アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

LLWS インターナショナル決勝キュラソーが激戦制して勝利

少年野球LLWSで米国決勝・インターナショナル決勝が行われルイジアナ代表とキュラソー代表が勝って日曜日のLLLWS優勝戦へ進んでます。連覇を狙ったハワイ代表、一昨年以来の優勝を目指した日本と強豪を下しての堂々の進出です。

日本代表はもったいない負け方で4-5で敗戦。選手に非がないもったいなさだっただけに残念さを感じてしまいます。こと少年野球なので細かいことをあげつらうのもどうかと思いましたが昨夜コメントで触れてしまったので一応こういう事情だったと書いておきます。
LLWSは6イニング制で、この日は日本は後攻。でリトルリーグには全員出場ルールというのがあります。ベンチ入り全選手が1打席完了、1イニング通しで守備出場というのが義務付けられています。皆がプレーできるようにというルールですね。で、後攻のチームは全選手の1打席完了義務を5回までに遂げる必要があります。6回=最終回裏は存在しない可能性があるのでこういうルールです。
さて5回裏の日本の攻撃。2-5で追う展開。この回は1番からの打順でここは大事なところ。先頭バッターが左中間を割る二塁打で無死2塁と絶好のスタート。ここでベンチは2番打者にバント指示。細かいことは存じませんが小柄な子でもあったのでたぶん打撃でベンチの信頼がなかったのでしょうが、3点差のラス前回、ここでバントという作戦もどうかと思いましたがまあ良いでしょう。たぶん日本以外はここでバントにはいかないような気がしますが。監督さんは大声でバントをしっかりやれと叫んでましたね。あえなく2番打者は凡退ランナーは2塁のまま。そして中軸のチームの強打者3番4番を迎えて点差を縮めたい場面。
と、ここで運営からクレームが入りました。日本の全員打席完了義務が果たされていないという指摘が入り3番打者に替えてベンチの子が打席へ。ランナーがいるのでダブルプレーの可能性=義務完了できないままでの5回終了の可能性があるので強制的に交代を余儀なくされました。
そして中心打者に代わって出てきた子は小柄な子。ボールについていけず凡退。結局この回無死2塁を生かせず無得点。2-5のまま最終回へ。
この事情を日本の監督さんが意識していたのなら2番の子に代打を出してバントでもさせておくべきだったのでは。ルールを忘れていたか、知っていたけれど運営や相手チームが気づかずそのまま攻撃が継続できるかもと期待して放置したか。3点差の無死2塁でのバントは戦術面のことですから善し悪しの判断はミスとは言いません(賛成しません)が、出場義務を果たしていないばかりに中心打者をベンチの一番打撃が弱いであろう子に差し替えさせられたマネジメントは大人のミスですよね。

最終回は下位打線に回る日本が粘って4-5、2死3塁で5回にバントを要求されて追い込まれてしまった子が左中間へ快打を飛ばしたのですがキュラソーのレフトが反応よく走って打球に追いつきレフトライナーで試合終了となってます。日本代表選手たち号泣。よく頑張ったな、いい試合だったと見ていてよかったと思いました。

以下戦術のことなのでアレですが補足。野球の戦術進歩と日本の対応の遅れが出たようにも見えるので。
日本以外のほとんどのチームは既に自軍の最強打者を打順1番2番に配置しています。6イニングまでの短い試合、最強打者に3度4度と打順がより多く回る可能性が重要だからでしょう。しかし日本は見るからに最強打者は3番4番に配置。好機にバントを強要しなくてはいけない子を他チームは最強打者をおいている2番に置いていたのがミス、そのミスが顕在化する試合展開になってしまったと言えるんじゃないでしょうか。なにやら20世紀的な古臭い野球観で長打の選手は3番4番、2番は器用な子、というような固定観念でいまもこういう打順を組んでるのかなと言う気がして残念に思われました。

Andrew Luck突如引退

他にもいろいろニュースがあるスポーツの季節の端境期。ちょっと話の全貌が見えないのですがびっくりのニュースです。NFL Indianapolis ColtsのQB Andrew Luck 29歳が燃え尽きを理由にこのタイミングで引退を表明してます。シーズン開幕まであと二週間のこのタイミング。40代の現役QBが増えQBの寿命が大幅に伸びた現行のルール下で29歳の引退は大変に早い。なにか燃え尽きというだけではない影の問題がありそうだと疑ってみたくなるような。

LLWS 日本代表国際決勝へ

夏休み期間の最後を飾るアメスポ好イベントLittle League World Seriesもそろそろ大詰めとなってきました。昨日米国側・国際側ともに準決勝が行われ、日本代表が韓国代表に7-2で快勝して国際トーナメントの決勝へ進出を決定してます。立ち上がり韓国の最初のバッターにホームランを被弾、2回表にもホームランを被弾と不安のあった序盤でしたがその後を締めてそのホームランでの失点のみ。
米国側では昨年優勝のハワイが今年も決勝進出を決めてます。

