アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

アマチュア王者Fighting Cancerがプロを抑えてAFFL初代チャンピオンに

American Flag Football Leagueの初年度の決勝戦で、アマチュアディビジョンを勝ち上がったFighting Cancerが、NFLの元プロ選手を擁してプロディビジョンを制したGodspeedに完勝してAFFLの初代チャンピオンになっています。これはおもしろかった。意外なほどに。

まず初代王者となったFighting Cancer。チームのメンバーの多くが家族友人を癌でなくしていたのでこういう名前をチーム名としているとのこと。素晴らしいチームワークで元NFLのスーパーアスリートを翻弄して最終スコアは26−6で圧勝。賞金の$1 millionをチームメイト12名で山分け。このチームはAFFLのために結成したチームではない、というところがミソです。AFFLがNFL Networkで放映されることになる以前から、全米各地で小規模なフラッグフットボールの賞金大会があると聞くと、Fighting Cancerは遠方(New Orleansがホームタウン)から乗り込んで賞金稼ぎをしていたというんですね。つまりアマチュアとは言うもののチームとしての年季は入っていたと。
対するプロ側は先日書いた通りMicheal Vickなんかも出場している。この日の決勝に登場したGodspeedのQBはSeneca Wallace。プロではSeattle Seahawksに主に所属しましたが、私個人的にはカレッジ時代に弱かったIowa State所属で、ある年の開幕週に当時絶頂期だった強豪Florida Stateを相手に超絶のハイスコアリングゲームで追い込んだ大激戦の印象がやたらと強い選手です。他にも元Ravens S James Ihedigboなど元NFL選手で固めたGodspeed。4チームあったプロディビジョンを堂々勝ち抜いたコンディションもよさそうな面々。
この元NFLの猛者を相手にアマチュアのFighting Cancerがトラッシュトークを飛ばしながら完勝する様はなかなかに惚れ惚れするものがありました。プロ側はアスリートとしての才能は疑いもないものの急造チームで、アマチュア側がフラッグフットボールにおいてはプロよりもルールや戦術で馴れている面があったわけですね。Fighting Cancerは馴れで有利なだけでなく、ゴールライン際でもプレーを諦めないなどガッツあふれるプレー。それが次のスナップでのPick 7を呼ぶという劇的場面なんかもあって大変楽しめました。(Pick 6ではないです。AFFLのルールでは50ヤード以上のTDは7点というルールだそうで)。それもそのTDをバク転しながらエンドゾーンへという、NFLでは許されない行為もアリ。楽しいです。

僅か3週間のシーズン。決勝戦の行われたHouston BBVA Compass Stadium(サッカーMLS Houston Dynamoのホーム)に集まった観客は数少なかったですが、このTVでの放送を見たら来季(があるなら)結構入るのかもと思わせるところがあります。アマチュアに敗れたプロ側の来季の奮起も見たいところですし。

サッカーW杯 視聴率情報などまとめ

W杯ロシア大会の決勝の米国内の視聴者・率情報をまとめておきます。FOXでの英語放送は2014年の決勝と比較して32%ダウンの1180万人が最終確定の数字となったようです。ドイツ対アルゼンチンと比較すると人気の落ちるフランス対クロアチアというカードの弱さもあった中、W杯序盤の衝撃の44%ダウンからは若干持ち直したと評価すべきなのでしょうか。
米国との時差の都合などを考えると2014年のブラジル大会よりも、2010年の南ア大会(決勝=スペイン対オランダ)と今回2018年ロシア大会を比較すべきだという議論もあったのでそちらも比較で出しますと、2010年→2014年の決勝は視聴者数13%アップ。2010→2014→2018で、13%アップの後32%ダウン。視聴者総数分母など8年間で変わっているのを勘案しても今回大会が2010年決勝と比較してもやはり大きく下回ったというのが客観的な事実のようです。
米代表が出場に失敗したという事前の盛り上げ面での大きな痛手もありました。当ブログで再三説明した放映チャンネルの変更での露出低下も予想できました。それに決勝のカードもアメリカ視点では不人気チーム同士の決勝戦ではありました。これで前回並の視聴率を叩き出すのは困難ではあったと思います。

