アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

欧州は戦後処理、アメリカはNFLドラフト間近

大荒れに荒れた欧州Super League構想。アメリカ資本は参加していたし、実現すればアメリカ側のスポーツマスコミもノリノリになった可能性がありましたが短期間で頓挫した事ですっかり沈静化しています。欧州の側ではまだUEFA Champions Leagueの再改革へ議題が進んだり、Super League騒動の戦後処理などまだ波風は残るでしょうが、大西洋のこちら側では終わった話ということになってます。NFLドラフトが一週間後という時期なのでそちらに話題が移行。さすがにドラフト予想などの話題も出きってちょうど中だるみの時期だったのでSuper League騒動はちょうど良いアクセントになったぐらいの感じでしょう。

EPLからSuper League参加が見込まれた6強はSuper Leagueからの脱退の手続き開始という報道でしたから、契約上定められた違約金を支払う方向で動いているはず。コメント欄でも書きましたがその金額は相当な巨額なはずで、それを払う意思と資金のアテがあるってことです。EPLの6強は資金繰りには困っていない、またはどこかからカネの保証が付いたからそういう意思決定が可能なのだろうなと想像できます。そのカネの元がUEFAなのか英政府なのかはわかりません。

他方スペイン、イタリアから参加予定だった各3クラブは脱退の手続きに進んでいない。口先ではもうやめたとか言ってますが法律的にはEPL6強とは状況が違う。Super Leagueの会長が彼らは脱退していないと言っているのはその辺でしょうね。EPLと同じように脱退の手続きを開始すれば契約に定められた金額を定められた期間内に支払わなければ破産です。
スペインとイタリアは国家自体がデフォルトの危機を抱えた国なので、例えばEPL6強に英政府が何らかの債務保証を与える(想像です)ような真似が、スペイン政府やイタリア政府にできるかわかりません。英政府からの政府保証ならJP Morganも受けるにやぶさかではなくても、破産国家からの政府保証にウンと言うほどJP Morganのようなウォールストリートの機関は甘くないかと。転んでもタダでは起きない人たちの運営する会社ですから。
その差があってスペイン・イタリア6クラブは撤退もままならない状態の可能性があります。ひょっとすると脱退するEPL6強からの巨額の違約金を資金繰りのアテにしているのかもしれません。

違約金の中身がすごく知りたいですね。そのうちリークしてくるんじゃないかな。

Antonio Brownが被害者と和解

FAであるWR Antonio Brownが元のトレーナーでもある女性との性的接触に関する和解をしたようです。当事者の合意に基づき和解内容は非公開。これでBrownが来季の契約をするための障害が一つ減ったことになります。

Brownは昨季途中からTampa Bay Buccaneersに加入してSuper Bowl制覇にも貢献。Buccaneersは昨季の先発のオフェンス11名、ディフェンス11名の全員と2021年シーズンの契約を完了しておりSuper Bowl連覇を目指している。Brownは先発扱いではなかったもののスポットで出てきては相手ディフェンスの対応を悩ます存在ではありました。これでBrownもBuccaneersの連覇モードチームへ再加入の流れか。

Buccaneersの方はしらっと「ABとは常に会話の道を開いている」とコメント。安く買い叩く気満々ってところでしょうか。BuccaneersはTom BradyのバックアップQBも昨季と同じ選手と契約したばかりで、NFLでは極珍しい前年とほとんど全員同じメンバーでの2021年になりそうです。

他山の石としてのSuper League

欧州Super Leagueは若い世代のサッカー離れに危機感を抱いてサッカーの改革に取り組む舞台であることも表明しています。カードを豪華にするとともに試合時間の短縮なんていうところまで想定している模様です。別項のコメント欄でも書いたのですが、こういう危機感をアメスポ側にも持ってもらいたいなあと思います。特にMLBでは時短というか試合ペースの迅速化は数年来議題とはなっていても実際にはなにもしないまま年月が過ぎていくばかり。もう野球の試合の見方を知らない世代が相当多くなってきているのに。

私個人でもそうですが、よほど見たい選手やチームがある場合でなければMLBのTVでの生観戦はつらい。あまりにも進行が遅い。これが現場のスタジアムに行くとあの間延びした試合がさほど気にならないというのは以前から何度も書いています。そういう現場の力というのは野球に限らずあります。同様の感想を言う人には何度も会ったこともあり、かなり一般的な感想なのではないかと想像しています。