LLWSの現行の仕組みは変則ダブルエリミネーション方式で、米国・国際のそれぞれのトーナメント決勝までは2敗すると敗退決定。各決勝およびLLWS優勝戦は一発勝負。なので昨日破れた韓国代表と敗者復活側を勝ち上がってきたキュラソーが今日対戦してその勝者が日本と国際決勝を戦い、LLWS優勝戦を目指します。

日本代表は東京都府中市のチーム。日本代表は毎年LLWSに参加するのですが、この府中のチームがLLWSに参加するのは2016年以来。そのときは2戦2敗でWilliamsportを去ってます。LLWSにおいては日本代表は常に優勝候補として登場するのが例年で、2016年に日本代表が未勝利のままの敗退は1962年以来史上二度目でニュースにすらなりました。府中の関係者としては忸怩たる思いで当時大会を終えたのではないでしょうか。当時の記憶では日本チームの選手が小粒になったのが気になったものでした。それが3年ぶりのLLWSで苦手の韓国にも快勝して3連勝での国際決勝進出でこの先の行方はともかく2016年の汚名は晴らしたということになるのでしょう。日本選手の身体の選手のサイズも(府中に限らず)ここのところ小粒なチームが多かったのが今年のチームはまずまずの体格の子を揃えていると見えます。

LLWSで日本代表は同イベントを彩る強豪国として毎年参加しているのですが、なぜか対韓国に弱い。過去10年で(昨日の試合を含まず)対韓国戦4戦4敗。他のすべての国を相手に33勝3敗(私の手計算)。他国相手の3敗のうち2敗は上記の2016年の代表がカナダおよびキュラソーに敗戦した2敗で、他は2011年にメキシコに敗戦したのみ。2011年はトーナメント序盤にメキシコに負けたあと敗者復活戦を勝ち抜いて対メキシコの再戦を制して国際優勝を遂げてます。
韓国代表は毎年LLWSに来るわけではない(予選で台湾他と出場を争って出てきます)のですが来るときは大柄な選手を何人も擁してくる印象です。上でも書きましたが近年日本代表選手の体格が伸びていないのとのコントラストを感じていたところ。
今年も韓国には小学生にしちゃこりゃデカ過ぎだろという子もいるのですが、日本が散々やられた年ほどには全体としては大きくないです。日本側は2016年の反省なのかどうか存じませんが近年の日本チームと比較するとまずまず体格の良い子を確保しているようです。

2016年の日本代表の敗戦について書いた当ブログの記事でつけていただいたコメントを見ると、既に子どもたちがスポーツをしなくなったということが日米ともに問題として顕在化してきていたことが読み取れます。つい先日書いたアメリカの62%子がスポーツをしないという話題の件ですね。

サッカー新イベント Leagues Cup 何をやってるのかわからない

今夜サッカーの新イベント2019 Leagues Cupの準決勝2試合が開催。メキシコLiga MX所属の2チームが決勝へ駒を進めました。決勝は来月Las Vegasで。
準決勝に残っていた米国チームはLos Angeles Galaxyだけだったのですが1-2でCruz Azulに敗戦しています。

この新イベント、正体不明です。MLS所属の4チームとLiga MX所属の4チームの計8チームによる全ラウンド一発勝負のトーナメント戦。開催地はすべて米国内で、決勝を除きMLSチームのそれぞれの本拠地で開催されるもの。
この地区の国際クラブ戦としては既にCONCACAF Champions Leagueが存在します。そちらには米国とメキシコから各4チーム、他にカナダおよびカリブ中米各国からおおむね1チームが出場して争われていますが、そこから米国とメキシコのチームだけを抜き出したような形ですね。そしてLeagues CupにはCONCACAFは噛んでいないようなので、集客力が弱い他国を排除効率化、CONCACAFへの上納金も排除して米墨で富を独占、という目論見かと最初は思っていたわけです。

しかしながら今日のCruz Azul@Los Angeles Galaxy戦、Galaxyはまともに選手を出場させていません。スーパースターのZlatan IbrahimovicもCristian Pavónもベンチ入りもせず。これやる気あんのかよという。わざわざMLSのホームで試合をするべく企画したのにチームの方は勝つ気もないイベント。会場を埋めたのは圧倒的にCruz Azulのユニフォームに身を包んだファンばかり。上部席は空。

MLSが週中の試合での観客動員に弱いことは過去何度か述べています。またMLSの公式戦以外のカップ戦の類の動員が鈍いことも何度も触れています。それはわかっているのですが、それをわかっている上でさらにこのLeagues Cupなるものをわざわざ創設してまでやるのにまたこれか、という。

