アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

Jacksonvilleはよくやった

NFL Networkで昨日の試合の再放送をやっていてちょうど第3Qの途中、いいところからだったので見入ってしまいました。結果を知っていて見返すといろいろ違うものが見てきておもしろいです。
昨日から消極的だったと私も感想を書いたJacksonvilleの終盤のオフェンスですが、実際に見直してみると実際はパスプレーの方が多い。それも安全策ではない通っていれば試合の流れを引き寄せられたかもと思える惜しいパスプレーがかなりあった。1stダウンでランに行くにしてもWRリバースランを見せプレーにしてみたり無策であったという批判はちょっと酷かなというもの。ここぞというプレーが決まらなかったから敗戦したわけではありますが、昨日思ったほどには消極的なコールではなかったと思い直しました。
ただここぞというプレーのための準備はなかったということでもあるのでしょう。Patriotsがなりふり構わずダブルパスだのフリーフリッカーだのを繰り出して追い上げる中、Jacksonvilleのオフェンスには意外性はなかった。消極的ではなかったが意外性もなかったということです。まあJacksonvilleはリードを広げる辺りで既にフリーフリッカーは繰り出していたと思うんで、それ以外にどういう凝ったプレーが手持ちにあったのかどうか。
例えば4th&15+といったの場面の準備はあったんですかということです。残り2分を切っての最後の攻撃4th&ロングもそうですがそのひとつ前の3rd&18(ぐらいだったかな)でも普通のパスプレーをやってしまいました。そしてわずか4ヤードゲインでショート。あの場面でタイムアウト(3つ全部残っていた)を使わず普通のプレーを二度やって敗戦してしまった。後から考えれば一番悔いが残るのはあそこじゃないかなあ、と感じました。タイムアウトを使わなかった理屈はわかります。2ミニッツウォーニングを過ぎているのでタイムアウトは3つ全部ないとNew Englandにボールを渡したらそれで即座にニーダウンで試合終了だからですね。でもこの判断がたぶんこの試合の中で最大の間違いだったのだというのが試合を見直した感想です。あの段階になってまだ相手にまだボールを渡すことを考えてるのが既に間違っているのだと。4点差、既に相手陣内、2分を切っている。ベストプレーをやって勝ちきるべきときに、まだ無得点で相手の返しのドライブのことを考えていたのがまずい、ということかと思います。
もしJacksonvilleが手持ちに今季ずっと温めてきた絶体絶命のときのプレーを持っていなかったのならタイムアウトを取らずにそのまま行ったのは間違いではないでしょう。そういうプレーを準備していなかったこと自体が負けなのですから。そして通常のプレーで勝負して4thダウンパスはNew England CB Stephon Gilmoreのあのスーパープレーがなければ成功していた良いパスだったのです。やるだけはやった。プレーも悪くなかった。ただし相手がさらに上を行って良かったということですね。
もしJacksonvilleになにか絶体絶命のときにためのスペシャルプレーが準備してあったけれど、タイムアウトの数を気にしてそのプレーを使えないままで敗戦したのだとしたらあまりにももったいない敗戦と言えそうです。たいていのNFLチームは相当に細かく深いところまでプレイブックを練るのが当然なので、きっとJacksonvilleにもそういプレーがプレイブックの奥底にあったんじゃないかなあって思うんですけどね。3rdダウンでQBデザインランで残りヤードを大きく減らせれていればNew Englandからしたら、1stダウンも守らなくてはいけないがエンドゾーンも守らなくてはいけなくて、相当に守りにくかったはず。

結果を知っていてもなお手に汗握る好試合であったことは間違いなかったです。














Gronko退場も、Patriotsが堂々の逆転勝ち

第4Q、10点差を追うことになったところからのPatriotsはほぼ攻守にパーフェクトなプレーを続けて逆転勝ち。我々は一体何度Patriotsのこういう試合を見てきたことか。堂々の逆転勝利でまたもNew England PatriotsがAFCを制してSuper Bowl LIIへのチケットを手にしました。
試合前にGronkoを消されるとさすがのPatriotsも手数が足りなくなるかと予想していた試合。故意ではないにせよ第2Qの頭部へのヒットでGronkowskiが脳震盪、退場。昨年のSuper Bowl制覇はGronko抜きでしたが、あのときはクラッチレシーバー苦しいときになんでも取ってくれるEdelmanがいた。今年はEdelmanが全休。そしてこの試合でGronkoが負傷退場。レシーバー陣が手薄となり、さすがのPatriotsも10点差を追い上げるのにオプションが乏しくなって苦しいか、と思ったらWR Danny Amendolaが代わってのクラッチぶりを発揮。エンドゾーン後方でのTDキャッチの見事さはどうですか。
続くJacksonvilleの返しのドライブをディフェンスが止めた後のパントの場面で再びAmendolaが好リターン。ここで怪しいハンドシグナルでJacksonvilleのカバーチームを牽制した小技も効いてました。この辺の細かい(アンチの方からすればたぶん姑息な)技をこういう場面で出してくるのがPatriotsっぽいですよねー。
24−20と逆転に成功したあとの追いすがるJacksonvilleの4thダウンのパスをフルエクステンションではたき落としたプレー。時間切れを狙うPatriotsの最後のドライブの3rdダウンでのランで見事に1stダウンゲット(そしてサイドラインへは近づかない)など、こうキメなきゃいけないプレーをことごとく決めて逃げ切り。強いわ、と感心してしまいました。NFLの歴史上の特別なチームを見ているんだなという感慨があります。