大幅ダウンとは言え1000万人超という数字は立派なもので米国内でのサッカーW杯の人気は定着したという評価も可能です。同時にさすがにもうW杯と言えども右肩上がりは止まったという評価も可能でしょう。
次回2020年大会は開催時期が11月~12月と異なる時期となり、その次の2026年は北米三カ国での共催ということもありイレギュラーな要素が多く数字の単純な比較が困難になることが予想されます。

MLBコミッショナーがTroutを批判

なにを言い出すかと思えばこんなことをMLBのコミッショナーが言い出すとは。MLBの未来は暗いなと思わせるものがあります。少なくともこのコミッショナーでは展望が開けることはないのでは。
MLBコミッショナーのRob ManfredがLos Angeles AngelsのMike Troutについて批判しています。コミッショナーの発言は迂遠なので適当に意訳して話を進めますが、要はTroutがホームランダービーに出場しなかったことにManfredは不満であり、またTroutの認知度が他のジャンルのスター選手に大きく劣っているのはTrout自身の努力不足のせいだと指摘してます。
ここで言うTrout以上の認知度を持つ他のジャンルというのは主にはNBA選手であり、次いでNFLや、さらには下位ジャンルであるサッカーのCristiano Ronaldoにすら顔と名前の一致でTrout以上(というかすべてのMLB選手以上)だというデータがあることに基づきます。(Ronaldoの通常の試合はマイナー局での放送なので視聴率は0.1%レンジの世界ですが、こと顔から名前を認識する認知度では高い)

一般アメリカ人の認知度不足の責任をMike Trout本人の努力不足だと言ってるんですね。とんでもない勘違い発言かと思いますが、これがいまのMLBのコミッショナーの認識なのです。
いや違うだろ、と。MLBがタコ壺化して野球ファンだけがMLBのベストプレーヤーであるMike Troutを知っているようになってきている、そういう問題だと私には思えますが、コミッショナーはそうは思っていないそうです。

この発言が飛び出たのはオールスター戦のときの話で、ホームランダービーへの大量参加拒否にコミッショナーがムカついていたタイミングであったでしょうから、言わずもがなな余計なことを言った面もあるのでしょう。確かに先日も当ブログで指摘した通りMLBの選手たちにはファンサービスイベントとしてのMLBオールスター戦やホームランダービーの意義を既に忘れてしまっていると思われるところはあり、コミッショナーが選手たちに苦言を呈したいという気持ちはわからないではない。MLB選手たちの危機感のなさは異常です。それは試合の時短への抵抗など他の面でも現れていて一向に改善のスピードはあがらない。このままではMLBが、ひいては野球がバスケットボールに完敗する将来は避けがたいように見えます。既に若い世代は野球をまるで見なくなってきている。それなのになぜそんなに危機感がないのか、理解不能です。

今日もMLB Networkの名物コメンテーターが嘆いていましたが彼の息子たちですらポストシーズンぐらいしか野球を見ないし、16歳の息子が「Cy Young」という文字を見て「シーワイヤングって何?」と彼に訊ねたというのです。野球の専門家の家庭でこのざまなのだと彼は自虐的に言って笑いをとってましたが、MLBへの若年層での興味の低下は笑い事では済まないレベルまで落ちている可能性があります。そして彼らはMLBのベストプレーヤーMike Troutの顔を知らない。こんなのはMike Trout本人の努力とかそういうレベルの問題ではないはず。

確かに選手側も問題があります。労使協定の交渉で「提供するオムレツは調理人が調理したものとすること」とか「移動のバスは選手一人当たり2席を割り当てる」とかジョークとしか思えない要求をしていたりする。オムレツが何だって?そんな要求はするが「オールスターでは投げたくない」「ホームランダービーに出て成績が落ちたら嫌だ」。MLB機構が推進する時短策にことごとく抵抗する。ああ、MLBの衰退は外から来るのではなく内からなのだなと思わせるものが多々あります。