同時にMLB.comで提供されているcondensed games=全投球を見られるダイジェスト版はなかなかおもしろい。condensed gameの時間を見てると全投球を見るのって10分もかからないんですよね。つまり10分しか中身がないモノを3時間かけてやっている。21世紀の娯楽としては失格でしょう。

MLBでは昨年からダブルヘッダーの試合を7イニング化で消化することが行われています。コロナ疫禍という特殊事情下ではあったものの概ね強い批判や抵抗は出ないままで2年目の今年も同じ7イニングの試合が公式試合として成立しています。これならすべての試合を7イニング化しても良いのかもなという気はします。

まとまりがない話でもうしわけありません。

アメスポの欧州サッカー侵略としてのSuper League

欧州サッカーのSuper League構想が具体化してきて彼の地では荒れているようです。いろいろ歴史的な面、地元の草の根クラブから世界最強のエリートクラブまでが有機的につながっているという意識など、地元のファンが慣れ親しんだ仕組みが破壊されるという危機感からか強い反対の声がとりあえずは強いようですが、現実的な話としてUEFA側がよほどの譲歩でもしない限り収まりはつかないのでしょう。アメリカ資本のJP Morganが大規模な融資を既にSuper League側へ実施したという話もありますから、金貸しに手を引かせるためには相当の手打ちの金額を積まないといけないのではと想像できますが、そのレベルの譲歩がUEFAにできるものか。

反対派は国内リーグやUEFA/FIFAの主催試合にSuper League参加クラブやそれらのクラブに所属する選手を参加させないというような報復をぶちあげていますが、実効性は疑わしい。その点は過去にも当ブログでは指摘済み。

EPLから6クラブがSuper League参加。スペインも二強+AtleticoがSuper League参加の意向なのですから、これらを強引にパージして国内リーグを開催することなど現実的には不可能に近い。まず法律的に通るかどうかがわからない。UEFAやFIFAが言ってることは独占禁止法で禁止される優越的地位の濫用でありほとんどの国で法律違反になりかねません。
よしんば法律的に通ったとしてもその場合に放映権を買った国内外のメディアが現行契約通りのお金を払ってくれるかどうかわからないですよね。EPL6強が出場しないEPL放送とかBarcaやRealが出ないスペインリーグとかスカスカの放送となることは必定。Aston VillaとかLeedsにはEPL制覇のチャンスですけど、海外の放映権者・海外のファンからすれば無意味です。

そもそも現時点ではSuper League参加組は国内リーグから抜けたいと言ってるわけではないので、今は発表のショックで反対と叫んでる残される中小クラブのファンも落ち着きを取り戻せばSuper League組が国内リーグにとどまる方が、国内リーグから追い出すよりマシだと気づく。


というところまではわかるんですが、その先はどうなるか。Super Leagueがすごい放映権料で売れると想像するからJP Morganも大きな金額を突っ込んできているわけです。当面は各国国内リーグと事を構えないために国内リーグと同居できる形をオファーしてますが、その先には国内トップリーグの縮小案も待ってるでしょう。そこまで見せてしまうと混乱の収拾がつかないのでとりあえず国内リーグへは参加だと言うことをこの夏のオフシーズン中に衆知させていくことになります。

まだあまり批判の矢面のようには言われていませんが昇降格がない固定メンバーでの世界最高峰リーグを運営するというのはアメスポ経営の影響なのは明らか。アメスポ文化どっぷりの私などからすると、5枠でもゲストが参加できるのならずいぶん欧州型昇降格制度に配慮しているじゃないかという気がしますが、欧州型に慣れている方にはそうは見えないみたいですね。
Super Leagueがアメスポ型経営の利点をさらに取り入れようとしているとすれば、将来にはサラリーキャップなどのサラリー抑制策の導入もありえるかも。ただしサラリーキャップは反トラスト法違反とされるかもしれませんが。(この点は米国内でも議論あり)


アメリカのサッカーファンからすると今回のSuper Leagueに参加表明したクラブというのは毎年のように夏のプレシーズン北米ツアー(International Champions Cup, ICC)に来るメンバーそのものなんですよね。
2018年が典型的でICCには計18クラブが参加、Super Leagueに参加表明した12クラブが見事全部含まれます。プラスPSG、Lyon、Bayern、Dortmund、Benfica、Roma。PSGやドイツの2クラブはSuper League参加が有力視されているので、ほとんどまんまなんですよね。米資本JP Morganが投資しているのと併せてSuper Leagueの集金先の焦点はアメリカ市場であるのは明白というように私には見えます。

