アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

独立校UConnがシーズン全キャンセル

カレッジフットボールシーズンが近づく中、UConnがシーズンキャンセルを発表しています。UConnは独立校となっており、メジャーカンファレンスが既に対外試合をキャンセルする事態となって対戦相手にも欠く状態となっており、代替の試合をセットしてシーズンを戦うことよりもキャンセルが妥当という判断に傾いた模様。元々UConnはフットボールでは後発校で、昨季までAAC所属。今季から独立校化して将来の他カンファレンス移籍を模索していたのが、今回の疫禍で拠り所がなくなりシーズンキャンセルに追い込まれたことに。
同じ独立校でもNotre DameはACCに取り入ることに成功してACCチャンピオンへの道も開けているのとは人気実力TV契約格とすべてが違うので仕方ないです。

メジャーカンファレンスではSECがカンファレンス内のみと発表してSEC、Big Ten、Pac-12がひきこもり。ACCとBig XIIが1試合のみ対外試合ありとしているのですが、UConn視点だと予定されていたOle Miss戦がキャンセル。ACC所属の2校@Virginia戦と@North Carolina戦は開催される可能性はあるはずですがこの時点でUConnがシーズンキャンセルを決めたということは色良い返事をもらえていなかったということだと考えて良いのでしょう。
ACCが対外試合を1試合行なう可能性を残したのはSEC所属校との定期戦開催の可能性を考えてのはずですが、SECが対外試合をキャンセルしたことでACCも実質的にACC内の対戦のみになってしまう可能性もありそうです。

ほぼ同じタイミングでBig Tenがスケジュールを発表、シーズン開始を早めて9月3日からシーズン開始とか。キャンパス内でのクラスター発生など事が最悪の事態を迎える前にできる限り試合を消化したいということなんでしょう。伝統のOhio State x Michiganは10月24日の開催。例年シーズンの最後の試合として予定されるこの定期戦もシーズン途中停止の可能性が否定し難い中、開催可能性がより高い時点での開催を目指したってことでしょうか。

全米オープンテニス開幕までもう一ヶ月ない

Rafaが出ないというニュースを聞いて、全米オープンは元々の夏にやるのだと気付きました。前年の男子シングルスの優勝者Rafael NadalがテニスのUS Openに不参加を表明してます。

一時点でUS Openを12月に開催すると発表していたと思ったので、なぜこんな早くNadalが出ないなんて言うのか変だなと思ってやっと知りました。会場となるニューヨーク市近郊はコロナ感染では現時点では比較的落ち着いているとは言えるのでしょうが、他国から見れば行きたくないというのはわかる。
通常年だとUS Openの前段としてUS Open Seriesと銘打った北米ツアーが今頃は展開されているわけですが、それも縮小して1大会のみ本会場のニューヨークでやるんですね。全然わかってませんでした。
確かに12月開催を言い出したときにもニューヨークの12月とか糞寒くてテニスなんてムリだと思いましたけど。

今年は全仏全英がそれぞれ中止となっているのでグランドスラム優勝の数を目標にしてるトップ選手にとっては貴重な現役の時間がメジャートーナメントなしで進んでいることになります。
女子の方ではSerena Williamsが史上最多グランドスラム大会優勝にあと1つに迫っている。全仏全英の2大会がキャンセルで機会逸失。38歳。自国開催のUS Openはどうあれ出てくるのでしょうね。欧州の有力選手が大量に離脱してトーナメントが楽になる可能性っていうのもこの状況だとあるのか。もしそうなるとたぶん最後の絶好のチャンス、あと1つどうしても勝ちたいSerenaはそれこそ自身が感染でもしない限り出場してくるのでしょう。

男子のNadalの方もRoger Federerの最多にあと1つで追ってますがSerenaのような切迫感はない。先行するFedererが現役で第一線、ここで追いついたとしてもまだ二人の勝負はつかないので、引退選手の古い記録を追ってるSerenaとは事情は違います。Serenaはあと1つ勝ってGOATになりたい。自分の現役の時間との戦い。NadalとFedererにはまだ2021年以降の戦いもあるし、Nadalには全仏という圧倒的に強いステージも来年以降待ってるわけで、体調万全で2021年を迎える方がよほど重要ということか。


