アメリカスポーツ三昧

アメリカ永住コースか、または第三国に出国か!?スリルとサスペンスの人生とは別にアメスポは楽しい。

CowboysオーナーJerry Jonesが跪く

いやいやいや。一週間前からは想像もつかないことが続いています。Monday Night FootballのDallas Cowboys@Arizona Cardinals戦。なんとあのDallas CowboysのオーナーJerry Jonesが試合前に選手達とともに(但し国歌演奏前に)跪くという事態に。驚愕の展開ですね。Jonesはこれまで抗議方法としての国歌演奏時の不起立には賛成しかねるという立ち位置だったのが急展開。まさかのご本人が参加してのコレです。

その場面、ライブで見ていなかったのが残念ですが、あのJerry Jonesが本当にそんなことまでするのかと。

Jerry JonesはCowboysのワンマンオーナーで組織内に面と向かって意見できるような人物はまずいない。NFL No. 1の人気チームのオーナーとしてSuper Bowlを勝ったHCすら次々切って棄ててきた。自分より目立つHCは要らない人です。そしてあの巨大にして美麗と異様を誇るAT&Tスタジアムの主。オイルミリオネアが集うテキサスでも特別な立場のビリオネア帝王。そのJerry Jonesが公然跪くとはびっくりです。まあ確かに芝居がかったことがお好きな方ではありますが。

昨日の日曜日の試合ではいくつかのチームのオーナーが選手達を腕を組んで組織全体での連帯を示す行動には出ていましたが、国歌演奏時には起立はしていた。そこからさらに一歩進んで、それもあのJerry Jonesが。これは一体どこまで行くんでしょうか。来週までには少しは沈静化しているのか。


一方、野球MLBで唯一膝付きの抗議行動にでていたOakland Athleticsのルーキー捕手Bruce Maxwellは抗議行動後初の試合出場を先発で果たしています。抗議行動が理由で干されているわけではない、ということになりました。

今日MLB Networkでもこの問題を議論していました。野球ならではの問題もあるみたいですね。30球団ありますが、なんでもアメリカ人の黒人選手はいま60人だか70人だかしかいないとか。各チームに2人の勘定です。そんなに少ないの?とびっくりしました。肌の黒い選手はたくさんいますが、ドミニカ共和国など中南米カリブの出身者の方がアメリカ国籍黒人選手より多いんですね。なかなか複雑です。あまりに少数なのでMLBではマイノリティとして声をあげにくいということをChris Archer (Tampa Bay Rays投手、今春のWorld Baseball Classicの米代表優勝チームのメンバー)が言っていたようです。うーん。WBCのアメリカ代表といえばWBCの期間中に監督だったJim Leylandは「国歌で起立しない選手は出場させない」と明言していました。

また別の意見としてMLBは毎日試合をする、この国歌問題を毎日誰が立つだ立たないだとやらなくてはいけないのは選手にとってすごく負担だ、という意見もありました。週一の(あとの6日間は練習に集中できる)NFLとは違う。だからできれば関わりたくないと。それも正直な気持ちとしてはわかる気もします。

LeBron、アメリカの分断を語る

つい先ほどLeBron Jamesの記者会見が終わりました。熱いコメントで強いメッセージを発していましたね。

個人的には過去のLeBronの発言はしばしば軽いことが多いように感じ批判的に聞くことが多かったのですが、今日のメッセージは力強く、考慮深い発言でとてもよかったかと思います。いくつもポイントはあったのですが、この先切り取って一番取り上げられるのは「あの男(トランプ)はスポーツを人々を分断するための道具にするべきじゃない」というところでしょうか。LeBronはトランプを大統領とも名前で呼ぶことも拒否して会見中あの男That guyと呼び続けました。

興味深く変わった発言となったのはCleveland Cavaliersの地元であるオハイオ州の投票者についての部分でしょうか。オハイオ州は大統領選挙ではSwing Stateと呼ばれます。オハイオやフロリダなどは大統領選挙での選挙人の数が多くなおかつ二大政党の勢力が拮抗しており毎回どちらに転ぶかわからない州。特にオハイオ州は1964年以来、全ての大統領選挙でオハイオで勝った候補が大統領選挙全体も勝利しているというリトマス試験紙のような州でただの選挙人18票分以上の意味合いのある州、全米全体の傾向の縮図的な州と言えます。1960年にJohn F Kennedyがオハイオで敗れながら大統領選に勝ったのがオハイオを落として勝ったのが最後というんですからただの一州ではないわけです。