Jacksonvilleの方。TV解説のTony Romoは試合決着後にJacksonvilleのQB Blake Bortlesをとても良かったと褒めていました。ミステイクがなかったという意味では悪くはなかったんでしょう。今季JacksonvilleはBortlesがINTを投げなかった試合では全勝だったそうですから、ミスをしない試合を壊さないプレーぶりは評価されても良いのかもしませんが、このビッグゲームの第4Qに、百戦錬磨のPatriotsディフェンスを相手にアウェイでTDが絶対必要という場面になったときには、試合を壊さないプレーでは足りなかったわけです。
まあシーズン前から考えればBortles個人にしてもJacksonvilleにとっても予想以上の成績を残せたシーズンでしたし、好試合でもありましたが、相手が悪かったです。










CB Ramseyは巨獣Gronkoストッパーになれるか

NFLシーズンもいよいよ残すところ3試合。今日はAFC/NFCそれぞれのカンファレンス決勝です。
AFCはJacksonville Jaguars@New England Patriots戦。ディフェンディングチャンピオンのPatriotsに強力ディフェンスのJacksonvilleが臨むという構図とされます。そうは言っても先週のJacksonvilleの大量失点ぶりを見ると、大丈夫かなブローアウトになってしまうと残念だよなとは思います。
先日も少し書きましたがPatriotsオフェンスの鍵はなんと言ってもTE Rob Gronkowski。でかく速くどんなパスでも取ってくれる。サイズがあるのでセカンダリによる1-on-1は競り合いに負ける。LBではスピードで追従しきれない。結局ダブルカバレッジにならざるを得ず、そうなると別のレシーバーへのカバーが緩くなるというのが基本構図です。それをJacksonvilleがどう手当するのかが見もの。

そこへ名乗りを上げているのがJacksonvilleのCB Jalen Ramseyです。俺がマン・ツー・マンでGronkoを止めると公言しています。陽動作戦なのか本気なのかはあと二時間もすればわかることですが、公開挑戦状、楽しみです。どういう形ででもGronkoをPatriotsオフェンスオプションから消せればJacksonvilleの勝機ですが、本当にそんなことができるのか。怪我をさせるようなのはやめてもらいたいですが、口撃と激しいチェックで苛つかせて両者退場というプロレスみたいな展開ならギリギリ許容範囲内でしょうか?わざわざ試合前に公言挑発してきたということはその作戦はアリなんじゃないかなーなんて想像して楽しんでます。

ではファンの皆さん、試合後にお会いしましょう。

ピッチックロック改革 2019年版

正式発表前なので議論はもう少し待っても良いんですが、ついでなので。実は今季2018年シーズンのピッチックロック導入は手始めで、2018年に時短効果が十分に出なかった場合には翌年2019年シーズンにはランナーがいる場合にもピッチックロックを使用するという強硬策が準備されているという観測があります。ランナーがいる場合も同じ20秒なのかはわからないです。ランナーがいて20秒となると相当さっさと投げないとランナーは見切ってスタートできるようになったり、または時間稼ぎで無用な牽制球が増えるという可能性もありますからそれだって現場に時短意欲がなければ効果は限定的になるのでしょうが、とりあえずMLB機構側の本気度を示すために2019年分のプランも同時に発表してくるかもしれない、という話です。

昨季2017年シーズンのプレーオフの試合時間は史上最長の3.55時間となったとされます。レギュラーシーズンが3.1時間。これはビデオチャレンジにかかる時間も影響したはずで、それを除いた試合のペースがどうなっているのかはわからない。ビデオ判定については他のスポーツでも定着していることからMLBも時短のために廃止する可能性はないでしょうが、チャレンジ表明の方法や、チャレンジできる場面の限定などで時間を削ろうとすることは有り得そうです。
MLBが達成しようとしていることはより多くのファンに飽きずに見てもらうこと。元々試合を開始から終了まで見ている人は多くない。試合時間の長さは結果として評価基準にはなりますが、それよりも改善すべきはちら見をしたファンにさっさと打席の結果を見せることでしょう。その目的を達成するためには2018年版のピッチックロックでは不十分なのは確実。2019年版は現在聞こえてくる内容はちょっと方向が間違っているような気がしますが、とにかく2018年は改革の第一歩になるべきシーズンで終わりではない。やっと動き出したということなんでしょう。





