントを意図か。

Joey Logano 気迫のシュートアウトでNASCAR Cupシリーズ初戴冠

NASCARが@Miami-Homesteadでのシーズン最終レースを行い、年間優勝の可能性の残っていた最後の4人「Championship 4」が熱いレースで覇を競い、残り20周からのリスタートで上位4人が前2列に集結。真っ向からの勝負となりJoey Loganoが初優勝しています。戦略と戦術と、さらにそれを超えたガッツの抜き合いが展開されてNASCARの良いところが最後まででた目の離せない好レースでシーズンフィナーレを飾りました。やったね、という感じのフィニッシュでした。

3週間前に発生したLoganoと前年優勝者Martin Turex Jrの遺恨。遺恨の発生したレースではLoganoがTurexを最終ラップで車体をぶつけながら抜き去ってChampionship 4一番乗り。Turexはその後苦労しながらChampionship 4に進出してこの日を迎えていました。あとの2人はKyle BuschとKevin Harvick。
両者ともに年間優勝の可能性を残している状態で最終レースを迎えたのでどちらが脱落しない限りあまり派手な報復・再報復行為はないであろうかなと想像していたのですが、やっぱり出ました。レースが60周を残した辺りでTurexとLoganoが競り合い。まだ60周もあんのにそこでそこまで張り合わなくても良いだろという時点だったんですが、どちらも譲らず。Turexの方から幅寄せして直線で接触。双方ともに大きなダメージは受けずに済みましたがお互いを意識しているのは間違いなく、残りレースでのさらなる絡みが期待される展開へ。

4人のうちKyle Buschが一回前のピット作業での失敗もあって前の3人に遅れを取った最終ピットのタイミングでただ一人ピットインせずトップに立つ。このままレースが進めばKyleの車はタイヤの摩耗で他のコンテンダーよりも遅くもなるし、そもそも燃料がフィニッシュまでもたない。でももう普通にレースをして他の3人に追いつくのはムリと判断。必要なピットインを一回飛ばして、イエローフラッグが出る可能性に賭けました。この辺がNASCAR的なおもしろさです。
燃料は減ってくる、他の3人との差も徐々に詰まっている。TV解説によればあと3周以内にイエローフラッグがでなければKyle陣営の賭けは失敗でKyleが4人のうち最初に脱落、というところでなんと出ましたイエロー。なんという都合のいい。

このイエローフラッグの間にKyleも含めChampionship 4の全車がピットインで最後の直接対決へ向けてニュータイアに。そしてリスタート時にChampionship 4が前2列に集結して年間優勝を決めデュエル、直接対決へ。当然遺恨の2人も間近。こ、これはすごいことが起こるかもという予感でハラハラです。

リスタート直後はスピードが伸びなかったLoganoでしたが、一発勝負を賭けて猛スピードで外側を駆け抜けてTurexを抜き去ったのが勝負の分かれ目。スピードの出しすぎで外側ウォールに突入するのではとも見えた場面でしたけど踏みとどまってトップ奪取。その後は他のコンテンダーを寄せ付けず逃げ切り。あのオーバーテイクが年間優勝を決めたオーバーテイクに。あれ、二人の遺恨を考えるとTurexがイン、Loganoが近いところから抜きに行ったらTurexは思い切って寄せてきてさらに緊張の一瞬となったかもしれないですが、Loganoが思い切って外に振ったのでそうはならず。
素晴らしいラストレースだったと思います。


尚、昨日のレースで下位カテゴリであるNASCAR Camping World Truck Seriesの方で日本人オーナーの所有するHattori Racing Enterprisesが年間優勝をしています。
記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文