だからと言ってコミッショナーがTroutを責めてどうなるのか、という点はどうでしょう。MLBという商品自体がそのアピールを失いつつあるから一般人が誰一人MLBの選手を顔認知できないのです。Troutがダービーに出ないなんていうのは枝葉の問題です。出た方が良い。良いですがそれは問題の矮小化です。MLBという商品の魅力低下の問題の核はそこにはありません。

LeonardとDeRozanトレード成立

Kawhi Leonardの行き先が決まったようです。Toronto RaptorsのエースDeMar DeRozanとドラフト指名権などをからめていますが、基本的にはDeRozanとKawhiの交換とみなして良いのでしょう。Kawhiは来る2018-19シーズンが契約最終年。DeRozanの方は2019-20まで確定プラスその翌年は選手側のオプション付き。DeRozanがこれから急激に劣化でもしない限りサラリーキャップの上昇などの環境を考えれば選手オプションは行使せずに二年後にFAとなると考えられそう。

Toronto側から見ると残り1年契約のKawhiと2年残りのDeRozanの交換。DeRozanとKyle Lowryの二人がチームの顔として昨季は東カンファレンストップシードまで行ったチームですが、例のCavs相手に惨敗の連続。HCは解雇してオーナーは鬱憤は晴らしはしました。さらにLeBronがCavsを去って怨敵Cavsは弱体化。しかしながら来季の東の本命は完全体となるBoston Celticsというのが一般的な評価。対抗はPhiladelphia 76ersというのも誰もがそう言います。Torontoを評価する向きは少ない。DeRozanとLowryの二枚看板はよくここまで貢献してくれたもののHCの首の挿げ替え以上の変化が欲しいというオーナーの気持ちもわからないではないところに持ちかけられた(のかToronto側から積極的にアプローチしたのかまだ不明ですが)Kawhiとのトレード。1年だけの限定ではありますが刺激にはなりそう。切るのが難しい功労者のDeRozanときれいに別れるにも悪い機会ではなかった、といったところでしょう。

San Antonioから見ると当初から言っていた西のチームにはKawhiは渡さないというのにも合致。噂されていたところによればLos Angeles LakersもBoston CelticsもPhiladelphia 76ersも足下を見てロクな対価をSpursにオファーしてこなかったとされます。Celticsは完全体が見えている中焦る理由はゼロでした。なんとなればトレード期限まで待ってからレンタルのような形でKawhiをゲットしてもまったく遅くない。76ersの場合はサラリーキャップの問題がいろいろあって三角トレードなど画策しないといけなかった可能性もある。Lakersは来オフにタダでKawhiを獲得できる可能性が高いのに、と若手の生きの良いところを放出する気はなかったんでしょう。Dengのサラリーを処分できるという特典が唯一のLakersのメリット。
そんな中、オールスターのDeRozanが獲得できるなら今となってはそれがベストの取引ということかと。

今回のトレードの数日前にKawhiが例の来週のバスケ米代表のミニキャンプに参加すると表明していたのがよくわからなかったですね。LeBronが不参加を表明した翌日でしたか。その後はStephen Curryも不参加を表明する中、なぜかKawhiは参加すると。意味がよくわかりませんでした。San Antonioでは試合はしたくないが、代表のミニキャンプには出ると?
仮病だと言われたり、はたまた実はもう過去のようなプレーはできなくなっているのではと疑われているのを代表ミニキャンプでの活動で払拭するつもりだったのか。ただ噂を払拭するつもりならSpursでワークアウトでもして公開すればそれはそれでよかったのに、そこまでSpursとからむのがもう嫌だという意味なのか。でもそのキャンプに行く米代表の監督はSpursのGregg Popovichその人なんですが。もうさっぱりわからない。Popovichと会ったり一緒に練習するのはOKだが、San Antonio Spursとはからみたくない?そしてその米代表キャンプに行くと表明後にトレードが成立?その前にはチーム内で確執があったとされたTony ParkerはSpursを去っているし、なにやらぐちゃぐちゃな感じです。