もう今週末にはカレッジフットボール開幕

皆さん良いお盆を過ごされましたでしょうか。普段あまり日本の祝日休日に縁のない私ですが今年は日本から来客などあって少々お盆らしく過ごしました。
そんなことをしているうちに少年野球Little League World Seriesがたけなわ。明日は2戦全勝同士の日本対韓国戦がありインターナショナル側の優勝争いに関わる大一番が待ってます。またそれは別途。

カレッジフットボールは今年は今週末にもう開幕になるんですね。例年Labor Dayの週末(=9月第1週)に開幕。その前週にも群小のチームが先行開幕することはあったかと思いますが、今年は今週末のシーズン開幕戦にAPランクNo. 8 FloridaとMiami-FLの州内ライバル戦を持ってきておりシーズン開幕が一週前にズレた感があります。どのジャンルもそれぞれの魅力と収益力を高めるためにいろいろ工夫してきてます。

Florda GatorsがAPトップ10内での開幕はいつぐらいぶりでしょうか。Tim Tebow時代のすぐ後ぐらいまで遡らないといけないのでは。SEC東は今年もNo. 3 Georgiaの評判が高い中、GatorsがGeorgiaに追従して直接対決の11月初旬まで食いついていけるのかどうか。

Field of Dreams でMLB公式戦

つい先日読者の方からのコメントで映画Field of Dreamsのお話をいただいたところ。MLBが来季そのロケ地であったアイオワ州のフィールドに観客席を建ててChicago White Sox x New York Yankeesの公式戦を行うと発表になりました。この企画をやるなら劇中の登場人物の所属先であったWhite Soxは絶対に欠かせないですが、相手はYankeesですか。Yankeesは今年はロンドン、来年はアイオワ州の片田舎とあちこちに駆り出されてお疲れ様です。

これはここ数年続いているMLB公式戦の米国内出張開催の一環と考えていいのでしょう。2016年のノースカロライナ州米軍基地内でのFort Bragg Game。2017年から始まった東部ペンシルベニア州の山奥Williamsport(=Little League World Seiresの開催地)での開催。今年College World Seriesの開催地ネブラスカ州Omahaへ乗り込んでの同州内での初MLB公式戦。そして来季はアイオワ州。こちらも同州での初のMLB公式戦となります。MLBが主催全81試合をホームタウンに居座って殿様商売で開催してそれで済んだ時代は終わりつつあるのかもしれません。

WilliamsportやOmahaにはマイナーリーグ用に建てられたフル規格の球場がありそこでのMLB公式戦開催だったわけですが、今回は8,000席のスタンドを建てての試合とか。Fort Bragg Gameのときにも試合のために球場を作ったのですがそのときは12,500席(試合後改修されて小規模に)ですから、Field of Dreams Gameの施設はさらに小さいことになります。MLBの中では不人気の部類のWhite Soxのホームゲームを振り替えての開催であるのでしょう。
White Soxからすればいくら普段不人気とは言えYankees戦はChicagoで開催した方が8000席の試合より儲かるのは確実の試合でしょうから、MLBがなにがしかの補償金をWhite Soxに対して支出してでもこの試合をやりたいということなんでしょうね。

MLBが米国内で出張試合をやることについて総論としては反対ではないのですが、Field of Dreamsという理由付けをしてもYankeesというネームバリューを足さないと企画として成立しない(と関係者に判断されていまう)というのは少々苦しいなという気がします。
先日も書いたのですが映画Field of DreamsはMLB Networkでは年に何度も放送されている野球カルト・ムービーです。野球関係者にとってはノスタルジックな映画なのかもしれませんが、アレを放映していて見ている人たちってものすごく特定の方なのではないのか、関係者が思うほど一般のスポーツファンの認知度は高くないのではないかという気がしますがどうでしょうか。
映画の公開は1989年、30年前。つまり現在の30代以下は絶対にリアルタイムでは見ていないし、40代の方でも公開当時はあの幻想的なストーリーではさっぱり意味がわからなかったのではないかと思われます。そして30年前のMLBというのはまだ相当の人気があった頃です。
Field of Dreamsに関連付けてこの特別試合をやる(FOXが中継予定)としても盛り上がるのは元々MLBファンで、それも年齢がかなり上の層にしかこのネタは通じないんじゃないの?というのがよろしくないような。

Field of Dreams云々ではなく、なにか理由をつけて非MLBフランチャイズ都市での出張開催をしたいのだということかとも思いますが、それにしても早くも4箇所目でカルト映画Field of Dreamsかよ、この先の出張先の展開が思いやられるという気がしてしまうんですが。理由付けは要らないからPortlandなり、San Antonioなり、Nashvilleなりといった次の楔を打たないといけない都市で開催した方が良いような。
記事検索
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文