MLB選手会はなぜピッチクロックに抵抗するのか

相変わらずであります。MLBの選手会が2018年シーズンからの20秒のピッチックロックの導入に抵抗しています。ルール上は選手会が何と言おうとMLB機構が一方的にピッチックロックの導入はできるのですが、スムーズな導入のために昨年からずっと選手会との話し合いをしていたのですが、昨日の時点でまたも選手会が不同意の返答。MLB側はこれで一方的に導入を決める見通しとなりました。今回のピッチックロックルールはかなり緩く、実際には20秒ごとに投球しなくても良い(投球動作に入れば良い、捕手がボールを持っている場合はクロックが進まないなど)ので時短効果はやってみないとわかりません。そんな緩いのでも不同意だそうです。
選手会側は同意しなくても導入されることは理解しているはずで、導入後にファンからピッチックロックの運用について不満などが出たときにあれはMLB機構の決めたことだと逃げたいだけの様にもみえます。

ピッチックロックという大きな改革をどうしても導入しなくてはならない、ところまで既に来ていると私は思いますが、現在に至ってもまだ今まで通りのスローな試合を続けたいというのですから、選手たちは遅いことに不満がないってことですよね。選手会の言い分によれば、試合の迅速化には反対していない、というんですが、言っている意味がよくわからない。他には迅速化が怪我を誘発するのではないか、というような主張も選手会側にはあるようなので、怪我にからんでの遅延行為、サボタージュも予想されるのかもしれません。よく見張ってみたいですね。
今回の改革ではピッチックロック以外にも捕手が投手へ歩み寄る回数制限なども含まれており近く発表の予定。春のオープン戦でもそれらの新施策が全て導入されて試験運転されることになるはずです。
試合の迅速化では以前にバッターボックスに片足を残すというルールを作ってみたものの選手たちの抵抗に遭って頓挫、シーズン中になし崩しになるという醜態をさらしたこともあります。現場でサボタージュをしてまで迅速化に抵抗した実績のある選手会がいまになって「我々は迅速化に抵抗していない」と言って信用できるものかどうか。ピッチックロックはかなりの混乱を起こすことは必至ですし、成績を落とした投手がグダグダと恨み言を言い出すのも目に見えている。特に大金を払ってFAで獲得したエース投手がピッチックロックの影響なのかそうでないのか成績を落とせばオーナーも困る。今オフのFAの動きが鈍いのとは直接的には関係ないでしょうが、一部の投球間隔の長い迷惑型の投手たちは契約で不利になる面はありそうです。
私個人は昔から投球間隔の長い投手が嫌いでMike MussinaがMLBでトップ投手だった頃も、Mussinaの試合は見るのが嫌でした。日本出身選手だと松坂大輔投手ですか。

バッターボックスのルールが頓挫した理由の一つは審判団が規定通りに反則を取らなかったことでした。ピッチックロックははっきり目に見えますから取らないわけにはいかないはずですが、実際にはどういう運用になるのか。また例えばピッチックロック判定に抗議する捕手がいたらその抗議時間も次の投球までのクロックに食い込ませて次の投球もボールと判定できるのか。それができないとより遅延になってしまうんですけど。そこまで審判団がやるのだとちゃんと実例を早い段階で示せるのか。
ベースボールの迅速化は待ったなしだと当ブログでは長年主張してますけれど、今年こそ実効の上がることを期待したいです。

必要なのはQBでもRBでもなく希望か

昨日びっくりしたまま練らずに記事をアップしてしまい失礼しました。一晩明けて考えてみると全敗Cleveland Brownsに必要なのは、少なくともファンにとって必要なのは未来への一筋の光、希望なのだからこのQB/RBの両取りで良いのかなとも思えてきました。今季全敗、昨季も1勝。NFL史上最悪とも言える成績を続けているBrownsに目立つオフェンスポジションのQBとRBを加えることで少なくとも話題性はある。若いオフェンスの核・顔を揃えてファンの希望を明確にして、他のファンには見えにくいポジションの問題点は追々解決するというのは経営術としてありと思えてきてます。なにせあまりにもひどい成績ですからね。
現行のNFLのサラリー構成だと通常NFLの補強ではスターポジションを補強するのは最後。なぜかというと勝てないチーム再建期にQBのルーキー契約期間を消費してしまうのはサラリー政策として愚だからです。QBのサラリーはルーキー契約期間を過ぎると一気に高額になる。だから順番として将来を託したいQBを加えるのは後にするのです。もったいないから。でもBrownsはそんなことが言っていられないのもわかるような。うまくいきますかどうか。

それより全体5位指名のDenver BroncosがドラフトでQBに行くという方が気になってきました。確かにOsweilerでは話にならないのでQBは要るんでしょうが、FAで補充しても良いはずですが。Broncosの場合は二年前にSuper Bowlを制した当時最強と言われたディフェンスがある。守備のスターVon Millerの持ち腐れ状態でもある。守備側が弱体化する前にオフェンスをなんとかしたいというのならルーキーよりもCousinsをFAでという方が現実的なような。
まあMel Kiperさんの仕事はドラフト予想であってFA観測はお仕事ではないですから、現実にFAで動きがあってからそれはまた反映させる、という感じなんですかね。
記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文