Super League構想が現実化すれば欧州サッカーの放映権で後手を踏んでいたアメスポ最大手のESPNがとんでもない金額を積んでSuper Leagueの米国内放映権を取りに来るのは目に見えてる。現時点でEPLを放送して先行優位に立っているNBC系列や、UCLの放映権を持つCBS Sportsもババつかみの可能性から焦って参入してくる可能性も十分。アメスポ3大メジャー(NFL/MLB/NBA)は複数の系列にカネを出させて儲かりまくってますが(第4位のNHLは現時点ではNBC系列単独)、欧州Super Leagueもいきなりアメスポメジャー並に複数系列との大型放映権契約が望めるのではないか。その辺まで見込んで投資家は投資しているように思えます。

International Champions Cupはプレシーズン戦にも関わらずほとんどが米国内各地のスタジアムを大入りにします。勝敗に意味のないプレシーズン興行ですらチケットが売れるのですから、Super Leagueとなって真剣勝負の試合の一部を中立地の米国内で行えばさらに売上は伸びることでしょう。例えばEPLの6強はEPLでもH&Aで戦うわけですから、同じシーズンのSuper Leagueでの対戦は中立地でやったって良いわけですよね。
もっと進めればSuper Leagueのゲスト枠に北米のチャンピオンチームが加わる可能性もまたあるはずで、そういった発展の可能性もすべて見通せば、現行のUCL以上のカネを生み出す可能性は相当に高いように私には見えます。

MLB反転攻勢の好機か

アメスポの序列で過去20年ほど第2位ジャンルをNBAとMLBが争ってきました。トップはNFLで不動です。NBAとMLBは、ほぼ一貫してNBAが人気好調で上昇基調、MLBは人気を落としつつもビジネス面では好調でなかなか簡単には第2ジャンルを譲らないという構図だったと言えると思います。何を尺度にして比較するかで序列が変わる、拮抗した2位争いでした。

全体の傾向としてはNBAの優勢が続いた近年だったと思いますが、現在進行中のNBAシーズンはひどい。これは何度も当ブログでも愚痴のように書いていることで、同じ事をただ繰り言のように何度も書くのは私は嫌いなのですが、何度でも呆れさせてくれるほどに今年はひどい。

つい先日ESPNでの全国放送で東カンファレンスの首位争いのBrooklyn Nets@Philadelphia 76ersの試合があったのですが、この試合にはNetsからはKevin Durant、James Harden、Blake Griffin、LaMarcus Aldridgeが出場しないと事前に告知。チャンネルをあわせる前からやれやれと見る気を失わせるニュースでした。この試合、対戦前の時点で両チームは同成績。今季の直接対決もこれが3度目でこれまで1勝1敗。今季レギュラーシーズン最後の直接対決で、勝った方が東カンファレンスの単独首位に立つとともに、最終成績が並んだ場合のタイブレーカーの優位を得られる試合だったのです。なのにNetsはベストメンバーから程遠いメンバーで臨むことを発表。おまえら、やる気ないのかよ、とぐちぐち言いたくなりました。東のトップシードになることがまったくインセンティブになっていないということです。

その後LaMarcus Aldridgeは心疾患を理由に急遽サプライズ引退を発表してます。Aldridgeのケースは特殊例としても、体調不良での欠場というのはスポーツにはあることではあります。でも今季のNBAはあまりにもひどいです。この手のスター選手の欠場試合がとにかく多い。
Netsが手抜きをした同じ日には西の優勝候補のLos Angeles ClippersがKawhi Leonard、Paul George、Serge Ibaka、Patrick Beverley と4人全員お休みという試合もやってます。Clippersは東の最弱Detroit Pistons相手で、これだけ主力を休ませても勝利しているので、選手の疲労マネジメントという意味では正しかったと言えるのかもしれませんが、レギュラーシーズンの試合の陳腐化の進行があまりにも激しい。見ていられない。

NBAの視聴率も大きく下がっています。この視聴率下げには選手の欠場がかさんでレギュラーシーズンの緊張感が大きく損なわれているのと、あともう一つの問題もあり複合的な話なのですが、それにしてもここまで視聴者・ファンをコケにしたレギュラーシーズンをやっても良いとNBAが傲慢になったのはいただけないなあという気がします。