私事ですが直接の知り合いの方が先日コロナで亡くなられたばかり。収まりませんね。

Ohtani打者専で残りシーズンを

なにせ元々が格安契約なのでAngelsとしても損とは言えないのでしょうが、Shohei Ohtaniが残りシーズンをまた打者専門で過ごすことになるようです。今季2度目の先発での2回途中降板後、MRIを受けた結果、本人が訴えたという違和感は肘ではなく上腕筋肉の問題ということで、まずはひと安心ということでしょう。二度目のトミージョン手術を受ける選手もありますが好ましいことではありませんから、そういう方向に行かずに済んだのですから良しとしなくてはいけません。

今回の問題ですが、登板当日のTV解説者が腰の開きを指摘して、それがコントロールが定まらない原因だと言っていたことは当日も書きました。解説がぱっと見てわかるならAngelsのコーチ陣もわかっているべきこと。ストライクが入らなかったのは最初の登板での1回一死も取れず四球連発KO、そして2度目の登板の2回に同じことが起こってる。初回登板後に内々にその点は指摘して修正したものと思いたいわけですが、2イニング目にまた同じことが起こった。どうも今回の問題となった筋肉の問題は思い通りにならないコントロールを、腕でこじって普段使わないレベルで同じ筋肉を酷使したせいではないかという見立てが出てます。

そうなるとこれは避けられたケガであると言うことができそうです。2回にコントロールが乱れ四球を連発したところで投手コーチがマウンドに行ってますが、その時点で腰の開きの問題が再び出ていることを指摘したのかどうか。その点を本人も自覚できず、コーチ陣も指摘できずだとしたら避けられたケガを呼んだことにならないでしょうか。
今季デビュー戦でのふがいない結果を受けた2度目の登板。Ohtaniはあまり表立って意気を発言するタイプではないようですが、そこは一流スポーツ選手、強い決意で臨んだ2度目の登板だったはずです。それが2イニング目で前回と同じような乱れ方でさすがに焦りはあったはずで、思い通りに行ってくれないボールを無理に押さえつけにいった‥という展開かなあと想像するんですがどうでしょうか。

監督のJoe MaddonはOhtaniの二刀流は中期的には続行のようなことを言ってますが、それはMaddonのいつものこと。選手の操縦術に長けた方ですからマスコミ向けの発言は常に選手擁護、でも腹の中は違うはず。Angelsの監督を受けた時点でOhtaniの現状での二刀流は球団の意思での既定路線でそれは後から来たMaddonにとっては口を挟まない事案でもありそうです。少なくともその問題でMaddonの地位が揺らぐ話ではない。

ただOhtaniは目立つ存在なのでなぜ今回のケガが起こったのかという点について議論は長引きそうで、避けられたケガだったというのがもし定説としてマスコミにも上がってくるようだとMaddonはともかく投手コーチ辺りでクビになる人が出てくる可能性はあるのかもしれません。

で、打者専門でまた打つと打者に専念しろというまた同じ話が繰り返されそうで、あんまりその辺は聞きたくないような。

The RockがXFLを買収

破産となっていたXFLをThe Rock様が購入するようです。The RockことDwayne Johnsonとその投資家集団がXFLを購入して事業継続を目指すようです。購入額は$15 millionとなっていますが、たぶんそれ以上に負債も抱えているので投資総額はもっと多いはずです。

WWE所属レスラーとしてThe Rock、映画俳優としてのDwayne Johnson、いずれでも知名度抜群。この夏はNBC系列のスポーツリアリティ番組のThe Titan Gamesのホスト役でもTVの露出が多かったです。

アメスポが全停止する中、このThe Titan Gamesや、NFLのJJ Watt兄弟がホスト役を勤めるUltimate Tag、NBA Stephen CurryもからんだHoley Moleyといった疑似スポーツ・創作スポーツTV番組が今年は相次いでいました。日本発のSASUKE、アメリカ版ではAmerican Ninja Warriorがこの系統の番組のスタンダードとなっていたわけですが、このジャンルに他TV系列も挑戦していま各局が覇を競ってる状態であると理解してます。個人的にはあまり興味がなく見てないのですが、どこも番宣は多いのでやってることは興味がなくてもわかってしまうという感じでした。スポーツ放送がない中、どこもまずまずの視聴者を集めていたのが各種視聴率資料から見えます。僅差ですがThe Titan Gamesが同系統の番組の中では一番視聴率は高いようです。

フットボール選手としてのThe Rockはカレッジ時代はMiami Hurricanes所属でDT。1991年のMiami-FLの全米制覇を現役で経験しています。後にNFLプロボウラーとなるWarren Sappに後年ポジションを奪われたとか。NFLには進めず、CFLで短いプロ経験あり。1991年の全米制覇チームでフットボールでの一番の出世頭はJessie Armsteadということになりそうです。QBはGino Torretta。