Cleveland Cavliersのオーナーはトランプ支持者でトランプ陣営に多額の寄付もしている。記者会見ではオーナーとの関係も問われていました。オーナーとはこの件について話はしていないとしました。それは個人の自由で誰を支持しても良いわけですし、オーナーを批判するのは得策ではない。それはNFLでも証明されたとおりでオーナーたちを味方に引き込む方がいいんですね。まあLeBronについては今季後にClevelandを出て行く可能性が高いのもあるし、対オーナー、対地元オハイオ州民へのメッセージ、今後も微妙な言い回しが必要になるのかもしれませんが、今日のところはLeBronうまく良いメッセージを発するとこに成功したなという感じです。


全体的にはいろいろ悲しいですね。昨日の日曜日NFLは接戦の連続、ギリギリの逆転劇も多くあってとても良い週だったのに誰もゲームを語れないなんて。Sprolesが負傷全休になってのもまるで話題になりません。

アメリカの分断

大変なことになってきました。トランプ大統領がNBAチャンピオンGolden State Warriorsをホワイトハウスへ招待するのをキャンセルすると発表したのが一昨日。それが一気に他のメジャースポーツに飛び火して普段政治に興味のない層にも好むと好まざるとに関わらず目に見える形になってきてしまいました。キャンセルが発表された日はCarmelo AnthonyがNew YorkからOklahoma City Thunderへの移籍のニュースが出た日でもあり、本来なら大ニュースのはずのMeloの移籍が完全に吹っ飛んでしまいました。こういうのがMeloの星の巡り合わせですかね。

順を追うとまずWarriorsのエースにして、現在最も人気の高いアメスポスターと言えるStephen Curryを始め数名のWarriorsの選手がホワイトハウス行きの拒否を表明。当初はWarriorsの上層部は行って欲しそうな言動が垣間見えたんですが、結局折れてチーム内の和を優先。それを受けてホワイトハウス側がキャンセルを発表。しかし黙って侮辱を受けるようなトランプではなく、返す刀で国歌起立問題に言及。起立しないアスリートは解雇すべきと発言。それを受けた今日日曜日のNFLでは国歌演奏時に起立しない選手が一気に大量発生。以前のようにCollin Kaepernickが孤立して批判にさらされる事態から大きく事態が動いてしまった。トランプ側から見ればやぶ蛇。時系列は少し戻りますが、起立問題から間をおいていたMLBでNFLに先だって初の起立拒否者が発生。これはOakland Athleticsの新人捕手とかで、そんな立場の弱い選手が単独で思い切ったな…解雇されたらどうなるんだよ…という。この流れに反したのがNHLチャンピオンのPittsburgh Penguins。Warriorsの招待が正式撤回された後にホワイトハウス訪問することを組織として確認、発表しています。あちらこちら対応が異なり、荒れてきたな…という感じです。

トランプ当選後のメジャープロスポーツではNFL New England Patriotsが一番最初の招待対象でした。PatriotsはHC Bill BelichickやQB Tom Bradyがトランプ支持者。特にBelichickは選挙期間中から積極的に応援文書をトランプ側に提供していたという事情もあり、拒否という話にはまったくならなかった。大統領表敬訪問は慣例だからとさらっと訪問。まだトランプ当選のショックが強くてトランプ拒否のムーブメントができあがる前に済ませちゃった感じですか。

MLBの昨年のチャンピオンChicago Cubsはトランプが大統領就任する前に、前任のオバマ大統領を昨年中に訪問してこの問題を避けることに成功。オバマ大統領はChicagoにとっては地元のイリノイ州選出の議員でしたから、駆け込み訪問でしたが地元の大統領のうちに、という言い訳が立った。オバマはChicagoでもWhite Soxファンを公言しているのですが、まあそれはご愛敬。その後Cubsは今年6月にもホワイトハウスを訪問したのですがこれは「非公式訪問」だとかいうよく訳の分からない言い訳がくっついていました。