そういう不満をNBAの今季に持っていたところへ、MLBの新シーズンが新鮮な魅力を持ち込んでいる、というふうに私には感じられる面があります。前項で書いたDodgersとPadresがレギュラーシーズンとは思えないような気合の乗った初対決シリーズがいま進行中です。第2戦はDodgersがClayton Kershaw、PadresがYu Darvishが先発。現在も両先発の熱投が6回になっても続いており、第1戦に続いて決戦ムード。4月から入れ込みすぎなほどです。両軍の唯一の得点は投手のKershawへの満塁押出というのも普通の試合じゃない感が強いです。すごいですね。

これがベストメンバーが揃わずスター選手が欠けた試合が当たり前になっていたNBAをここ数ヶ月見せ続けられていた身からすると、この真剣勝負ぶりはスポーツの本来の楽しさとはこういうものだったよなと思わせるところがあります。勝ちたいという意欲にあふれている。

他にもMLBのネタとしては4年目のShohei Ohtaniを取り上げたスポーツ記事やスポーツトークショーが極端に増えていると感じます。これは日本人である私からすると意外で、二刀流は1年目からやっていたわけだしなぜ今になってそんなに増える?という気もするところですが。1年目はちょうどNBAシーズンが終わってMLBがアメスポの主役になる時期にケガ、2年目もケガをして、3年目の昨年はコロナで変則シーズンでもあったしまだ回復途上で、4年目にやっと腰を落ち着けてやっと野球の話題をスポーツマスコミが展開できる状況になったってことかなとも思えます。
今年は西海岸の野球ファンは楽しいだろうなというシーズン序盤になってますね。

いまのちょっとしたNBAとMLBの傾向だけをとりあげて、MLBがNBAに反転攻勢をかけられると言うのは針小棒大なところでもあるのですが、こういう細かい雰囲気というのは意外と重要な気がします。というかMLBの方が攻勢という地合いになったのがものすごく久しぶりな気がします。

4月にMLBプレーオフの予感

まだ4月だというのにすごい試合があったようです。MLB NL西地区 Los Angeles Dodgers@San Diego Padresの今季初顔合わせがプレーオフ本番さながらの大激闘になったようです。結果は延長12回、Dodgersが突き放して11−6で勝利していますが、そこへ至るまでの過程が並の試合ではない。大量消費が基本のMLBではこういうすごい試合が多くのMLBファンに届かない共有できないところがもったいないのかもしれませんが、たまたまこの試合を見てしまった方は堪能されて野球という競技の良さを感じることになるんじゃないでしょうか。

この両チームは昨季のプレーオフでも顔をあわせていたわけです。そのときも期待感のあったカードでしたが結果はDodgers快勝。そのままWorld Seriesも制してひとつ区切りをつけたところ。コロナ疫禍下での短縮シーズンではあったものの本命Dodgersが数年の足踏み後やっと優勝してひとつ大きなストーリーが完結したかなという感じでした。

迎えたオフにSan Diegoが積極補強をしたことで、王者Dodgers対地区挑戦者Padresという図式は2021年にさらに加速。その地区内ライバルの今季初戦がいきなりこんなプレーオフみたいな試合。投手起用なんかを見ていてもお互いに意識しまくっての結果がこの激戦になったと。DodgersはエースのWalker Buehlerが6イニング2失点とPadresをなんとかしのぎきったのですが、後続が捉まる。7回裏から9回裏まで両軍が毎回得点しての熱戦。延長戦に入ってからもデッドボールで両軍がベンチを飛び出してもめたり、負傷リストから復帰したばかりのFernando Tatís Jr.に2死満塁のサヨナラのチャンスが来たり、とめったにお目にかかれないほどの大激戦だったようです。見たかったです。

公式の試合時間は4時間57分。試合終了時には現地で夜半過ぎ。西海岸の試合なので人口の多くが(そして私も)住む東部時間帯だと午前3時過ぎの決着だったので、私は見られませんでしたし金曜の夜とは言え多くの人が見られた試合ではないですが、ダイジェストを見、経過を後追いで知るだけでもこれは凄かったはずと言える試合になってます。
今季初対戦からこの熱の入り様。レギュラーシーズン中にまだあと18試合の対戦が予定されており、さらにはプレーオフで再び激突することも期待されるこの両チーム、秋が楽しみですね。お互いを意識しあってるのもプレーオフ時には良い方に作用するでしょうし。
勝ったDodgersはこれで12勝2敗。San Diegoは9勝6敗。
記事検索
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文