どうあれKawhiは新天地を得たことですっきりとして来季プレーできるならそれはバスケファンとしては喜ぶべきことなのでしょう。DeRozanの方は放出のニュースに嬉しくなさそうな初期反応をしているようですが、徐々に落ち着くことでしょう。メンタルの問題を抱えるDeRozanが新しい環境で活躍できると良いですが。

MLBの現在地の縮尺版か

さきほどMLBオールスター戦が終了。終盤になって両軍ともに激しく得点を重ねたので遅い時刻まで付き合った観衆や視聴者は楽しめたかと思います。昨年のWorld Seriesの再現のようなチャンピオンHouston Astrosの選手がLos Angeles Dodgersの投手からホームラン連打。今年もHoustonなのかなあと思わせる持ってるぶりでした。

オールスター戦における最多試合ホームランの記録を大幅に更新。昨年のポストシーズンもそうでしたけれどホームランばっかりですなあという感じ。もうこういうものなのだと割り切って馴れるしかないのか。
他のスポーツでもそういうことはあります。NFLは現在パス全盛で、20年前30年前とはラン・パスの比率が完全に変わってしまってゲームのフローが変質している。NBAでは3ポイントシュートの割合が遥かに高まり、これまた試合の質が変わっている。それと同じようにMLBの試合がホームランと三振ばかりになっても仕方ない、馴れるべきなのかどうか。まだ議論が必要な気がします。

あと今日思ったのですが、オールスター戦なのだからレギュラーシーズンの試合とルールは別ものでも良いはずで、一度ベンチに退いた選手が再登場できるルールにしたらどうでしょうか。ファン投票で選ばれた選手が先発するというルールもあるため、試合が後半に行けば行くほど人気のスター選手抜きでの試合になってしまう。普段の試合では当たり前ですが、オールスター戦なのだから特別ルールで良いはずかと。それぐらいの工夫はあっても良いように思います。

ホームランダービーと愛国

昨夜のMLBホームランダービーで地元Washington NationalsのBryce Harperが優勝。決勝はかなり時間が苦しくなってきたところから一気にスパート、打ちまくって同点。ボーナスタイムの30秒で1本打てば優勝というところから2球目を文句なしの一発で決めてます。スター選手が大量辞退となって出場メンバーが寂しかった今回のホームランダービーを見事に地元のスターが救ったことに。
追い込まれてからの集中力がすごかったです。8本9本?連続で叩き込んで一気に追いつきました。投げていたのはHarperの父親。息子のスイートスポットである若干インコースを狙って投げ込むのですが、決勝までに既にかなりの球数を投げていたせいかうまくボールが来てくれないので息子が苦戦。つらい場面だったかと思いますが、そこから二人とも波に乗ってフィニッシュへ。本物のスターは違うわと感嘆させられるイベントとなりました。決勝で敗れたKyle Schwarberも納得の拍手。
Harperは今季後にFAでNationalsからの転出が有力視される中でのこの快勝。出ていくにせよ出ていかないにせよ、ひとつ武勇伝が増えたことは確実でしょう。

あと目立ったのはHarperが公式戦では使えない星条旗柄がプリントされたバットで打ちまくったところですか。イベント前からヘルメットを着用せずバンダナ姿。アンダーシャツも星条旗柄と愛国全開モード。
MLBとアメスポ第2位の地位を争うバスケNBAがほぼリーグ全体でアンチトランプの方向なのと対称的に、首都ワシントン地元で開催のMLBオールスターはそのような方向性はなし。
イベント前の米軍機によるフライオーバーは、出場選手紹介後にフィールド内で炸裂した花火の煙がたまったままで機影がまったく見えないというアクシデントもありましたが、無事終了ということになってます。あの煙はひどすぎる。事前にリハーサルとかしてないのか、観客席からは選手の姿も見えなかったみたいですね。
記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文