様々事情はあれ、NFL、MLB、NHLはホワイトハウス訪問。NBAは拒否。NBAとNHLはほぼ同じ時期にチャンピオンが決定するのでこの対応の差はまた嫌な話になりそうです。NBAは黒人選手が大半。NHLは非白人選手が極々僅か。ああやっぱり白人スポーツは人種融合にまるで興味ないんだね、みたいなとばっちりの批判を浴びるのはNHL側にとっては不本意でしょうが、そういうことになりかねない。そんな気がなかった選手やファンもそういう批判を浴びれば硬化してしまう人もでるかもしれない。結局はアメリカの分断は進むばかり。残念な話です。








優勝候補校、軒並み大苦戦

今週のカレッジフットボールは目玉試合がなく期待感は低めだったのですが、蓋を開けてみると上位校・優勝候補校が大苦戦の連続でカレッジフットボールの良さが存分に楽しめた土曜日となりました。上位で安泰だったのはNo. 1 AlabamaがVanderbiltに59-0と圧勝したのはさすがとして、No. 2 ClemsonがBoston College相手にBC得意のロースコアリングゲームに引きずり込まれて大苦戦。最終スコアが34-7なので試合を実際見ていないとClemsonの苦戦ぶりが伝わらないでしょうが。No. 3 Oklahomaもここまで全敗のBaylorの意地に付き合わされて点を取っても取っても食らいついてくるBaylorに苦労して49-41でやっと逃げ切り。

他にもNo. 8 MichiganがPurdueに大いに手こずり28-10で逆転勝ち。No. 6 Oklahoma StateはNo. 16 TCUをホームに迎えての試合でTCUに完敗。最終スコアは44-31、でも内容はTCUの快勝でした。Oklahoma State、勝負所でダブルパスがINTという痛恨の失敗で終盤の追撃ならず。No. 12 Florida StateがNC Stateにホームで敗戦して開幕二連敗未勝利(ハリケーンの影響でこれが開幕戦Alabama戦以来の試合)。No. 14 Miami-FLは最後に大量得点で突き放しましたがMACの刺客Toledoにこれも大苦戦。Miami-FLもハリケーンの影響で試合消化が遅れてこれが僅か二試合目。西海岸のレイトゲームでまだ試合中ですがNo. 7 WashingtonもColorado相手にハーフタイムで10−7と先が見えない戦いの最中。

どこも大変な試合の連続。カレッジフットボールはこういう週が醍醐味ですね。優勝戦線には関係ないですが、SECでKentuckyがNo. 20 Floridaを迎えて対Florida 30連敗を止めるかに見えた試合が最後に逆転でFlorida31連勝、現在も現行最長の連敗記録継続。またSouth CarolinaがLouisiana Techに押されまくったのが最後の時間切れ目前のドライブで逆転FGで面目を保つなど好ゲーム、白熱のフィニッシュの連続でした。

スポーツはいつまでも同じ形をしてるとは限らない

Drone Racing League (DRL)をご存じでしょうか?その名の通りドローンを使ったレース競技の団体です。その味付けがうまいのでやたら未来的に見えてしまう、なかなかにおもしろいものです。本稿で興味を持たれましたらぜひYouTubeその他で映像をご覧になってください。そのスピード感とバーチャルとリアルの狭間の存在はこれまでにない興奮を呼び起こします。我々は21世紀、未来だと思っていた時代に生きているのだな、と思わせてくれる不思議なものです。
ブログを休んでいた時期に見始めて、これはすごいなあと感心してしまいました。やっていることはただのドローンでのレースです。リモートコントロールの車体・機体によるレースの類は大昔から多種多様に存在してきたのでそれ自体はなんら珍しくない。

違いを作っている要素がいくつかあります。まず圧倒的なスピード感。単なる直線スピードではなく急旋回、急上昇下降、その自在さがリアルとは思えない。似たものを探すとするとビデオゲームの世界しかないんですが、それが眼前、リアルの世界で飛翔する。他にない特殊な感覚があります。
操縦者(パイロット)がVRゴーグルをつけて機体を操縦するのもリアルとバーチャルの境を曖昧にします。ドローンに搭載されたカメラからの画像を見ながらパイロットが操縦していくというもの。ほとんどの会場(アリーナ)でドローンはメイン会場から出て行ってコンコースをすり抜け、メインエントランスの吹き抜け部分を三階まで急上昇し、といった操作がされる。こんなことがこんなスピードでできるんだという感嘆。コース上の通過ゲートおよび機体はネオンカラーで輝き未来風の味付けが盛り上げます。パイロットたちは皆若い、ゲーマー出身なのかなあというパイロットたちが多い。喋りなんかを聞いていても一般のスポーツ選手とはまったく違う人種。