しかしフットボール限定でないのなら間違いなく最大の出世頭がThe Rock様です。
そのThe RockがWWEでのボスだったVince McMahonからXFLを買い取って、XFLの3度目の挑戦が始まるとうことになるわけですね。売却側からのコメントで「最もふさわしい新しいオーナーを見つけることができた」という異例とも言える歓迎コメントが出てます。
この疫禍が来春2021年のXFLの想定シーズンの時期までに収まっているのかまだ予断を許さないところですが、いまこのタイミングで買い取ったということはやる気はもちろんあるんでしょう。

破産を宣言したことでその財務はかなりの部分公表されており、2020年の途中で終わってしまったシーズンでも約$20 millionの収入があったとか。もしシーズンを完走できていればさらに$20 million以上の収入があったということで、マイナースポーツとしてはずいぶんとカネまわりは良かったようではあります。Vinceが周到に準備して再挑戦した事業だったわけですから疫禍という大アクシデントが起こらなければなんとかなったのでしょうか。

XFLが2001年に初挑戦したときはまだ元気だったVinceが前面に出て大いにメディアを賑わせました。2020年の再挑戦の際はVinceは静かでほとんど表に顔を出しませんでした。2001年のときの失敗の反省もあってのことだったのでしょう。
3度目の挑戦となる2021年ないしは2022年はThe Rockが前面に出てくると考えた方が良いんでしょうね。

あいかわらず膝つき行動でモメる

NBA Orlando MagicのJonathan Isaacのジャージの売上がNBA Storeで2位になったようです。1位はLeBron James。普通のファンにとっては誰?という感じでしょう。
Jonathan IsaacはMagicの開幕戦で、他の全選手が国歌演奏の際に膝つきをしていたところIsaacのみ起立することを選択したことで注目されました。BLMのシャツの着用もしませんでした。その行動への支持の表明を彼のジャージを購入することで示したい人たちがいたということなんでしょう。確認してませんがどこかネット上でそういう行動をしようと示し合わせてのことかと思います。それはそれで良いのではないでしょうか。

過去NFLで膝つき行動があったときには客席からかなり辛辣な罵声がそれらの選手たちに飛んでいたものです。当初より数週間後の方が激しかったですから、それを叫ぶために前の方の席のチケットを買った活動家の方もいたかもなという感じでした。
それに比べればジャージの売上が上がるぐらいなら、経済も動き、意思表明もでき、かと言って抗議行動をする選手たちとの間に感情的なしこりが増すような汚い言葉も聞かなくて済みけっこうなことかと。無観客であることが結果的にうまくはまったことに。


他にはオクラホマ州の州議会議員がOklahoma City Thunderの試合前に口先介入して、もしThunderの選手たちが膝つき行動をしたらThunderに懲罰課税をすると警告したなんていうこともあったようです。Thunderの選手はそれを無視、全員が膝つき行動を国歌時に行ったと報じられています。
そんな恣意的な課税行為が合法的に可能とも思われないのですが、とにかくそういうことを口に出しちゃう議員まで出るほど保守的な土地では大問題なようです。

試合数が揃わない場合は勝率で優勝チームを決定と言いますが

MLBコミッショナーが予定される各チーム60試合を消化できず、勝ち数で優勝チームを決定できない場合には勝率で決着をつけると言ってますね。

現在NL東の首位は…離脱中のMiami MarlinsなんですけどMarlins地区優勝で良いんでしょうか。

そこまで極端ではなくても10試合とか消化試合が少なくなってエース先発投手の登板試合の比率が増えたらかなりの不公平感は出そうです。権藤権藤雨権藤ではないですが、都合よく試合が間引かれたら相当の有利不利がでます。

そういう不公平感をやわらげるために今季のプレーオフ枠が大きく広げてあるから良いのだ、と言えばまあそうかなとは思いますが。


野球ついでなのでさきほどまでShohei Ohtaniの今季二度目の先発試合を見てましたが、またも四球連発押出で2失点、2回持たず降板してます。

左腰が早くに開きすぎてリリースポイントが安定していないから制球が乱れている、というのが地元解説の方からの受け売りです。私にはそんな眼力はありませんので。曰く、トミージョン手術のリハビリで痛い思いをしているため、頭でもう痛くないとはわかっていても、身体が痛み発生を避けるように動くとこの腰の開きが出やすいそうです。

マイナーリーグが開催されていないのが痛いですね。下で調整できない。
記事検索
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文