似て非なるものとしていわゆるe-Sportsがあります。以前にも一度触れたことがありますが要は既存の人気ビデオゲームのトーナメントです。これはこれでおもしろいのですが、DRLとは意味が違う。DRLにおいてはリアルのレースをバーチャルなインタフェースでやっている、リアルのレースなんだけれどリアルとは思えないムードで観客を驚かせられるというもの。現時点のe-Sportsはなにがおころうと所詮は画面の中のことなんですね。敵を射殺する、基地が爆発する、必殺技が相手に炸裂して凄まじいダメージを与える。でもそれはリアルじゃない。もちろん将来的にはe-Sportsが進化してそのダメージの表現がよりリアルになっていく可能性があってそれはそれで期待したいところがありますが、現時点ではDRLがうまくリアルとバーチャルの境に最初に到達したかなという感覚があります。

現時点での4強

カレッジフットボールが第4週に向かうところ。現時点でのAPランキングはこうなってます。

1 Alabama
2 Clemson
3 Oklahoma
4 Penn State
5 USC
6 Oklahoma State
7 Washington
8 Michigan
9 Wisconsin
10 Ohio State
11 Georgia
12 Florida State
13 Virginia Tech
14 Miami-FL
15 Auburn
16 TCU
17 Mississippi State
18 Washington State
19 Louisville
20 Florida
21 South Florida
22 San Diego State
23 Utah
24 Oregon

25 LSU

ざっと眺めてトップ10にBIg Ten校が4校もずらり並んでいるのが目につきます。シーズンの終わりまでには最大1校が全勝でプレーオフに生き残るというサインかと思いますが、なんというかこれでいいのか、という気もします。Big Ten校の中では私はMichiganが一番内容が良いと思っているんですが、なぜかPenn Stateの評判の方がずっと良い。Penn Stateとかまだ誰にも勝ってないのになぜこんなに高いかというと、ひたすらプレシーズンの思い込みのお陰です。Pac-12校を連破したNo. 22 San Diego Stateは今年もプレーオフ選抜委員会のガラスの壁に阻まれていくのでしょう。San Diego Stateはこの先Northern Illinois(Big Ten所属Nebraskaに@Nebraskaで勝利)、マイナーの雄Boise Stateなどと当たる予定ですが、まあ足りないでしょうね。

現時点までの今季の結果でプレーオフ出場の4強を選ぶ場合、順不同でトップ3のAlabama、Clemson、Oklahomaはほぼコンセンサスがとれるはず。それぞれFlorida State、Louisville、Ohio Stateとプレーオフコンテンダーにそれぞれ快勝していますから。Alabamaが断トツの1位票を集めているのは昨季以前の評判込みなのでさしたる意味はないしょう。現行の4校プレーオフ進出制度なら目くじらを立てることもない(BCS時代ならどこがNo. 3かで三週目にして大論争となっていたはずで、それからするとやはり寂しいです)。

4校目は色々意見が各位違ってくるはずです。No. 4 Penn Stateがいけないとは言いませんが、現時点ではなにも実力が証明されていないのにこの位置は盛りすぎではないでしょうか。No. 5 USCは内容が。私の見た限りではNo. 6 Oklahoma StateとNo. 8 Michiganが良さそうに見えます。No. 7 Washingtonは試合をまだ見てないので保留。

既に同じBig XIIのOklahomaがNo. 3に入っているので、という理由でこの時点でOklahoma Stateを排除するのは論理的ではない。確かにシーズンが終わる前にこの両校の決着はつくわけですけれど、それとわざわざ毎週出すランキングは別のコンセプトであるべきです。

10位以下ですとNo. 13 Virginia Techが新HCの下、良さそうに見えました。次週末のホームでのNo. 2 Clemson戦は期待の一戦です。Virginia Tech新時代のシグネチャ勝利となるか。

No. 25 LSUはまったく理解不能。先週末Mississippi Stateにボロボロ惨敗を喫したのになぜトップ25に残れるのか。こういうことしてるからブランド志向だのなんだのランキング制自体が懐疑にさらされるのです。

記事検索
最新コメント
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メッセージ

名前
メール
本文